キーンランドカップ2015~ ティーハーフ『欠点を隠すエネルギーは、長所を伸ばすために使え』



◆キーンランドカップ2015


【ティーハーフ】

○Teehaff
○牡5
○父 ストーミングホーム
○馬名 意味⇒ Tee(T字型の)とHaff(ドイツ語の潟)からの造語

==========



◆欠点を隠すエネルギーは、長所を伸ばすために使え



≪喫茶店にて≫



ショウナンマイティ
「オレたちは、チーム殿一気(しんがりいっき)」


ウインバリアシオン
「おう。『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」



ショウナンマイティ
「先行策なんざ、力なき者の小細工にすぎねえ」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道をゆくのが男の美学」



ショウナンマイティ
「ウサイン・ボルトは、距離が 100mしかなくても追い込む」


ウインバリアシオン
「おう。奴もまた、男の中の男」



ショウナンマイティ
「男は黙ってシンガリ一気」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』」



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「おうよ。泣く子も黙り、吠えるドーベルマンも、おなかを見せる愚連隊」



ショウナンマイティ
「男の中の男。それが『チーム殿一気』」


ウインバリアシオン
「おうよ。男らしさだけが、チームのアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、喫茶店のテーブルに脚をのっける 脚」


ウインバリアシオン
「おうよ。傍若無人は勇気のしるし 脚」



ウェイトレス翔子
「お客様、ご注文のミルクレモンティーをお持ちしました」


ウインバリアシオン
「おう 脚机」



ウェイトレス翔子
「・・あ、あの・・申し訳ございませんが・・他のお客さまのご迷惑となりますので・・テーブルに脚は・・ 震」


ウインバリアシオン
「あぁっ?!」



ウェイトレス翔子
「ひぃっ!! 汗」


ウインバリアシオン
「・・ねぇちゃんよぉ・・」


ウェイトレス翔子
「は、はい・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・・」


ウェイトレス翔子
「・・・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・スマン。脚は下ろす」


ウェイトレス翔子
「え?」



ショウナンマイティ
「チーム殿一気は、男の中の男。・・男は、自分が間違っていると気づいたら、潔く謝る」


ウインバリアシオン
「おう。それが男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』」


ウェイトレス翔子
「・・・素敵・・ 惚」



ウインバリアシオン
「おう。ねぇちゃん。紅茶をよこせ」


ウェイトレス翔子
「あ、はい。こちら紅茶と・・、レモンとミルクはお好みでお入れください」



ウインバリアシオン
「おう。チーム殿一気は、まずレモンだけで一気食いする」


ショウナンマイティ
「そう。どんなに酸っぱくても、酸っぱいとか言わないのが男の花道。間違っても言うなよ?酸っぱいとか。絶対言うなよ?」



ウインバリアシオン
「おうよ。バクッ・・・。すっぺーー!!汗汗」


ショウナンマイティ
「フッ。ダチョウ倶楽部ばりのフリが、男の花道」



ウインバリアシオン
「おし。じゃあ紅茶を飲むぜ」


ショウナンマイティ
「おい。紅茶の前に、ミルクも一気飲みしろ」



ウインバリアシオン
「・・・いや、牛乳を飲むとお腹が痛くなるからな」


ショウナンマイティ
「フッ。繊細な胃腸は、男の証」



ウインバリアシオン
「そう。優しいお腹は、男のこだわり」


ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」



二人
『チーム殿一気!!』」


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ショウナンマイティ
「例えば、チーム殿一気が、合コンで隣に座った巨乳の女に、『ねえ・・2人で抜けようよ・・ 微笑』と、耳元で囁かれた時」


ウインバリアシオン
「おうよ。チーム殿一気は、あえて『いや、ツタヤにDVD返却しなきゃいけねえから無理だ』、と言う」



ショウナンマイティ
「そう。落とせて当たり前の女は、あえて相手にしないのが、男の中の男」


ウインバリアシオン
「おうよ。やせ我慢こそが男の証」



ショウナンマイティ
「収まりがつかない性欲は、ツタヤでエ●DVDを借りて解決する」


ウインバリアシオン
「おう。さっきの巨乳娘に似てそうな女優を、泣きながら探すのが、男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』」



ショウナンマイティ
「例えば、チーム殿一気が、出先でコンビニ弁当を食う時」


ウインバリアシオン
「おう。チーム殿一気は、レジで自分の後ろに人が並んでいる時、あえて弁当を温めない」



ショウナンマイティ
「そう。自分のせいで後ろの人を待たせるのは、男気に反する」


ウインバリアシオン
「おうよ。冷たく冷えて、カッチカチの白米を外で食う時、白米が固すぎて、割り箸が折れるのが男の花道」



ショウナンマイティ
「折れた割り箸こそが男のプライド。・・そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』」



ショウナンマイティ
「さあ。今日も、迷える子羊が現れたようだぜ」


ウインバリアシオン
「おう。そのようだな」



≪隅っこの席にて≫



ティーハーフ
「ふぅー。今週も、北海道で重賞。キーンランドカップか。前走の函館スプリントSは、ハイペースでたまたま追い込みが決まったけど、今回の作戦はやはり・・」


ウインバリアシオン
「おう。兄ちゃん ドカッ 座」


ショウナンマイティ
「悩み事か? ドカッ 座」



ティーハーフ
「で、出た!汗 また、あなたたちですか?汗 カツアゲ?お金なら持ってません! 汗震」


ショウナンマイティ
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。カツアゲなど卑怯者のやること」



ウインバリアシオン
「おうよ。むしろ俺達が、お前のコーヒー代も払ってやる。伝票よこせ」


ティーハーフ
「マ、マジすか 汗」



ウインバリアシオン
「おう。お前の事は調べさせてもらった」


ショウナンマイティ
「・・・ティーハーフ。短距離戦でも、最後方から追い込む、男の中の男スタイル」


ティーハーフ
「い、いや、今回は少し先行して・・」



ウインバリアシオン
「前走の函館スプリントSの追い込みも見事だった。お前をチーム殿一気に加入させた俺たちの目は間違ってなかった」


ティーハーフ
「か、加入した覚えはないんですけど 汗」



ウインバリアシオン
「キーンランドカップも、4角最後方で周ってこい」


ティーハーフ
「む、無理ですよ!汗 札幌は函館より、さらに追い込みにくいコースなんですから!直線も超短いですし! 汗」



ウインバリアシオン
「ウサイン・ボルトは、100m走でも追い込む」


ティーハーフ
「ボルトじゃないですもん 汗」



ウインバリアシオン
「『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」


ティーハーフ
「ボク、チーム殿一気じゃないですもん 汗」



ウインバリアシオン
「弱気になるな。俺たちは男の中の男」


ティーハーフ
「い、いや、そりゃーあなたたちは強くて男らしいかもしれないけど、僕は欠点ばかりなんです 落」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「短距離馬なのにスタートが早いわけでもないし、好位につける器用さもない…。こんな僕の欠点を、なるべく隠しながら戦って行かなきゃいけないんです… 落」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「ホラ。僕って、気を使うタイプだから、友達と会う時も、なるべく自分の欠点は隠して、相手に不快感を与えないように気をつけているんですよ」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「だから色々ストレスが溜まって大変なんです!僕だって大変なんですからっ! 汗」


ウインバリアシオン
「・・・・」


ティーハーフ
「・・・・ 落」



ウインバリアシオン
「・・・チーム殿一気は、あえて自分の欠点をオープンにしていく」


ティーハーフ
「え?」



ウインバリアシオン
「欠点は隠すものじゃねえ。武器にしていくものだ」


ティーハーフ
「武器・・?」



ウインバリアシオン
「人には誰だってたくさんの欠点がある。それは人に見られたくない部分だろう」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「たが、欠点というのは隠そうとすればするほど目立ってしまい、カッコ悪くなっていく」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「欠点は隠さなくていい。むしろオープンにしろ。ネタにしろ。笑いにしろ。そうすればお前の欠点は、いつの間にか武器になっているだろう」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「スタートが下手だろうが、背が低かろうが、太っていようが、ハゲていようが、決して隠すな。隠すからカッコ悪くなるんだ」


ティーハーフ
「・・ハ、ハゲてませんけど 汗 太ってもいないし 汗」



ウインバリアシオン
「ちなみにコイツ。ショウナンマイティは、ホウ●イだ」


ショウナンマイティ
「フッ。おまえはソウ●ウだろ」


ティーハーフ
「・・・・汗」



ウインバリアシオン
「いいか。欠点を隠すな。欠点は気にせず長所を磨いていけ。そうすれば、欠点はいつの間にかその人間の味となり、魅力になっていく」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「欠点を隠すエネルギーは、長所を伸ばすために使え。その方が愛されるぜ」


ティーハーフ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・・フン。まあこれは、あくまで俺たちの思想。押しつけるつもりはない。邪魔したな。コーヒー代は払っておいてやる。じゃあな」


ショウナンマイティ
「じゃあな」



ティーハーフ
「あ・・。あの・・」


ウインバリアシオン
「なんだ」



ティーハーフ
「・・・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ティーハーフ
「・・ありがとうございました・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」


ティーハーフ
「自分は、まだまだ男気が足りませんが、チーム殿一気の熱い思い!心に響きました!」



ウインバリアシオン
「おう。俺たちの名は『チーム殿一気』。名乗るほどの者ではない」


ショウナンマイティ
「おうよ。名乗っちゃってるぜ」



ウインバリアシオン
「最近の世の中は、まっすぐに生きることより、打算的で、小手先的で、こざかしく生きる方が得だという風潮がある」


ショウナンマイティ
「俺たち『チーム殿一気』は、そんな世の中に警鐘を鳴らすべく組織された、男気軍団」



ウインバリアシオン
「あえて損の道を行く。それが、チーム殿一気」


ショウナンマイティ
「それが極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「それが男のアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「風が、オレたちを呼んでいる」


ウインバリアシオン
「おうよ。歩み続けよう。誰に馬鹿にされようとも」



ショウナンマイティ
「それが男の生きる道」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」



二人
『チーム殿一気!!』」



  - つづく

サブコンテンツ