エリザベス女王杯2015~ ヌーヴォレコルト『他人を否定するほど、不健康で魅力のない人格となる』



◆エリザベス女王杯2015


【ヌーヴォレコルト】

○Nuovo Record
○牝4
○父 ハーツクライ
○馬名意味⇒ 新記録

==========



◆他人を否定するほど、不健康で魅力のない人格となる



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「おし!いよいよ今週から、有馬記念までGIノンストップ7連戦だねっ!シゲさん!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ。つくねタレおまち」



オウケンブルースリ
「有馬記念までに大儲けして、ここのツケを払うからねっ! 燃」


焼き鳥屋 店主シゲ
「いや、先にツケだぜ 汗」



オウケンブルースリ
「さあ。まず今週は、最強の女王決定戦、エリザベス女王杯か。むむっ!去年の女王ラキシスの鞍上は、世界のライアン・ムーアか!こりゃー軸は決まったな・・・ブツブツ」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


ヌーヴォレコルト
「・・・ヌー。軸を間違えるでヌあい。オウケンさん」



オウケンブルースリ
「は?」


ヌーヴォレコルト
「軸は、ワタシにしておヌた方がいいわよ。オウケンさん」


オウケンブルースリ
「むむ。もしかしてキミは、去年のエリザベス女王杯で、ラキシスに完敗したヌーヴォレコルトでは?」



ヌーヴォレコルト
「そういう言い方は、やめてくださヌかしら」


オウケンブルースリ
「・・・・」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・さっきから、ちょいちょい読みにくいんだけど 汗」


ヌーヴォレコルト
「なヌで?」


オウケンブルースリ
「はいそれ! 汗」



ヌーヴォレコルト
「ワタクシには、なヌのことだか、さっぱりわかりませヌーわよ」


オウケンブルースリ
「俺には、なんて言ってるのかさっぱりわからんわ 汗」



ヌーヴォレコルト
「久しぶりヌ登場なので、なヌとか爪痕を残すためヌ、キャラ設定を攻めていくヌだわよ」


オウケンブルースリ
「ひ、必死だな 汗」



ヌーヴォレコルト
「でも、筆者Tも、書くヌが大変で、イラついていヌわよ」


オウケンブルースリ
「それは知らん 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・・『いヌわよ』は、『いるわよ』であって、「犬わよぉ」ではないわよ?」


オウケンブルースリ
「それはわかる 汗」



ヌーヴォレコルト
「じゃあ、そろそろ帰ヌわよ」


オウケンブルースリ
「はええな 汗」



ヌーヴォレコルト
「あ。競馬ヌ話を全然してなかったわ。エリザベス女王杯は、いただヌわよ」


オウケンブルースリ
「ほう。でもさっきも言ったけど、去年ラキシスに完敗してるだろ?」



ヌーヴォレコルト
「ヌー!」


オウケンブルースリ
「そ、それは、『No!』って言ってるのか? 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ヌーヴォレコルト
「・・・ちょっと、なヌ言ってるかわかヌない 苦笑」


オウケンブルースリ
「テ、テメーだろがぁぁーー!!グリグリ!!頭押」


ヌーヴォレコルト
「キャー!汗 こめかみをグリグリー!汗 痛いー! 汗」



オウケンブルースリ
「・・・(モミモミ 胸)」



  バキッ!!拳



オウケンブルースリ
「ぐはぁぁーー!!泣」


ヌーヴォレコルト
「オメー!なに人の胸、もみくさってんだぁー!コラァー!ガスガス!!蹴蹴」


オウケンブルースリ
「ぐ、ぐわぁー!汗 ち、違うんだっ!たまたま手が当たっただけだって! 汗」



ヌーヴォレコルト
「ケッ。ドスケベ。しねっ。ハゲっ! 怒」


オウケンブルースリ
「こ、こわー 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・・だからね?去年のエリザベヌ女王杯は、差し有利の流れを、私は先行して先に抜け出してしまった。1番人気だったからね。そこをラキシスに、足元をすくわれただけよ。力負けじゃなヌわ。フン」


オウケンブルースリ
「そ、そうですね 汗」



ヌーヴォレコルト
「ちなみに、春のヴィクトリアマイヌは、超前残りの特殊な展開だったので度外視。宝塚きねヌは、特殊な馬場状態だったので度外視。前走のオールカヌーは、ショウナンパンドヌのアビリティヌ『一瞬の切れヌ』が発動しただけなので度外視」


オウケンブルースリ
「じ、自分に都合のいい度外視だな 汗 つーか『ヌ』が、ジャマでしょうがねえな 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・・ワタシ、オークスを勝ってから、GIでは4戦全敗・・・。でも今年の最大目標は、このエリザベヌ女王杯と決めていた!ここは勝ヌー! 燃」


オウケンブルースリ
「うん。でもさあ、ラキシスには、あの世界的な名手ライアン・ムーアが騎乗だぜ?」



ヌーヴォレコルト
「・・・ヌーア?」


オウケンブルースリ
「ムーアな 汗」



ヌーヴォレコルト
「フン。ムーアだかヌーアだか知らんけど、うちの、ヌワタヤスヌリも大舞台では無類の強さを誇るわよ 燃」


オウケンブルースリ
「だ、誰だよっ! 汗」



ヌーヴォレコルト
「ヌワタヤスヌリ」


オウケンブルースリ
「イワタヤスナリな 汗」



ヌーヴォレコルト
「そう!久しぶりに岩田のアビリティ『極悪モンキー』が発動するわよ! 燃」


オウケンブルースリ
「極悪はイカン 汗」



ヌーヴォレコルト
「降着スレスレのグレーゾーンを攻めるわよっ! 燃」


オウケンブルースリ
「やめなさい 汗」



ヌーヴォレコルト
「斜行でも、罰金で済むならOK!ウッキー! 燃」


オウケンブルースリ
「だ、誰かレッドカードを 汗」


ヌーヴォレコルト
「よし!いい感じのテンションになってきたわヌ! 燃」



オウケンブルースリ
「・・・でもよお。今回は、怪物ルージュバックも出てくるぜ?」


ヌーヴォレコルト
「ヌージュバッヌ?」


オウケンブルースリ
「うん。そうだね。はいはい」



ヌーヴォレコルト
「フン。過去10年を見ても、オークスからぶっつけローテなんて聞いたこともヌー。そんな奴に負けたら恥」


オウケンブルースリ
「天誅が下るぞ 汗」



ヌーヴォレコルト
「ふっふっふ。そう考えると、エリザベヌ女王杯に出走してくヌ他馬は、否定できる材料ばかり。なんだか楽しくなってきたヌー 喜」


オウケンブルースリ
「せ、性格悪しだな 汗」



ヌーヴォレコルト
「じゃあこの勢いで、今日の飲み会は、他馬の否定大会として盛り上がっちゃヌー? 喜」


オウケンブルースリ
「いやー、オレはそーゆーのは趣味じゃないからな」



ヌーヴォレコルト
「えー。ノリ悪~ 落」


オウケンブルースリ
「はっは。悪いな」



ヌーヴォレコルト
「他者否定ほど、テンションの上がる話題はないわよー?」


オウケンブルースリ
「そうかもな。まあ俺は変わってるんだよ」



ヌーヴォレコルト
「ヌー。つまらんわー。オウケンブルースリー。ノリ悪いわ~。ノッてこいヌ~ 落」


オウケンブルースリ
「からむな 汗 つーか、子犬みたいになってるな 汗」



ヌーヴォレコルト
「ヌ!シゲさんがいるわ。ねえねえシゲさん。他人の否定は、ストレス解消で健康に良いでしょー?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・たぶんそれは逆で、他人の否定は、極めて体に悪いんじゃねえかな」


ヌーヴォレコルト
「ヌ?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして他者否定は、体に悪い上に、自分自身の成長を妨げる」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ゆえに、他者否定を楽しむものは、不健康で、魅力のない人間になっていくだろうぜ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「確かに会話は、その場のノリに合わせることが大切だ。だが、踏み込んではならない禁断の話題もある」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「他人を否定する話題も、禁断の話題だ。たとえそれがどんなに盛り上がる話題であってもだ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・たしかに、オウケンさんは、ノリだけでしゃべる軽薄な男だ。薄っぺらい話題だ。しょうもないトークだ。クズ男だ。だが、他人を否定して喜ぶような、そんな男じゃねえ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・ほ、褒められてるんだろうけど、前半のこき下ろし方がハンパねえ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「誰かを否定する言葉は、その言葉の中に、必ず自分自身の怒りが含まれている。その怒りが健康を害する」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして、他人を否定すれば、自分を省みる必要がなくなるため、自分自身のレベルも日に日に下がっていく」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そう。不健康で、魅力のない人格の出来上がりだ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ヌーさんな」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「誰かを否定して、錯覚の快楽を得るよりも、その人の長所を探して学び、自分自身のレベルアップへとつなげていった方が、たぶん人生楽しいぜ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


ヌーヴォレコルト
「・・はい・・ 泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ヌーヴォレコルト
「いえ・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ヌーヴォレコルト
「心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



ヌーヴォレコルト
「・・うっかり、人の悪口の中毒になるところでした・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ヌーヴォレコルト
「ありがとう、シゲさん。心がスッキリしました。これからは他人の否定はやめて、人のすごい部分を探して学んでいこうと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


ヌーヴォレコルト
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、他人を否定する言葉には、麻薬的な魅力と、猛毒が共存してるのかもな。近寄らないのが無難だぜ」


ヌーヴォレコルト
「はい!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



ヌーヴォレコルト
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。自分のダメな部分を指摘されて興奮してるの?否定されて感じちゃうなんてクズね。このブタ野郎!!』



ヌーヴォレコルト
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


ヌーヴォレコルト
「・・・シゲさん。エリザベス女王杯、がんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ