◆キーンランドカップ2011予想⇒カレンチャン⇒慎重すぎるのは悪



【カレンチャン】

○Curren Chan
○馬名 意味由来⇒ 冠名+愛称
○4歳 女性
○父クロフネ
○レース間隔 : 8週
○調教師2011順位:8位
○総合 6-2-1-1の安定感
○芝1200m 4-1-1-0 完璧
○札幌未経験も、函館は2戦2勝で洋芝モーマンタイ
○京都で準オープンを圧勝後、いきなりのG2阪神牝馬Sも制覇
○前走は気合乗りイマイチ&4角で外を回ったにも関わらず差し切り
○重賞連勝。充実一途。



◆慎重すぎるのは悪



≪美容室にて≫



カランカラン~



カレンチャン
「こんにちはー」


美容師トオル
「はーい♪いらっしゃーい♪あら初めての子ね♪」



カレンチャン
「は、はい 照 勇気を出して来てみました 照 今日は宜しくお願いします! 照」


美容師トオル
「いや~ん♪そんなに緊張しなくていいのよ~♪さ、そこに座ってね♪」



カレンチャン
「はい・・・あ・・・フラッ」


美容師トオル
「ちょ、ちょっと!アナタ!なんかフラフラしてるわよ? 汗」



カレンチャン
「・・・めまいが・・・」


美容師トオル
「か、可憐だ・・・汗」



カレンチャン
「・・・よいしょっと。はい。お願いします」


美容師トオル
「はーい♪じゃあ今日はどんな感じにする?」



カレンチャン
「えっとぉ・・・ど、どんな感じが似合いますかね? 照」


美容師トオル
「そうねえ。カレンチャンは可憐だから、可憐な感じがいいと思う♪」


カレンチャン
「た、例えば?」



美容師トオル
「そうね・・・アグネスチャンみたいにしてあげる♪」


カレンチャン
「ア、アグネスってよく知らないんですケド 汗」



美容師トオル
「チャンカワイみたいにしてあげる♪」


カレンチャン
「そ、それは可憐か? 汗」



美容師トオル
「ポン村上みたいにしてあげる♪」


カレンチャン
「い、いやだから、あの・・・汗」



美容師トオル
「チャン・グンソクみたいにしてあげる♪」


カレンチャン
「ぜ、前回と同じじゃないですか 汗」



美容師トオル
「違うわ。前回はチャン・ドンゴンよ」


カレンチャン
「・・・・汗」



美容師トオル
「さあ、どれにするぅ?」


カレンチャン
「て、てゆーかトオルさん!男ばっかりなんですけど!汗」



美容師トオル
「だってアタシ、男の方が好きだもん♪」


カレンチャン
「・・・・汗」



美容師トオル
「もー♪カレンチャンはマジメなのね♪」


カレンチャン
「・・・・汗」



美容師トオル
「・・・あ。ところでさあ、カレンチャンは、そこのラーメン屋、もう行った? チョキチョキ」


カレンチャン
「ラーメン?」



美容師トオル
「そうそう♪イタリアンレストラン・ガンダーラの向かいのラーメン屋よ♪ チョキチョキ」


カレンチャン
「ガ、ガンダーラを知りません 汗」



美容師トオル
「ガンダーラは、シェフ川越の店よ♪」


カレンチャン
「マ、マニアな読者にしかわからないのでは 汗」



美容師トオル
「シェフ川越ってカッコイイわよねえ♪アタシ、アタックしちゃおうかしら♪」


カレンチャン
「・・・・汗」



美容師トオル
「ハッ!汗 今はラーメン屋の話だった! 汗」


カレンチャン
「・・・・汗」



美容師トオル
「で、ラーメン屋、行った?」


カレンチャン
「い、いえ。私は慎重派なので、食べログとかで口コミなどを全部読まないと行かないんです」


美容師トオル
「ふーん」



カレンチャン
「それに、行列ができてないと行かないんです。行列ならおいしいってことでしょ?」


美容師トオル
「・・・・ チョキチョキ」



カレンチャン
「だって、行ってみてマズかったら、イヤじゃないですか」


美容師トオル
「・・・・ チョキチョキ」



カレンチャン
「ね?トオルさん」


美容師トオル
「・・・まあそうねえ。でもラーメンってのは好みだからね。評判良くても自分に合うかどうかでしょう?」


カレンチャン
「ええ、まあ」



美容師トオル
「それにラーメン屋によっては、たまに、サクラな行列もあるしね」


カレンチャン
「・・・サグラダファミリア?」


美容師トオル
「ゆってねえよ! 怒」



カレンチャン
「とにかく私は慎重派だから、軽率な行動はしないようにしてるんです」


美容師トオル
「ふーん。固いわねえ」


カレンチャン
「そうなんです! 喜」



美容師トオル
「じゃあディズニーランドのミッキーとかも、見たことないの?」


カレンチャン
「・・・傷を負ったカントとロッキー?」



美容師トオル
「だからゆってねえしっ!!怒 なんでカントはケガしてんだよっ!!怒 ディズニーランドのミッキーだぁぁーー!!怒」


カレンチャン
「ああ。ディズニーランドは行ったことありません」


美容師トオル
「行けば?」



カレンチャン
「だって混んでるってウワサだし、人混みで立ちくらみがしたら怖いじゃないですか」


美容師トオル
「うーん。アンタは可憐だからねえ」



カレンチャン
「慎重派の私に、ディズニーランドはまだ早いんです」


美容師トオル
「ふーん・・・じゃあカレンチャンは、好きな人とかいないの?」


カレンチャン
「・・・ふきのとう?」



美容師トオル
「ゆ、ゆってねえってマジで!!怒 好きな人とかいるのかコラァァーー!!怒」


カレンチャン
「・・・す、好きな人だなんて・・・照」


美容師トオル
「・・・照れんな 怒」



カレンチャン
「・・・い、一応・・・照」


美容師トオル
「ほー。デートとかしてんの?」



カレンチャン
「デデデ、デートだなんて!汗汗」


美容師トオル
「なんで?」



カレンチャン
「だ、だってデートに誘って、断られたら終わりじゃないですか! 汗」


美容師トオル
「なんで?」



カレンチャン
「だって!断られるなんて!ムリ! 汗」


美容師トオル
「どうして?別に愛の告白するわけじゃないんだから、断られたっていいじゃん」


カレンチャン
「ム、ムリ! 汗」



美容師トオル
「断られたら、「じゃあまた今度ね~♪」って言って去ればいいじゃん。関係は何も変わりはしない」


カレンチャン
「・・・・」



美容師トオル
「というか、それキッカケで次の約束の、呼び水チックな展開になるかもしれないじゃん」


カレンチャン
「・・・・」



美容師トオル
「最初から誘わなければ、傷つかない代わりに、なんの進展もないわけでしょ?」


カレンチャン
「・・・・」



美容師トオル
「カレンチャンは慎重派だから、行動をためらうのかもしれないけど、慎重すぎるのは無謀より悪だったりするものよ」


カレンチャン
「・・・・」



美容師トオル
「人生を振り返って、何も思い出がないことほど、悲しいことはない」


カレンチャン
「・・・・」



美容師トオル
「大体、人生なんて失敗して傷ついて、反省および学習して、その繰り返しで、人としてのスケールアップをしていくわけでしょう?」


カレンチャン
「・・・・」



美容師トオル
「人生は、思うより短い・・・いつかやろうと思ってたら、タイミングを逃しちゃうことって、たくさんあると思う」


カレンチャン
「・・・・」



美容師トオル
「色々やってごらんなさい。カレンチャン。あなたはまだまだ若いんだから♪」


カレンチャン
「・・・はい 泣」



美容師トオル
「・・・ごめんね。アタシ、言葉がキツくて」


カレンチャン
「いえ・・・」


美容師トオル
「・・・・」



カレンチャン
「・・・考えてみれば、今日、勇気を出してここに来なければ、このお話を聞くこともなかった・・・」


美容師トオル
「・・・・」



カレンチャン
「ひとつの勇気が、いくつもの行動を呼ぶんですね・・・」


美容師トオル
「そうね・・・」



カレンチャン
「ありがとうございました!私、これからは、いろんなことに挑戦していきたいと思います!」


美容師トオル
「ふふっ」



カレンチャン
「日曜のキーンランドカップ、応援しててくださいね!」


美容師トオル
「がんばってきなさい♪」


カレンチャン
「はい!喜 では失礼します!」



バタン



カレンチャン
「うんうん!いいお話を聞けた!がんばろう!・・・あ、そういえば髪型はどうなったんだっけ・・・えーと、あそこのカガミで・・・」



チラッ



カレンチャン
「はうっ!!汗 ポン村上になってるっ!!泣 やっぱり今日、この店に来なければよかった~! 泣」



– つづく –

サブコンテンツ