天皇賞春2016~ サウンズオブアース『漠然とした不安は文章にすれば消える』



◆天皇賞春2016


【サウンズオブアース】

○Sounds of Earth
○牡5
○父ネオユニヴァース
○馬名の由来⇒ 地球のサウンド

==========



◆漠然とした不安は文章にすれば消える



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「今週は、最強ステイヤー決定戦、天皇賞春だね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ。めかぶポン酢おまち」



オウケンブルースリ
「人気は先行馬のゴールドアクターとキタサンブラックかな。脚質的にも安定してるし、やっぱこの辺から勝負だな ブツブツ」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


サウンズオブアース
「・・地球のサウンドが聞こえる・・ 目閉」


オウケンブルースリ
「は?」



サウンズオブアース
「・・オウケンさん。あなたにも聞こえるでしょう?この地球のサウンドが・・ 目閉」


オウケンブルースリ
「・・シゲさん。なんかアブナイ奴が来たけど 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



サウンズオブアース
「人も馬も、この地球上に、生きとし生けるものは、すべて地球のサウンドに支配され・・」


オウケンブルースリ
「お。シゲさん。この めかぶポン酢、うまいね 食」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。新メニューだぜ」


サウンズオブアース
「き、聞けやぁぁーー!!怒」



オウケンブルースリ
「なんだよ、うるせえなあ。お前も、めかぶポン酢、食うか?ホレ。あーん 箸」


サウンズオブアース
「・・・あーん 口開」



オウケンブルースリ
「どーよ」


サウンズオブアース
「・・・ モグモグ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



サウンズオブアース
「・・まいうー 喜」


オウケンブルースリ
「だろ」



サウンズオブアース
「これぞまさに、地球のサウンドですぞ! 喜」


オウケンブルースリ
「それは知らん 汗」



サウンズオブアース
「時は来た!」


オウケンブルースリ
「は?」



サウンズオブアース
「今週の春天!競馬ファンは、地球のサウンドを聞くことになるでしょう! 喜」


オウケンブルースリ
「ほう。自信あるのか?」



サウンズオブアース
「1番人気候補の AV男優には、菊花賞で勝っている! 喜」


オウケンブルースリ
「AVゆうな 汗 怒られるから 汗」



サウンズオブアース
「菊花賞では、男優を3馬身以上、チギってますから! 喜」


オウケンブルースリ
「・・最近の有馬記念と日経賞では、完敗してるだろ ボソッ」



サウンズオブアース
「汁男優には負けへんで! 燃」


オウケンブルースリ
「絶対怒られるな 汗」



サウンズオブアース
「そしてもう1頭の人気馬、サブちゃんにも、有馬記念で勝っているっ! 喜」


オウケンブルースリ
「でも有馬記念はミルコだったろ?今回はミルコ騎乗停止で、藤岡佑介に乗り替わりだぞ」



サウンズオブアース
「オワタ! 泣」


オウケンブルースリ
「怒られるから 汗」



サウンズオブアース
「そして、大魔神佐々木のシュヴァルグラン。前走の阪神大賞典は鬼強かったけど、奴はここんとこ54~55キロの斤量でしか走っていない。今回は、いきなり58キロ」


オウケンブルースリ
「ふむ」



サウンズオブアース
「急に重くなるから、3コーナーあたりで腰をやっちまうに違いない! 喜」


オウケンブルースリ
「怒られるって 汗」



サウンズオブアース
「そんなわけで、今年の春天は、積極的に2着を狙っていきますよ! 燃」


オウケンブルースリ
「積極的に勝ちに行けよ 汗」



サウンズオブアース
「ボクのアビリティ『2着王』を知らないんですか?勝ちきれるわけないじゃないですか。はっはっは 笑」


オウケンブルースリ
「自分で言うな 汗」



サウンズオブアース
「しかも今回は、乗り替わりなんで、5着狙いで行きますよ。掲示板滑り込みセーフ!はっはっは 笑」


オウケンブルースリ
「・・それはマジであり得そうだな・・ ボソッ」



サウンズオブアース
「はぁ~ 落」


オウケンブルースリ
「ん?」



サウンズオブアース
「・・なんか、いろいろしゃべったけど、なんだろうこの漠然とした不安感・・ 落」


オウケンブルースリ
「まあ、ビッグレース前だしな」



サウンズオブアース
「いつもそうなんです。レース前は、漠然とした不安があるから、それを振り払おうと、友達と会ったりカラオケ行ったりゲームしたりして、気分転換するんです」


オウケンブルースリ
「ふーん」



サウンズオブアース
「強い刺激にさらされていれば、不安が消えるじゃないですかぁー」


オウケンブルースリ
「まあな」



サウンズオブアース
「で、その時は、不安を忘れるんですけどぉー、家に帰ってきて落ち着くと、また漠然とした不安に襲われるんです・・ 落」


オウケンブルースリ
「うーん」



サウンズオブアース
「だから今週の日曜日の天皇賞まで、どうやって不安を忘れようか、考えてるんですけどね」


オウケンブルースリ
「ふーん」



サウンズオブアース
「やっぱカラオケかなー。それとも今回は、女の子と遊ぼうかなー。ボク意外とモテるんで 喜」


オウケンブルースリ
「くっ・・」



サウンズオブアース
「ねえ、シゲさん。漠然とした不安を消すには、何をして遊んだらいいですかねー?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・文字にしてみなせえ」


サウンズオブアース
「はぁ?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・漠然とした不安を消すには、その不安がどこから来ているのか?何が原因なのか?しっかり、自分自身の心と対話することが重要だ」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分自身で、何が不安なのかさえ、わかっていないから、漠然とした不安感に襲われる」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「不安感なんてものは、結局、自分自身の脳で、勝手に作り上げている妄想に過ぎねえ」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから不安感は、向き合えば消えるし、逃げれば増幅する」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「カラオケやゲームやデートの刺激で、一瞬だけ不安感から逃げても、不安感はずっと自分を追いかけてくる」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そこで重要なのが、『自分の中にある漠然とした不安感を、言葉にしてみる。紙に書いてみる』という作業だ」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「不安感や恐怖感ってやつは、正体不明だから怖い。見たこともないオバケが、漠然と怖いのと同じだ」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「もし自分の心に、なんとなくの不快感や、漠然とした不安感が芽生えたなら、まず『この不快感はなんだろう?』と考えてみる」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして、その気持ちを紙に書いてみる。言葉にしてみる。文字にしてみる。そうすれば、正体がわかるからだ」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「正体がわかっちまえば、そこに恐怖心はなくなる。不安感もなくなる。あとは、やるべき事を淡々とやるだけでいい」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「不安や恐怖の原因を書く。次に、その原因を取り去るために必要な、日々の行動を書く」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それさえできれば、あとは決めた行動を毎日積み重ねるだけだ。いつの間にか漠然とした不安感は消え去っているだろうぜ」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「友達としゃべっているうちに、思考が整理されることもあるが、文字として書き出していく方が、効果は絶大だな」


サウンズオブアース
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


サウンズオブアース
「いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



サウンズオブアース
「心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



サウンズオブアース
「・・ボクは、自分の中にある不安感からいつも逃げていた。だからいつまでたっても、漠然とした不安感に追いかけられていたんですね・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



サウンズオブアース
「ありがとう、シゲさん。心がスッキリしました。これからは不安感が芽生えたら、逃げずに、文字にして整理したいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


サウンズオブアース
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、不安感を先送りして、別の刺激でごまかしても人生は良くならないからな。勇気を出して、自分と向き合うのも大切かもな」


サウンズオブアース
「はい!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



サウンズオブアース
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。痛みの先に、めくるめく快感と、不安感のない世界があるのよ…。もっとムチ打ちして欲しいのかい?・・このブタ野郎!!』



サウンズオブアース
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


サウンズオブアース
「・・・シゲさん。天皇賞春、がんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ