◆先週のマツリダ予想の結果マツリダ。北九州記念ほか



◆先週のマツリダ予想の結果マツリダ。北九州記念ほか



マツリダゴッホ
「まず先週の結果はこんな感じマツリダ↓」


【 土曜 】

札幌8R
≪本日の勝負レース≫
▲ー◎ー△
三連複 48.2倍
馬連   20.9倍
ワイド 15.3倍


札幌10R
◎ー☆


小倉11R
☆ー×ー△


【 日曜 】

小倉7R
≪本日の勝負レース≫
☆ー×ー△


札幌9R
◎ー△ー▲
三連複 55.6倍
馬連   17.4倍
ワイド 17.9倍


新潟9R
☆ー◎ー○
三連複 42.3倍


小倉11R
北九州記念
穴ー◎ー☆
馬連   30.0倍
3連複 48.3倍


(※ほか抜け3レース)
__________


ドリームジャーニー
「さて、先週は土日とも前半のレースで中配当が出たので、勝ち逃げできた方はおいしかったようですね」


マツリダゴッホ
「うむ。勝てた人、おめでとうございマツリダ」



ドリームジャーニー
「特に土曜日は≪本日の勝負レース≫の札幌8Rが1レース目で的中でした」


マツリダゴッホ
「うむ。たまたまの偶然マツリダ」



ドリームジャーニー
「でもゴッホさん、午前中のレースから、今年の札幌の芝は差し有利と読んでたじゃないですか」


マツリダゴッホ
「うむ。それでも的中と不的中の間には、ほんのわずかな差しかなく、偶然なのだマツリダ」



ドリームジャーニー
「ふーん。謙虚ですねえ。もっと派手にアピールしてくださいよ」


マツリダゴッホ
「いかん。おごりから転落が始まるのだマツリダ」



ドリームジャーニー
「ふむ。そうですね」


マツリダゴッホ
「当たり前だマツリダ」


ドリームジャーニー
「わかりましたー。では会員さまのお便りコーナーでーす♪」



⇒『土曜の勝負レース感動でした。1撃で今週のプラス確定です』


マツリダゴッホ
「うむ。ナイスピンポイントマツリダ」



⇒『勝負レース三連複ありがとうございました。まとまった利益になったので、土曜で勝ち逃げしました。…でも日曜も的中出てましたね。買えばよかった~(笑)』


マツリダゴッホ
「うむ。だがすべての的中を取りにいくと、パフォーマンスが下がるので、勝ち逃げで正解だ、S氏」



⇒『お疲れ様です。いきなり的中で、かなり嬉しかったです』


マツリダゴッホ
「うむ。今週から初参加で、ソッコー的中させるとは、やるなルーキーH氏」



⇒『北九州記念の予想はさすがですね!当たりました、ありがとうございます』


マツリダゴッホ
「うむ。愛犬家のI氏は馬券上手で、いつも関心しマツリダ」



⇒『ゴッホさん!土曜は札幌8Rで勝ち逃げ。日曜は札幌9Rと新潟9Rのダブル三連複で勝ち逃げでした!僕にもナイス勝ち逃げコメントを!(笑)』


マツリダゴッホ
「うむ。ナイス勝ち逃げマツリダ」



⇒『札幌9Rおみごとでした。三連単2万馬券ゲットです』


マツリダゴッホ
「うむ。三連単は購入額が大きくなるので、慎重に参戦してくだマツリダ」



⇒『初心者なので、ゴッホさんの勝負レースと重賞だけ買ってます。それだけでなんとか勝ててます(^_^)』


マツリダゴッホ
「うむ。ただ、やはり競馬は波があるので、常に連敗リスクを頭に入れて、馬券購入してくだマツリダ」



⇒『北九州記念、◎エーシンリジルに、トウカイミステリー穴指定さすがでした。三連複4830円~』


マツリダゴッホ
「うむ。たまたま展開はまりマツリダ」



⇒『コスモネモシン~!ゴッホ~!(涙)』


マツリダゴッホ
「た、大変申し訳ございマツリダ 汗」



⇒『あっついですね、気力なくなるくらい暑いですね。土曜、札幌8レース 日曜札幌9レースともに馬連ワイドいただきました』


マツリダゴッホ
「うむ。暑いのに的中させる根性すばらしす。M氏」



⇒『ふっふっふ、実は新スタイルを編み出し、今日成功しましたよ!オッズや数値を見ながら、今日は×△△を小倉7でゲットし、新潟9は○▲⇔◎☆×でW的中という良い流れでした!ありがとうございます』


マツリダゴッホ
「うむ。自分なりの観点を織りまぜて、マツリダ予想を使うという点では、W氏の向き合い方は非常に参考になるだろうマツリダ」



ドリームジャーニー
「ここまでできる方は少ないですが、いい結果が出てる会員さまは、みなさん自分なりの買い方を研究されてますね」


マツリダゴッホ
「うむ。それもまた楽しマツリダ」



ドリームジャーニー
「さて、お時間です。ゴッホさん。オウケンくんが乱入してくる前に帰りましょう」


マツリダゴッホ
「うむ。そうしようマツリダ」


ドリームジャーニー
「今週は札幌記念でーす♪では、さよ~なら~♪」



– つづく –

サブコンテンツ