有馬記念2015~ ゴールドシップ『今、手を抜く者に明日はない』



◆有馬記念2015


【ゴールドシップ】

○Gold Ship
○牡6
○父ステイゴールド
○馬名 意味由来⇒ 黄金の船

==========



◆今、手を抜く者に明日はない



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「うわ~い!1日早いけど、レナたんとクリスマスイブを過ごせるなんて、嬉しいよ~! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪メリークリスマス♪オウケンたん♪」



オウケンブルースリ
「でへへ~。ねえねえ、レナたん!フルーツ盛り合わせ、口移しで食べさせて~♪あーん 口開」


No.1キャバ嬢レナ
「コラー♪当店は、口移しは禁止だじょ♪うふ♪ 指止」



オウケンブルースリ
「ちぇー。じゃあさ、レナたんが一回、胸の谷間に挟んだバナナを、手で食べさせてー 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「へ、変態の領域だよー 汗」



オウケンブルースリ
「えー。じゃあさー、レナたんが太ももに挟んだマンゴーを、俺が手を使わないで舐め回し・・」


No.1キャバ嬢レナ
「マジムリ。」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえ、オウケンたん。今週はいよいよ、今年1年を締めくくる大きなGIレースがあるんでしょう?」


オウケンブルースリ
「ああ。1年のうちで最も競馬が盛り上がるレース。有馬記念だ」



No.1キャバ嬢レナ
「へー。今年の注目は、どのお馬さんなのぉ?」


オウケンブルースリ
「今年はやっぱり、新王者の風格が出てきたラブリーデイと、菊花賞3着のリアファルが、一応の中心だろうなー。でも混戦だな」


No.1キャバ嬢レナ
「ふーん。あとはー?」



オウケンブルースリ
「うーむ…。存在感で言えば、ダントツでアイツなんだが、あまり言いたくねぇな 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「アイツ?」


オウケンブルースリ
「ああ。この『しゃべ馬』史上、最低最悪の下品キャラだ」



No.1キャバ嬢レナ
「えー。オウケンたんより、ゲス野郎なのぉ?」


オウケンブルースリ
「レ、レナたん 泣」



   ガチャ



ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠」


オウケンブルースリ
「はい出た 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「あー♪シップたんだぁー♪シップたん、有馬記念に出るのぉ?」


ゴールドシップ
「ふっ。競馬ファン全員が、オイラの出走を心待ちにしている 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「シップたん、改めて、いらっしゃいませ♪」


ゴールドシップ
「フッ。おいらの名前はゴールドシップ。現役トップの大人気カリスマホース! 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「すごぉーい。シップたん、相変わらず人気あるんだねっ♪」


オウケンブルースリ
「・・ケッ。『自称』カリスマホースだろ・・ ブツブツ」



ゴールドシップ
「しかし残念ながら、このカリスマホースも、今週の有馬記念をもって、引退することになったギャス」


No.1キャバ嬢レナ
「えー。引退なんてやだー」



ゴールドシップ
「ふっ。泣くな、子猫ちゃん。さあ、オイラの胸に飛び込んでおいで! 立」


No.1キャバ嬢レナ
「ムリ。」


ゴールドシップ
「ブッ! 吹」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ゴールドシップ
「フッ。オウケンさん。オイラのことを知らない読者さんのために、かっこよく紹介してください 喜」


オウケンブルースリ
「・・・ふむ。このくだりも、いよいよラストか。では行こう。ゴールドシップとは!」


ゴールドシップ
「オーラス紹介、カッコよくお願いしギャスっ! 喜」



オウケンブルースリ
「・・・そう。コイツは、皐月賞・菊花賞・有馬記念・宝塚記念・天皇賞春と、数々のビッグレースを制した歴史に残る名馬だが、同時に、ドスケベであり、しかも激烈にワガママな男。それがゴールドシップ」」


ゴールドシップ
「ぬ 汗」



オウケンブルースリ
「レース前日の馬房で、隣の牝馬に一晩中、発情して体力を消耗して翌日惨敗したり、さらには、スタート直前のゲート内で、隣の牝馬に発情して出遅れる男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ぬぬ 汗」



オウケンブルースリ
「2014年の天皇賞春。ゲートの中で、JRAの職員のオッサンにケツを叩かれ、ブチギレて、ゲート内で咆哮するという、あり得ない姿が全国ネットで流れる男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠」



オウケンブルースリ
「レースが終わっても(出遅れて7着)、オッサンにケツを叩かれた怒りは収まらず、他の馬を見つけては蹴りに行くという、傍若無人な八つ当たり男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ギャッス!ギャッス!!蹴蹴」



オウケンブルースリ
「いつも自分のお世話をしてくれている厩務員さんを、馬房で壁に押しつけて、ころそうとする恩知らずな男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ノンノン!それは愛情の裏返しギャスッ! 喜」



オウケンブルースリ
「他の厩舎スタッフの誰に聞いても、『あの馬だけは担当したくない』と言われる、超ド級の嫌われ者。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ロンリーウルフ! 泣」



オウケンブルースリ
「東京と京都はキライだから全く走らず、自分が好きな阪神と中山でしか真剣に走らないワガママ男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ぬぬぬー 汗」



オウケンブルースリ
「とか言ってたら、今年の天皇賞春では、『京都だから無理だ』と、みんなが言い出したらブチ切れて、急にやる気を出して勝ってしまうという、喜怒哀楽がハンパない男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ぬぬぬぬー 汗」



オウケンブルースリ
「と思ったら、前走の宝塚記念では、鬼神の強さを見せていた阪神コースで、ゲートで立ち上がって大出遅れ。アビリティ『レッサーパンダ』発動で、豪快に惨敗する男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ぬぬぬぬぬー 汗」



オウケンブルースリ
「さあ。読者のみなさん。それがゴールドシップだ。わかったかな?・・・はい。紹介終わり」


ゴールドシップ
「うぬぬーー!!全然かっこよくなーい!!ギャオーーッス!!吠怒」



オウケンブルースリ
「まあ怒るなって。ほら。お前の大好きなレナたんも、怖がってるぞ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 震」



ゴールドシップ
「ぬ。・・・震えているのかい?子猫ちゃん。怖がらなくてもいいんだよ。さぁ、こっちへおいで・・・ハァハァ 立」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「イギャオーーッス! 泣」



オウケンブルースリ
「すぐ発情するなバカ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「おいシップよ。そんなお前も、いよいよ引退。ラストランの有馬記念はマジでどうよ?1着⇒3着⇒3着、と来てる有馬だけど」


ゴールドシップ
「ふっ。そんなに聞きたいですか? 喜」



オウケンブルースリ
「いや別に」


ゴールドシップ
「ブッ! 吹葱」



オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 なんかネギ的なものが飛んできたぞ! 汗」


ゴールドシップ
「あ。失礼。お昼に食べた、やきとり弁当のネギが飛んでしまいました。フキフキ」



オウケンブルースリ
「まあしかし、好き嫌いはあるが、お前の存在感はやっぱり別格だな」


ゴールドシップ
「ふっふっふ。カリスマホースとしての地位を確たるものとして引退。その後は、『しゃべ馬』レギュラーの座も確たるものとする。それがオイラの青写真 喜」



オウケンブルースリ
「ガキ使レギュラーみたいに言うな 汗 つーか、お前はレギュラーにはさせん」


ゴールドシップ
「ぬ 汗」



オウケンブルースリ
「お前みたいな下品なキャラがレギュラーだと、『しゃべ馬』の品格が失われるからな」


ゴールドシップ
「・・・ふっ。オウケンさん。ビビッてんすか? 苦笑」



オウケンブルースリ
「なんだと? 怒」


ゴールドシップ
「・・・今の自分の地位を守りたい。自分さえよければいい。そんなふうに自己保身に走るオッサン連中が、今の日本を停滞させているんですよ? 苦笑」



オウケンブルースリ
「ケンカ売ってんのかコラ 怒」


ゴールドシップ
「おやおやぁ~?殴るんですかぁ?手ぇ出したら、しゃべ馬レギュラー、クビですよぉ?w 殴りたければどうぞ。ホレホレ 変顔」



オウケンブルースリ
「な、なんてゲス野郎なんだ!汗 こんなクズ野郎、見た事ねえっ! 汗」


ゴールドシップ
「ギャオーーッスッハッハ! 吠笑」


オウケンブルースリ
「吠えながら笑うな 汗」



ゴールドシップ
「・・・芦毛による奇跡のラストランと言えば、やはり伝説のあのレース」


オウケンブルースリ
「ふむ」



ゴールドシップ
「あの奇跡から25年。オグリキャップ以上の感動を、このゴールドキャップがお届けしよう! 燃」


オウケンブルースリ
「名前おかしい 汗」



ゴールドシップ
「オグリキャップのウイニングランは『オグリコール』だった。ならば、オイラのウイニングランは、何をする?」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ゴールドシップ
「そう!オイラが勝ったら、ウイニングランに、牝馬のルージュバックとマリアライトを連れて行き、大観衆の前で、公開3Pをし・・」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「イギャオーーッス! 泣」


オウケンブルースリ
「やめろ。ゲス野郎」


ゴールドシップ
「い、痛い 泣」



オウケンブルースリ
「つーかよぉ、おまえの鞍上だった横山典弘氏は、キタサンブラックに騎乗だぜ?怖いだろ」


ゴールドシップ
「ふっ。キタサンブラックが勝ったら、サブちゃんは、『まつりをフルコーラス歌う』とか」


オウケンブルースリ
「らしいな」



ゴールドシップ
「ふっふっふ。ならば言おうギャス!オイラが勝ったら、オイラがまつりをフルコーラス歌う! 喜」


オウケンブルースリ
「それはおかしいだろ 汗」



ゴールドシップ
「ギャ~~ッスリダ♪ギャッスリダ♪ギャッスリダ♪ 歌」


オウケンブルースリ
「う、うるさいっ 汗 どんだけオンチだよっ 汗」



ゴールドシップ
「オウケンよ」


オウケンブルースリ
「呼び捨てにすんな 汗」



ゴールドシップ
「オイラの引退レースの鞍上は、ウッチーなのだ! 喜」


オウケンブルースリ
「ああ。内田博幸氏も、嬉しいだろうな」



ゴールドシップ
「そう!大人の事情で離れ離れになっていたが、ウッチーこそ我が主戦!まさに、馬と騎手との信頼の手綱! 喜」


オウケンブルースリ
「だよな」



ゴールドシップ
「・・と言いつつ、昔はウッチーにムチ入れられたのにムカついて、何度か、背中から振り落として、ぶっころしてやろうかと思ったこともあるギャスけどな!ギャーッスッスッス 笑」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ゴールドシップ
「今思えば、あれはウッチーへの甘えだったのかもしれないギャスな」


オウケンブルースリ
「おう。実は、オレの主戦もウッチーでな。後半は、オレも大人の事情で乗り替わったが、結局オレはその後、他の騎手では勝てなかったからな」



ゴールドシップ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ゴールドシップ
「・・・まあ、おまえの話はどうでもいいとして 苦笑」


オウケンブルースリ
「オメーが言うなコラァァーー!!ガスガス!!尻蹴」


ゴールドシップ
「イ、イギャオーッス! 汗泣」



オウケンブルースリ
「ケッ。こんな奴に、しゃべ馬レギュラーの座を奪われてたまるか。あ、レナたん。オレちょっとトイレね」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ゴールドシップ
「お、おケツ痛い… 泣」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・シップたん、水割りおかわりする?」


ゴールドシップ
「するギャス 指」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・怖いの?」


ゴールドシップ
「ギャス?」



No.1キャバ嬢レナ
「・・わざと大きな声出してる」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「引退レースだもんね」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「怖いよね」


ゴールドシップ
「ギャオーーッスッハッハ!笑 こ、このシップ様に、怖いものなどないギャススス! 指震」



No.1キャバ嬢レナ
「・・震えてる」


ゴールドシップ
「ノンノン!アイアムストロング!怖いものなどないギャス! 汗震」


No.1キャバ嬢レナ
「そっか」



ゴールドシップ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「・・ま、まあ、さすがのシップ様も、もう6歳。毛色も真っ白になっちゃったし、若い頃の溢れるエネルギーは、ないかもギャスなあ…」


No.1キャバ嬢レナ
「うん」



ゴールドシップ
「オウケンの前では強がったギャスが、正直、奇跡のラストランの可能性は、ほとんどない気がするギャス…」


No.1キャバ嬢レナ
「そっか」



ゴールドシップ
「だから、引退レースは、少し手を抜いて、適当に走ってこようかなと思っているギャスよ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「だって、一生懸命に、必死に走って惨敗したら、カッコ悪いギャスよー 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「勝ち目がない勝負なら、手を抜いたほうがいいギャス。また次回がんばりましょ~!ってな感じで!」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「勝てもせん勝負に全力を出すなんてバカw 無理なものは無理w」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「ねえ、レナたん。そう思うでし・・」



   パシッ! 叩



ゴールドシップ
「・・え・・ 頬赤」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 手」



ゴールドシップ
「い、痛い…」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「・・レ、レナたん・・?」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・今をがんばれない人は、次もがんばれない」


ゴールドシップ
「え・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・人生は、過去から全て繋がっているもの」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「昔がんばった自分が、今の自分を作っている。そして、今の自分のがんばりが、未来の自分を作ることになる」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「今、目の前の勝負に勝てる見込みがないとしても、そこに全力をつぎ込んだ経験は、必ず次の勝負に活きてくる」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「消化試合の最終打席を、適当なスイングで終わらせるのか。それとも、『次』を見据えて、課題を持ってスイングしてくるのか」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「人生には、そんな『最後』が、あちこちに転がってる」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「一日の最後に、少し時間が空いたら何をするのか。面白くもないスマホゲームで時間を潰すのか。それとも、わずかな時間を惜しんで、本の一行でも読むのか」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「好きな人にアプローチしたけど、振り向いてもらえなかった時。最後のデートで何をするのか。『今までおごった金を返せ!』とか言うのか。それとも、最後まで自分にできる範囲で、相手を楽しませようと努力するのか」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「人生は、今だけじゃない。過去から現在、そして未来へと、すべては繋がっている」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だから、今を全力で生きていない者に、輝かしい明日が来るわけがない」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「勝ち負けじゃないの」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「明日につながる行動で、今日を締めくくろう」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「『自分はよくやった』って、思えるように、最後まで全力で戦おう」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・そんな『最後』を、たくさん積み重ねていこうよ・・・涙」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「負けてもいいから・・最後まで・・戦おうよ・・ 涙」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね? 涙」


ゴールドシップ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ごめん・・。傷つけちゃったね・・ 涙」


ゴールドシップ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「私バカだから・・。うまく言えなくて・・ 涙」


ゴールドシップ
「・・・レナたん・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 落」



ゴールドシップ
「・・・ありがとう・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「え・・」



ゴールドシップ
「レナたんの言うとおりだ。オイラは、自分の見栄ばかり考えて、今を生きることの大切さを、どこかに置き忘れていたのかもしれない…」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「引退レースで手を抜けば、引退した後も、手抜きの人生になってしまうんギャスな…」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「そんな人生は嫌だ。未来は、自分の手で輝かせるギャス!」


No.1キャバ嬢レナ
「うん」



ゴールドシップ
「カッコ悪くても、無様に負けても、最後まで全力で戦えば、『しゃべ馬』レギュラーの座をゲット!」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 微笑」



ゴールドシップ
「気づかせてくれてありがとう。レナたん」


No.1キャバ嬢レナ
「ううん。私は何もしていないよ 首傾」



ゴールドシップ
「じゃあまずは景気づけに、レナたん」


No.1キャバ嬢レナ
「ん? 首傾」



ゴールドシップ
「・・・1回いいっすか? 立」


No.1キャバ嬢レナ
「は? 汗」



ゴールドシップ
「・・・い、一回だけ!ねえねえ優しくするから!ハアハア!!ギャオーーッス!!吠立」


No.1キャバ嬢レナ
「ぎ、ぎいやぁぁーー!!逃汗」



遠くから見てたオウケン
「・・・むう。レナたんの優しい言葉に対して、完全に恩をアダで返す男。それがゴールドシップ。最後の最後まで、やはり恐るべし」



  - つづく

サブコンテンツ