秋華賞2015~ レッツゴードンキ『成功しない人ほど失敗が少ない』



◆秋華賞2015


【レッツゴードンキ】

○Let’s Go Donki
○牝3
○父 キングカメハメハ
○馬名 意味⇒ さあ進もう「ドンキホーテ」のように

==========



◆成功しない人ほど失敗が少ない



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「今週は、牝馬クラシックの最後の1冠、秋華賞だねっ。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「ルージュバックがいないと、ちょっと寂しいよねー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「調整が遅れて、エリザベス女王杯に直行という噂ですねえ」



オウケンブルースリ
「ふーむ。ルージュバック不在なら、やっぱローズステークスの上位3頭が抜けてるかな。3頭ボックスぶちこみだな。はっはっは 笑」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「ぐはぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「・・・本命サイドの3頭ボックス?フン。しょうもない馬券だわ 怒」



オウケンブルースリ
「う・・うぐ・・。その声は・・」


レッツゴードンキ
「そう。アタイの名前はレッツゴードンキ。ドンキーコングのメスみたいでしょ?いや、誰がドンキーコングのメスだ! 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



レッツゴードンキ
「ローズステークスの上位3頭は、ハイペースの利に乗っかって差してきただけでしょうがぁぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「キレすぎだろ 汗」



レッツゴードンキ
「子供がまだ食ってる途中でしょうがぁぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「田中邦衛 汗」



レッツゴードンキ
「ホトァルーー!!泣」


オウケンブルースリ
「それはゴッホさんだろ 汗」



レッツゴードンキ
「秋華賞もアタイがいただく。そして3冠達成!!!」


オウケンブルースリ
「・・・どこが3冠だ。オークスは見事に惨敗してただろ ボソッ」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「ごあぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「・・・オークスはかかったの。力負けじゃねえわ!この、おたんこナース!」



オウケンブルースリ
「・・む、むう・・。それはいいのだが、今、オレの後頭部を殴らなかったか? 頭痛」


レッツゴードンキ
「殴った」


オウケンブルースリ
「な、なんで殴った? 汗」



レッツゴードンキ
「・・・ドンキのようなもので殴りました」


オウケンブルースリ
「い、いや、そうじゃなくて、どうして殴ったのだ? 汗」



レッツゴードンキ
「だって!!オークスは見事に惨敗とか言うんだもん!ウキー!ブンブン 鈍器」


オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 危ない!鈍器のようなものを振り回すな! 汗逃」



レッツゴードンキ
「はぁー疲れた。シゲさん。鈍器のようなものをひとつ。・・・じゃなくて、ビールをひとつ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ 汗」



オウケンブルースリ
「・・・でもよお。おまえは、1800のローズステークスでも、引っかかって暴走逃げしてたろ?秋華賞はさらに距離が伸びて、2000だぜ?大逃げでもするつもりか?」


レッツゴードンキ
「『ドンキのような逃げ』で行きます」


オウケンブルースリ
「意味わかんねえし 汗」



レッツゴードンキ
「ミッキークイーンがまた出遅れて、馬群に包まれれば、こっちにもチャンスはあるっ 燃」


オウケンブルースリ
「他力本願 汗」



レッツゴードンキ
「前走の暴走で、ガス抜きができて、今回は折り合っていけるかもしれないっ 燃」


オウケンブルースリ
「・・うーん。でもさあ、おまえは日に日に気性が激しくなってるだろ?」


レッツゴードンキ
「そんなことない!アタイはいつもクールだわよっ!ウキー!ブンブン 鈍器」



オウケンブルースリ
「ほら!それ!汗 すぐキレるだろ!危ないからっ!鈍器のようなものを振り回すな! 逃汗」


レッツゴードンキ
「ウホッ!ウホーーイッ! 吠」


オウケンブルースリ
「か、完全にメスゴリラだな 汗」



レッツゴードンキ
「・・・はぁー・・ 落」


オウケンブルースリ
「む。急にテンション下がったな」



レッツゴードンキ
「・・・こうやって虚勢を張っているけど、本当は落ち込んでいるんだわよ・・ 落」


オウケンブルースリ
「ふーん」



レッツゴードンキ
「桜花賞を勝ったところまでは良かったんだけど、オークスとローズステークスは気性難が災いして惨敗・・・。このままでは流れ的に、秋華賞も・・・落」


オウケンブルースリ
「うーん」



レッツゴードンキ
「また失敗するんじゃないだろうか・・。そんな不安で、毎日夜も眠れないんだわよ・・・落」


オウケンブルースリ
「そっか・・」



レッツゴードンキ
「はぁー。失敗するのはつらいよ。。もうやめたい・・・落」


オウケンブルースリ
「うーん・・」



レッツゴードンキ
「・・・・ 落」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・成功者や、お金持ちは、なぜそのステージまで到達できたか?」


レッツゴードンキ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「『どーせ成功者は、才能があって、努力家だから成功したんだろ?』と思っている人が多いが、そうじゃねえ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「何かのジャンルで成功した人というのは、普通の人から見たら気絶しそうなくらいの『失敗』を積み重ねている」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「何かの道で頭角を現している人の日々の生活を見れば、『なんでそこまで失敗を続けるの?』と、こっちが引いてしまうほど、失敗を繰り返して前進していくのがわかる」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「逆に、あまり結果が出ていない人というのは、『1回の失敗』で、どっぷり落ち込んでしまい、戦う気力を失う」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人間の能力なんて大差ねえ。誰にだって何かしらの才能が必ずある」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「あとはその道を行く覚悟があるか。失敗と向き合う勇気があるか。何度失敗してもあきらめない忍耐力があるか。そこが結果の分かれ目となるだろうぜ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


レッツゴードンキ
「・・いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



レッツゴードンキ
「ありがとうございます。シゲさん。アタイ、1回や2回の失敗で心が折れてしまっていました」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



レッツゴードンキ
「秋華賞、頑張ってきます!そして失敗しても、また諦めずに頑張りたいと思います!応援しててくださいね!シゲさん!オウケンさん!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券買っとくぜ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



レッツゴードンキ
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・なんだろこれ・・DVD・・?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】ナースのお仕事シリーズ~ お注射、失敗しちゃいや~ん♪1回で入・れ・て♪』



レッツゴードンキ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケ・・」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「がぁはぁーっ!!汗・・・ バタッ・・ 倒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



レッツゴードンキ
「・・・シゲさん。失敗にとらわれず、前向きにがんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「・・・・ 倒」



  - つづく

サブコンテンツ