高松宮記念2016~ ビッグアーサー『何気なく発する言葉が人生を創り、そして人生を壊す』



◆高松宮記念2016


【ビッグアーサー】

○Big Arthur
○牡5
○父サクラバクシンオー
○馬名 意味⇒ 大きな+人名より

==========



◆何気なく発する言葉が人生を創り、そして人生を壊す



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「今週は、いよいよGI、高松宮記念だね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ。若鶏の唐揚おまち」



オウケンブルースリ
「でも、今年の高松宮記念は、有力馬が回避して、混沌としてきてるよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「シルクロードステークス快勝のダンスディレクター回避。そして、外国馬で昨年のチャンピオンの・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・エロイベロシテルも、回避だね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「エアロヴェロシティな 汗」



オウケンブルースリ
「うーむ。そうなってくると、馬券的には全くわからないなあー。困ったぞ・・ ブツブツ」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


ビッグアーサー
「・・迷う必要はない・・」


オウケンブルースリ
「は?」



ビッグアーサー
「・・高松宮記念は、僕に任せなさい 喜」


オウケンブルースリ
「む。おまえは・・」


ビッグアーサー
「ふっ」



オウケンブルースリ
「・・前走のシルクロードステークス。ミルコで必勝と思わせておきながら惨敗し、競馬ファンの期待をおもいっきり裏切った男、ビッグアーサーか」


ビッグアーサー
「そ、その説明やめてもらっていいですか 汗」



オウケンブルースリ
「しかも、ミルコはドバイに行くから、高松宮記念では 3着前後王に乗り替わり。ゆえに、おまえの勝利の期待薄」


ビッグアーサー
「くっ・・。福永祐一さんは、先週、まさかの重賞レース2勝!ゾーンに入ってますから! 汗」


オウケンブルースリ
「まさかの、とか言うな 汗」



ビッグアーサー
「先ほどお話しされていた通り、今年の高松宮記念は、有力馬の回避により、ビッグアーサーにビッグなチャンス到来! 喜」


オウケンブルースリ
「まあそうかもな」



ビッグアーサー
「しかも、人気が予想される、ミッキーアイルとウリウリは、1200mの回収率がイマイチな、ディープインパクト産駒。これまた、ビッグアーサーにビッグなチャンス到来! 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ビッグアーサー
「それに対して、我がサクラバクシンオー産駒は、1200mのスペシャリスト! 喜」


オウケンブルースリ
「・・サクラバクシンオー産駒は、2013年からの、1200m重賞の単勝回収率が、『7%』しかないような」



ビッグアーサー
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ビッグアーサー
「じ、重賞以外の単勝回収率は、95%もあるんですっ! 汗」


オウケンブルースリ
「いや、今回は重賞レースだし」


ビッグアーサー
「う・・ 汗」



オウケンブルースリ
「さっき言ってた、ディープインパクト産駒は、1200mはニガテでも、重賞限定なら、底力でけっこー走るからな」


ビッグアーサー
「うぬ・・ 汗」



オウケンブルースリ
「どーよ?サクラバクシンオー産駒のビッグアーサー君よ」


ビッグアーサー
「・・うぬぬー 汗」



オウケンブルースリ
「あ。シゲさん。だし巻き卵を」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ビッグアーサー
「・・くっそー!オウケンさん!でもさ、ミッキーアイルは(推定)1番人気の逃げ馬!古馬GIで、1番人気の逃げ馬は不利でしょーがっ 汗」


オウケンブルースリ
「うーん。まあなあ」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だし巻き卵おまち」


オウケンブルースリ
「はええな 汗」



ビッグアーサー
「ボクはここまで、9戦連続1番人気!だからこそ、1番人気の重圧は、よくわかっているつもりですっ!」


オウケンブルースリ
「ああ。すげーと思うぜ。でも、1番人気で4回も重賞に挑戦して、全敗だからなあ。サクラバクシンオー産駒のビッグアーサー君は」



ビッグアーサー
「・・く、くっそー!ミッキーアイルなんて1200mでは連対したこともないしっ 汗」


オウケンブルースリ
「まあな」



ビッグアーサー
「スノードラゴンはGIホースだけど、あの時は 13番人気。フロックに違いないっ 汗」


オウケンブルースリ
「剛脚だっただろー」



ビッグアーサー
「アルビアーノは美人だけど、きっと性格が悪い女に違いないっ 汗」


オウケンブルースリ
「それは知らねえけど 汗」



ビッグアーサー
「ウリウリはキュートだけど、以外と、足が太いに違いないっ 汗」


オウケンブルースリ
「足は多少、太い方がセクシーだと思うけどな」



ビッグアーサー
「ボクは重賞を勝ってないけど、重賞勝ってる連中なんて、きっとみんな何かズルイことやってるに違いないっ 汗」


オウケンブルースリ
「やってるか 汗 みんながんばって勝っただろ」



ビッグアーサー
「くっそー!この世は間違ってる!世の中で成功してる奴は、みんな汚いことをやってるに違いないんだっ! 汗」


オウケンブルースリ
「そ、そうなのか? 汗」


ビッグアーサー
「そう!ボクの中では、絶対にそう! 怒」



オウケンブルースリ
「ふーん」


ビッグアーサー
「ブーブー! 怒」



オウケンブルースリ
「・・・・」


ビッグアーサー
「・・・・ 怒」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・なぜそうなるか、わかるかい?」


ビッグアーサー
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・なぜ、アーサーさんの目に映る世界は、ドス黒く見えるのか?」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「世界そのものが歪んでいるのか?それもある。だが、同じ世界を見ても、美しい世界に見える人もいる」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「その違いはな」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・発する言葉だ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自らが発する言葉が、色眼鏡というフィルターとなり、目に映る世界を、ネガティブに規定する」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「日ごろから、ネガティブな言葉や、ドス黒い言葉を習慣的に使う者は、常に、ドス黒い色眼鏡をかけて世の中を見ているようなものだ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「何を見ても、ドス黒く見える。誰を見ても、ずるいことをやっているように見える」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それは、アーサーさん自身が日常的に使う言葉が、少しずつ脳にネガティブなバイアスをかけ続けるからなんだぜ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「言葉は便利だ。誰でも無料で使える」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、簡単に使えるが故に、正しく使わなければ、言葉は主人の人生をめちゃくちゃにしちまうだろうぜ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからよ、明日が良くならない言葉なら発するな。人の悪口を言うな。発する言葉には、良くも悪くも強い自己催眠効果があるんだぜ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「何気なく発する言葉が人生を創り、そして人生を壊す」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「よく覚えておきなせえ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


ビッグアーサー
「・・はい・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ビッグアーサー
「・・いえ・・ 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ビッグアーサー
「・・心に響きました・・ 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



ビッグアーサー
「・・確かに、ボクは刺激的で、ドス黒い言葉の依存症になりかけていたのかもしれない…」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ビッグアーサー
「・・ありがとうございます、シゲさん。心が軽くなりました。初めてのGI、全力で頑張ってきます!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券、買っとくぜ」


ビッグアーサー
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、言葉は人の感情さえ動かすからな。どうせ発するなら、言う方も聞く方も、気持ちが良くなるような言葉を選びたいもんだな」


ビッグアーサー
「はい!」


オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



ビッグアーサー
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ …ほら。なに言葉で責められて気持ちよくなっちゃってるの?このブタ野郎っ!!』



ビッグアーサー
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


ビッグアーサー
「・・・シゲさん。高松宮記念がんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ