セントウルS2015~ ウリウリ『人生は、自分に合った適所を探す旅だ』



◆セントウルステークス2015


【ウリウリ】

○Uliuli
○牝5
○父 ディープインパクト
○馬名 意味⇒ ハワイの楽器名

==========



◆人生は、自分に合った適所を探す旅だ



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「夏競馬も終わって、いよいよ今週から秋の中央開催が始まりますねー。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「秋競馬でドカンと儲けて、この店のツケを一括払いしちゃうぞ!オー! 拳」


焼き鳥屋 店主シゲ
「い、今払ってくだせえ 汗」



オウケンブルースリ
「今週は、スプリンターズステークスの前哨戦、セントウルステークスか。開幕週の1200mってことで、過去の勝ち馬は先行馬ばっかりですねー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「今回も差し馬は要らねえか。となると軸は・・」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


ウリウリ
「ちょっと待ちな」


オウケンブルースリ
「ん?」



ウリウリ
「・・開幕週だから前残り?そんなの関係ないね」


オウケンブルースリ
「・・・・」


ウリウリ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・小島よしお?」


ウリウリ
「それは『ソンナノカンケーネ』」



オウケンブルースリ
「柴田恭兵?」


ウリウリ
「関係ないねっ 銃」



オウケンブルースリ
「おー。あぶない刑事。ネタが古いぞ。チミ」


ウリウリ
「アンタが振ってきたんでしょうが 汗」



オウケンブルースリ
「つーか、おまえ誰?」


ウリウリ
「ふっ。ホントは知ってるくせにぃ~。うりうり~ 肘」


オウケンブルースリ
「ヒ、ヒジでうりうりすんな 汗」



ウリウリ
「そう!ディープインパクト産駒、初のスプリント重賞制覇!前走のCBC賞で、その記録を成し遂げた謎の美女!それがワタシ! 喜」


オウケンブルースリ
「あれ、シゲさん。ちょっとヒゲの形変えた?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。秋用にイメチェンだぜ」



ウリウリ
「き、聞けやぁぁーー!!怒 つーか、秋用のヒゲってなんだぁー! 怒」


オウケンブルースリ
「うるせえなあ。聞いてるよ」



ウリウリ
「今のスプリント界は、あまりにも手薄っ!ワタシは、そんなスプリント界に舞い降りた天使なのですっ 喜」


オウケンブルースリ
「・・剣士?」


ウリウリ
「・・・安心せい。みね打ちじゃ。・・・いや剣士じゃねえっ!天使だっ! 怒」



オウケンブルースリ
「だからさぁ、阪神コースは開幕週だから、前残りなんだって」


ウリウリ
「ソンナノカンケーネ!」


オウケンブルースリ
「関係ある 汗」



ウリウリ
「前々走の安土城ステークスでは、高速馬場でレコード勝ちしたワタシ!」


オウケンブルースリ
「あの時は、前潰れの流れだっただろ。1400だし」



ウリウリ
「その前の、阪神牝馬ステークスでは、完全なる前残りを、後方から強襲!!」


オウケンブルースリ
「届かず3着だっただろ 汗」



ウリウリ
「今回は強力な先行馬もいない!」


オウケンブルースリ
「ハクサンムーンがめっちゃ強力先行馬なんですけど 汗」



ウリウリ
「ハクサンムーンは阪神コースが苦手に違いない!」


オウケンブルースリ
「ハクサンムーン。阪神1200は↓」


◆3-1-0-0



ウリウリ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ウリウリ
「・・・ウ、ウリウリィィィィィ!! 叫」


オウケンブルースリ
「発狂すんな 汗」



ウリウリ
「シゲさん!ウリとなすの煮物を!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ウリウリ
「ウリは2つ入れて!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ウリウリな。あいよっ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ウリウリ
「・・・はぁー 落」


オウケンブルースリ
「げ、元気出せって 汗」



ウリウリ
「・・・もともと私は、2000mの秋華賞にも出てて、中距離でやっていこうと思ってた。ディープ産駒だし」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ウリウリ
「でも、なかなかうまくいかない時期があって、迷走して迷走して、転がり続けてこんなとこにたどり着いた・・」


オウケンブルースリ
「尾崎豊 汗」



ウリウリ
「いつになれば俺は這い上がれるだろう!シェリー!ウリウリィィィィィ!! 泣」


オウケンブルースリ
「お、落ち着け!シェリー! 汗」



ウリウリ
「ああ…。一貫してないワタシ・・。フラフラしてるダメ女・・ 落」


オウケンブルースリ
「そ、そんなことないって 汗」



ウリウリ
「いいの・・。フラフラしててダメ女だって、自分でわかってるの・・ 落」


オウケンブルースリ
「シ、シゲさん 汗 なんか言ってやってください 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・人生は、自分に合った適所を探す旅だ」


ウリウリ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・客観的に見て、どう考えてもダメ人間にしか見えない者にも、必ず、そいつが輝ける場所が存在している」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「たとえ、今いる場所で輝けていなくても、そんな事は大した問題じゃねえ」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「すべての人間(馬)は、その人間特有の、世界に1人だけの『才能バランス』を持って生まれている」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それなのに、世の中で評価される価値観は、いつまでたっても限定的だ」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「例えば現代社会は、勉強ができるか、野球やサッカーが得意か、サラリーマンとしての能力が高いか・・・。この辺に才能がある者は評価されやすい。一方で、この辺の才能に恵まれなかった者は、憂鬱にさせられることが多くなる社会だ」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからよ。人からの評価なんか気にしなくていい」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「大切な事は、自分が輝ける場所はどこか?自分はどんな才能を与えられたのか?自分の適所はどこにあるのか?・・・これを試行錯誤しながら探していくことなんだぜ」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人間関係もそうだ。今、自分がいる場所で、うまく人間関係が築けていなくても、相手が変われば、楽しい人間関係になることも多いんだぜ」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから、一貫してなくてもいい。道を間違えながら、傷つきながら、それでも笑って元気に次の道を探す」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それこそが、かっこいい生き方だと、俺は思うんだぜ」


ウリウリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な」


ウリウリ
「・・・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ウリウリ
「いえ・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ウリウリ
「心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



ウリウリ
「・・ワタシ、みんなが評価してくれる道で結果を出すことが、人生の目標だと思ってた・・。今、目の前にある道しか見えてなかった・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ウリウリ
「でも違う。メジャーな道は選択肢の1つに過ぎない。人生はそんなに窮屈じゃない」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ウリウリ
「そうですよね!シゲさん!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



ウリウリ
「ありがとう、シゲさん。迷いが吹っ切れました。ワタシはワタシだけの道を、元気に歩いていきたいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


ウリウリ
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、自分の才能に合った道。自分の好みの道。それこそが自分だけの『目指す場所』ってことだな」


ウリウリ
「はい!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



ウリウリ
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】究極のコスプレAV!あなた好みの、あなただけが目指すコスプレがここにあるっ!!』



ウリウリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


ウリウリ
「・・・シゲさん。セントウルステークス、がんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ