皐月賞2016~ ロードクエスト『悔しい気持ちが明日をがんばるパワーとなる』



◆皐月賞2016


【ロードクエスト】

○Lord Quest
○牡3
○父マツリダゴッホ
○馬名の由来⇒ 冠名+探求

==========



◆悔しい気持ちが明日をがんばるパワーとなる



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「さあ、いよいよ近年まれにみると言われる、ハイレベルな牡馬クラシックが開幕だね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ。麻婆ナスおまち」



オウケンブルースリ
「・・暴君リオンディーズ、音速の末脚マカヒキ、2億円の輝きサトノダイヤモンド。。やっぱこの3頭が抜けてるな ブツブツ」



  ガラガラッ



マツリダゴッホ
「・・皐月賞も、マツリダ祭りだマツリダ」


オウケンブルースリ
「は?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。ゴッホさん。久しぶりだな」


マツリダゴッホ
「ご無沙汰しておりマツリダ。シゲ氏」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ビールでいいかい?」


マツリダゴッホ
「OKマツリダ」


オウケンブルースリ
「OKグーグルみたいになってるな 汗」



マツリダゴッホ
「皐月賞も、マツリダ祭りだマツリダ」


オウケンブルースリ
「うん。さっきも聞いたけど 汗」



マツリダゴッホ
「なんかさっき、3頭が抜けてるとか、ゆってなかったマツリダ?」


オウケンブルースリ
「ゆ、ゆってないけど? 汗」



マツリダゴッホ
「・・確かに、その3頭は家柄も良く、生産牧場は一流、血統も一流の、生まれながらのスーパーエリート3頭だマツリダ」


オウケンブルースリ
「うん」



マツリダゴッホ
「だがしかし!」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「皐月賞を勝つのは、我が息子。マツリダゴッホ産駒の、ロードクエスト君だマツリダ! 燃」


オウケンブルースリ
「ムリムリ ボソッ」



マツリダゴッホ
「クエストくーーん!!叫」


オウケンブルースリ
「ミキティーー!!みたいに言うな 汗」



マツリダゴッホ
「・・クエスト君は、決して恵まれた環境で生まれ育ったわけではなかった。クエスト君の母 マツリダワルツは、中央競馬ではなく、地方競馬で泥だらけになりながら、ひたむきに走っていた女だったマツリダ」


オウケンブルースリ
「ほう」



マツリダゴッホ
「マツリダワルツは、400キロあるかないかの小さな体で、泥にまみれて 46戦も走り続けたマツリダ」


オウケンブルースリ
「ほほう」



マツリダゴッホ
「小柄でも元気に一生懸命走る姿。地方競馬ではそこそこ人気のあるアイドルだったマツリダ」


オウケンブルースリ
「うん」



マツリダゴッホ
「しかし引退後、『繁殖牝馬にするには体が小さすぎる』という理由で、処分されることになったマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「マツリダワルツ大ピンチ。その時、オーナーさんが『やってみなければわからない。やってみよう』と進言し、マツリダワルツはギリギリ処分を免れた。そして彼女は、ワシの子を産んだ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「それが、ロードクエスト君だマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ロードクエスト君が生まれた牧場は、小さな小さな牧場で、3強が生まれたような社台系の牧場のように、恵まれた環境ではなかったマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「3強のおやつが、1個1000円の高級マカロンだったのに対し、ロードクエスト君のおやつは、雑草のおひたしだったマツリダ」


オウケンブルースリ
「怒られるから 汗」



マツリダゴッホ
「3強が、フッカフカのベッドで幸せな夢を見ている頃、クエスト君はすきま風が吹き荒れるボロ屋で、寒さに震えながら、体を丸めていたマツリダ」


オウケンブルースリ
「やめなさい 汗」



マツリダゴッホ
「3強が体に恵まれ、500キロを超える雄大な馬体なのに対し、ロードクエスト君は母に似て体は大きくなく、デビュー戦は444キロだったマツリダ」


オウケンブルースリ
「うん」



マツリダゴッホ
「3強の父が、ディープインパクトやキングカメハメハといった、日本最強の種牡馬であるのに対し、ロードクエスト君は父マツリダゴッホという、貧相な種牡馬だった。・・・いや誰が貧相な種牡馬やねんマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「3強が、いつもピカピカのおニューの服を着ていたのに対し、クエスト君は、お兄ちゃんのお下がりの、つぎはぎだらけのボロボロの服を着ていたマツリダ」


オウケンブルースリ
「怒られるって 汗」



マツリダゴッホ
「・・すまぬ。クエスト君。ワシが甲斐性なしだから、服を買ってやれなくて・・・。いや誰が甲斐性なしやねんマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「・・クエスト君は、決して恵まれた環境で生まれ育ったわけではなかったのだマツリダ」


オウケンブルースリ
「そうだったんだな」



マツリダゴッホ
「・・そういえば、あれはクエスト君が、小学生の頃だったか」


オウケンブルースリ
「小学生ってなんだよ 汗」



■■~ 回想シーン。ロードクエスト。小学校にて ~



先生
「お前の夢は何だ?クエスト」


ロードクエスト
「はい!競走馬になって、GIレースを勝つことですっ!」



先生
「ジーワン?」


ロードクエスト
「はいっ!」



先生
「・・・・」


ロードクエスト
「・・・・」



先生
「・・・はは・・はっはっはー!ぶわっはっは! 笑爆」


ロードクエスト
「え?」



先生
「バカなの?ねえバカなの? 笑」


ロードクエスト
「・・・・」



先生
「GIて!笑 お前が?弱小牧場の、マイナー血統のお前が?GI?ぶひゃーっはっはっは! 笑」


ロードクエスト
「どうして・・ 落」



先生
「いいかあ、GIとか重賞ってのはなあ、社台系のエリートお坊ちゃま連中が勝つための場所なんだよおー 笑」


ロードクエスト
「・・・・」



先生
「人生なんてなあ、生まれた時点で結果は決まってるんだよおー! 笑」


ロードクエスト
「・・・・」



先生
「脆弱な環境に生まれ育ったお前が、競走馬として活躍するなんて無理無理。リームー 笑」


ロードクエスト
「・・・・」



先生
「600万円のお前が、2億・3億のエリートに勝てるわけねえ~ww」


ロードクエスト
「・・・・」



先生
「夢は寝てる時だけ見てろよ!まあ、お前んちは、すきま風が吹き荒れるボロ屋だから、寒くて眠ることもできねえか!ぎゃーっはっはっは!ww」


ロードクエスト
「・・・・」



先生
「さっさと家に帰って、ママのお手伝いでもしてな!ケッ! 睨」


ロードクエスト
「・・はい・・。先生さようなら・・ 落」



 ~ロードクエスト家にて~



マツリダワルツ
「おかえり。クエスト。今日は学校で何があった? 微笑」


ロードクエスト
「・・・・」


マツリダワルツ
「ん? 首傾」



ロードクエスト
「・・先生が・・」


マツリダワルツ
「・・・・」



ロードクエスト
「・・先生が、(・・かくかくしかじか・・)」


マツリダワルツ
「・・・・」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「・・そう」


ロードクエスト
「・・うん」



マツリダワルツ
「・・・・」


ロードクエスト
「・・ねえママ。やっぱり人生は、生まれた時点で結果は決まっているの? 落」



マツリダワルツ
「・・・・」


ロードクエスト
「・・・・ 落」



マツリダワルツ
「クエスト。 肩手」


ロードクエスト
「・・・・ 落」



マツリダワルツ
「・・今からママが学校に行って、先生に抗議することはできる。先生に謝罪してもらうこともできるかもしれない」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「でもね。ママが先生に抗議しても、クエストの人生は、何も良くならないの」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「大切な事は、誰かを論破したり、論理的に相手を叩きのめすことではなく、その出来事を、いかにこれからの自分の人生に役立てていくかだと思うの」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「クエスト」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「・・悔しい気持ちは、明日をがんばるパワーにしなさい」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「悔しい気持ちや、腹立たしい気持ちを、他人や社会にぶつけても、良いことは何も起こらない。むしろ悪いことばかりを引き寄せる、負のオーラをまとうようになってしまう」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「でも、腹立たしい気持ちをポジティブなエネルギーに変えて前に進めば、自分の人生はどんどん良くなるし、人生が良くなれば、腹立たしかった出来事も、いつしか何も感じなくなる」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「人生は、他者との戦いではない」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「人生は常に、自分との戦いよ。クエスト」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「わかった? 微笑」


ロードクエスト
「・・・うん」



マツリダワルツ
「そっか。・・お腹すいたでしょ。今日はクエストの大好きな、豆腐ハンバーグよ。お金があんまりないから、お肉は買えなかったけどね 汗」


ロードクエスト
「わーい!豆腐ハンバーグ! 喜」



マツリダワルツ
「うん。じゃあ、一緒に食べよう 微笑」


ロードクエスト
「わーい!いただきまーす! 喜」


マツリダワルツ
「どうぞ♪ 微笑」



■■~ 回想シーン終わり ~



マツリダゴッホ
「・・・・ 涙」


オウケンブルースリ
「なんでアンタが泣いてんだ 汗」



マツリダゴッホ
「・・人生は不公平だマツリダ。生まれ持った才能や環境で、その人間の人生がほとんど決まってしまうマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「だが、生まれつき何も持っていなくても、劣悪な環境に甘んじるしかなくても、それでも人生は、自分の心持ちひとつで変えることができると、ワシは思うのだマツリダ」


オウケンブルースリ
「うん」



マツリダゴッホ
「自分の環境に文句を言ったり、自分のストレスを他者にぶつけたり、愚痴ばかり言ったりすれば、弱者は弱者のままで人生を終えることになるマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「だから、今、何も持たない人こそ、真摯に自分自身の人生と向き合い、毎日の行動を積み重ねていかなければならんマツリダ」


オウケンブルースリ
「うん」



マツリダゴッホ
「生まれつき何でも持っている人々に、『弱者』などと冷笑されたままで、人生を終わらせてなるものかマツリダ」


オウケンブルースリ
「ああ。そうだな」



マツリダゴッホ
「クエスト君。・・負けてもいい。敵わなくてもいい。だが、自分にだけは負けないでほしい。負け犬根性に流されないでほしい」


オウケンブルースリ
「大丈夫だよクエストは。そんないいママがいるんだからな」



マツリダゴッホ
「オウケン氏・・ 涙」


オウケンブルースリ
「はっはっは。まあよ、我が子を思う母親の気持ちってのは、この世で最強のパワーなのかもしれないな。いいお母さんで幸せだぜ、クエストは」


マツリダゴッホ
「うむ 涙」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。皐月賞がんばれって、クエストに言っといてくれよ」



   カタン



マツリダゴッホ
「ん?何か落としたぞ、オウケン氏。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】ああっ!お義母さん!そんなことダメですっ!あっ! 出』



マツリダゴッホ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


マツリダゴッホ
「・・シゲ氏。我が息子クエスト君を応援してやってくだマツリダ。シゲ氏『だけが』応援してくだマツリダ。じゃ。さいならマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ