オークス2016~ チェッキーノ『あらゆる知識は、一度見ただけでは効果を発揮しない』



◆オークス2016


【チェッキーノ】

○Cecchino
○牝3
○父キングカメハメハ
○馬名の由来⇒ 射撃の達人(本田圭佑)

==========



◆あらゆる知識は、一度見ただけでは効果を発揮しない



≪焼き鳥シゲにて≫



チェッキーノ
「えー。なんでアタシが1番人気じゃないのー?チェッ」


オウケンブルースリ
「そりゃーお前、1番人気は、シンハライトだろ」



チェッキーノ
「誰それ?」


オウケンブルースリ
「ここまで、牝馬クラシックの主役だっただろ 汗」



チェッキーノ
「・・うん。そんな気もする。忘れた」


オウケンブルースリ
「忘れっぽいな 汗」



チェッキーノ
「アタシの名はチェッキーノ。本田圭佑の愛称で、射撃の達人って意味よ!」


オウケンブルースリ
「へー」



チェッキーノ
「つーか、女の子なのに、なんで本田圭佑やねん!」


オウケンブルースリ
「なんで関西弁やねん 汗」



チェッキーノ
「・・オークスはね、個の力をね、見せていきたいとね、・・思っていますねぇっ! 本田」


オウケンブルースリ
「似てねえしっ 汗 しかもそれは、本田圭佑じゃなくて、じゅんいちダビッドソンな 汗」



チェッキーノ
「個の力をねぇっ! 黒眼鏡」


オウケンブルースリ
「レースなんだから、そりゃー、個の力だろ 汗 グラサンをするな 汗」



チェッキーノ
「ちなみに兄さんの『コディーノ』は、ロベルト・バッジョの愛称だったのよ。馬の尻尾のような髪型ってことで。」


オウケンブルースリ
「そうだったな」



チェッキーノ
「とにかく!アタシは、チーム藤沢の集大成とも言える血統なの!わかってる?チェッ」


オウケンブルースリ
「ふむ・・・。母ハッピーパス。全兄コディーノ。伯母シンコウラブリイ。まさに、チーム藤沢血統だな」



チェッキーノ
「そう。名門藤沢厩舎も、シンボリクリスエス・ゼンノロブロイの時代がすぎた後は、他厩舎の勢いに押され、2007年からのGIは、わずか1勝(スピルバーグ秋天)」


オウケンブルースリ
「うん」



■藤沢厩舎
2007年からのGI(63頭)


単勝回収率17%

複勝回収率49%



チェッキーノ
「・・・なのよっ!チェッ」


オウケンブルースリ
「それは言わんでいい 汗」



チェッキーノ
「アタシがやらねば、誰がやるのよ!チェッ」


オウケンブルースリ
「が、頑張れよ 汗」



チェッキーノ
「ぶっちゃけ、今年のオークスは手薄。有力馬のあのへんが出てこないのは、マジチャンス」


オウケンブルースリ
「あのへん?」



チェッキーノ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



チェッキーノ
「忘れたけど」


オウケンブルースリ
「忘れっぽいな 汗」



チェッキーノ
「誰だっけ?」


オウケンブルースリ
「・・ジュエラー・メジャーエンブレム・パールコードあたりな」



チェッキーノ
「そう!正解! 指」


オウケンブルースリ
「えらそうに 汗」



チェッキーノ
「ここは、藤沢先生に恩返しするチャンスなの。だからアタシも、フィジカルだけでなく、メンタルも鍛えているのよ!チェッ」


オウケンブルースリ
「ほう」



チェッキーノ
「対戦相手のデータはもちろんのこと、自分の心を乱さないための読書!メンタルを強化する知識を、ガンガン脳に詰め込んでいるわよっ!チェッ」


オウケンブルースリ
「・・対戦相手のデータは、全部、忘れてただろ 汗」



チェッキーノ
「いいの!とにかく大量のデータとか、名言とか、知識を脳に詰め込むことに意味があるハズ!チェッ」


オウケンブルースリ
「そんなもんかね」



チェッキーノ
「そうでしょ! 手手」


オウケンブルースリ
「林先生 汗」



チェッキーノ
「ね?シゲさんも、そう思うでしょ?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・あらゆる知識は、繰り返し刷り込まないと、その効果を発揮しない」


チェッキーノ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・確かに、『先人の言葉』や『名言』そして『知識』は、まだ何も持たない者にとって、最強の武器だ」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「今の自分に納得がいっていない時。でも何をしたらいいのかわからない時。そんな時に、成功者の言葉を読み集めることから始めるのは、王道の成功法則と言える。このやり方で成功した人は、数え切れないだろうぜ」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「しゃべ馬の名言だけでなく、本屋に行けば大量の『言葉』が手に入るし、資金的に余裕がない時は、ブッ●オフなどでも格安で本が手に入る」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ここまではいい。ただ、注意点がひとつある」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それはな」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・知識は、『繰り返し』脳に刷り込まないと意味がない、という点だ」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「確かに最近は、多くの人があまり本も読まないので、読むだけでもアドバンテージはある」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、『勉強熱心なのに、なかなか結果が出ない人』も、多い。これはなぜか?」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それは、『一度、読んだだけで、わかった気になってしまっている』からだ」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「先人の名言を刷り込む意味は、『自分の行動習慣を変えるため』だ」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして、行動習慣を変えるためには、頭で理解しただけでなく、脳の奥の潜在意識にまで、その名言を刷り込む必要がある」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そこまでやらないと、行動習慣は変わらねえ。今まで何十年も繰り返してきた行動習慣は、そう簡単に変わらないからだ」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから人生を変えたければ、『言葉を刷り込む』ことだ。本を読む時でも、読みっぱなしではなく、感銘を受けたフレーズは、ノートに書き出して、そのノートを何百回も読み返し、潜在意識にまで刷り込むことだ。そうすれば行動も変わってくる」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・こんな面倒なこと、ほとんどの人はできねえ。だからこそ、そこに成功のチャンスがある。誰にでも簡単にできる事をやっていても、飛躍にはつながらないんだぜ」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


チェッキーノ
「・・はい・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


チェッキーノ
「・・いえ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



チェッキーノ
「・・心に響きました」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



チェッキーノ
「・・アタシ、勉強したことに満足してしまって、それを脳に定着させていなかったんですね・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



チェッキーノ
「ありがとう、シゲさん。心がスッキリしました。これからは読みっぱなしにしないで、しっかり潜在意識にまで刷り込みたいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


チェッキーノ
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、ライバルのデータを見ても、忘れてたら意味がないからな。刷り込むってことは、大切かもな」


チェッキーノ
「はい!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



チェッキーノ
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。刺激的なローションを擦り込まれて感じてるの?・・このブタ野郎!!』



チェッキーノ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


チェッキーノ
「・・・シゲさん。チーム藤沢のプライドをかけて、オークスがんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ