◆札幌記念2011予想⇒キングトップガン⇒少しだけ自己成長のためにお金を使う



【キングトップガン】

○King Top Gun
○馬名 意味由来⇒ 王様+父名の一部
○8歳 男性
○父マヤノトップガン
○2000m  1-0-0-4
○札幌芝 0-0-0-2
○未勝利戦から地道にクラスを上げてくるも、オープンに来てからは完全に頭打ちだった
○が、8歳の目黒記念。雨の東京2500で感動の重賞初制覇
○さらに前走、函館記念も勝っちゃった!8歳にして重賞連勝
○13戦連続ハンデ戦に出走して最後は重賞連勝。今回久々の別定戦。はたして。



◆少しだけ自己成長のためにお金を使う



≪キャバクラにて≫



キングトップガン
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「こんばんは♪レナです♪よろしくネ♪」



キングトップガン
「む」


No.1キャバ嬢レナ
「オウケンたん、からの紹介なんですかぁ?」


キングトップガン
「ああ。オウケンが一度、来てみろと。必ず最後はアンタに惚れるから、とかなんとか」



No.1キャバ嬢レナ
「あになとー♪ええっと、お名前は、トップガ・・・」


キングトップガン
「マーベリックだ」



No.1キャバ嬢レナ
「マ、マーベ?汗 なんですかぁ~?それ~? 笑」


キングトップガン
「アメリカ海軍、戦闘機・F-14のパイロットだ」



No.1キャバ嬢レナ
「キャハハー♪トップガンさんって、おもしろーい♪」


キングトップガン
「マ、マーベリックだ 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「あ。ガンさん。なに飲みますかぁ?メニューはコチラでーす♪」


キングトップガン
「む!・・・な、なんだこの高さは!汗 ボッタクリじゃないか!汗」



No.1キャバ嬢レナ
「普通ですよぉ?」


キングトップガン
「なんで水割りがこんなに高いのだ!原価はいくらだ! 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「うーん。あのね?水割り代っていうより、空間代なのぉ~♪」


キングトップガン
「あ?」



No.1キャバ嬢レナ
「現実を一瞬でも忘れてリフレッシュする空間代♪」


キングトップガン
「む。よくわからんが、とりあえず一番安い水割りをくれ」



No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪」


キングトップガン
「・・・チッ。こんな店、金のムダだ。オウケンの野郎・・・ブツブツ」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえねえ♪ガンたんは、重賞連勝でお金が入ったら、旅行とか行くのぉ~?」


キングトップガン
「行かん。金の無駄だ」



No.1キャバ嬢レナ
「え~どうしてぇ~?」


キングトップガン
「オレももう8歳だからな。老後のために金を貯めておくのだ。ふっふ 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「ふーん。じゃあもし引退したら、ゆっくり縁側で読書したりするんだね♪」


キングトップガン
「しない。本代がムダだ」



No.1キャバ嬢レナ
「え~。本代なんて安いよぉ~?」


キングトップガン
「1冊1000円とかムダだ」


No.1キャバ嬢レナ
「へー。堅実派なんだね~♪」



キングトップガン
「趣味に金など使わぬ。仕事して稼いで、貯金して老後に備えるのだ」


No.1キャバ嬢レナ
「ふーん。あ、ガンたん、おつまみが無いね♪ポッキーとか食べるぅ?」



キングトップガン
「・・・無料か?」


No.1キャバ嬢レナ
「い、いや一応、料金かかっちゃうんだ 汗」



キングトップガン
「いらん。金のムダだ」


No.1キャバ嬢レナ
「そ、そっか。じゃあこのカキピーは無料だから、食べてネ♪」


キングトップガン
「うむ。無料なら食おう。オレは無料のものしか手を出さんぞ。金がもったいないからな・・・ポリポリ」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ガンたんは堅実だから、きっと奥さんになる人は幸せだね♪」


キングトップガン
「ふっ。おぬしもそう思うか? 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「私は・・・」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・貯金するのはもちろん大事だと思う♪」


キングトップガン
「フン。あたりまえだろ」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ただね?私の場合は、お給料の一部を意識的に、新しい知識や経験のために使うようにしてるんだ♪」


キングトップガン
「あ?」



No.1キャバ嬢レナ
「お金って、とっても大事だけど、貨幣の価値は、政府への信用に依存しているものにすぎないわけじゃない?」


キングトップガン
「あん?」



No.1キャバ嬢レナ
「紙幣そのものに、絶対的な価値は無いわけじゃない?政府の信用創造が無ければ、ただの紙・・・」」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でも自分自身の価値ってさ、世の中がどう変化しても、変わらない価値なわけでしょ?」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だから、お給料のほんの一部でいいから、本を買ったり、何かを学ぶために使ったり、感性を磨くために使おうって、私は意識してるんだ♪」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・空や海は青いけど、みんなが同じ色に見えてるわけではない」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・景色は目で見ているのではなく、脳で見ている」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「それが感性の差。美しい景色は、感性を磨くことによって、さらに美しく見える」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「貯金や生活に追われて、感性が鈍くなってしまうと、アスファルトのスキマから、がんばって咲いてる花が、目に入らなくなってしまう・・・」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・なんちゃって!汗 ちょっと調子こいてしゃべっちゃいまちた♪レナ反省でちゅ♪」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ごめんね。ガンたん。怒ってる?」


キングトップガン
「・・・いや・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「良かった♪・・・あ!ガンたん、もう時間だね。これ以上は延長料金になっちゃうから、帰らなきゃ! 汗」


キングトップガン
「ああ。帰るとしよう」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ガンたん」


キングトップガン
「ん?」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・コレ・・・私がいつも付けてる、大切な携帯ストラップ」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「貝がらでね。耳にあてると波の音が聞こえるの」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ガンたんにあげる」


キングトップガン
「え・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ガンたんの感性が、ちょっとだけ良くなりますようにって。お守り」


キングトップガン
「・・・レナ・・・さん」



No.1キャバ嬢レナ
「はい♪あげる♪」


キングトップガン
「・・・あ、ありが・・・照」



No.1キャバ嬢レナ
「今日、ガンたんがレナに会いに来てくれたことを、お金のムダだったと感じませんように。って、神様にお願いしなきゃね」


キングトップガン
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ごめんね、ガンたん。大切なお金、使わせちゃったね・・・」


キングトップガン
「いや・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だけど願わくば、今日のこの一期一会の一瞬の出会いが、ほんのちょびーっとでも、ガンたんの人生に良い影響になればいいなって思うんだ」


キングトップガン
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



キングトップガン
「・・・い、一期一会なのか・・・?」


No.1キャバ嬢レナ
「え?」



キングトップガン
「・・・ま、また会いにきても・・・いいのか? 照」


No.1キャバ嬢レナ
「ガンたん・・・泣」



キングトップガン
「・・・な、なんでもない 照 ・・・さらばだ 照」


No.1キャバ嬢レナ
「ありがと・・・ガンたん・・・泣」



バタン



キングトップガン
「・・・ほ、惚れた・・・照」



– つづく –

サブコンテンツ