弥生賞2016~ リオンディーズ『うまくいくと思考が硬直化し、転落の因が生じる』



◆弥生賞2016


【リオンディーズ】

○Leontes
○牡3
○父キングカメハメハ
○馬名 意味⇒ シェイクスピア「冬物語」に登場する王の名

==========



◆うまくいくと思考が硬直化し、転落の因が生じる



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「うぅ~!寒い!さぶいよー!シゲさん! 震」


焼き鳥屋 店主シゲ
「熱燗おまち」



オウケンブルースリ
「た、助かった!いただきまーす。グビグビ・・・ふはー 温」


焼き鳥屋 店主シゲ
「北日本の冷え込みが厳しいですねえ」



オウケンブルースリ
「だよねー。こう寒いと、チ●コが縮みあがって、さすがの俺のバズーカも、どこにあるかわからな・・」



  ゴンッ!(タライ)



オウケンブルースリ
「いぃはぁぁーー!!泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。久しぶりのタライ成功だぜ」



オウケンブルースリ
「い、痛い・・・ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そういえば今週は、クラシックへ向けての最重要トライアル、弥生賞ですねえ」


オウケンブルースリ
「そうそう!今のところ下馬評では 3強かな。どれを軸にするか迷うとこ・・」



  ガラガラッ



リオンディーズ
「リオファイヤー!!爆走」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹酒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」



リオンディーズ
「・・・3強ですと?」


オウケンブルースリ
「うぷぷ・・。急に入ってくんなバカ。熱燗こぼしただろが フキフキ」



リオンディーズ
「・・はじめまして。オウケンさん。僕の名前はリオンディーズ。エピファネイア兄さんが、いつもお世話になっております」


オウケンブルースリ
「む。お前がリオンディーズか」


リオンディーズ
「はい」



オウケンブルースリ
「・・・・」


リオンディーズ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・・」


リオンディーズ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・しゃべれや 汗」


リオンディーズ
「う・・。ちょっとまだキャラ設定が 汗」



オウケンブルースリ
「今のところ、今年のダービー最右翼だろ?」


リオンディーズ
「ふっ。兄さんのリベンジでもありますからね」



オウケンブルースリ
「お前の兄貴のエピファネイアは、一世一代のダービーで、前の馬のケツに突撃して、つまづいた時に、エピファイヤー放出。敗戦となったからな」


リオンディーズ
「そう!それを通称『ケツファイヤー』と言いますっ! 喜」


オウケンブルースリ
「古くからの読者さんにしかわからんだろ 汗」



リオンディーズ
「兄さんのアビリティは『エピファイヤー』、そして僕のアビリティは『リオファイヤー』ですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「短絡的だな 汗」



リオンディーズ
「ふっ。2歳チャンピオン決定戦である、昨年の朝日FSでは、最後の直線で『リオファイヤー』発動!見ましたか?あの剛脚! 喜」


オウケンブルースリ
「ふむ。兄貴とおまえの最大の違いは、『鞍上』だな」


リオンディーズ
「むむ」



オウケンブルースリ
「もし、エピファネイアの主戦がミルコだったら、おまえの兄貴は3冠馬にな・・」



 ゴンッ!(タライ黄)



オウケンブルースリ
「ってぇはぁーー!!泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。イエローカードの代わりの、イエロータライだぜ」


リオンディーズ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「・・く、首が痛い・・ 泣」


リオンディーズ
「まぁしかし、兄さんと同じく、僕も気性的に、カッカッカ来やすいタイプなんでね。折り合いは要注意ですね」


オウケンブルースリ
「・・・『ッカ』が、一個多いだろ 汗」



リオンディーズ
「カッカッカ 笑」


オウケンブルースリ
「笑うな 汗」



リオンディーズ
「さてオウケンさん。弥生賞のライバルを分析してみましたよ」


オウケンブルースリ
「ほう」



リオンディーズ
「まず、エアスピネルは、朝日FSで叩きのめしたので、アウトオブ眼中w」


オウケンブルースリ
「天誅だな 汗」



リオンディーズ
「アウトオブ天誅w」


オウケンブルースリ
「やかましいわ 汗」



リオンディーズ
「次に、新興勢力のマカヒキ。こいつは鞍上ルメールで未知数だけど、姉がウリウリだから、短距離馬に違いないw」


オウケンブルースリ
「天誅だな 汗」



リオンディーズ
「アウトオブ天誅w」


オウケンブルースリ
「うるせえよっ! 怒」



リオンディーズ
「あとの馬は、全員ザコだから、スーパーアウトオブ眼中ww」


オウケンブルースリ
「お前が負けたら、腹抱えて笑ってやる 汗」



リオンディーズ
「懸念材料としては、追い込みにくい中山コースって点だけど、僕のアビリティ『リオファイヤー』が発動すれば、100mで全馬ゴボウ抜きが可能ですw」


オウケンブルースリ
「あっそ」



リオンディーズ
「兄貴の代わりに、僕が3冠馬になりまっせ! 喜」


オウケンブルースリ
「はいはい」



リオンディーズ
「リオンディーズは、ドゥラメンテより強いという事を、証明するズラ」


オウケンブルースリ
「さっきから語尾がおかしい 汗 キャラがブレブレなんだよ。なんで殿馬よ」



リオンディーズ
「カッカッカ 笑」


オウケンブルースリ
「笑ってごまかすな 汗」



リオンディーズ
「さあ!シゲさんも、僕の馬券で大儲けしてくださいねっ! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


リオンディーズ
「・・・・ 喜」



焼き鳥屋 店主シゲ
「殿馬さんな」


リオンディーズ
「ほいほいー♪」


オウケンブルースリ
「殿馬さんて 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・自己を過大評価することのリスクは何か?」


リオンディーズ
「は?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・誰しも、うまくいっているときは自己評価が高くなりがちだ」


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「確かに、自分に自信を持つことは大切だ。劣等感にまみれたままでは、何をやってもうまくいかねえ」


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが逆に、今やっていることがうまくいく。周りの人々が賞賛してくれる。このような時、人は自分の評価を、適正以上に高く見積もっちまう」


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「その状態は、とても気分のいい状態だ」


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・『この世をば わが世とぞ思ふ望月の かけたることもなしと思へば』・・・そう。まさに藤原道長状態だぜ」

(※この歌の解釈については諸説ありますが、額面通りで行きます)


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「しかし、この状態は、思考の硬直化を生む」


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「トントン拍子にうまくいき、周囲から評価され、自分を見失った者は、やがて新しい発想ができなくなる。人の話を聞かなくなる」


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「盛者必衰が起こり得るのは、盛者の思考が硬直化するからだ」


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「どんなジャンルであっても、勝ち続ける事は容易ではない。勝ち続けるためには、『今、自分の思考は硬直化していないか?』を、常に省みる必要がある」


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「今の自分に満足して、歩みを止めてしまえば、あとは転落するだけだ」


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「よく覚えておきなせえ」


リオンディーズ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


リオンディーズ
「・・はい・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


リオンディーズ
「・・いえ・・ 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



リオンディーズ
「・・心に響きました・・ 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



リオンディーズ
「・・ボクは、たった2戦でスターになり、誰からも厳しいことを言われなくなったことで、客観性を失っていたのかもしれない・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



リオンディーズ
「・・ありがとうございます、シゲさん。もうちょっとでボクは、勘違い野郎になるところでした。弥生賞、全力で頑張ってきます!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券、買っとくぜ」


リオンディーズ
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、脳も体も硬直化しないように、常に客観的に、自分自身を見つめることが大切なのかもしれないな」


リオンディーズ
「はい!」


オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



リオンディーズ
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ …そんなに硬直化させて…。見られて感じてるの?このブタ野郎っ!!鞭』



リオンディーズ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


リオンディーズ
「・・・シゲさん。弥生賞がんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ