日経新春杯2016~ ベルーフ『怒りっぽい人は不幸になっていく』



◆日経新春杯2016


【ベルーフ】

○Beruf
○牡4
○父ハービンジャー
○馬名 意味由来⇒ 使命

==========



◆怒りっぽい人は不幸になっていく



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「うわ~い!レナたん~。新年早々、遊びに来ちゃったよ~! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪あ・け・お・め♪オウケンたん♪」



オウケンブルースリ
「でへへ~。ねえねえレナたん!ポッキー両サイドから食べるゲームやろ~♪ 棒」


No.1キャバ嬢レナ
「ダーメ♪当店は、ポッキーゲームは禁止だじょ♪うふ♪ 指止」



オウケンブルースリ
「ちぇー。じゃあさ、フルーツ盛り合わせを、口移しで食べさせてー。あーん 口」


No.1キャバ嬢レナ
「ム、ムリムリ~汗 口移しも禁止だじょー 汗」



オウケンブルースリ
「えー。じゃあさー、オレの太ももに挟んだバナナを、レナたんが手を使わないで食べ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「マジムリ 真顔」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえ、オウケンたん。今週は2016年、初めてのG2があるんでしょう?」


オウケンブルースリ
「ああ。伝統のハンデG2、日経新春杯だな」



No.1キャバ嬢レナ
「へー。今年の注目は、どのお馬さんなのぉ?」


オウケンブルースリ
「今年はやっぱり、怒涛の3連勝の上がり馬、シュヴァルグランに注目だな。ヴィルシーナの弟で、オーナーも同じく大魔神 佐々木だよ」


No.1キャバ嬢レナ
「ふーん。あとはー?」



オウケンブルースリ
「まあ、ハンデ戦ってこともあって、他の各馬にもチャンスはあるだろうな」


No.1キャバ嬢レナ
「へー。混戦で、誰が勝つかわからない感じだね」


オウケンブルースリ
「そうだなぁ」



   ガチャ



ベルーフ
「どーも。おひさしブリーフ! 手手」


No.1キャバ嬢レナ
「え?」


オウケンブルースリ
「は?」



ベルーフ
「・・・混戦で誰が勝つかわからない?いやいや、勝ち馬はすでに見えているっ! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「そう!それはワタシ!ブリーフ!・・・じゃなくて、ベルーフ! 喜」


オウケンブルースリ
「・・むう。去年の小倉記念(2着)以来、しゃべ馬には登場してなかったから、すっかり忘れてたが、お前も日経新春杯に出るのか」



ベルーフ
「おひさしブリーフ! 手手」


オウケンブルースリ
「それはいらん 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「はじめまして♪ブリーフたん♪レナですっ。よろしくネ♪」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「あれ? 汗」


ベルーフ
「・・・チッ。ワタシはこういう、性を売り物にした女は、好かんですよ」


No.1キャバ嬢レナ
「えー 泣」



オウケンブルースリ
「ふん。まあオマエもそのうち、レナたんの魅力にハマると思うぜ?」


ベルーフ
「100%あり得ません」


No.1キャバ嬢レナ
「えーん 泣」



ベルーフ
「・・・すいません。ちょっと脱いでいいですか?この店ちょっと、暖房が暑すぎるんで 汗」


オウケンブルースリ
「おう。いいぞ」



ベルーフ
「じゃあちょっと失礼します。・・・ヌギヌギ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・・・ 上脱」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・・・ 下脱」


オウケンブルースリ
「・・・・ 汗」



ベルーフ
「・・・はい!お待たせしました! 白1」


オウケンブルースリ
「な、なんでパンツ一丁になるまで脱ぐのよ 汗」



ベルーフ
「安心してください!はいてますよ! 指」


オウケンブルースリ
「安村 汗」



ベルーフ
「ベルーフだけに、下着はやっぱりブリーフ! 指」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「改めて自己紹介しましょう。僕の名前はブリーフ。・・・じゃなかった、ベルーフ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ベルーフ
「『ハービンジャー産駒の最高傑作』の称号を与えられています! 喜」


オウケンブルースリ
「き、聞いたことねぇけど 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「焼酎の水割りどうぞ♪ブリーフたん♪」



ベルーフ
「ああ、どうも。・・さて、ハービンジャー産駒が、2014年6月にデビューしてからの、重賞レースでの回収率をご存知ですね?グビグビ・・・プハァー! 喜」


オウケンブルースリ
「存じねえけど 汗」



ベルーフ
「ふっふっふ。聞きたいですか? 喜」


オウケンブルースリ
「いや別に」


ベルーフ
「ブッ! 吹酎」



オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 水割りを吹き出すんじゃねえっ! 汗」


ベルーフ
「失礼 フキフキ」



オウケンブルースリ
「で?ハービンジャー産駒の重賞レースの成績は?」


ベルーフ
「ふっふっふ。これを見よっ!」



■ハービンジャー産駒(重賞)


単勝回収率 26%

複勝回収率 39%



ベルーフ
「どーですかー!お客さーん! 喜」


オウケンブルースリ
「・・1頭消えたな ボソッ」



ベルーフ
「あ。」


オウケンブルースリ
「いや、「あ」じゃなくて 汗」



ベルーフ
「ハービンジャー産駒をナメてんすか?オウケンさん 怒」


オウケンブルースリ
「おまえが持ってきたデータだろ 汗」



ベルーフ
「ハービンジャー産駒で、最初に重賞レースを制覇したのが、何を隠そう!このボク!ブリーフ・・・じゃなくて、ベルーフなのですよぉっ! 喜」


オウケンブルースリ
「・・あ。レナたん。チーズ盛り合わせちょーだい」


No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪」


ベルーフ
「き、聞けやぁぁーー!!汗」



オウケンブルースリ
「まあ、マツリダゴッホ産駒の方が、まだマシだな」


ベルーフ
「マツリダゴッホ産駒ごときよりは、ハービンジャー産駒の方が、まだマシですっ! 怒」



オウケンブルースリ
「似たり寄ったりだな」


No.1キャバ嬢レナ
「マツリダゴッホさんに怒られるじょ 汗」



ベルーフ
「まぁとにかく、ワタシは、ハービンジャー産駒のボスとして、下の世代にもっと気合いを注入しなければなりません!」


オウケンブルースリ
「だな」



ベルーフ
「そう!ハービンジャー産駒は今後、全員に、白ブリーフ着用を義務づける! 燃」


オウケンブルースリ
「はいはい」



ベルーフ
「あ。オウケンさん。そんな態度でいいんすか?」


オウケンブルースリ
「ん?」



ベルーフ
「このワタシの恐ろしさを知らんのですか?」


オウケンブルースリ
「知らんけど 汗」



ベルーフ
「・・・先日の中山金杯。なんとYahooニュースにも載った、この記事の見出しを見よっ!」



■⇒『中山金杯 ベルーフ放馬。表彰台など破壊し、競走除外に』



ベルーフ
「どうですかー!お客さーん! 燃」


オウケンブルースリ
「お、おまえ・・ 汗」



ベルーフ
「違うんです。聞いてください、オウケンさん」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「報道では、『ベルーフは、中山金杯の馬場入場時に、馬具が外れてパニックになり、返し馬を撮影するカメラマンの集団に突進。表彰台、カメラ機材を破壊した』と、されています」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「しかし、真実は違う!」


オウケンブルースリ
「ほう」



ベルーフ
「聞いてください!オウケンさん!」


オウケンブルースリ
「さっきから聞いてるけど 汗」



ベルーフ
「・・外れたのは、馬具ではなかった・・」


オウケンブルースリ
「え」



ベルーフ
「・・そう!馬場入場時に、ワタシは馬具ではなく、ブリーフを脱がされたんですっ! 泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「カメラマンは、ワタシのブリーフを脱がせ、ワタシのチ●コを撮影しようとした!だからワタシは怒って、カメラ機材を破壊したのですっ! 泣」


オウケンブルースリ
「あ。レナたん。柿ピーある?」


No.1キャバ嬢レナ
「うん。持ってくるね」


ベルーフ
「き、聞けやぁーー!!汗」



オウケンブルースリ
「なんだよ、うるせえなあ」


ベルーフ
「まず聞いてください!」


オウケンブルースリ
「さっきから、ずっと聞いてるけど 汗」



ベルーフ
「まずは汚名返上!日経新春杯を勝つ! 燃」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ベルーフ
「・・でも、あの一件以来、記者さんの取材が、そっけなくなったような」


オウケンブルースリ
「カメラ機材、壊されたくないだろうしな」



ベルーフ
「もしかしてワタシ、嫌われてる? 汗」


オウケンブルースリ
「かもな」



ベルーフ
「ど、どうしましょう? 汗」


オウケンブルースリ
「知らんがな」



ベルーフ
「負けそうになったら、ブリーフを頭にかぶって変身するってのはどうすか?」


オウケンブルースリ
「変態仮面 汗」



ベルーフ
「・・・いや、変態仮面はパンティーをかぶるでしょ?ワタシは、自分のブリーフを自分でかぶるんです」


オウケンブルースリ
「ド変態仮面じゃねえか 汗」



ベルーフ
「とにかく、キレやすいこの性格を、なんとかしなければ!」


オウケンブルースリ
「はっはっは。性格を変えるのは難しいぜ。あ、レナたん。オレちょっとトイレね」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ブリーフたん、水割りおかわりする?」


ベルーフ
「ああ。もらうか」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・キレやすいんだ」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「そっか」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「なんで怒りっぽいの?」


ベルーフ
「・・そんなもんオマエ。世の中にムカつく奴が多いからだろ」


No.1キャバ嬢レナ
「ふーん」



ベルーフ
「ケッ。アンタみたいに、ちょっと顔がかわいいからって、それで金を稼ごうなんて奴も含めてな」


No.1キャバ嬢レナ
「がーん 泣」



ベルーフ
「フン。世の中に対して、怒ってるんだよ。ワタシは」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・それは多分、『怒らされてる』ね」


ベルーフ
「あ?」



No.1キャバ嬢レナ
「人生では、怒ったり、キレたりする回数が多ければ多いほど、トラブルに巻き込まれたり、不幸になる確率が上がる」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ほとんどの人は、それをわかってる。でも、怒りっぽい人はいなくならない。どうして?」


ベルーフ
「知るか」



No.1キャバ嬢レナ
「それは、自分の意志で怒っているのではなく、怒らされてるから、かな」


ベルーフ
「は?」



No.1キャバ嬢レナ
「怒りというのは、外部からの刺激に対して、自分の内部にあるフラストレーションや、過去の記憶が反応して、条件反射的に生み出される感情だよね」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「つまり、怒りは自分の意志じゃない。勝手に生まれてくる感情なの」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「逆に言えば、あらかじめ『自分の内部』を整えておけば、外部からの刺激に対して、いちいち反応しなくて済む」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「つまり、怒りっぽくない人になれる」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だから、キレやすい人も、日ごろから自分の内部にネガティブなエネルギーを溜めないようにしたり、フラストレーションを溜め込まないようにメンタルケアすることで、少しずつ、怒らない人格を作っていくことができる」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「厳しい言い方をすれば、キレやすい人は、日ごろから自分の心をコントロールする努力をしていない」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「誰かにキレる。誰かに感情をぶちまける。そこに、気持ち良さを感じてしまって、怒るデメリットが甚大であることに、気が向いていない」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえ、ブリーフたん」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・馬券も、怒りも、自制心を持って、自分でコントロールしなきゃダメ」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「気の向くままに、適当に馬券を買い続ければ、どんどんお金が無くなっていくように、怒りの感情のままに、キレる日々を繰り返せば、人生はなかなかうまく転がって行かないと思うの」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だから、ブリーフたん・・・ 手触」


ベルーフ
「・・温かい・・手・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・キレそうになったら、この手の温もりを、思い出して・・ 手」


ベルーフ
「・・・・ 手」



No.1キャバ嬢レナ
「感情が揺れるのは仕方ない。揺れた感情を、揺らしっぱなしにしないことが大切なの」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「人生は、なるべく怒らない方がいいの」


ベルーフ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね? 首傾」


ベルーフ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 見」



ベルーフ
「・・・フー。参ったな 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ベルーフ
「参った参った。アンタはスゲー女だな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ベルーフ
「・・怒らされてる・・か」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ベルーフ
「確かにその通りだ。ワタシは、自分の正義で怒っているつもりだったが、心に溜まったフラストレーションに、怒らされていたんだな」


No.1キャバ嬢レナ
「うん」



ベルーフ
「自分が怒ることで、一瞬だけ、自分がスッキリする代わりに、多くの人を傷つけることもあるよな」


No.1キャバ嬢レナ
「うん」



ベルーフ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ベルーフ
「・・・わかった。これからは、感情が揺れたら、なるべくすぐに冷静になるように努力してみるよ」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 微笑」



ベルーフ
「だが、1つ問題がある」


No.1キャバ嬢レナ
「ん? 首傾」



ベルーフ
「・・今、ワタシは、感情が揺れている」


No.1キャバ嬢レナ
「え?」



ベルーフ
「それは・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ベルーフ
「・・・アンタへの・・恋心という形で・・ 照」


No.1キャバ嬢レナ
「ブリーフたん・・ 泣」



ベルーフ
「このドキドキした感情も、すぐに戻さなきゃダメか? 照」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・うん。戻さなきゃダメだよ 微笑」



ベルーフ
「ムリだ」


No.1キャバ嬢レナ
「だーめ 微笑」



ベルーフ
「抱きしめてもいいか?」


No.1キャバ嬢レナ
「だめ。当店は、抱きしめるのは禁止だじょ 微笑」



ベルーフ
「じゃあ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ベルーフ
「ブリーフ脱いでもいいか? 立」


No.1キャバ嬢レナ
「は? 汗」



ベルーフ
「・・・い、一回だけ!ねえねえ優しくするから!ハアハア!!下半身の感情が戻らないんだよぉー! 白1脱」


No.1キャバ嬢レナ
「ぎ、ぎいやぁぁーー!!逃汗」



遠くから見てたオウケン
「・・・ふむ。やはり、あっさり落ちたかブリーフよ。さすがレナたん、恐るべし」



  - つづく

サブコンテンツ