菊花賞2015~ リアルスティール『ドス黒い情報を脳に入れれば不幸確定』



◆菊花賞2015


【リアルスティール】

○Real Steel
○牡3
○父ディープインパクト
○馬名 意味⇒ アメリカのSFアクション映画名

==========



◆ドス黒い情報を脳に入れれば不幸確定



≪ダンス一族 豪邸にて≫



ダンスファンタジア
「やなぎだぁぁぁぁーーーー!!!怒怒」


執事 柳田
「お、お嬢さまっ!!汗 窓ガラスにひびが入っておりますっ!汗 大声を出さないでくださいっ!汗」



ダンスファンタジア
「アタシのグラサン、どこやったぁぁーー!!怒怒」


執事 柳田
「お、お嬢さま!汗 サングラスはお嬢さまの頭の上にっ! 汗」



ダンスファンタジア
「あ。」


執事 柳田
「ふふっ 微笑」



ダンスファンタジア
「・・・柳田ぁ」


執事 柳田
「はいっ ニコニコ」



ダンスファンタジア
「・・何笑ってんだぁ、テメーコラァ・・ 怒」


執事 柳田
「わ、笑っておりませんっ 汗」



ダンスファンタジア
「今、笑ってただろがぁぁーー!!怒怒」


執事 柳田
「す、すいませんっ 汗」



ダンスファンタジア
「・・ムカついた」


執事 柳田
「すいませんっ!!汗」



ダンスファンタジア
「・・後ろを向いて立て。そして少し足を開け。柳田」


執事 柳田
「は、はい。これでよろしいですか? 立背」



ダンスファンタジア
「・・よし。じゃあ今から思いっきり、キ●タマを蹴る」


執事 柳田
「えぇぇぇ~~!!汗汗」



ダンスファンタジア
「振り返るな。そっちを向いて立っていろ。少し足を開いて。手は頭の上な」


執事 柳田
「ド、ドSもほどほどにして下さい!お嬢さまっ! 汗」



ダンスファンタジア
「行くぞ(助走)」


執事 柳田
「ま、待ってください!汗 お嬢さま! 汗」



   ガチャ



リアルスティール
「あ。こんちわー。ピンポン押したんだけど、誰も出ないから上がらせてもらいましたー」


執事 柳田
「これはこれは。リアステ様。いらっしゃいま・・・」



  ドゴンッ!! 蹴



執事 柳田
「どぉふうぅぅーー!!泣叫涙」


ダンスファンタジア
「ぎゃーーははははは!!w 悶絶してるww その後ろ姿、サイコー!ww」



執事 柳田
「・・う・・はうっ・・ 息止」


リアルスティール
「や、柳田さんっ! 汗」


執事 柳田
「・・・・バタッ 倒」



ダンスファンタジア
「ん?お前は、今週の菊花賞に出るリアルスティールではないか。なんか用か?」


リアルスティール
「あ、いえ、近くまできたので、社台の大御所の、ファンタお嬢様にごあいさつを 汗」



ダンスファンタジア
「フン。ごあいさつしてる暇あったら、練習しろよ」


リアルスティール
「ご、ごもっともです 汗」



ダンスファンタジア
「ワインでも飲むか?といっても、柳田がそのザマだから、運ぶ奴がいねえけど」


執事 柳田
「・・・・ 倒」


リアルスティール
「いえ、ワインは大丈夫です 汗」



ダンスファンタジア
「・・・で?菊花賞の自信のほうはどうなのよ(グラサン着)」


リアルスティール
「ええ・・。やっぱり正直なところ、3000mは不安ですね・・」


ダンスファンタジア
「だろうな」



リアルスティール
「でも、多少距離が長かろうと、世代ナンバーワンのこの僕が、こんなところで負ける訳にはいきません」


ダンスファンタジア
「世代ナンバーワンは、ドゥラメンテだろ」



リアルスティール
「今年の菊花賞、人気は神戸新聞杯の勝ち馬 リアファルでしょう」


ダンスファンタジア
「ふむ」



リアルスティール
「しかし!ゼンノロブロイ産駒は、長距離の回収率が低い!芝2500m以上の単勝回収率は 50%です。ププッw(過去10年)」


ダンスファンタジア
「・・・カタカタ(PC)」


リアルスティール
「ん?」



ダンスファンタジア
「・・・ディープインパクト産駒、芝2500m以上の単勝回収率は 45%だけど」


リアルスティール
「ブッ! 吹」



ダンスファンタジア
「さらに、京都の長距離に絞ると、ディープインパクト産駒の単勝回収率は 0%・・。キズナは春天2回とも完敗」


リアルスティール
「ぬぬぬ 汗」



ダンスファンタジア
「ちなみに、キズナ(ディープインパクト*Storm Cat)は、おまえも同じ血統w」


リアルスティール
「デ、データなんて関係ないっ! 汗」


ダンスファンタジア
「おまえがデータを出してきたんだろう?」



リアルスティール
「くっ・・。ちょっとパソコン貸してください!僕に都合のいい情報もあるはずだ!ネット検索してみよう! 汗」


ダンスファンタジア
「・・・・」



リアルスティール
「ううー・・。ネットにはあまり良い情報がない・・。というか、競馬に限らずネットの世界って、なんか悪口ばっかりだな・・ 汗」


ダンスファンタジア
「そうなのか。私はよく知らないけど」



リアルスティール
「うん・・。日頃のストレスを垂れ流してたりとか、他者を批判する事で自分の優秀性を誇示しようとしてたりとか・・。そんな書き込みも多いっすね…」


ダンスファンタジア
「ふーん」



リアルスティール
「でも!情報社会だから、あらゆる情報を頭に入れておいた方がいいですよね! 汗」


ダンスファンタジア
「うーん」



リアルスティール
「ドス黒い意見も、たくさん知っておいた方が、いつか役に立ちますよねっ? 汗」


ダンスファンタジア
「むー」



リアルスティール
「・・・・」


ダンスファンタジア
「・・・・」



執事 柳田
「・・・いえ、ネガティブな情報を、頭に入れてはなりません」


リアルスティール
「え?」


ダンスファンタジア
「柳田。生きてたのか」



執事 柳田
「・・ドス黒い、負の情報。インターネット社会では、そんな危険なネガティブ情報が飛び交っています」


リアルスティール
「・・・・」



執事 柳田
「そのようなドス黒いネガティブな情報は、刺激が強いから、ついつい『見たくなる』」


リアルスティール
「・・・・」



執事 柳田
「ですが、見てはなりません」


リアルスティール
「・・・・」



執事 柳田
「人間の行動は、脳に反復して刷り込まれた情報によって、無意識に選択されます」


リアルスティール
「・・・・」



執事 柳田
「ですから、ネガティブな負の情報を、日々、脳に刷り込んでいる人は、しだいに行動もドス黒くなっていく」


リアルスティール
「・・・・」



執事 柳田
「これは自分では自覚することができません。すべては、脳に情報を入れた段階で決まってしまう」


リアルスティール
「・・・・」



執事 柳田
「人間の行動というものは、自覚的であるように見えて、実は脳に入れた情報や、潜在意識に支配されている」


リアルスティール
「・・・・」



執事 柳田
「だからこそ、脳に入れる情報は、ポジティブなものでありたい」


リアルスティール
「・・・・」



執事 柳田
「明るく前向きで、健全な元気が出るような情報を、日々、脳に刷り込んでいくことです」


リアルスティール
「・・・・」



執事 柳田
「そうすれば、無意識のうちに、幸福な人生となっていくでしょう」


リアルスティール
「・・・・」



執事 柳田
「私はそう思うのです」


リアルスティール
「・・・柳田さん・・ 涙」



執事 柳田
「・・すみません。わたし程度の者が、偉そうなことを・・」


リアルスティール
「・・いえ・・ 涙」


執事 柳田
「・・・・」



リアルスティール
「・・心に響きました・・ 涙」


執事 柳田
「そうでございますか 微笑」



リアルスティール
「ありがとう。柳田さん。人生の大先輩の意見を聞いて、勇気をもらいました。菊花賞がんばってきます!」


執事 柳田
「ふふっ。応援馬券、買わせていただきますよ 微笑」



ダンスファンタジア
「・・柳田・・」


執事 柳田
「はい」



ダンスファンタジア
「・・アタシからも礼を言う。ありがとう」


執事 柳田
「お、お嬢さま! 喜」



ダンスファンタジア
「・・強い刺激に誘われて、ネガティブな情報を取り入れてしまうと、人は不幸になっていくのかもね」


執事 柳田
「そうでございます!お嬢さま! 喜」



ダンスファンタジア
「・・うん。ホントそうだ。柳田の言う通りだ。うんうん」


執事 柳田
「はい!(ニコニコ)」



ダンスファンタジア
「・・・・」


執事 柳田
「(ニコニコ)」



ダンスファンタジア
「・・ところで柳田」


執事 柳田
「はい!(ニコニコ)」



ダンスファンタジア
「・・・うちの屋敷には防犯用の、超小型高性能CCDカメラが 528個設置してある」


執事 柳田
「は?」



ダンスファンタジア
「今日は、そのうちのひとつの映像を見てみよう」


執事 柳田
「え? 汗」



ダンスファンタジア
「VTR、スタート!」



  ≪VTR再生≫



メイド翔子
「はぁー。なんだか最近、退屈だなぁー 口尖」


執事 柳田
「どうしたの?しょこたん」



メイド翔子
「うん・・。なんかさー、家と職場の往復だけの人生って感じで…」


執事 柳田
「うーん」



メイド翔子
「なんだか退屈・・。意味もなく憂鬱だわー 落」


執事 柳田
「・・・・」


メイド翔子
「・・・・ 落」



執事 柳田
「・・・そうだ。ねえねえ、しょこたん。これ見てよ(スマホ)」


メイド翔子
「んん?」



執事 柳田
「ホラ。この掲示板。あの芸能人の悪口がたくさん書いてあって、超ウケるんだよーw」


メイド翔子
「ホントー?どれどれ・・・。プッw ホントだ。あの芸能人さん、かっこいいこと言ってるけど、ダメ人間じゃんww」



執事 柳田
「だよねーw この情報が本当か嘘かわかんないけど、自分より地位が上の人が転落するのを見るのは、超楽しいよねww」


メイド翔子
「楽しいww」



執事 柳田
「誰かを引きずり下ろせば、その分、相対的に自分の立場が上になるように錯覚するから、気持ちいいよねww」


メイド翔子
「うんうんww」



執事 柳田
「まぁ自分自身の価値は何も変わってないけど、そんなの知ったこっちゃないよねww」


メイド翔子
「楽しければいいよねww」


執事 柳田
「そうそうw」



メイド翔子
「・・ふふ。なんか、やなぽんには、いつも元気もらってるね」


執事 柳田
「いやー 照 しょこたんのためなら、全然いいよー 照」



メイド翔子
「・・・ねえ、やなぽん・・」


執事 柳田
「ん?」



メイド翔子
「・・今日わたし・・、やなぽんのおうちに泊まりたいな・・ 照」


執事 柳田
「ふっ。今夜は寝かさないぜ? 立」



メイド翔子
「いやーん♪やなぽんのエッチ♪」


執事 柳田
「でへへー」


メイド翔子
「うふふー♪」



  ≪VTR終了≫



ダンスファンタジア
「・・ふむ・・」


執事 柳田
「・・・ア、アウアウ・・・汗汗(ガクガク 震)」


ダンスファンタジア
「さすが最新の超小型高性能CCDカメラだ。映像も音声もカンペキ」



執事 柳田
「お、お嬢さま!違うんですっ!汗汗」


ダンスファンタジア
「ネガティブな情報の刺激をエサにして、仕事中にナンパ。このあとは朝までよろしくやってたのかい?」


執事 柳田
「あ・・あ・・(ガクガク 震)」



ダンスファンタジア
「どうなんだぁぁ・・。柳田ぁぁぁ・・ 怒」


執事 柳田
「ヒイイッ!!泣 お嬢さまの顔が、魔神の形相に変わっていくっ!! ガクガク・・・震」



魔神ファンタジア
「・・どう・・なんだ・・。やなぎ・・だぁぁ・・ 魔顔」


執事 柳田
「ヒイイーーッ!!・・・(ガクガク 震)」



魔神ファンタジア
「せ・・選択肢は・・3つ・・だぁぁ・・・」


執事 柳田
「・・・あ・・あう・・(ガクガク 震)」



1⇒ 高さ200メートルの橋から、ヒモなしバンジー

2⇒ 高度5000メートルからスカイダイビング。もちろんパラシュートなし

3⇒ サディスティックルームへの挑戦



魔神ファンタジア
「さあ・・・お好き・・な・・コース・・を・・・」


執事 柳田
「ど、どれを選んでも確実に人生が終わりますっ!!汗 お嬢さまっ!!汗」



魔神ファンタジア
「で・・は、3番・・だなぁぁ・・・」


執事 柳田
「お嬢さまっ!!それだけはっ!!号泣」



魔神ファンタジア
「・・・では行こう・・・マゾヒスティックな暗黒の快楽の世界へ・・・ 腕掴」


執事 柳田
「た、たぁすけてぇぇぇーーー!!!泣泣」



リアルスティール
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ