毎日王冠2015~ スピルバーグ『成功できない者が、口を揃えて言う言葉「そんなのわかってるよ」



◆毎日王冠2015


【スピルバーグ】

○Spielberg
○牡6
○父 ディープインパクト
○馬名 意味⇒ スピルバーグ監督より

==========



◆成功できない者が、口を揃えて言う言葉『そんなのわかってるよ』



≪ブエナ組 事務所にて≫



ペルーサ
「コンコン・・・ 姐さん!失礼しやす! 緊張」


ブエナビスタ
「・・・なんや 目鋭」



ペルーサ
「さ、3時のおやつに、じゃがりこをお持ちしやした! 汗」


ブエナビスタ
「・・・・ 目鋭」



ペルーサ
「ハッ!汗 姐さんが、こんな子供のお菓子など、食べやせんよね!汗 すいやせん! 汗」


ブエナビスタ
「・・いや・・もらおう」



ペルーサ
「は、はいっ!喜 では、フタを開けやすっ!」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「こ、このドスで、フタを開けやすっ! 刃光」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「う・・。手先が不器用だから、なかなかうまくカットできん・・ 汗汗」


ブエナビスタ
「・・ペルーサ、ドスではなく、手で開けろ」



ペルーサ
「い、いえ、この怖いもの知らずの若頭ペルーサ。ドスでやりやす! 汗汗」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「うぬぬー・・・。ここを・・こうこうこう・・ 汗汗」


ブエナビスタ
「・・ペルーサよ」



ペルーサ
「・・うぬー。もうちょっとで、じゃがりこのフタが・・・あっ!!汗汗」


ブエナビスタ
「ん?」



ペルーサ
「・・・ゆ、指を切ってしやいやしたっ!ピュー! 汗血涙」


ブエナビスタ
「・・・・ 汗」



ペルーサ
「あ、姐さん!汗 たすたす!タスケテー!コワイヨー! 汗血少」


ブエナビスタ
「・・・ちょっと切れただけやないか。怖いもの知らずやないんか 汗」



ペルーサ
「ああっ!!汗 しかも!姐さんの、じゃがりこに血がついてしやいやしたっ! 汗」


ブエナビスタ
「・・・さっきから、おまえの汗と涙も、垂れ流しや。もはや食えんぞ 汗」



ペルーサ
「はうっ!!汗汗 すすす、すいやせんっ!汗 かかか、かくなる上は・・! 汗」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「ゆゆゆ、指を!詰めやす!汗汗」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「こ、この小指でオトシマエ!オトシマエをっ!!汗汗」


ブエナビスタ
「・・・ペルーサよ」



ペルーサ
「オト!オト!オトシマエ!ヲウッ!!汗汗」


ブエナビスタ
「ペルーサ」



ペルーサ
「オト!オト!オトーチャン!イツマデトイレニハイッテンノー!!ガッコーチコクシチャウー!汗汗」


ブエナビスタ
「・・・・汗」



ペルーサ
「オト!オト!オトーチャン!トイレガジュウタイーー!!汗汗」


ブエナビスタ
「・・ペルーサ。トイレは渋滞しとらん」


ペルーサ
「シトラン?」



ブエナビスタ
「・・お前の指もろてどうするんや」


ペルーサ
「は、はいっ 汗 すいやせんっ 汗汗」



ブエナビスタ
「・・・そない簡単に、落とし前やら言うなや・・ 怒」


ペルーサ
「すすす、すいやせんっ! 震」



  コンコン
  ガチャ



メガネの男
「ちーっす!」


ペルーサ
「オウオウ!!誰じゃワレァー!!怒 姐さんのお部屋に勝手に入るんじゃねえ!この野郎!ブチころっぞ!オラァー! 怒」



メガネの男
「こ、こわー 汗」


ペルーサ
「出て行け!オラァー! 怒」



ブエナビスタ
「・・・ペルーサ。ええんや」


ペルーサ
「は?」



ブエナビスタ
「・・・なんでメガネや 苦笑」


スピルバーグ
「姐さん。ご無沙汰しています 眼鏡取」



ペルーサ
「オウ。スピルバーグだったんかい。なんじゃあ、そのメガネは」


スピルバーグ
「若頭、ご無沙汰っす。メガネは、スティーヴン・スピルバーグが使っていた、激レア物っす」


ペルーサ
「オ、オウ 汗」



スピルバーグ
「・・・・ 指」


ペルーサ
「ん?なんじゃあ、指なんか向けて。オウ?」



スピルバーグ
「・・・ET 指」


ペルーサ
「な、なんじゃあ? 汗」



スピルバーグ
「・・・スピルバーグ監督といえば、やはりET。さあ、若頭・・・ 指」


ペルーサ
「オ、オウ 汗 ・・・指」


ブエナビスタ
「・・・・汗」



ペルーサ
「オウ。スピルバーグよう。毎日王冠は、かなりハイレベルなメンバーじゃが、負けは許さんぞ。コラ 睨」


スピルバーグ
「は、はい 汗 でも58キロなんすよ 汗」



ペルーサ
「そんなもん関係あるか。お前はここをしっかり勝って、秋の天皇賞で、ワシとワンツーを決めるんじゃ。秋天はブエナ組のワンツーじゃあー!!叫」


スピルバーグ
「は、はいっ! 汗」



ブエナビスタ
「・・・ペルーサよ」


ペルーサ
「オス!」



ブエナビスタ
「・・・ワンツーはいいが、お前は秋の天皇賞に出るための、賞金が足りているのか?」


ペルーサ
「え? 汗」


スピルバーグ
「あ 汗」


ブエナビスタ
「・・・・ 目閉」



ペルーサ
「と、とにかく!お前は、ブエナ組の看板を汚すなよ!わかったか!コラ! 睨」


スピルバーグ
「は、はいっ! 汗」



ペルーサ
「お前とは、同じ藤沢厩舎。そして同じオーナーだから勝負服も同じ水色。目ぇかけてやっとるんじゃあ」


スピルバーグ
「ありがたいっす!」



ペルーサ
「お前は、東京コースは【6-1-3-1】と完璧。唯一の惨敗は、ノリ氏のヤラズが発動した、ダービーだけじゃあ」


スピルバーグ
「ヤ、ヤラズ発言は、まずいっす!若頭! 汗」



ペルーサ
「お前はなぁ、能力は超一流なんだが、ちょっと優しすぎるところがある」


スピルバーグ
「は、はいっ! 汗」



ペルーサ
「追い込みを決めるときは、他馬を蹴散らしてこいや!」


スピルバーグ
「は、はい 汗」



ペルーサ
「他馬に遠慮するな!何度も言っとるじゃろうがぁ! 怒」


スピルバーグ
「は、はい・・。わかってはいるんですが、「自分を変える」というのは、なかなか難しく・・ 汗」



ペルーサ
「あぁっ!? 怒」


スピルバーグ
「す、すいません 汗」



ペルーサ
「はぁー。姐さんからも、何か言ってやってください。オス! 頭下」


ブエナビスタ
「・・・・ 目鋭」


スピルバーグ
「・・・・ 汗」



ブエナビスタ
「・・自分を変えたいのに、変えられんのか?スピルバーグよ」


スピルバーグ
「は、はい 汗」



ブエナビスタ
「ふむ・・」


スピルバーグ
「・・・・ 汗」



ブエナビスタ
「・・・『知識として分かっている』ことと、『実際に行動できている』ことは、似て非なるもの・・」


スピルバーグ
「え?」



ブエナビスタ
「・・この平成の世の中、本屋に行けば、大量の成功法則本が、山積みにされている」


スピルバーグ
「・・・・」



ブエナビスタ
「だが、多くの人は、今の自分自身に納得がいかず、苦悩している」


スピルバーグ
「・・・・」



ブエナビスタ
「これほど大量の成功法則本が出回っているのに、なぜ多くの人は成功できないのか?」


スピルバーグ
「・・・・」



ブエナビスタ
「・・・それは、知識として分かっているだけで、行動が何も変わっていないからや」


スピルバーグ
「・・・・」



ブエナビスタ
「例えば・・」



 ⇒『成功法則は、無駄な時間を排除する…か。なるほど!これで自分も成功者だ!・・・さて、本を読んで疲れたから、とりあえずお昼寝しよう Zzz・・』


 ⇒『成功法則は、怒りの感情をコントロールして消すこと…か。なるほど!これで自分も成功者だ!早速実践しよう!・・・ドンッ!・・・オイ!肩ぶつけといて謝らんのかいっ!コラ! 怒』



ブエナビスタ
「・・・これは笑い話ではない。多くの人が、成功法則を知識として持っていながら、それを全く行動に移せていないのや」


スピルバーグ
「・・・・」



ブエナビスタ
「人間の行動というのは、自分の意志で行われているものではない。潜在意識によって、自動的に行動は選択されている」


スピルバーグ
「・・・・」



ブエナビスタ
「だから、行動を変えて、人生を変えるには『潜在意識に刷り込む必要がある』のや」


スピルバーグ
「・・・・」



ブエナビスタ
「それすなわち『反復して脳にインプットすること』、何度も何度も繰り返し、脳に刷り込んだことだけが、新しい行動となる」


スピルバーグ
「・・・・」



ブエナビスタ
「もしおまえに、「こうなりたい自分」があるなら、ノートに書いて何度も読め。紙に書いて壁に貼っておけ。何度も何度も脳に刷り込まなければ、いつまでたっても人生は変わらないやろう」


スピルバーグ
「・・・・」



ブエナビスタ
「成功できない者が、口を揃えて言う言葉は、『そんなのわかってるよ』・・・だ」


スピルバーグ
「・・・・」



ブエナビスタ
「フッ。まあこれは、私の考えや。押し付けるつもりはない。あとは好きにしたらええ」


スピルバーグ
「・・・・」


ブエナビスタ
「・・・・」



スピルバーグ
「・・心に響きました・・」


ブエナビスタ
「・・・・」



スピルバーグ
「・・自分は、わかってるつもりだった・・。でも、頭で分かっているだけで行動しないなら、何も知らないのと同じなんですね」


ブエナビスタ
「フッ。そうかもしれんな」



スピルバーグ
「ありがとうございます!姐さん!エプソムカップ、頑張ってきます! 燃」


ブエナビスタ
「いや、毎日王冠な 汗」



スピルバーグ
「似たようなものなんで、どっちでもいいっす!・・・ん?こんなところに、じゃがりこが。おいしそうっす!いただきまーす! モグモグ」


ブエナビスタ
「あ」



スピルバーグ
「・・・ん?なんだか湿ってますね、このじゃがりこ。濡れせんべいみたいな感じの新製品ですか? モグモグ」


ブエナビスタ
「・・ペ、ペルーサ汁や・・」


スピルバーグ
「は?」



ブエナビスタ
「・・・ペルーサの、血と汗と涙に、漬け込んだもんや」


スピルバーグ
「ブフゥゥーーッ! 吹」



ブエナビスタ
「・・・け、健康に悪影響はない。・・と思う 汗」


スピルバーグ
「ぎ、ぎいやぁぁぁーーー!!!涙爆走」



  - つづく

サブコンテンツ