スプリンターズS2015~ ティーハーフ『他者の欠点は、見れば見るほど自分の方がダメになっていく』



◆スプリンターズステークス2015


【ティーハーフ】

○Teehaff
○牡5
○父 ストーミングホーム
○馬名 意味⇒ Tee(T字型の)とHaff(ドイツ語の潟)からの造語

==========



◆他者の欠点は、見れば見るほど自分の方がダメになっていく



≪喫茶店にて≫



ショウナンマイティ
「オレたちは、チーム殿一気(しんがりいっき)」


ウインバリアシオン
「おう。『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」



ショウナンマイティ
「先行策なんざ、力なき者の小細工にすぎねえ」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道をゆくのが男の美学」



ショウナンマイティ
「ウサイン・ボルトは、距離が 100mしかなくても追い込む」


ウインバリアシオン
「おう。奴もまた、男の中の男」



ショウナンマイティ
「男は黙ってシンガリ一気」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』」



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「おうよ。泣く子も黙り、吠えるドーベルマンも、おなかを見せる愚連隊」



ショウナンマイティ
「男の中の男。それが『チーム殿一気』」


ウインバリアシオン
「おうよ。男らしさだけが、チームのアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、喫茶店のソファーに土足で、う●こ座り(ヤンキー座り)する 土足」


ウインバリアシオン
「おうよ。傍若無人は勇気のしるし 土足」



ウェイトレス翔子
「・・あ、あの・・申し訳ございませんが・・他のお客さまのご迷惑となりますので・・ソファーに土足は・・ 震」


ウインバリアシオン
「あぁっ?! 睨」


ウェイトレス翔子
「ひぃっ!! 汗」



ウインバリアシオン
「・・ねぇちゃんよぉ・・」


ウェイトレス翔子
「は、はい・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・・」


ウェイトレス翔子
「・・・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・スマン。土足はやめる」


ウェイトレス翔子
「え?」



ショウナンマイティ
「チーム殿一気は、男の中の男。・・男は、自分が間違っていると気づいたら潔く謝り、新しい価値観を受け入れる」


ウインバリアシオン
「おう。安いプライドにしがみつき、自分の考えに固執するのは小物の証」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』」


ウェイトレス翔子
「・・・素敵・・ 惚」



ウインバリアシオン
「おう。ねぇちゃん。熱々のエビドリアはまだか?」


ウェイトレス翔子
「あ、はい。お持ちしました。こちら熱々のエビドリアになります。大変お熱くなっておりますので、フーフーしてお召し上がりください」



ウインバリアシオン
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。フーフーなんざ、女子供のやること」


ショウナンマイティ
「そう。どんなに熱くても、熱いとか言わないのが男の花道。間違っても言うなよ?熱いとか。絶対言うなよ?」



ウインバリアシオン
「あたりめえよ。・・バクッ・・・。あぁーちゃちゃちゃちゃーー!!汗汗」


ショウナンマイティ
「フッ。ダチョウ倶楽部ばりのフリが、男の花道」


ウインバリアシオン
「そう。笑いのためなら、体の苦痛もなんのその。それが男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』」


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ショウナンマイティ
「例えば、チーム殿一気が、上りのエスカレーターに乗ったとき」


ウインバリアシオン
「おう。上を見ると、左にミニスカ女子大生。そして右には、パンチパーマのミニスカおばちゃんがいる」



ショウナンマイティ
「そう。この場合、チーム殿一気はあえて、右のパンチパーマおばちゃんのパンチラを狙う」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて危険に立ち向かうのが男の証」



ショウナンマイティ
「そしてもし、パンチパーマおばちゃんの、毛糸のパンツが見えてしまった時は、オウンゴール」


ウインバリアシオン
「おう。美しい女子大生のパン●ィーより、おばちゃんとのハイリスクノーリターンな勝負を望むのが、男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』」



ショウナンマイティ
「さあ。今日も、迷える子羊が現れたようだぜ」


ウインバリアシオン
「おう。そのようだな」



≪隅っこの席にて≫



ティーハーフ
「はぁー。今週はついに、G1のスプリンターズステークス・・。夏の勢いでここまで来たけど、ききき、緊張するなぁ 汗」


ウインバリアシオン
「おう。兄ちゃん ドカッ 座」


ショウナンマイティ
「悩み事か? ドカッ 座」



ティーハーフ
「で、出た!汗 また、あなたたちですか?汗 カツアゲ?お金なら持ってません! 汗震」


ショウナンマイティ
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。カツアゲなど卑怯者のやること」



ウインバリアシオン
「おうよ。むしろ俺達が、お前のエビフライ定食代も払ってやる。伝票よこせ」


ティーハーフ
「マ、マジすか 汗」



ウインバリアシオン
「おう。お前の事は、調査済みだ」


ショウナンマイティ
「・・・ティーハーフ。短距離戦でも、最後方から追い込む、男の中の男スタイル」


ティーハーフ
「い、いや、前走のキーンランドカップは、脚をためすぎて差し負けたので、今回は少し早めに仕掛けていく予定で・・」



ウインバリアシオン
「ダメだ。スプリンターズステークスも、4角最後方で周ってこい」


ティーハーフ
「む、無理ですよ!汗 中山芝1200は先行有利で、スプリンターズステークスも過去10年で、4角先頭の馬が、4勝もしてるんですよ! 汗」



ウインバリアシオン
「ウサイン・ボルトは、100m走でも追い込む」


ティーハーフ
「ボルトじゃないですもん 汗」



ウインバリアシオン
「『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」


ティーハーフ
「ボク、チーム殿一気じゃないですもん 汗」



ウインバリアシオン
「弱気になるな。俺たちは男の中の男」


ティーハーフ
「い、いや、そりゃーあなたたちは強くて男らしいかもしれないけど、僕は欠点ばかりなんです 落」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「・・自信がない・・。こうなったら、他のライバルたちの欠点を探してみよう・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「・・えーと、人気どころは牝馬3頭か。ベルカントは夏のローカルで稼いだけど、中山は未知数・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「ウリウリとストレイトガールは、能力上位も、前走のセントウルステークスでは、人気薄の3歳馬に逃げ切られるという、体たらく」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「ハクサンムーンとミッキーアイルは、逃げるんだか逃げないんだか、よく分からない、B級逃げ馬」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「ふむふむ。よく考えてみると、能力上位馬にも不安要素が色々とあるじゃないか 喜」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「他人の欠点を見ていくと、なんだか安心だ!みんなエラソーにしてるけど、ツッコみどころ満載だし!こうやって人の悪口言ってると、超ウケる! 笑」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「ね?チーム殿一気のお二人も、そう思いませんか? 喜」


ウインバリアシオン
「・・・・」


ショウナンマイティ
「・・・・」



  バキッ! 拳



ティーハーフ
「ぐはぁーー!!泣」


ウインバリアシオン
「・・・・ 拳」



ティーハーフ
「・・い、痛いっ!泣 何するんですかっ! 泣」


ウインバリアシオン
「・・おい、小僧・・ 睨」


ティーハーフ
「ひいっ! 泣」



ウインバリアシオン
「・・・男だったらな、他人の欠点をあげつらって、自分が安心しようなんて、卑怯な事を考えるな」


ティーハーフ
「え・・」



ウインバリアシオン
「他人の欠点をツッコんだり、他人のダメな部分を笑ったりすれば、相対的に自分の価値が上がったように『錯覚』できるからな。安心するんだよ」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だから、他人の悪口や欠点を言えば言うほど、自分の価値が上がったように思える(錯覚)」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だがな。それはすべて錯覚で、本当は自分の価値なんか、ひとつも上がっちゃいねえんだ」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「悪口は、麻薬と同じ。現実の苦しみから目をそらし、妄想の幸せを得ているだけだ」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「悪口の快感に酔っている者は、いつかその夢から覚めたとき、本当の自分の価値の低さに愕然とするだろう」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だから、チーム殿一気は、人の悪口は言わない」


ショウナンマイティ
「そう。常に自分の弱さと向き合い、苦しみ、それを乗り越えようとする。それが男の生きる道」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・・フン。まあこれは、あくまで俺たちの思想。押しつけるつもりはない。邪魔したな。エビフライ定食代は払っておいてやる。じゃあな」


ショウナンマイティ
「じゃあな」



ティーハーフ
「あ・・。あの・・」


ウインバリアシオン
「なんだ」



ティーハーフ
「・・・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「・・ありがとうございました・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」


ティーハーフ
「自分は、まだまだ男気が足りませんが、チーム殿一気の熱い思い!心に響きました!」



ウインバリアシオン
「おう。俺たちの名は『チーム殿一気』。名乗るほどの者ではない」


ショウナンマイティ
「おうよ。名乗っちゃってるぜ」



ウインバリアシオン
「最近の世の中は、まっすぐに生きることより、打算的で、小手先的で、こざかしく生きる方が得だという風潮がある」


ショウナンマイティ
「俺たち『チーム殿一気』は、そんな世の中に警鐘を鳴らすべく組織された、男気軍団」



ウインバリアシオン
「あえて損の道を行く。それが、チーム殿一気」


ショウナンマイティ
「それが極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「それが男のアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「風が、オレたちを呼んでいる」


ウインバリアシオン
「おうよ。歩み続けよう。誰に馬鹿にされようとも」



ショウナンマイティ
「それが男の生きる道」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」



二人
『チーム殿一気!!』」



  - つづく

サブコンテンツ