七夕賞2015~ グランデッツァ『地獄のグチ軍団を形成するべからず』



◆七夕賞2015


【グランデッツァ】

○Grandezza
○牡6
○父アグネスタキオン
○馬名 意味⇒ 偉大、雄大

==========



◆地獄のグチ軍団を形成するべからず



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「あぁ~~!!なんか暑い!シゲさ~ん。いい加減この店、エアコンつけようよ~ 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「心頭滅却すれば火もまた涼し」



オウケンブルースリ
「心頭滅却しねえもん~ 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「心頭を滅却する。それすなわち、心を消し去るということだぜ」



オウケンブルースリ
「無理~。りーむー! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「暑さ寒さに、良いも悪いもねえ。自らの心が、善し悪しを勝手に規定しているに過ぎねえ」


オウケンブルースリ
「し、修行僧か 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・だが、ぶっちゃけ・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・誰かさんが、ツケを払わねえから、エアコンをつける予算がねえ」


オウケンブルースリ
「なぬ!!誰なんだ!その不届き者は! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「アンタだ 汗」



  ガラガラッ



グランデッツァ
「こんばんツァー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」



グランデッツァ
「う・・。この店なんか、あツァい(暑い)ですね 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。ちょっとエアコンが故障中でな」


オウケンブルースリ
「エアコンないだろ ブツブツ」



グランデッツァ
「あれ?オウケンさん。おひさですー」


オウケンブルースリ
「む。おまえは・・」



グランデッツァ
「どうも。アグネスタキオンの最高傑作、グランデッツァです」


オウケンブルースリ
「おう。ツァか。久しぶりだな。まぁ座れよ」



グランデッツァ
「はい。では、おツァまします」


オウケンブルースリ
「は?」


グランデッツァ
「おツァまします」



オウケンブルースリ
「な、なんて言ってんのよ 汗」


グランデッツァ
「おツァまします」



オウケンブルースリ
「お邪魔します、って言ってんのか? 汗」


グランデッツァ
「あ。シゲツァん。注文いいでツァか?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「いいぜ」



グランデッツァ
「じゃあまずは・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



グランデッツァ
「ツァーツーの水ツァり。ツァークツァーサー果ツァーを、ツァっと多めにしてツァツァツァい」


オウケンブルースリ
「な、なんて言ってんだよっ!絶対わからんわっ! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「焼酎の水割り、シークワーサー果汁をちょっと多めな。あいよっ」


オウケンブルースリ
「わかんのかいっ! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ツァーツーの水ツァり、おまち」


グランデッツァ
「ありがツァい。おいしツァーでツァね」



焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。オレのツァーツーの水ツァりは、うまいぜツァ」


オウケンブルースリ
「ア、アンタら、なんて言ってんだよっ! 怒」



グランデッツァ
「オウケンさん。自分、今週の七夕賞に出走することになりましツァ」


オウケンブルースリ
「おう。夏の福島まで遠征とは、ご苦労だな」



グランデッツァ
「そうなんです・・。なんでこの『アグネスタキオンの最高傑作』が、福島までドサ回りしなきゃいけないんだ 落」


オウケンブルースリ
「近走、結果が出てないからなあ」



グランデッツァ
「アグネスタキオンの最高傑作なんですよ?!」


オウケンブルースリ
「・・・うん。それ言ってるの、もうオマエだけな 汗」


グランデッツァ
「なぜ!?」



オウケンブルースリ
「・・・アグネスタキオンの最高傑作は、ダイワスカーレット。以上。」


グランデッツァ
「な、なんてこっツァ! 汗」



オウケンブルースリ
「まあよ。最高傑作じゃないけど、オマエはオマエのやるべきことをやればいいんじゃねえか?最高傑作じゃないけどさ。絶対に最高傑作じゃないけども」


グランデッツァ
「リフレインせんといて 汗」



オウケンブルースリ
「リフレインが叫んでるな」


グランデッツァ
「古すぎでっツァ 汗」



オウケンブルースリ
「まあ、今年の七夕賞は、鳴尾記念で惨敗した4頭のリベンジマッチの様相だなw」


グランデッツァ
「くっ・・」



オウケンブルースリ
「鳴尾記念の敗因は?」


グランデッツァ
「はい。展開と枠順が、アカンかっツァ! 汗」


オウケンブルースリ
「ふむ。『アカンかった』と」



グランデッツァ
「鳴尾記念は、ラブリーデイを始めとした後続馬の押し上げが早く、先行馬壊滅となっツァ」


オウケンブルースリ
「ふーん」



グランデッツァ
「しかも自分は、直線で進路がふさがってしまい、仕掛けが遅れツァ」


オウケンブルースリ
「・・・『遅れた』と」



グランデッツァ
「今回の七夕賞も、前を行くトウケイヘイローと、メイショウナルトを見ながら進めることになるツァ」


オウケンブルースリ
「うん」



グランデッツァ
「そしてまた、トウケイ&ナルト爆弾の投下により、直線で前が詰まって終了♪・・・って、コラァー! 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



グランデッツァ
「はぁー。もー。なんで自分はこう、いつもいつも、ツイてないんだっツァ・・ 落」


オウケンブルースリ
「い、いや、七夕賞はオマエの妄想の中で、前が詰まっただけだろ 汗」



グランデッツァ
「去年のG1、マイルチャンピオンシップ3着の時だって、自分としては良いレースができたのに、先行馬がつぶれる流れ・・。ツイてない・・ 落」


オウケンブルースリ
「うーん」



グランデッツァ
「とにかくツイてないんでツァ・・。どーせ自分は、何をやってもツキがないに違いない・・ 落」


オウケンブルースリ
「そ、そんなことないって 汗」



グランデッツァ
「・・きっと、それが自分の運命で、自分は努力しても結果が出せない星のもとに生まれたに違いない・・ 落」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



グランデッツァ
「つーか、なんでこのボクが、福島にドサ回り?もっとボクの能力を認めてほしいツァ!みんなバカばっかりかっつーの・・ 落」


オウケンブルースリ
「シ、シゲさん 汗 ヘルプ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


グランデッツァ
「はぁー。ボクの人生、ツイてない・・ ブツブツ」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ツァさんな」


グランデッツァ
「ツァ?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・気分はいいかい?」


グランデッツァ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「グチを言ってる時ってのは、ある種の快感を感じるように、脳ができている」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから、グチや悪口は、いつも言っていると中毒になる。そこに快感があるからだ」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、その快感は『脳の錯覚』であり、グチや悪口から快感を得ることを習慣にしている者は、長期的には確実に人生が悪くなっていく」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「理由はいくつか考えられるが、グチを言うことによる自己洗脳。また、ネガティブな言葉の使用による悪性物質の分泌や、ねじ曲がった人格の形成などだな」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして、さらに怖いのが、『グチを言う者の周りには、同じようにグチっぽい人がどんどん集まってしまう』という点だ」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人間は誰しも、他者からの共感を求めるので、グチを言う人は、自分のグチに共感してくれる人を、無意識に探している」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「本当は、『一緒にいるべき人』というのは、ネガティブな感情を自己コントロールして、前だけを見ている人なわけだが、グチっぽい人は、『グチの快感』に支配されているため、誰が自分にとって大切な人間かを判断できなくなっている」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「その結果、グチっぽい人同士が集団を形成し、『ザ・グチ軍団』が生まれる」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「その集団から発される負のパワーは凄まじく、前向きな人をも飲み込んじまう」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ツァさんな」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・アンタは、そっちへ行くんじゃねえ」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「アグネスタキオンの最高傑作なんだろ?」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


グランデッツァ
「・・・・ 泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


グランデッツァ
「・・・いえ・・ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



グランデッツァ
「心に響きました・・ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



グランデッツァ
「・・・ボクは、人のせいにしたり、自己憐憫にひたることを、逃避先としていただけなのかもしれない・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



グランデッツァ
「シゲさん!ありがとうございました!心が晴れました。福島のドサ回り、元気に行ってきます!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券、買っとくぜ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあグチなんか言うもんじゃねえわな。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



グランデッツァ
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】保健室の先生シリーズ~ ねえ…。グチなら先生が、放課後の保健室で聞いて あ・げ・る♪』



グランデッツァ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


グランデッツァ
「・・・シゲツァん。七夕賞、頑張ってきますっツァ。応援しててくだツァいね。シゲさん『だけが』応援しててくだツァいね。じゃ。ツァいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ