アルゼンチン共和国杯2015~ ゴールドアクター『能力が同じなら、より孤独な方が勝つ』



◆アルゼンチン共和国杯2015


【ゴールドアクター】

○Gold Actor
○牡4
○父スクリーンヒーロー
○馬名意味⇒ 冠名+男優

==========



◆能力が同じなら、より孤独な方が勝つ



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「さてー。今週はGIの谷間で、少しリラックスして競馬を楽しむ感じだねー。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「来週からは、有馬記念まで7連続GIだからなー。今週は、谷間を満喫しなきゃね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「谷間を満喫。」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・・ 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・な、なんでニヤニヤしてるんですかい? 汗」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


ゴールドアクター
「・・・・」


オウケンブルースリ
「あん?誰だオマエ」



ゴールドアクター
「・・・師匠・・」


オウケンブルースリ
「は?」



ゴールドアクター
「・・師匠!やっと会えた!わが師匠! 泣」


オウケンブルースリ
「な、なんだコイツは 汗」



ゴールドアクター
「大切な冒頭から、何のためらいもなく、下ネタをぶっ込む勇気!ずっと尊敬してました!師匠! 泣」


オウケンブルースリ
「は、話が全く見えないんだけど 汗」



ゴールドアクター
「申し遅れました。ボクの名前は、ゴールドアクター。ゴールドは冠名ですが、ゴールドシップさんとは関係ありません」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ゴールドアクター
「そして、アクターは・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ゴールドアクター
「・・・『男優』です」


オウケンブルースリ
「・・・ほう」



ゴールドアクター
「・・・・ 見」


オウケンブルースリ
「・・・・ 見」



ゴールドアクター
「・・・さすが師匠。言葉を交わさずとも、お互いの心はひとつですね」


オウケンブルースリ
「おう。少しずつ意味がわかってきたぜ。おまえ、禁断のそっち方向に行く気だな?」



ゴールドアクター
「師匠。ボクは菊花賞は3着まででしたが、師匠の菊花賞圧勝は、今でも心に残っています」


オウケンブルースリ
「まあよ 喜」



ゴールドアクター
「最近の競馬は、長距離馬・ステイヤーが軽視されている。種牡馬になっても活躍できないとか」


オウケンブルースリ
「そうだなあ」



ゴールドアクター
「そんな時代に、ボクは、ステイヤーの威信を取り戻したいんです!」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ゴールドアクター
「ステイヤーこそが最強!マイラーなんざ踏み潰せ!ボクはずっとそう思ってきました! 燃」


オウケンブルースリ
「マイラーが悪いわけじゃないけどな 汗」



ゴールドアクター
「そんな時、ボクは出会ってしまった!・・・そう!オウケンブルースリ師匠!あなたにっ! 泣」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ゴールドアクター
「師匠こそ最強のステイヤー!ボクも師匠のようになりたい! 泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ゴールドアクター
「師匠と言えば、エ●トーク!ならばボクもその道をゆこう!『男優』として! 燃」


オウケンブルースリ
「あ。シゲさん。赤貝の刺し身を」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ゴールドアクター
「おおっ!!ここで赤貝とは・・。さすが師匠!ハンパねえっす! 燃」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ゴールドアクター
「師匠。ボクのこのキャラ、どうですかね? 喜」


オウケンブルースリ
「ダメだと思う」


ゴールドアクター
「ブッ! 吹赤貝」



オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 吹き出すんじゃねえっ!汗 つーかオマエ、いつの間にオレの赤貝、食いやがったんだっ! 汗」


ゴールドアクター
「失礼。 フキフキ」



オウケンブルースリ
「ん?よく見たらお前、今週のアルゼンチン共和国杯の1番人気候補なのか?」


ゴールドアクター
「ふっ。去年の夏から5戦4勝。菊花賞以外はすべて楽勝。飛ぶ鳥を落として、焼き鳥シゲで食っちまう勢いの上がり馬ですから 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ゴールドアクター
「長距離の条件戦に、ボクの敵はいなかった。重賞レースでは、まだ連対すらしたことはありませんが、今週のアルゼンチ●コ共和国杯を勝って、GIも狙っていきたいと思っています! 燃」


オウケンブルースリ
「レ、レース名がおかしくないか? 汗」



ゴールドアクター
「ただ、いかんせん非社台ということもあり、キャラが地味なのです」


オウケンブルースリ
「まあなー」



ゴールドアクター
「だから改名しようかと」


オウケンブルースリ
「ほう。どんな名前にするのよ?」



ゴールドアクター
「・・・ゴールドボールアクター」


オウケンブルースリ
「キ、キン●マ男優じゃねえかっ!汗 また各方面からお叱りを受けるからやめろっ! 汗」



ゴールドアクター
「だ、だって!ボクも、マツリダ先生やゴルシ君みたいに、非社台でも『しゃべ馬レギュラー』になりたいんですっ! 汗」


オウケンブルースリ
「知るか 汗 ガキ使レギュラーみたいに言うな 汗 ゴールドシップはレギュラーじゃねえし 汗」



ゴールドアクター
「・・・つーか、オウケン師匠」


オウケンブルースリ
「ん?」



ゴールドアクター
「オウケン師匠も、『男優』になりませんか?」


オウケンブルースリ
「は? 汗」



ゴールドアクター
「ボク、オウケン師匠の『男優名』、考えてきたんです!」


オウケンブルースリ
「ほ、ほう 汗」



ゴールドアクター
「まず、『チョコボールオウケン』」


オウケンブルースリ
「だ、誰が、チョコボールオウケンだっ! 汗」



ゴールドアクター
「じゃあコレです・・・『シミケンブルースリ』


オウケンブルースリ
「だ、誰が、シミケンブルースリだっ! 汗」



ゴールドアクター
「カリスマ男優 しみけんのマッチョなイメージが、オウケン師匠とぴったりマッチです 喜」


オウケンブルースリ
「やかましいわっ! 汗」



ゴールドアクター
「カトウタカースリ、はどうですか?」


オウケンブルースリ
「無理矢理だな 汗」



ゴールドアクター
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ゴールドアクター
「・・・はぁー 落」


オウケンブルースリ
「ん?急に元気がなくなったな」



ゴールドアクター
「・・・ボクは、こんなことばっかり言ってるから、友達が少ないんだろうなあ・・ 落」


オウケンブルースリ
「ん?」



ゴールドアクター
「・・ボクはいつも、マイペースに我が道を行くから、あまり友達がいないんですよ。たはは 苦笑」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ゴールドアクター
「だから、週末は毎週、大勢の仲間と飲み会をしている人を見ると、羨ましかったりして 苦笑」


オウケンブルースリ
「へー」



ゴールドアクター
「ボクも、もっとみんなに合わせて、自分の色を消して、群れの中に飛び込んでいった方がいいのかなあ」


オウケンブルースリ
「うーん」



ゴールドアクター
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・能力が同じなら、より孤独な方が勝つ」


ゴールドアクター
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・今の世の中、『空気を読む』とか『和を乱さない』ことばかりに偏重しすぎて、『孤独の重要性』が、おろそかにされている」


ゴールドアクター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人間は本来、一人で孤独に床に座って、沈黙の中で、自分を見つめ直す時間が絶対に必要だ」


ゴールドアクター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「孤独に自分を見つめ直す時間が少なければ少ないほど、精神的に不安定になるからだ」


ゴールドアクター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「確かに、仲間と過ごす時間は楽しい。不安も嫌なことも、その瞬間だけは忘れられる」


ゴールドアクター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、群れる楽しさは、時に、本質的な問題から目をそらすような、現実逃避的な楽しさとなることがある」


ゴールドアクター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「たった一人で、苦しみを直視する者は強くなる。だが、その苦しみから目をそらしたり、別のものに逃げたり、仲間と群れることでごまかす者は、逆にどんどん弱くなっていくだろうぜ」


ゴールドアクター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「男優さんな」


ゴールドアクター
「はい」


オウケンブルースリ
「男優さんて 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ゴールドアクター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・孤独を恐れるな」


ゴールドアクター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「どんな世界でも、孤独な者こそ最強だ。孤独は成功への片道切符だ」


ゴールドアクター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからよ。一人で歩むことを恐れるな。アンタが一人で戦う姿は、必ず誰かが見ていてくれる」


ゴールドアクター
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


ゴールドアクター
「・・はい・・ 泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ゴールドアクター
「いえ・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ゴールドアクター
「心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



ゴールドアクター
「・・ボク、仲間が欲しかったんじゃなくて、自分と向き合うのが怖いから、逃げ道を探していただけなのかもしれないな・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ゴールドアクター
「ありがとう、シゲさん。迷いが吹っ切れました。孤独を恐れずに、自分と向き合う勇気を持ちたいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


ゴールドアクター
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、自分のカッコ悪い姿も含めて、直視する勇気が必要なのかもしれねえな」


ゴールドアクター
「はい!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



ゴールドアクター
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。直視してごらん。恥ずかしいカッコして興奮してるの?このブタ野郎!!』



ゴールドアクター
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


ゴールドアクター
「・・・さ・・」


オウケンブルースリ
「さ? 汗」



ゴールドアクター
「・・さすがだ・・」


オウケンブルースリ
「は? 汗」



ゴールドアクター
「さ、さすがっス!師匠!泣 最初から最後まで一貫して、下ネタを貫くスタイル!感動しましたっ!シミケンブルースリ師匠! 手握」


オウケンブルースリ
「だ、誰が、シミケンブルースリだっ!汗 手を握るな! 汗逃」



ゴールドアクター
「一生ついていきますぞっ!師匠ーー!!走」


オウケンブルースリ
「つ、ついてくんなっ!バカー! 汗逃」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ