新潟記念2015~ アヴニールマルシェ『自分を大切にしてくれる人をこそ、大切にするべし』



◆新潟記念2015


【アヴニールマルシェ】

○Avenir Marcher
○牡3
○父 ディープインパクト
○馬名 意味⇒ 未来への行進

==========



◆自分を大切にしてくれる人をこそ、大切にするべし



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「うわぁーい!レナたん、久しぶりー! 走」


No.1キャバ嬢レナ
「あー♪オウケンたんだぁ~♪お・ひ・さ♪うふっ」



オウケンブルースリ
「レレレ、レナたん!チュウチュウ~~!!んー! 唇尖」


No.1キャバ嬢レナ
「ダーメ♪当店は、チュウは禁止だじょー♪ 指止」



オウケンブルースリ
「いいじゃんかー!ちょっとだけ!ね?ね? ハァハァ!」


No.1キャバ嬢レナ
「ちょ、ちょっと待って 汗 ・・あれ?そちらの若いイケメンさんは?」


アヴニールマルシェ
「・・・・ 渋」



オウケンブルースリ
「ああ。コイツは藤沢厩舎の期待馬、アヴニールマルシェだ。今週の新潟記念に参戦するっていうから、景気づけに連れてきたんだよ」


No.1キャバ嬢レナ
「そうなんだぁー。レナですっ♪よろしこ♪」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「あ、あれ 汗 寡黙なタイプなのかなっ 汗」


アヴニールマルシェ
「・・・オウケンさん」


オウケンブルースリ
「ん?」



アヴニールマルシェ
「俺やっぱ、こういう店の女は、好きになれないっすよ」


オウケンブルースリ
「なんでよ?」



アヴニールマルシェ
「・・だってこんな女、どうせ腹黒いっしょ? 苦笑」


オウケンブルースリ
「な、なぬー!怒 オレのレナたんに何を言うか!鉄拳をくらえっ! 拳」



  ブンッ(避)



アヴニールマルシェ
「うわっ!汗 アヴニーな! 汗 何するんですか!」


オウケンブルースリ
「え?」


アヴニールマルシェ
「ん?」



オウケンブルースリ
「・・・今、なんて言ったのよ?」


アヴニールマルシェ
「何するんですかって」



オウケンブルースリ
「いや、その前」


アヴニールマルシェ
「特に何も言ってませんけど」



オウケンブルースリ
「ゆったよね? 汗」


アヴニールマルシェ
「ゆってません」



オウケンブルースリ
「『何するんですか』の前に何て言った?」


アヴニールマルシェ
「・・・アヴニーな」



オウケンブルースリ
「はいそれ! 汗」


アヴニールマルシェ
「え?オウケンさんが拳を振り回すから、危ねえな(アヴニーな)って意味ですよ?」


オウケンブルースリ
「むう 汗 微妙に腹立つな 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえねえ、お二人とも水割りでいいでちゅかぁ? 唇艶」


オウケンブルースリ
「いいでーす! 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「アヴたんも、水割りでいいでちゅかぁ? 微笑」


アヴニールマルシェ
「ア、アヴたん? 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「じゃあコレ、アヴたんの水割りねっ。・・・あっ!手が滑っ・・」



  ガッチャーン!



アヴニールマルシェ
「お、おいコラ!汗 グラスの破片がアヴニーな!汗 何すんだ!このアマ! 怒」


No.1キャバ嬢レナ
「ごごご、ごめんちゃーい! 汗」



オウケンブルースリ
「はっはっは。いいよレナたん 笑」


アヴニールマルシェ
「よくねえわっ! 怒」



No.1キャバ嬢レナ
「ごめんなさい・・。ズボン濡れちゃったね・・。フキフキ」


アヴニールマルシェ
「・・・・ 照」



オウケンブルースリ
「うおおー!うらやましいぞ!アヴ! 汗」


アヴニールマルシェ
「い、いや、俺もガチギレしてんすよ・・ 喜」


オウケンブルースリ
「喜んでんじゃねえか 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえねえ、アヴたんは、3歳なのに古馬相手の新潟記念に出るのぉ? フキフキ」


アヴニールマルシェ
「あ、ああ。藤沢先生が、レース条件が合うってことで参戦を表明してな 照」



オウケンブルースリ
「ケッ。おまえさあ、デビュー戦以来、勝ち星がないけど、大丈夫なのかよ?」


アヴニールマルシェ
「ふっ。負けたとは言え、どのレースも相手が一線級でしたからね」


オウケンブルースリ
「ほう」



アヴニールマルシェ
「新潟2歳はミュゼスルタン。東スポ2歳はサトノクラウン。共同通信杯はドゥラメンテ・リアルスティール・アンビシャスと」


オウケンブルースリ
「ほほう。確かに一線級だな」



アヴニールマルシェ
「ちなみに今回は、ミュゼスルタンも出てくる模様っす」


オウケンブルースリ
「ふーん」



アヴニールマルシェ
「ミュゼスルタンとは2回、いっしょに戦って、どちらも俺の完敗!!」


オウケンブルースリ
「ダメじゃんか 汗」



アヴニールマルシェ
「いやしかし、今回はハンデ戦で1キロのアドバンテージがあるのです!ナイスハンディキャッパー! 喜」


オウケンブルースリ
「・・ミュゼスルタンは新潟得意だからな。1キロ差でも負けるんじゃねーか?」



アヴニールマルシェ
「ふっふっふ。ミュゼの母体、ミュゼプラチナムは今、ちょっと経営面でバタバタしてるから、こっちが有利ですよ」


オウケンブルースリ
「だ、誰か、イエローカードを 汗」



アヴニールマルシェ
「あとは、古馬代表のマジェスティハーツ。コイツは人気薄で好走して、人気になってコケるタイプだから、今回もコケてくれる方に期待」


オウケンブルースリ
「だ、誰か、レッドカードを 汗」



アヴニールマルシェ
「ダコール先生も強いが58キロ。5キロ差もあれば、なんとかなるはず」


オウケンブルースリ
「ふーん」



アヴニールマルシェ
「もし、レース中に斜行されたら、『アヴニーな!この野郎!』と、一喝してやりますよ」


オウケンブルースリ
「それが言いたいだけだろ 汗」



アヴニールマルシェ
「まぁ見ててくださいよ」


オウケンブルースリ
「ああ。一応、応援してやるよ。あ、俺ちょっとトイレな」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「アヴたん、水割りのおかわりは?」


アヴニールマルシェ
「ん。ああ、もらおう」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・アヴたんさあ、好きな女の子とかいるの?」


アヴニールマルシェ
「は、はぁ?汗 なんだよ急に 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「んー。なんとなくー」


アヴニールマルシェ
「・・・ま、まあ俺も、あと数ヶ月で4歳だからな。恋ぐらいするさ 照」



No.1キャバ嬢レナ
「へー。両想いになった?」


アヴニールマルシェ
「・・いや、ダメだな。俺はモテないのかもしれないな 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アヴニールマルシェ
「俺は、カワイイ!と思った女に一直線!それ以外の女はすべて無視!」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アヴニールマルシェ
「でも、こんなに情熱を注いでも、なかなか両想いにはなれなくてな 落」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アヴニールマルシェ
「なんで俺の情熱を受け入れてくれないんだ!クソがっ!」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・なるほどね」


アヴニールマルシェ
「ん?」



No.1キャバ嬢レナ
「そりゃーモテないよ 苦笑」


アヴニールマルシェ
「な、なんだと!このアマ! 怒」



No.1キャバ嬢レナ
「1つ教えてあげる」


アヴニールマルシェ
「ああっ?! 怒」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・モテない男は、自分の好みの女にだけ優しくする。・・モテる男は、自分を大切にしてくれる女を大切にする」


アヴニールマルシェ
「は?」



No.1キャバ嬢レナ
「結局、生物学的に、男は女に選ばれる立場。だから男は、自分を選んでくれそうな女を見極める目が大切なの」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「男にとって『好きな女』なんて、顔がカワイイか、スタイルがいいか、性格が優しいか。こんなもんでしょ?ステレオタイプだわー 苦笑」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だから、その条件を満たしている女は競合が激しくなる。競馬で言えば『過剰人気』だね」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「女も馬券と一緒で、みんなと同じ所ばかり見ていても勝てない。『期待値の高い女』は、みんなが見ていないところにいたりする」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「それに何より、『自分を大切にしてくれない女』と、時間を過ごしても、楽しくないと思うんだ」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「これは恋愛に限らず、人生全般において言えることだと思うんだよね」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・自分を大切にしてくれる人をこそ、大切にしなければならない」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「自分を粗末に扱う人に時間を使ったり、思考機会を奪われないようにしなければならない」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「人生は自分が思うより短いから、できるだけ自分を大切にしてくれる人と、共に時間を過ごしたい」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「レナは、そう思ってるんだ」


アヴニールマルシェ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね? 首傾」


アヴニールマルシェ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ごめん・・。傷つけちゃったね・・」


アヴニールマルシェ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・あたしバカだから・・うまく言えなくて・・・ 落」


アヴニールマルシェ
「・・・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 落」



アヴニールマルシェ
「・・・ありがとう・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「え?」



アヴニールマルシェ
「・・アンタの言う通り、俺は主観的で、自己中心的な目線でしか、他人を見ていなかったのかもしれないな・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・アヴたん・・」



アヴニールマルシェ
「ありがとう・・。レナ・・さん・・ 照」


No.1キャバ嬢レナ
「あ・・。名前・・」



アヴニールマルシェ
「フッ。アンタは、アヴニー女だな 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「ふふっ。褒め言葉? 微笑」



アヴニールマルシェ
「ああ。最高のな」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ。ありがと 微笑」



アヴニールマルシェ
「・・新潟記念、アヴないレースを見せてやるよ」


No.1キャバ嬢レナ
「うん。応援馬券、買っとくね」



アヴニールマルシェ
「もし勝ったら・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アヴニールマルシェ
「・・俺と、アヴない夜を過ごしてくれるか? 照」


No.1キャバ嬢レナ
「ん~。どうしよっかな~ 微笑」



アヴニールマルシェ
「ふっ 照」


No.1キャバ嬢レナ
「うふふ♪」



遠くから見てるオウケン
「・・・ふむ。赤子の手をひねるように落ちたな。アヴ。さすがレナたん。恐るべし」



  - つづく –

サブコンテンツ