◆札幌記念2011予想⇒トーセンジョーダン⇒愛されたければ急がば回れ



【トーセンジョーダン】

○Tosen Jordan
○馬名 意味由来⇒ 冠名+人名
○5歳 男性
○父ジャングルポケット
○レース間隔 : 8週
○芝2000m 4-1-0-3
○札幌芝  未経験
○G2    2-0-0-0
○アル共杯完勝&AJCC完勝ですでに重賞2勝の一流馬
○前走の宝塚記念は順調さを欠いて9着。度外視
○札幌は初めてだが、昨年は函館で強い競馬をしており洋芝悪くない
○体調さえ戻れば、ここでは格上



◆愛されたければ急がば回れ



≪焼き鳥シゲにて≫



焼き鳥屋 店主シゲ
「焼き鳥のタレおまち」


あつし
「どーもでつ 喜」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・そういえば、あつしさんの彼女さんの、エーシンヴァーゴウさん。また重賞で好走でしたねえ」


あつし
「そ、そうなんでつ!ヴァーちゃん、強くなってまつ! 喜」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。よかったですねえ」


あつし
「・・・でも・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「?」



あつし
「・・・ヴァーちゃんが強くなるほどに、ボクとは釣り合わなくなっていくような気がして・・・落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



あつし
「・・・ヴァーちゃんの彼氏は、ボクでいいのかなって、不安なんでつ・・・落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「ヘイ!らっしゃい!」


トーセンジョーダン
「・・・ふっ。話は聞かせてもらったぜ。少年よ! 喜」


あつし
「え?アナタは誰? 汗」



トーセンジョーダン
「ヴァーちゃんの彼氏は、じいちゃんだろ!ハッハッハー! 喜」


あつし
「・・・・」



トーセンジョーダン
「・・・ジョーダンだよ!ハッハ! 喜」


あつし
「わ、笑えない冗談でつ・・・落」



トーセンジョーダン
「あ。ヴァーさん、ビールひとつね!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・オ、オレはシゲだぜ 汗」



トーセンジョーダン
「まあよ。そんなに落ち込むなって!ヴァーくんよ!」


あつし
「ボ、ボクはあつしでつ 汗」



トーセンジョーダン
「で、なによ?あつしは彼女に愛されてないのか?」


あつし
「うーん・・・なんてゆうか、釣り合ってない気がするんでつ・・・」


トーセンジョーダン
「ほう」



あつし
「だからボクは、なんとかヴァーちゃんに愛されるために、プレゼントを買ったり、送り迎えしたりするんでつ!」


トーセンジョーダン
「ふーん」



あつし
「野生動物も、より多くのエサを運んでくるオスに、メスは近寄るって、図鑑で見たんでつ!」


トーセンジョーダン
「・・・・汗」



あつし
「でもボクの給料では、これ以上はプレゼントできないし・・・落」


トーセンジョーダン
「・・・・」



あつし
「もっともっと、ヴァーちゃんに愛されるには、何を買ってあげたらいいのかなって、悩んでて・・・落」


トーセンジョーダン
「ふーむ。アッシーの回数を増やすとか?」



あつし
「で、でもボクも仕事があるから、これ以上は無理でつ・・・落」


トーセンジョーダン
「そうだよなあ」



あつし
「・・・・落」


トーセンジョーダン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・急がば回れだぜ」


あつし
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・まず、アッシーやメッシーや貢ぐ君をしなければ、関係を維持できないとするなら、女の魅力が男を上回っているということだ」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「その魅力の差を、自分の金銭や時間を女性に与えることで、埋めようとする方法は、確かに即効性がある」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが対症療法的な問題解決は、先が続かねえ」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「もっと言えば、応用も利かねえ」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「つまり・・・」



男A魅力  70
金銭時間  30

女の魅力 100



焼き鳥屋 店主シゲ
「これでバランスを取っているわけだが、金銭時間をつぎ込むのをやめれば崩壊だ」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「さらに言えば・・・」



男B魅力 150
女の魅力 100



焼き鳥屋 店主シゲ
「こんな男が現れれば、男Aは金銭時間を、80もつぎ込まなければ勝負にならねえ」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから男Aはよ・・・」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「女との魅力差を埋めるために使っていた、金銭時間の30を、自分の魅力を上げるために使った方が、いい場合もあるのかもしれねえな」


あつし
「・・・自分の・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「読書して知性と人間性を高めたり、自分の仕事を一生懸命がんばって経済力や社会的地位を高めたり、な」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ただし、この方法は即効性がねえ」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「がんばっても目に見える結果は出ねえ。だから続けるのは非常なる困難を伴う」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが先がある。例えは悪いが、もし今の彼女にフラれても、「魅力を高めた自分」は残る」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分自身が輝いていれば、すぐに別の素敵な彼女もできるってもんだぜ」


あつし
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・言い方が悪くてすまねえ。オレにはこんな言い方しかできねえ」


あつし
「・・・いえ・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



あつし
「・・・十分でつ・・・ありがとうございまつ・・・心に響きまつぃた・・・泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



トーセンジョーダン
「・・・いい話だ!まとめるとこういうことだな!「あつしはヴァーちゃんにフラれる」と!ハッハッハー! 笑」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


あつし
「・・・・」



トーセンジョーダン
「・・・ジョーダンだよ!ハッハ! 笑」


あつし
「わ、笑えない冗談でつ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



– つづく –

サブコンテンツ