函館記念2015~ エアソミュール『お金より時間を大切にしているか?』



◆函館記念2015


【エアソミュール】

○Air Saumur
○牡6
○父ジャングルポケット
○馬名 意味⇒ 冠名+フランスの都市名

==========



◆お金より時間を大切にしているか?



≪喫茶JIROにて≫



  カランコロ~ン



喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ? 美声」


オウケンブルースリ
「おう、二郎。『焼き鳥シゲ』が定休日だから、来てやったぞ」



喫茶店マスター 二郎
「・・・でき立てのチゲが迷宮入り?」


オウケンブルースリ
「ゆ、ゆってねえわっ!汗 チゲはどこ行っちゃったんだよっ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「お客様。ご注文は? 美声」


オウケンブルースリ
「ああ。どうしようかな。えーと・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・チゲ鍋でよろしかったですか?」


オウケンブルースリ
「・・オマエ、思いついたこと適当に言ってるだけだろ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「適当ではございません」


オウケンブルースリ
「ふーん。じゃあ、ちょうど腹減ってたんだよ。喫茶店なのにそんなガッツリ系があるのか? 喜」



喫茶店マスター 二郎
「ございません」


オウケンブルースリ
「な、ないんかいっ! 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・どこの喫茶店にチゲ鍋があるのだっ!顔を洗って出直せいっ!この腐れ七三分け! 怒」


オウケンブルースリ
「き、急にキレるな!汗 つーか、七三分けはテメーだっ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「今日という今日は許さんぞ! 怒」


オウケンブルースリ
「それはこっちのセリフだっ 汗」



  カランコロ~ン



エアソミュール
「こんばんミュー」



喫茶店マスター 二郎
「大体、なんでいつも焼き鳥シゲが定休日の時だけ、うちの店に来るのだ!うちは都合のいい女じゃないのだぞ! 怒」


オウケンブルースリ
「いっちょまえに正妻の座を求めてんじゃねえっ 汗 来てもらえるだけありがたいと思え 汗」


エアソミュール
「あ、あのー 汗」



喫茶店マスター 二郎
「じゃあ、アタシのことは遊びなのね! 泣」


オウケンブルースリ
「そんなこと言ってないだろ!」



喫茶店マスター 二郎
「ベッドでは、あんなに愛してるって言ってくれたのに!ウソつき! 泣」


オウケンブルースリ
「ウソなもんか!妻とは別れるつもりだ!」


エアソミュール
「あの・・スミマセン 汗」



喫茶店マスター 二郎
「別れる別れるって、ズルズルと何年も過ぎたじゃない! 泣」


オウケンブルースリ
「・・スマン・・。だがオレは本当にオマエを愛して・・」



エアソミュール
「あの!すいません!営業してますか!?ボク、お客ですけどー! 汗」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ。お客様、孤独なおひとり様でよろしかったですか?」


エアソミュール
「一言多いな、アンタ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「孤独なロンリーウルフでよろしかったですか? 美声」


エアソミュール
「くっ・・。腹立たしいが、ええ声だな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「ロンリーチャップリンでよろしかったですか? 美声」


エアソミュール
「やかましいわっ! 怒」



オウケンブルースリ
「ん?おまえは、エアの・・」


エアソミュール
「あ。オウケンさんだったんですね。お久しぶりです。エアシャカールの親戚の、ロンリーチャップリン・・・じゃなくて、エアソミュールです」


オウケンブルースリ
「おう。久しぶりだな」



エアソミュール
「今日は、焼き鳥シゲに行こうと思ってたんですが、定休日みたいで」


オウケンブルースリ
「そうなんだよなあ。最近シゲさん、サボりすぎだろ ブツブツ」



エアソミュール
「それよりオウケンさん。さっきあの横分けのオッサンと別れ話、してませんでした? 汗」


オウケンブルースリ
「ああ。二郎に合わせて、ノリだけで喋ってたら、いつの間にか不倫トークになっててな」


エアソミュール
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「そんなことよりオマエ、函館記念を狙いに行くんだな」


エアソミュール
「ええ。ミルコも函館まで来てくれるって言うんで、今週は北海道まで遠征ですよ」



オウケンブルースリ
「そうか。ミルコ・デムーロは、北海道の洋芝のような重い芝は、海外で何度も経験してるしな」


エアソミュール
「ええ。ボクは函館記念は、2013年に1番人気に支持されながら、10着大敗の屈辱を喫したレース。。リベンジしたいですね」



オウケンブルースリ
「おう。俺たち、『チーム ジャンポケ』を、巨大組織にするためにも、お前には頑張ってもらわんと」


エアソミュール
「はい。ジャングルポケット産駒は、最近元気がないので、自分が引っ張って行くつもりで頑張ります!」



オウケンブルースリ
「前走の鳴尾記念(4着)は、ハイレベルなレースだったな」


エアソミュール
「はい。ラブリーデイは宝塚記念制覇。グランデッツァも七夕賞制覇。今週も、鳴尾記念組の重賞制覇と行きたいですね」



オウケンブルースリ
「斤量57.5か。トップハンデだが、どうよ?」


エアソミュール
「はい。うちの陣営の想定は58キロでしたから、こなせる斤量だと思っています」



オウケンブルースリ
「そうか。じゃああとは、極端な内枠や外枠をひかない事を祈るだけだな」


エアソミュール
「はい」



オウケンブルースリ
「・・まあしかし、最近オマエ、安定はしてるけど、勝ち切れねえなあ」


エアソミュール
「そうなんですよー。なんかこう、新しいものを取り入れていきたいんですが・・」


オウケンブルースリ
「ふーん」



エアソミュール
「レースに限らず、プライベートでも、何か新しい事をやっていきたいんですが、今やってることだけで時間がなくて・・。たはは 汗」


オウケンブルースリ
「まぁ現代人は、みんな忙しいからなあ」



エアソミュール
「そうですよね。日々の雑務に流されて、新しいことができないまま、歳をとってしまいますよねー」


オウケンブルースリ
「ああ。一日24時間じゃ、時間がないよなあ」


エアソミュール
「時間がないですねえー 汗」



オウケンブルースリ
「・・・・」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・時間は・・・ありますっ!」


エアソミュール
「え?」


オウケンブルースリ
「スタップ細胞みたいに言うな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・『一日24時間じゃ、足りない!』と言う人は、一日48時間になっても、時間が足りないと言うでしょう」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・世の中には、毎日どんどん新しい事に挑戦していく人もいれば、十年一日で、10年前と代わり映えしない日々を繰り返し、人生を縮小再生産させているだけの人もいる」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「時間だけは、みんな平等に24時間。それなのに、なぜこのような差が開いていくのか?」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「それは多分、『時間とお金、どっちが大切だと考えているか?』が、1つの重要なポイントだと思われます」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「時間よりお金が大切だと考える人は、必然的に可処分時間が少なくなっていき、十年一日の日々となる」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「逆に、お金より時間の方が大切だと考える人は、『お金で時間を買う』ということを、無意識に行うため、少しずつ可処分時間が増えていく」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「『お金で時間を買う』という意識になると、「わずかな時間も無駄にするまい!」という気持ちが強くなるため、ダラダラと過ごす時間がもったいなく感じてきます。せっかく買った時間ですからね」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「その結果、時間を大切にする。人生を大切にする。今を、一生懸命に全力で生きようと思うようになる」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「例えば、『本を買う』ということだけを見ても、「本代がもったいないから貯金しておこう」、と考える人は、どんどん時間がなくなっていきます」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「本を読むということは、その筆者さんが膨大な時間をかけて考えたことを、たったの1000円くらいで手に入れることができる。すなわち、膨大な時間をショートカットできることになります」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「成功者の多くは多読家と言われますが、それも当然かもしれませんね。時間をショートカットしているのですから」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「本はあくまで一例。人生には、このような『時間 or お金』という選択肢が無限に存在しています」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「もちろん、貯金にも喜びがある。そして浪費にも喜びがある。ただ、可処分時間を増やし、人生をより充実させたいと願うなら、お金と時間の心理的均衡について、今一度、考えてみるのも良いでしょう」


エアソミュール
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・偉そうにすみません。エアソミュール様ほどのお方には、充実した時間を積み重ねて、今よりさらに一流のサラブレッドとなってほしかったものですから・・」



エアソミュール
「・・・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



エアソミュール
「・・・ありがとう・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



エアソミュール
「ありがとう、横分けオジサン!なんだか迷いが吹っ切れた気がします!」


喫茶店マスター 二郎
「そうですか。だとしたら、それはあなた様がご自身でつかんだ「気づき」でございますね 微笑」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな」


喫茶店マスター 二郎
「・・・いちけん・・おちつく・・?」



オウケンブルースリ
「いっけんらくちゃくだっ!!怒 落ち着いてどうすんだ!漢字の勉強しろや! 怒」


エアソミュール
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「おし。じゃあ帰ろうぜ。エアソミュ」


エアソミュール
「はい」



喫茶店マスター 二郎
「待ちたまえ 美声」


オウケンブルースリ
「何様だアンタ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・最後に私から、エアソミュ様へ、激励の『川柳』を贈りますです! 喜」


エアソミュール
「いや、いいです」


喫茶店マスター 二郎
「ブッ! 吹」



エアソミュール
「う、うわっ!汗 吹き出さないでください!ヨダレがっ!!汗」


喫茶店マスター 二郎
「激励の川柳を贈りますです。さあ遠慮なさらず」


エアソミュール
「くっ・・。聞かないと帰れないのか・・ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「575でバシッと決めます。・・・行きますですよ!!」


エアソミュール
「・・・・」



『時間とは
命のしずくで
ございます
はるばる来たぜ函館
トップハンデも
なんのその
咲かせてみせます
エアの花
黄色と青の勝負服
ジャンポケ産駒の
夢見ごろ
夏の暑さに負・・』



エアソミュール
「・・・オ、オウケンさん。コレ、一生続くんですかね 汗」


オウケンブルースリ
「な、なにが575でバシッと決めますだ 汗 地獄のエンドレス川柳じゃねえか 汗」



エアソミュール
「・・奴は、気持ちよさそうに目を閉じて川柳を読んでいます。今のうちに、こっそり帰りましょう。コソコソ 逃」


オウケンブルースリ
「・・そ、そうだな コソコソ 逃」



喫茶店マスター 二郎
「・・親戚エアシャカ、良血馬。気性難でもまだやれる。北海道の風に乗せ、夢の続・・ 目閉」



  - つづく –

サブコンテンツ