大阪杯2016~ ヌーヴォレコルト『やらないことを決めれば人生は良くなっていく』



◆大阪杯2016


【ヌーヴォレコルト】

○Nuovo Record
○牝5
○父 ハーツクライ
○馬名意味⇒ 新記録

==========



◆やらないことを決めれば人生は良くなっていく



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「ふーむ。新人女性騎手の藤田菜七子ちゃんは、地方で歓喜の初勝利を挙げ、でもその初勝利のゼッケンを盗まれ、でもなんとかゼッケンが見つかる、とか慌ただしいことになってるね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ。味噌田楽おまち」



オウケンブルースリ
「まあしかし彼女、めちゃくちゃ注目されてるよね。新人の時の三浦皇成をしのぐフィーバーだね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「ただ、芸能事務所に所属するとかに関して、ネガティブな意見も出てきてるみたいだよ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですかい」


オウケンブルースリ
「どうなんだろね」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・どんなジャンルでも、一気に注目されると、それを面白く思わない層が、必ず一定割合で発生する」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「特に、今、自分の人生がうまくいっていない人々は、他者の成功に寛容でいられないからな。輝いている者を叩くことで、自分の価値を維持しようとする」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「まだまだ少女の彼女が、この『負の重圧』に耐えて、かつレースでも結果を出し続けるというのは困難な道だが、負けずに頑張ってほしいですねえ」


オウケンブルースリ
「そうだね。女性が輝くと、社会にも活気が出るからね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


ヌーヴォレコルト
「・・ヌー。女性が輝くと、競馬も盛り上がヌ。その通りでヌ。オウケヌさん」



オウケンブルースリ
「は?」


ヌーヴォレコルト
「ワタシの名は、ヌーヴォレコルト。ご存知の通り、現役最強牝馬! 喜」


オウケンブルースリ
「むう。去年のエリザベス女王杯以来の登場だが、あいかわらず、うぜえな。この自称 現役最強牝馬 汗」



ヌーヴォレコルト
「ヌー! 怒」


オウケンブルースリ
「まあ怒るなって。ビールでいいか?」



ヌーヴォレコルト
「・・焼酎のおヌわヌ」


オウケンブルースリ
「は? 汗」



ヌーヴォレコルト
「焼酎のおヌわヌ」


オウケンブルースリ
「な、なんて言ってるか、さっぱりわかんねえわっ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「焼酎のお湯割りな。あいよっ」


オウケンブルースリ
「わかんのかいっ 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・今週ヌ大阪杯は、凄いメンバーが集結すヌわよ」


オウケンブルースリ
「お、おう 汗 それはいいんだけど、さっきから、ちょいちょい読みにくいんだけど 汗」



ヌーヴォレコルト
「なヌで?」


オウケンブルースリ
「はいそれ! 指」



ヌーヴォレコルト
「ワタクシには、なヌのことだか、さっぱヌわかりませヌーわよ」


オウケンブルースリ
「俺には、なんて言ってるのかさっぱりわからんわ 汗」



ヌーヴォレコルト
「久しぶりヌ登場なヌで、なヌとか爪痕を残すためヌ、今日もキャラ設定を攻めていくヌだわよ」


オウケンブルースリ
「い、生き残りに必死だな 汗」



ヌーヴォレコルト
「でも、筆者Tも、書くヌが大変で、イラついていヌわよ」


オウケンブルースリ
「それは知らん 汗」



筆者T
「・・はぁー。しんどい。やっぱりラブリーデイにすればよかった・・ 落」


ヌーヴォレコルト
「ヌー! 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ヌーヴォレコルト
「ワタシ、怒っていヌわよ! 怒」


オウケンブルースリ
「だから怒るなって 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・『いヌわよ』は、『いるわよ』であって、『犬はよぉ~』ではないわよ?」


オウケンブルースリ
「それはわかる 汗」



ヌーヴォレコルト
「じゃあ、そろそろ帰ヌわよ」


オウケンブルースリ
「はええな 汗」



ヌーヴォレコルト
「あ。競馬ヌ話を全然してなかったわ。さっきも言ったけど、今週ヌ大阪杯は、GI級のメヌバー集結だわよ」


オウケンブルースリ
「ああ。中距離の帝王ラブリーデイは、ミルコで盤石だな」



ヌーヴォレコルト
「ヌー!」


オウケンブルースリ
「そ、それは、『No!』って言ってるのか? 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ヌーヴォレコルト
「・・ちょっと、なヌ言ってるかわかヌない 苦笑」


オウケンブルースリ
「テ、テメーだろがぁぁーー!!グリグリ!!頭押」


ヌーヴォレコルト
「キャー!汗 こめかみをグリグリー!汗 痛いー! 汗」



オウケンブルースリ
「・・(モミモミ 胸)」



  バキッ!!拳鼻



オウケンブルースリ
「ぐはぁぁーー!!鼻血」


ヌーヴォレコルト
「オメー!なに人の胸、もみくさってんだぁー!コラァー!ガスガス!!蹴蹴」


オウケンブルースリ
「ぐ、ぐわぁー!汗 ち、違うんだっ!たまたま手が当たっただけだって! 汗」



ヌーヴォレコルト
「ケッ。ドスケベ。しねっ。ハゲっ! 怒」


オウケンブルースリ
「こ、こわー 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・フン。ミルコ・ルメール・ムーア・ベリー・シュタルケ・ペドロサ・バルジュー。。。コロコロコロコロ外人に乗り替わる。ラブリーデイは川田将雅でしょうがっ 怒」


オウケンブルースリ
「そ、そうですね 汗」



ヌーヴォレコルト
「ワタシは、乗り替わらないっ!」


オウケンブルースリ
「・・前走の香港で、ムーアに乗り替わってたけど? 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・ヌーア?」


オウケンブルースリ
「ムーアな 汗」



ヌーヴォレコルト
「フン。ムーアだかヌーアだか知らんけど、ワタシは、ヌワタヤスヌリ命よっ! 燃」


オウケンブルースリ
「だ、誰だよっ 汗」



ヌーヴォレコルト
「ヌワタヤスヌリ」


オウケンブルースリ
「イワタヤスナリな 汗」



ヌーヴォレコルト
「そう!2015年の夏競馬でフィーバーしすぎて、その反動でここまで絶不調のヌワタヤスヌリ!」


オウケンブルースリ
「絶不調ゆうな 汗」



ヌーヴォレコルト
「見事に重賞連敗中!でも、同じく重賞連敗中だった、フクヌガユウイヌも、ここに来て復活してる!」


オウケンブルースリ
「だ、誰ですか? 汗」



ヌーヴォレコルト
「フクヌガユウイヌ」


オウケンブルースリ
「フクナガユウイチか 汗」



ヌーヴォレコルト
「フクヌガユウ犬、ではないわよ?」


オウケンブルースリ
「それはわかる 汗」



ヌーヴォレコルト
「だからそろそろ、ヌワタヤスヌリも復活の時!がんばれ!ヌワタヤスヌリ! 燃」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ヌーヴォレコルト
「久しぶりに岩田のアビリティ『極悪モンキー』が発動するわよ! 燃」


オウケンブルースリ
「極悪はイカン 汗」



ヌーヴォレコルト
「降着スレスレのグレーゾーンを攻めるわよっ!ブラックモンキー! 燃」


オウケンブルースリ
「ブラックモンキーだったら、グレーゾーンじゃねえだろ 汗」



ヌーヴォレコルト
「斜行でも、罰金で済むならOK!ウッキー! 燃」


オウケンブルースリ
「だ、誰かレッドカードを 汗」


ヌーヴォレコルト
「よし!いい感じのテンションになってきたわヌ! 燃」



オウケンブルースリ
「・・でもよお。本格化してからのラブリーデイは、2200mまでなら、鬼のように強いぜ?」


ヌーヴォレコルト
「オヌノヨウヌツヨヌ?」


オウケンブルースリ
「うん。そうだね。はいはい」



ヌーヴォレコルト
「あ。そんなこと言ってたら、最新のゲーム、貸してあげないヌー」


オウケンブルースリ
「俺ゲームやんないし」



ヌーヴォレコルト
「新発売のマンガ、貸してあげないヌー」


オウケンブルースリ
「エ●マンガだったら借りるけど」



ヌーヴォレコルト
「実はワタシ、最近スマホの某ゲームにもはまっててヌー 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ヌーヴォレコルト
「あとー話題のアノ最新映画も見たいしヌー 喜」


オウケンブルースリ
「へー」



ヌーヴォレコルト
「居酒屋で女子会も、毎週あるしヌー 喜」


オウケンブルースリ
「忙しいのな」



ヌーヴォレコルト
「そうなのぉー!なんか忙しくて、充実してるって感じ?ヌーフフー! 喜」


オウケンブルースリ
「あっそ」



ヌーヴォレコルト
「1日が24時間じゃ短すぎる!やりたいことがいっぱいあヌから! 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ヌーヴォレコルト
「ワタシ、最近レースで勝ててなくてイラつくけど、娯楽がいっぱいあヌからストレス解消♪人生が楽しくなる遊び♪」


オウケンブルースリ
「へー」



ヌーヴォレコルト
「ねえねえ、シゲさん。やりたいことがいっぱいあヌ場合、どうやって時間マネジメントをしたらいいですかヌー? 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・まず最初にやるべき事は・・」


ヌーヴォレコルト
「はい 喜」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・何をやらないかを決めることだ」


ヌーヴォレコルト
「ヌヌ?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「総合的な能力は高いのに、なんとなく人生がもやっとしている人の特徴は、『なんでもやろうとしすぎ』だ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「現代は、娯楽や誘惑にあふれている」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「退屈を感じるヒマもない。次から次へと、新しい刺激・強烈な刺激が、自分の目に飛び込んでくる」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、もし今、自分の人生になんとなく満足できていないなら、『やらないこと』を決めた方がいい」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「無意味な娯楽で 24時間を埋め尽くし、偽りの充実感を得ても、長期的には人生は良くならねえ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人生は短い。あちこちに手を出していたら、何一つ極めることもできず、人生は終わっちまうだろうぜ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「常に、何かしていないと、不安かい?」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「不思議なもんでな。ひとつ『やらないこと』を決めると、そのスペースに必ず、別のポジティブな何かが入ってくる」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして、やる事を絞っていくほどに、残ったものが磨かれていく」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・一芸に秀でる者は多芸に通ず。中途半端なものを10個持っているより、1個抜きん出ている方が、より良い人生になりやすいのかもしれねえぜ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


ヌーヴォレコルト
「・・はい・・ 泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ヌーヴォレコルト
「いえ・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ヌーヴォレコルト
「心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



ヌーヴォレコルト
「・・本当は・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ヌーヴォレコルト
「・・本当は、充実なんかしてなかった・・。勝てない現実を見つめるのが辛くて、無理にやることを詰め込んで、自分自身から目をそらしていたのかもしれない・・ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ヌーヴォレコルト
「ありがとう、シゲさん。心がスッキリしました。これからは時間を大切にして、本当にやるべきことに絞って、努力を重ねていきたいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


ヌーヴォレコルト
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、何かで抜きん出るってことは、自分も楽しいし、他人にも興味を持ってもらえるからな。器用貧乏より、抜きん出るほうがいいのかもな」


ヌーヴォレコルト
「はい!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



ヌーヴォレコルト
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。ヌキん出てるよ…。もっとして欲しいのかい?・・このブタ野郎!!』



ヌーヴォレコルト
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


ヌーヴォレコルト
「・・・シゲさん。大阪杯、がんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ