チャンピオンズC2015~ ホッコータルマエ『ポジティブとは、見たくない未来を想定し対策を立てることである』



◆チャンピオンズカップ2015


【ホッコータルマエ】

○Hokko Tarumae
○牡6
○父キングカメハメハ
○馬名 意味由来⇒ 冠名+樽前山より

==========



◆真のポジティブとは、見たくない未来を想定し対策を立てることである



≪喫茶JIROにて≫



  カランコロ~ン



喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ? 美声」


オウケンブルースリ
「おう二郎。久しぶりだな。なんかさあ、『焼き鳥シゲ』が臨時休業でよぉ。仕方ないから来てやったぞ」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ふっ」


オウケンブルースリ
「な、なに? 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ホントはアタクシに会いたかったくせにぃ~!このこのぉ~!ツンツン 指」


オウケンブルースリ
「ツンツンすんな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「ねえ、オウケンちゃん・・」


オウケンブルースリ
「ちゃんゆうな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・きっかけは何だっていい。まずは2人が出会えた事を喜ぼう! 喜」


オウケンブルースリ
「うん。そういうのいらないから、メニュー表くれ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「マイスモーヒーでよろしかったですか?」


オウケンブルースリ
「な、なに? 汗」



喫茶店マスター 二郎
「マイスモーヒー」


オウケンブルースリ
「ア、アイスコーヒー? 汗」


喫茶店マスター 二郎
「はい」



オウケンブルースリ
「ああ。じゃあ、アイスコーヒーでいいや」


喫茶店マスター 二郎
「ございません」


オウケンブルースリ
「ね、ねえのかよっ!汗 お前から推してきたんだろ! 汗」



喫茶店マスター 二郎
「アイスヒーハーならございます」


オウケンブルースリ
「・・ああ・・。やっぱりこの腐れ喫茶店には来るんじゃなかった・・。シゲさんの野郎ー。サボりやがってー ブツブツ」



喫茶店マスター 二郎
「焼き鳥シゲ?」


オウケンブルースリ
「ああ。焼き鳥シゲは、俺の行きつけの店だからな」



喫茶店マスター 二郎
「オウケンさん」


オウケンブルースリ
「あ?」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ワンパターンな行動から、イノベーションは生まれません」


オウケンブルースリ
「はい? 汗」



喫茶店マスター 二郎
「人間は習慣を固定したがる生き物です。習慣化すれば、行動の負荷が少なくなるからです」


オウケンブルースリ
「ほう」



喫茶店マスター 二郎
「つまり、毎日同じ行動パターンを繰り返せばラク!超ラク!何も考えなくていいから!」


オウケンブルースリ
「うん」



喫茶店マスター 二郎
「しかし!人間はラクな中にずっといると、どんどん退化していく!廃用性萎縮!!使わない能力は必然的に衰えていく!」


オウケンブルースリ
「うん」



喫茶店マスター 二郎
「だから!いつも同じ店で、同じ物ばかり食ってたら、バカになるのだ!このハゲチャビンっ!!怒」


オウケンブルースリ
「だ、誰がハゲチャビンだっ!汗 急にキレるな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「焼き鳥シゲばっか繁盛してて、ムカつくっ!キー! 怒」


オウケンブルースリ
「た、ただのジェラシーじゃねえか 汗」



喫茶店マスター 二郎
「なんでうちの店には、お客が来ないんですかっ! 怒」


オウケンブルースリ
「それはオマエの接客が、そういう態度だからだろ 汗」



  カランコロ~ン



ホッコータルマエ
「どーもー。営業してますか?真っ暗だけど 汗」


オウケンブルースリ
「お。珍しく客だぞ。二郎」



喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ。お客様、『砂臭いオッサン1名様』でよろしかったですか?」


ホッコータルマエ
「くっ・・・」


オウケンブルースリ
「・・・おまえ、商売繁盛させる気ねえだろ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「お客様。ご注文はいかがなさいますか?」


ホッコータルマエ
「あ、えーとー・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・アイスヒーハーでよろしかったですか?」


ホッコータルマエ
「な、なんですかそれ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「では実演しましょう」


ホッコータルマエ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・・」


ホッコータルマエ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ヒーハーー!!笑」


ホッコータルマエ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・そう。この寒さ。空気が凍りつく感じ。これぞまさに、アイスヒーハーの真髄!どうですかー!お客さーん! 喜」



オウケンブルースリ
「あれ?お前よく見たら、今週のチャンピオンズカップに出る、ホッコータルマエか?」


ホッコータルマエ
「あ!あなたはもしや、あの有名なオウケンさんでは?」



オウケンブルースリ
「おう。やっぱオレ、有名人か? 喜」


ホッコータルマエ
「・・・はい。『しゃべ馬 ゲス野郎ランキング』で、ゴールドシップ君と、熾烈な首位争いをしている、と」


オウケンブルースリ
「な、なんなんだ!そのランキングは! 汗」



ホッコータルマエ
「そんなことより、今週は、自分にとって、大切な一戦なのです」


オウケンブルースリ
「おう。お前は去年のチャンピオンだからな」



ホッコータルマエ
「はい。中京のディフェンディングチャンピオンとして、桶狭間の戦いを連覇したいと思います!」


オウケンブルースリ
「だな」


喫茶店マスター 二郎
「・・・ヒーハー・・」



ホッコータルマエ
「ですが今年は、活きのいい3歳が出てくるんですよ」


オウケンブルースリ
「ほう」



喫茶店マスター 二郎
「ええ!アタクシも知っていますよ! 喜」


オウケンブルースリ
「ほう。二郎、ゆってみろよ」



喫茶店マスター 二郎
「ふっふっふ。チャンピオンズカップに出る、活きのいい3歳馬。その名は!」


オウケンブルースリ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・チ●コノユメ ですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「バ、バカ野郎!汗 ノンコノユメだっ!汗 怒られるから! 汗」


ホッコータルマエ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「まあよ、ノンコノユメは4連勝中だからな。前走も古馬初対戦の3歳馬が、58キロを背負って剛脚一閃だもんな」


ホッコータルマエ
「ええ。武蔵野ステークスは、どう考えても前残りの流れだったんですが、あの末脚はケタ違いでした…」



オウケンブルースリ
「今回は2キロ減だしな」


ホッコータルマエ
「ええ。やはり怖いですね。ただ、東京と中京は似て非なるもの。東京で追い込みが決まっても、中京で決まるとは限らない」


オウケンブルースリ
「ほほう」



ホッコータルマエ
「自分は、チ●コノユメよりも、先に抜け出して、粘りこみたいと思います」


オウケンブルースリ
「ノ、ノンコノユメだっ!汗 マジで怒られるから! 汗」



ホッコータルマエ
「ソッコー抜け出します。ソッコータルマエと呼んでください」


オウケンブルースリ
「呼ばん 汗」



ホッコータルマエ
「あとはやはり、フェブラリーステークス連覇のコパノリッキーに要注意です」


オウケンブルースリ
「ああ。前走のJBCでも、お前は完敗してるからな」



ホッコータルマエ
「はい。奴を気分よく逃がすと面倒ですからね。マークして、早めにつぶしにいかねば」


オウケンブルースリ
「だな」



ホッコータルマエ
「ただ、あまり早めにコパノリッキーをつぶしに行ってしまうと、今度はゴール前で、チ●コに差されますからね。タイミングがムズイっすね」


オウケンブルースリ
「ノ、ノンコだっ!汗 チ●コに差されるとか言うな 汗」



ホッコータルマエ
「リッキーを捕まえつつ、チ●コの末脚を発射させないようなタイミングで仕掛けることが重要ですね」


オウケンブルースリ
「発射とかやめろ 汗」



ホッコータルマエ
「逆に、最悪のシナリオとしては、前を行くリッキーを捕えられず、後ろからも、チ●コに挿される、という流れ。これだけは避けたいですね」


オウケンブルースリ
「お、おまえ 汗 『しゃべ馬 ゲス野郎ランキング』の上位に入賞するぞ 汗」



ホッコータルマエ
「ダメですか?チ●コ」


オウケンブルースリ
「ダメだって 汗 ノンコだから 汗」



ホッコータルマエ
「じゃあ、●ンコ にします」


オウケンブルースリ
「いや、『ノ』は伏せ字にしなくていいんだって!汗 よけい卑猥になってんじゃねえかっ!汗 おまえ、ゲス野郎ランキング1位な 汗」



ホッコータルマエ
「・・・はぁー・・ 落」


オウケンブルースリ
「ん?どした?急に落ち込んだな」



ホッコータルマエ
「・・・こんな、おちゃらけてますけどね。自分はこのレース、『統一GI10勝』という記録がかかっているんです・・」


オウケンブルースリ
「ほう」



ホッコータルマエ
「そして、チャンピオンズカップ連覇もかかっている。だからここは、なんとしても勝ちたい」


オウケンブルースリ
「うん」



ホッコータルマエ
「・・でも、だからこそ、さっき言ったみたいに、『前を捕まえられず、後ろからも差される』という最悪のシナリオを、どうしても考えてしまうんです・・ 落」


オウケンブルースリ
「プレッシャーだな」



ホッコータルマエ
「・・本当はもっとポジティブな、自分が勝つイメージだけをしなければならないのに、悪いパターンを考えてしまうんです・・ 落」


オウケンブルースリ
「そうかー」



ホッコータルマエ
「・・ダメですよね。もっとポジティブにならないと・・ 落」


オウケンブルースリ
「うーん」



ホッコータルマエ
「・・・・ 落」


オウケンブルースリ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ポジティブとは、現実逃避ではありません」


ホッコータルマエ
「え?」



喫茶店マスター 二郎
「・・今の世の中、ネコも杓子も、『ポジティブ』『前向き』を、表面的に捉えています」


ホッコータルマエ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「その風潮の中には、『見たくない現実は見ないのがポジティブ』みたいな、錯誤的な論理が混在していることも否めません」


ホッコータルマエ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「自分に振りかかる可能性があるリスクを見ないようにし、自分に都合の良い未来だけを妄想することは、ポジティブとは違います。それは、ただの現実逃避」


ホッコータルマエ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「真のポジティブとは、あらゆるリスクを想定し、それを避けるための対応策を用意しておく。その上で、前に進んでいくことなのではないでしょうか」


ホッコータルマエ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「多くの人は、見たくない現実と向き合わず、苦悩を未来に先送りする。しかし、リスクを先送りすればするほど、そのリスクは雪だるま式に大きくなってしまうでしょう。現実逃避の代償として、ね」


ホッコータルマエ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「だから、タルマエさん。あなたはむしろ勇気がある。見たくない現実を想定し、立ち向かおうとしている点において」


ホッコータルマエ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・偉そうにすみません。ホッコータルマエ様ほどの名馬には、ぜひともチャンピオンズカップの連覇を成し遂げてほしかったものですから・・」



ホッコータルマエ
「・・・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



ホッコータルマエ
「・・ありがとう・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



ホッコータルマエ
「ありがとう、マスター!なんだか迷いが吹っ切れた気がします!」


喫茶店マスター 二郎
「そうですか。だとしたら、それはあなた様がご自身でつかんだ「気づき」でございますね 微笑」



ホッコータルマエ
「・・・自分は、悪い未来を想定することは、ダメなことだと思ってた。でも、想定して対策するなら、それはむしろ、ポジティブな行為と言えるんですね」


喫茶店マスター 二郎
「ふふっ。そうかもしれませんね 微笑」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな」


喫茶店マスター 二郎
「・・・いちけん・・おちつく・・?」



オウケンブルースリ
「いっけんらくちゃくだっ!!怒 漢字の勉強しろや! 怒」


ホッコータルマエ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「おし。じゃあ帰ろうぜ。タルマエ」


ホッコータルマエ
「はい」



喫茶店マスター 二郎
「待ちたまえ 美声」


オウケンブルースリ
「何様だアンタ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・最後に私から、タルマエ様へ、激励の『川柳』を贈りますです! 喜」


ホッコータルマエ
「いや、いいです」


喫茶店マスター 二郎
「ブッ! 吹」



ホッコータルマエ
「う、うわっ!汗 吹き出さないでください!ヨダレがっ!!汗」


喫茶店マスター 二郎
「激励の川柳を贈りますです。さあ遠慮なさらず」


ホッコータルマエ
「うっ・・。聞かないと帰れないのか?・・ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「575でバシッと決めます。・・・行きますですよ!!」


ホッコータルマエ
「・・・・」



『桶狭間
 連覇を目指し
 タル行くぞ
 前にリッキー
 後ろにチ●コ
 前門の虎、後門の狼
 それでも負けるわけいかず
 統一GI10勝へ
 相棒ミユキを背に乗せて
 今日も元気に行ってきます
 父はキンカメ
 母マダムチェ・・』



ホッコータルマエ
「・・・オ、オウケンさん。コレ、一生続くんですかね 汗」


オウケンブルースリ
「な、なにが575でバシッと決めますだ 汗 地獄のエンドレス川柳じゃねえか 汗 ゴロも悪いし 汗」



ホッコータルマエ
「・・奴は、気持ちよさそうに目を閉じて川柳を読んでいます。今のうちに、こっそり帰りましょう。コソコソ 逃」


オウケンブルースリ
「・・そ、そうだな コソコソ 逃」



喫茶店マスター 二郎
「・・・前走負けたが、まだ行ける。中京のファンに届けます、砂の王者の心意気・・ 目閉」



  - つづく –

サブコンテンツ