札幌記念2015~ トーホウジャッカル『愚か者は隣人の成功で痩せ細る』



◆札幌記念2015


【トーホウジャッカル】

○Toho Jackal
○牡4
○父スペシャルウィーク
○馬名 意味由来⇒ 冠名+ジャッカル

==========



◆愚か者は隣人の成功で痩せ細る



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「今週は夏の大一番、札幌記念だね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「札幌記念は、実績馬の斤量がユルユルだから、ビッグネームが集まりやすいんだよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。去年も、ハープスター&ゴールドシップで盛り上がってましたねえ」



オウケンブルースリ
「楽しみだよね~。えーと今年の札幌記念は、エリ女のラキシスと・・・」



  ガラガラッ



トーホウジャッカル
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」



トーホウジャッカル
「・・・席・・空いてるか?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。オウケンさんの隣でいいかい?」



トーホウジャッカル
「・・・クックック。奇しくもオウケンブルースリ・・」


オウケンブルースリ
「む。おまえは・・」



トーホウジャッカル
「・・・そう。俺は、殺し屋ジャッカル。機関銃を遠隔操作して、政府要人を暗殺する・・」


オウケンブルースリ
「お。シゲさん。モツ煮込みの味変えた?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。隠し味に牛乳を入れたぜ」



オウケンブルースリ
「うまいっ!うまいよ!父ちゃん! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「誰が父ちゃんだ 汗」



トーホウジャッカル
「き、聞けやぁぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「・・なんだよ。お前が、殺し屋ジャッカルとか言って、真面目にしゃべる気ねえからだろ」



トーホウジャッカル
「・・・そう。俺は、殺し屋ジャッカル。機関銃を遠隔・・」


オウケンブルースリ
「シゲさん、ビールおかわりね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



トーホウジャッカル
「コ、コラァー! 汗怒」


オウケンブルースリ
「なんだよ、うるせーなー。映画ジャッカルとか、若い人は知らんだろ」



トーホウジャッカル
「・・・オウケンブルースリよ」


オウケンブルースリ
「フルネームで呼び捨てにすんな 汗」



トーホウジャッカル
「俺の名は、トーホウジャッカル。デビューから「149日」で菊花賞制覇という新記録を樹立。・・あんたが1番よく分かってんだろ?オウケンブルースリ・・・クックック」


オウケンブルースリ
「くっ・・」



トーホウジャッカル
「そう。アンタが持ってた「184日」という記録を塗り替えたのが俺。すいませんねぇ。名前を上書きしちゃって。クックック」


オウケンブルースリ
「チッ」



トーホウジャッカル
「・・・オウケンブルースリよ」


オウケンブルースリ
「フルネームで呼び捨てにすんな 汗」



トーホウジャッカル
「俺は、東日本大震災があった2011年3月11日に生まれた」


オウケンブルースリ
「ほう」



トーホウジャッカル
「俺は体が弱く、2歳時には、腸炎になって死にかけた」


オウケンブルースリ
「へー」



トーホウジャッカル
「・・・オウケンブルースリよ」


オウケンブルースリ
「フルネームで呼び捨てにすんな 汗」



トーホウジャッカル
「こんな俺が、G1を勝つなんて、誰も考えていなかっただろう」


オウケンブルースリ
「まあな」



トーホウジャッカル
「しかも菊花賞史上の最短記録。そしてスーパーレコードタイムでの圧勝」


オウケンブルースリ
「むう」



トーホウジャッカル
「だがその代償は大きく、菊花賞の疲労はハンパなかった」


オウケンブルースリ
「へー」



トーホウジャッカル
「3歳の有馬記念は諦めて、「阪神大賞典からの春天」を狙っていた頃、家でタンスの角に足の小指を強打し負傷。春天は夢と消えた」


オウケンブルースリ
「タンスのくだりはデフォルメしてるだろ 汗」



トーホウジャッカル
「そして前走の宝塚記念。8ヶ月ぶりのレースはさすがに体が動かず、4着に敗れた。それでもタイム差はわずかに0.3秒だった」


オウケンブルースリ
「まあ、よく頑張ったんじゃね?」



トーホウジャッカル
「・・・オウケンブルースリよ」


オウケンブルースリ
「・・・なんだ、トーホウジャッカルよ」



トーホウジャッカル
「・・・フルネームで呼び捨てにするな。オウケンブルースリよ」


オウケンブルースリ
「・・・おまえもな。トーホウジャッカルよ」



トーホウジャッカル
「・・俺の境遇は、お世辞にも恵まれているとは言えなかった」


オウケンブルースリ
「まあな」



トーホウジャッカル
「それでも、多くの人に支えられ、俺は生きてこられた」


オウケンブルースリ
「ふーん」



トーホウジャッカル
「俺は恩返ししなければならない」


オウケンブルースリ
「そうだな。お前みたいなモンを、いつもケアしてくれる、谷先生や酒井学に感謝しろよ。お前みたいなモンは」



トーホウジャッカル
「お前が言うな。オウケンブルースリよ」


オウケンブルースリ
「いや、なんでさっきからタメ口だ。トーホウジャッカルよ」



トーホウジャッカル
「・・お前は菊花賞を勝った後、G1を勝てなかったな。オウケンブルースリよ」


オウケンブルースリ
「うるせえ。ジャパンカップは、ウオッカ嬢と「2センチ差」。同着みたいなもんだ」



トーホウジャッカル
「俺はお前とは違う。俺は 2つ目のG1を狙う。支えてくれた皆のために」


オウケンブルースリ
「はいはい」



トーホウジャッカル
「お前には負けんぞ。オウケンブルースリよ」


オウケンブルースリ
「なんで絡んでくるんだよ 汗」



トーホウジャッカル
「・・『しゃべ馬』での、お前の座ももらう。オウケンブルースリよ」


オウケンブルースリ
「はぁー。またか。みんなこのポジションを狙ってくるんだよー。ゴールドシップとかもな 汗」



トーホウジャッカル
「同じ菊花賞馬。しかも最短記録つながり。負けたくないのだ」


オウケンブルースリ
「あっそ」



トーホウジャッカル
「俺はお前より、面白いことが言える!」


オウケンブルースリ
「ハ、ハードルめちゃ上げてきたな 汗」



トーホウジャッカル
「行くぞ!」


オウケンブルースリ
「・・・この「間」で ぶっこんでいく時点でダメだろ ブツブツ」



トーホウジャッカル
「一発ギャグ!」


オウケンブルースリ
「・・・・」



トーホウジャッカル
「安心してください。ジャッカルですよ 笑顔」


オウケンブルースリ
「あ。シゲさん。ウーロンハイを」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



トーホウジャッカル
「聞けーい! 汗」


オウケンブルースリ
「なんだよー。絡んでくんなよー」



トーホウジャッカル
「俺は、お前には負けん!」


オウケンブルースリ
「うん。お前の勝ちでいいよ」


トーホウジャッカル
「は、腹立つ!汗 逃げるな!オウケンブルースリよ!」



オウケンブルースリ
「シゲさーん。ヘルプー 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・狭量なライバル心は、人生の邪魔になるだけだ」


トーホウジャッカル
「ぬ?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・人は、自分と似た境遇の相手にライバル心を抱く」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「例えば親族。例えば友人。例えば同じ会社の人間」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「その一方で、自分と全く接点のない人間に、ライバル心を抱くことはねえ」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「例えば、SMAPの年収が何億あろうと、『くっそー!SMAPには負けねえぞ!』と、思う人間はいねえ」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが多くの人間は、自分の身近な人間とのわずかな差は気にして、一喜一憂を繰り返し、苦しんでいる」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・『同じ会社のあいつより年収が少ない… 落』『友達の彼女の方が美人だ… 落』『親戚の子供より自分の子供の方がカワイイ! 喜』・・・ってな」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、このような身近な人間との比較による一喜一憂は、双方の人生を全く幸福にしない」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「勝っても負けても、優越感を感じても劣等感を感じても、体内には毒性の物質が分泌されるだろう」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それ以上に、身近な他者との比較に、一喜一憂しているヒマがあるなら、その時間に一歩でも前に進んでいく方がいい」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「例えばよ、ジャッカルさん。アンタのことを見て、優越感を感じてる奴がいたら、アンタはいい気分になるかい?」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「他人と比較なんかするんじゃねえ。優越感も劣等感もいらねえ」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「やるべき事は、今、目の前にある、自分が望む目標達成に必要な行動に、100%集中して取り組むことだ」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「他人は関係ねえ。人生は常に、自分との戦いなんだぜ」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な」


トーホウジャッカル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


トーホウジャッカル
「いえ・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


トーホウジャッカル
「心に響いたっス・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



トーホウジャッカル
「・・俺、まだ自分自身に、確たる自信が持てていなかったから、人と比較して、その満たされぬ部分を埋めようとしていたのかもしれない・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



トーホウジャッカル
「あたす、シゲ氏。迷いが吹っ切れたッス。他人と比較せず、自分のやるべき行動を積み重ねていくッス」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


トーホウジャッカル
「オッス!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。『愚か者は隣人の成功で痩せ細る』ってな。それくらい、他人の動向を気にすることは、体に悪いのかもしれないな」


トーホウジャッカル
「・・・ふっ。隣人は気にするな・・か。・・・なあ、オウケンブルースリよ」


オウケンブルースリ
「ん?」



トーホウジャッカル
「・・お前から継承した、菊花賞の最短記録に泥を塗ることのないよう、これからも努力していくつもりだ」


オウケンブルースリ
「カッカッカ。頼むぜ、後継者よ。その前に、タメ口やめろよ?」



トーホウジャッカル
「ふっ」


オウケンブルースリ
「はっはっは 笑」



   カタン



トーホウジャッカル
「ん?何か落としたぞ、オウケンブルースリよ。・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】隣人の風呂場を盗撮!!隠し撮りビデオが流出!禁断の世界を見よ!』



トーホウジャッカル
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


トーホウジャッカル
「・・・シゲ氏。札幌記念、がんばってくるッス。応援しててくださッス。シゲ氏『だけが』応援しててくださッス。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ