京都記念~ レーヴミストラル『姑息な手段は、男を下げる』



◆京都記念2016


【レーヴミストラル】

○Reve Mistral
○牡4
○父キングカメハメハ
○馬名 意味⇒ 夢+見事な

==========



◆姑息な手段は、男を下げる



≪喫茶店にて≫



ショウナンマイティ
「オレたちは、チーム殿一気(しんがりいっき)」


ウインバリアシオン
「おう。『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」



ショウナンマイティ
「先行策なんざ、力なき者の小細工にすぎねえ」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道をゆくのが男の美学」



ショウナンマイティ
「ウサイン・ボルトは、距離が 100mしかなくても追い込む」


ウインバリアシオン
「おう。奴もまた、男の中の男」



ショウナンマイティ
「男は黙ってシンガリ一気」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「おうよ。泣く子も黙り、吠えるドーベルマンも、おなかを見せる愚連隊」



ショウナンマイティ
「男の中の男。それが『チーム殿一気』」


ウインバリアシオン
「おうよ。男らしさだけが、チームのアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、喫茶店で、両脚をテーブルに乗っける極悪スタイル 脚脚」


ウインバリアシオン
「おうよ。傍若無人は勇気のしるし 脚脚」



ショウナンマイティ
「だが、ふんぞり返ったこの体勢だと、天井しか見えない 脚脚」


ウインバリアシオン
「おう。お互いの顔が見えない状態で会話するのが、男の中の男 脚脚」



ウェイトレス翔子
「・・あ、あの・・申し訳ございませんが・・他のお客さまのご迷惑となりますので・・両脚をテーブルに乗せるのは・・ 震」


ウインバリアシオン
「あぁっ?! 睨」


ウェイトレス翔子
「ひぃっ!! 汗」



ウインバリアシオン
「・・ねぇちゃんよぉ・・」


ウェイトレス翔子
「は、はい・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・・ 睨」


ウェイトレス翔子
「・・・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・スマン。両脚は下ろす」


ウェイトレス翔子
「え?」



ショウナンマイティ
「チーム殿一気は、男の中の男。・・男は、自分が間違っていると気づいたら潔く謝り、新しい価値観を受け入れる」


ウインバリアシオン
「おう。安いプライドにしがみつき、自分の考えに固執するのは小物の証」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・素敵・・ 惚」



ウインバリアシオン
「おう。ねぇちゃん。熱々の激辛キムチ鍋はまだか?」


ウェイトレス翔子
「あ、はい。お持ちしました。こちら熱々の『激辛キムチ鍋』になります。グツグツ煮立っておりますので、フーフーしてお召し上がりください グツグツ」



ウインバリアシオン
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。フーフーなんざ、女子供のやること」


ショウナンマイティ
「そう。どんなに熱くても、熱いとか言わないのが男の花道。間違っても言うなよ?熱いとか。絶対言うなよ?」



ウインバリアシオン
「あたりめえだ。誰にモノ言ってんだコノヤロウ。・・バクッ・・・。あぁっーちゃちゃちゃちゃーー!!辛れぇーー!!熱汗汗」


ショウナンマイティ
「フッ。ダチョウ倶楽部ばりのフリが、男の花道」


ウインバリアシオン
「そう。笑いのためなら、体の苦痛もなんのその。それが男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ショウナンマイティ
「例えば、チーム殿一気が、ラーメンを注文して、そのラーメンの中に『虫』が入っていた時」


ウインバリアシオン
「おう。この場合、チーム殿一気は、あえて、その虫を最初に食らう」



ショウナンマイティ
「そう。店員に因縁つけて返金してもらおうとか、新しいラーメンに取り替えてもらおうとするなんざ、小物のやること」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道を行くのが、男の証」



ショウナンマイティ
「・・・ん?おい、シオン。さっきのキムチ鍋に、虫が入ってるぞ?」


ウインバリアシオン
「・・・ぬ、ぬおおーー!!おい!腐れ店員!虫入ってんぞゴルァーー!!怒叫」


ショウナンマイティ
「そう。たまにポリシーを忘れて、うっかりキレてしまうのも、おちゃめな男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ウインバリアシオン
「おう、そんなことより、マイティよう。アメリカジョッキークラブカップ・・」


ショウナンマイティ
「・・・ああ」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ショウナンマイティ
「・・・最後まで走れず、すまなかった」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ショウナンマイティ
「男の中の男、失格だな 苦笑」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ショウナンマイティ
「・・脚が限界だった」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ショウナンマイティ
「・・応援してくれた人たちに、申し訳なく思う」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ショウナンマイティ
「無様だろ?」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ショウナンマイティ
「・・・笑えよ」


ウインバリアシオン
「ぎゃーーっははははーー!!爆笑」


ショウナンマイティ
「笑うな 汗」



ウインバリアシオン
「奇しくも、オレも最後のレースで故障・・。チーム殿一気は、過酷な運命だな」


ショウナンマイティ
「ああ。だが、あえて困難な道を行くのが、チーム殿一気」



ウインバリアシオン
「お互い、命があって良かったな」


ショウナンマイティ
「悪運だけは強いからな」



ウインバリアシオン
「カッカッカ 笑」


ショウナンマイティ
「フッ」



ウインバリアシオン
「さあ。今日も、迷える子羊が現れたようだぜ」


ショウナンマイティ
「ああ。そのようだな」



≪隅っこの席にて≫



レーヴミストラル
「ふー。京都記念は、1番人気になるのかなあ…。き、緊張するなあー 汗」


ウインバリアシオン
「おう。兄ちゃん ドカッ 座」


ショウナンマイティ
「悩み事か? ドカッ 座」



レーヴミストラル
「な、なんですか、あなたたち 汗 カツアゲ?お金なら持ってません! 汗震」


ショウナンマイティ
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。カツアゲなど卑怯者のやること」



ウインバリアシオン
「おうよ。むしろ俺達が、お前のヒレカツ定食代も払ってやる。伝票よこせ」


レーヴミストラル
「マ、マジすか 汗」



ウインバリアシオン
「・・・お前の事は、調査済みだ」


ショウナンマイティ
「・・・レーヴミストラル。超スローペースでも、最後方から追い込む、男の中の男スタイル」


レーヴミストラル
「は、はぁ・・」



ウインバリアシオン
「もちろん今回も、殿一気だよな?」


レーヴミストラル
「い、いやー、展開次第では、少し前に行きたい気持ちもあるので・・」



ウインバリアシオン
「ダメだ」


レーヴミストラル
「え? 汗」



ウインバリアシオン
「どんな展開であっても、4角最後方で回ってこい」


レーヴミストラル
「そ、そんな無茶な 汗」



ウインバリアシオン
「ウサイン・ボルトは、100m走でも追い込む」


レーヴミストラル
「ボルトじゃないですもん 汗」



ウインバリアシオン
「『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」


レーヴミストラル
「チーム殿一気じゃないですもん 汗」



ウインバリアシオン
「前走の日経新春杯、見事な殿一気だった。今日からお前も、チーム殿一気だ」


レーヴミストラル
「け、結構です 汗」



ウインバリアシオン
「なんでよ?」


レーヴミストラル
「だ、だって、僕は男の中の男じゃないですし 汗」



ウインバリアシオン
「フン。男気ってやつはなぁ、日々の行動の積み重ねで、いくらでも変わっていくもんだ」


レーヴミストラル
「は、はぁ・・」



ウインバリアシオン
「いいか。チーム殿一気は、あえて困難な道を行く」


レーヴミストラル
「な、なぜ? 汗」



ウインバリアシオン
「それはな」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「セルフイメージが高まるからだ」


レーヴミストラル
「セルフ?」



ウインバリアシオン
「おう。セルフイメージってのは、潜在意識で、自分が自分をどう思っているか、だな」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「例えば、『あえて損の道を行く』『卑怯な事はしない』『正々堂々と戦う』・・・このような行動は、短期的には「損の道」になることが多い」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だが、このような『あえて困難な道を行く行動』は、自分の潜在意識の中で、「自信」になっていく」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「つまり、堂々と困難な道を歩む者は、セルフイメージが高まり、自信がつき、ピンチの時でも踏ん張れる、強いメンタルが作られていく」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「逆に、『姑息な手段で目先の得を取る』『裏技で敵を出し抜く』『人の善意や恐怖につけ込む』・・・このようなゲスな行動は、短期的には得をすることもあるが、長い目で見ると、高確率で転落人生となる」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「なぜなら、セルフイメージが下がるからだ。『しょせん自分は、卑怯な手を使わないと勝てない男だ…』という、潜在的な負け犬根性が、心のどこかに棲みついてしまうからだ」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だから、チーム殿一気は、あえて損の道を行く。自分を好きでいたいからだ」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「毎朝、鏡の前で裸になり、鍛え上げられた肉体を見て、自分自身に惚れ惚れしたいからだ」


ショウナンマイティ
「それは、だいぶ違うぞ。シオンよ」


レーヴミストラル
「・・・・汗」



ウインバリアシオン
「・・・お前の師匠。松田博資調教師(70)は、2月いっぱいで定年だそうだな」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「じゃあ、これが最後の恩返しになるかもしれないってわけだ」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「もし俺だったら・・」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「勝っても負けてもいい。世話になった先生に、最後の男気。・・・殿一気だ」


レーヴミストラル
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・・フン。まあこれは、あくまで俺たちの思想。押しつけるつもりはない。邪魔したな。ヒレカツ定食代は払っておいてやる。じゃあな」


ショウナンマイティ
「じゃあな」



レーヴミストラル
「あ・・。あの・・」


ウインバリアシオン
「なんだ」



レーヴミストラル
「・・・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



レーヴミストラル
「・・ありがとうございました・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」


レーヴミストラル
「自分は、まだまだ男気が足りませんが、チーム殿一気の熱い思い!心に響きました!」



ウインバリアシオン
「おう。俺たちの名は『チーム殿一気』。名乗るほどの者ではない」


ショウナンマイティ
「おうよ。名乗っちゃってるぜ」



ウインバリアシオン
「最近の世の中は、まっすぐに生きることより、打算的で、小手先的で、こざかしく生きる方が得だという風潮がある」


ショウナンマイティ
「俺たち『チーム殿一気』は、そんな世の中に警鐘を鳴らすべく組織された、男気軍団」



ウインバリアシオン
「あえて損の道を行く。それが、チーム殿一気」


ショウナンマイティ
「それが極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「それが男のアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「風が、オレたちを呼んでいる」


ウインバリアシオン
「おうよ。歩み続けよう。誰に馬鹿にされようとも」



ショウナンマイティ
「それが男の生きる道」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」



二人
『チーム殿一気!!』



  - つづく –

サブコンテンツ