マイラーズカップ2016~ アルバートドック『他者批判による歪んだ優越感が人生を台無しにする』



◆マイラーズカップ2016


【アルバートドック】

○Albert Dock
○牡4
○父ディープインパクト
○馬名の由来⇒ イギリス港湾都市リバプールにあるウォーターフロント地区

==========



◆他者批判による歪んだ優越感が人生を台無しにする



≪喫茶店にて≫



ショウナンマイティ
「オレたちは、チーム殿一気(しんがりいっき)」


ウインバリアシオン
「おう。『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」



ショウナンマイティ
「先行策なんざ、力なき者の小細工にすぎねえ」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道をゆくのが男の美学」



ショウナンマイティ
「ウサイン・ボルトは、距離が 100mしかなくても追い込む」


ウインバリアシオン
「おう。奴もまた、男の中の男」



ショウナンマイティ
「男は黙ってシンガリ一気」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「おうよ。泣く子も黙り、吠えるドーベルマンも、おなかを見せる愚連隊」



ショウナンマイティ
「男の中の男。それが『チーム殿一気』」


ウインバリアシオン
「おうよ。男らしさだけが、チームのアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、喫茶店で競馬新聞を読むとき、床に新聞を広げて寝そべる 寝読」


ウインバリアシオン
「おうよ。傍若無人は勇気のしるし 寝読」



ショウナンマイティ
「だが、たまに他の客に背中を踏まれて悶絶する」


ウインバリアシオン
「おう。背中踏まれリスクを恐れずに寝そべるのが、男の中の男」



ウェイトレス翔子
「・・あ、あの・・申し訳ございませんが・・他のお客さまのご迷惑となりますので・・床に競馬新聞を広げるのは・・ 震」


ウインバリアシオン
「あぁっ?! 睨」


ウェイトレス翔子
「ひぃっ!! 汗」



ウインバリアシオン
「・・ねぇちゃんよぉ・・」


ウェイトレス翔子
「は、はい・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・・ 睨」


ウェイトレス翔子
「・・・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・スマン。テーブルに戻る」


ウェイトレス翔子
「え?」



ショウナンマイティ
「チーム殿一気は、男の中の男。・・男は、自分が間違っていると気づいたら潔く謝り、新しい価値観を受け入れる」


ウインバリアシオン
「おう。安いプライドにしがみつき、自分の考えに固執するのは小物の証」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・素敵・・ 惚」



ウインバリアシオン
「おう。ねぇちゃん。注文したカルパッチョは来たが、熱々の激辛カルビクッパはまだか?」


ウェイトレス翔子
「あ、はい。お持ちしました。こちら熱々の『激辛カルビクッパ』になります。グツグツ煮立っておりますので、フーフーしてお召し上がりください グツグツ」



ウインバリアシオン
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。フーフーなんざ、女子供のやること」


ショウナンマイティ
「そう。どんなに熱くても、熱いとか言わないのが男の花道。間違っても言うなよ?熱いとか。絶対言うなよ?」



ウインバリアシオン
「あたりめえだ。誰にモノ言ってんだコノヤロウ。・・バクッ・・・。あぁっーちゃちゃちゃちゃーー!!辛れぇーー!!熱汗汗」


ショウナンマイティ
「フッ。ダチョウ倶楽部ばりのフリが、男の花道」


ウインバリアシオン
「そう。笑いのためなら、体の苦痛もなんのその。それが男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ショウナンマイティ
「例えば、チーム殿一気が、回転寿司に行った時」


ウインバリアシオン
「おう。チーム殿一気は、あえて、『3時間くらい放置されていたであろう、カッピカピの寿司』を取る」



ショウナンマイティ
「そう。『同じ値段ならぁ~店員さんに注文してぇ~新鮮なお寿司を食べた方がお得じゃん~w』なんていうのは、小物のやること」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道を行くのが、男の証」



ショウナンマイティ
「・・・ん?おい、シオン。さっきのカルパッチョ、乾燥してカピカピになってるぞ?」


ウインバリアシオン
「・・・ぬ、ぬおおーー!!おい!腐れ店員!カルパッチョの鮮度が悪いぞゴルァーー!!怒叫」


ショウナンマイティ
「そう。たまにポリシーを忘れて、うっかりキレてしまうのも、おちゃめな男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ウインバリアシオン
「さあ。今日も、迷える子羊が現れたようだぜ」


ショウナンマイティ
「ああ。そのようだな」



≪隅っこの席にて≫



アルバートドック
「はぁー。前々走で重賞初制覇したと思って喜んでたら、前走の中日新聞杯は、なんとビリ…。ビリギャルだよ…。男だからギャルではないけど… 落」


ウインバリアシオン
「おう。兄ちゃん ドカッ 座」


ショウナンマイティ
「悩み事か? ドカッ 座」



アルバートドック
「な、なんですか、あなたたち 汗 カツアゲ?お金なら持ってません! 汗震」


ショウナンマイティ
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。カツアゲなど卑怯者のやること」



ウインバリアシオン
「おうよ。むしろ俺達が、お前のナポリタン代も払ってやる。伝票よこせ」


アルバートドック
「マ、マジすか 汗」



ウインバリアシオン
「・・お前の事は、調査済みだ」


ショウナンマイティ
「・・アルバートドック。スローペースでも、最後方から追い込む、男の中の男スタイル」


アルバートドック
「は、はぁ・・」



ウインバリアシオン
「前々走の小倉大賞典。一か八かのイン強襲&殿一気。見事だった」


アルバートドック
「ええ…。引退するマツパク先生の、最後の重賞レースだったんで、必死でした」



ウインバリアシオン
「そして、須貝尚介厩舎への転厩初戦が、前走の中日新聞杯。シンガリ追走からのシンガリ負け。見事だった」


アルバートドック
「い、1コーナーで挟まれてしまって…。やる気がなくなってしまいました。転厩初戦で状態も良くなかったかもしれません… 落」



ウインバリアシオン
「もちろん今回も、殿一気だよな?」


アルバートドック
「い、いやー、開幕週の京都で、追い込みは決まらない可能性が高く、展開次第では、少し前に行きたい気持ちもあるので・・」



ウインバリアシオン
「ダメだ」


アルバートドック
「え? 汗」



ウインバリアシオン
「どんな展開であっても、4角最後方で回ってこい」


アルバートドック
「そ、そんな無茶な 汗」



ウインバリアシオン
「ウサイン・ボルトは、100m走でも追い込む」


アルバートドック
「ボルトじゃないですもん 汗」



ウインバリアシオン
「『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」


アルバートドック
「チーム殿一気じゃないですもん 汗」



ウインバリアシオン
「今日からお前も、チーム殿一気だ」


アルバートドック
「け、結構です 汗」



ウインバリアシオン
「なんでよ?」


アルバートドック
「だ、だって、僕は男の中の男じゃないですし 汗」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「ボ、ボクは平凡な男だから、あなた達みたいに強くないんです…」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「いいんです。ボク。嫌なことがあったときは、テレビに出てる芸能人とかの突っ込み所を探して、ネットに悪口を書き込むのが趣味なんです」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「意外と楽しいんです。ネットで悪口を書いていると、僕と同じようにネガティブでドス黒い人たちが、いっぱい集まってきて、一体感みたいなものも得られるし」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「リアルな現実世界でも、『なんか頑張っちゃってる奴』を探して、陰でコソコソ悪口を言うのが、意外と楽しいんです」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「ほら。頑張っちゃってる奴って、ちょっとイタイじゃないですか。恥ずかしいですよね。必死に努力する姿って」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「必死に努力しちゃってる奴をナナメに見て、鋭く批評できるボクって、有能だなーって思うんです」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「ね?あなたたちも、そう思うでしょ?」


ウインバリアシオン
「・・・・」


アルバートドック
「・・・・」



ウインバリアシオン
「ああ。頑張ってる奴の悪口を言っている間は、何もない自分の人生を忘れられるし、同じくネガティブな奴らが集まってくるから、孤独感も劣等感も虚無感も、すべて消えるな」


アルバートドック
「でしょー」



ウインバリアシオン
「そして・・」


アルバートドック
「うん」



ウインバリアシオン
「・・お前の人生も、消えるな」


アルバートドック
「え?」



ウインバリアシオン
「・・他者をこきおろすことで、相対的に自分の有能性を錯覚し気持ちよくなる。それがクセになる。・・・転落していく奴の典型だ」


アルバートドック
「・・・・」



ウインバリアシオン
「その一連の感情の動きの中で、おまえ自身は毎日、自分の人生に、何を積み重ねたんだ?」


アルバートドック
「・・・・」



ウインバリアシオン
「何もありゃしねぇ。お前は自分では何も行動せず、脳の中で、勝手に劣等感を消したり、優越感を生んだりして遊んでるだけだ」


アルバートドック
「・・・・」



ウインバリアシオン
「人生の幸福度や充実度ってやつは、いかに他者の存在を自分の中から排除していけるかで決まる」


アルバートドック
「・・・・」



ウインバリアシオン
「人生では、自分が何かに集中して取り組んでいる時が、最も幸せだからだ」


アルバートドック
「・・・・」



ウインバリアシオン
「お前がやっていることは真逆。自分の好きなことも見つけられず、他者を批評しているように見えて、実は他者の存在に支配されているだけの、安い人生だ」


アルバートドック
「・・・・」



ウインバリアシオン
「一生そうやって、世の中を斜めに見て、偽りの優越感に浸っていればいいさ」


アルバートドック
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・お前は見所がある奴だと思ったんだがな。オレの勘違いだったようだ」


ショウナンマイティ
「あんまり言ってやるな、シオン。かわいそうだろ」


アルバートドック
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・チーム殿一気は、自分の夢や目標の達成に必要な行動を、毎日積み重ねる。たとえ誰が笑ってもだ」


アルバートドック
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・・フン。まあこれは、あくまでオレたちの思想。押しつけるつもりはない。邪魔したな。ナポリタン代は払っておいてやる。じゃあな」


ショウナンマイティ
「じゃあな」



アルバートドック
「あ・・。あの・・」


ウインバリアシオン
「なんだ」



アルバートドック
「・・・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「・・ありがとうございました・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「・・他人を批判する事で、自分の無能さをごまかしていた・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「自分自身でも気づいていなかった・・。ボクは・・なんてバカだったんだろう・・ 泣」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アルバートドック
「ありがとう!チーム殿一気!大切なことに気づかせてくれて!」


ウインバリアシオン
「フン。別にお前のために言ったわけじゃねえ。オレが言いたかっただけだ。礼を言われる筋合いはない」



アルバートドック
「あの・・」


ウインバリアシオン
「ん?」



アルバートドック
「・・まだボク・・チーム殿一気の一員ですか・・?」


ウインバリアシオン
「・・・・」


アルバートドック
「・・・・ 見」



ウインバリアシオン
「お前の自由だ。チーム殿一気は何も強制しない。お前自身が、お前の頭で考え、自分の生きる道を決めろ」


ショウナンマイティ
「そう。それが男の中の男」


アルバートドック
「はい!チーム殿一気、最高です! 泣」



ウインバリアシオン
「おう。俺たちの名は『チーム殿一気』。名乗るほどの者ではない」


ショウナンマイティ
「おうよ。名乗っちゃってるぜ」



ウインバリアシオン
「最近の世の中は、まっすぐに生きることより、打算的で、小手先的で、こざかしく生きる方が得だという風潮がある」


ショウナンマイティ
「俺たち『チーム殿一気』は、そんな世の中に警鐘を鳴らすべく組織された、男気軍団」



ウインバリアシオン
「あえて損の道を行く。それが、チーム殿一気」


ショウナンマイティ
「それが極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「それが男のアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「風が、オレたちを呼んでいる」


ウインバリアシオン
「おうよ。歩み続けよう。誰に馬鹿にされようとも」



ショウナンマイティ
「それが男の生きる道」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」



二人
『チーム殿一気!!』



  - つづく –

サブコンテンツ