ラジオNIKKEI賞2015~ ロジチャリス『言葉を軽んずる者は、言葉に人生を破壊される』



◆ラジオNIKKEI賞2015


【ロジチャリス】

○Logi Chalice
○牡3
○父ダイワメジャー
○馬名 意味由来⇒ 冠名+母名の一部

==========



◆言葉を軽んずる者は、言葉に人生を破壊される



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「ゴールドシップは、やってくれたね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ 汗」



オウケンブルースリ
「やっぱりオレが言った通り、『すべてを壮大なフリとして、まさかの惨敗という大オチ』だったか」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「まぁ、あれがシップの魅力でもあるわけだからね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ。つくねタレ、おまち」


オウケンブルースリ
「お!来た来た。シゲさんのつくねは絶品だからな。いただきまー・・」



  ガラガラッ



ロジチャリス
「チャリーッス! 手」


オウケンブルースリ
「ん?」



ロジチャリス
「おじさん、そのつくね、僕にもください! 喜」


オウケンブルースリ
「だ、誰がおじさんだっ!汗 オウケンさんと呼べ! 汗」



ロジチャリス
「オ、オウケンさんって・・・」


オウケンブルースリ
「ふっ」



ロジチャリス
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ロジチャリス
「・・・誰ですか? 汗」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹」



ロジチャリス
「す、すいません。まったく聞いたこともなかったもので 汗」


オウケンブルースリ
「キ、キサマ・・。このデビューから菊花賞制覇までの最短記録ホルダーを、知らんのか? 怒」



ロジチャリス
「え?でも、菊花賞制覇の最短記録は、あのトーホウジャッカルさんですよね?」


オウケンブルースリ
「くっ・・。その前は、オレが最短だったんだよ・・ ブツブツ」



ロジチャリス
「トーホウジャッカルさんの菊花賞、すごかったなぁ。あのレコードタイム 喜」


オウケンブルースリ
「むう・・。最近の若い奴に、ついていけなくなっている自分が悲しい・・ 落」



ロジチャリス
「で?おじさんも、昔は、競走馬だったんですか?見たことないけど 苦笑」


オウケンブルースリ
「・・コ、コロス 怒」



ロジチャリス
「うわー。この人、オラついてるよー 苦笑」


オウケンブルースリ
「は? 汗」



ロジチャリス
「オラつくのは、やめましょうよー。楽しい場なんですからー 苦笑」


オウケンブルースリ
「こ、言葉が理解できん 汗」



ロジチャリス
「あ。シゲさん。モツァしゃぶ をください」


オウケンブルースリ
「な、なんて言ってんだよっ!そんなメニューねえわっ! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよっ」


オウケンブルースリ
「あるんかいっ! 汗」



ロジチャリス
「あ。今日ボクね、イチキタして、着替えてからここに来たんですよー。いいっしょ?この服」


オウケンブルースリ
「な、なんて言ってんだろう 汗 この少年は 汗」



ロジチャリス
「ねえねえ。おじさんは、なんていう名前なの?」


オウケンブルースリ
「オウケンブルースリだ」



ロジチャリス
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ロジチャリス
「・・・プッw ブルースリww 『ブルースリー』って伸ばしたかったけど、馬名は9文字だから『ブルースリ』・・・プププ・・www」


オウケンブルースリ
「シ、シゲさん・・。キレていいっすか 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、落ち着け 汗 相手は若者だぜ 汗」



ロジチャリス
「いや別に、disってるわけじゃないっすよ? 苦笑」


オウケンブルースリ
「・・・スー・・・ハー・・(深呼吸) 怒」



ロジチャリス
「ねえねえ、ブルース『リ』さーん、かまちょかまちょー 喜」


オウケンブルースリ
「た、たいがいにせいやぁぁーー!!ガキがぁぁ!ゴルァァーー!!ガスガス!!蹴蹴」



ロジチャリス
「ぐ、ぐわぁー!泣 やばたんーー!マジキチーー!!泣」


オウケンブルースリ
「ケッ。言葉には気をつけろ。バカ」



ロジチャリス
「む、むう 汗 しょんどい 汗」


オウケンブルースリ
「なんて言ってんだよ 汗」



ロジチャリス
「あ。ところで僕、今週のラジオNIKKEI賞に出るんですよ」


オウケンブルースリ
「ほう。アンビシャスが出るレースだな」



ロジチャリス
「ええ。実績や知名度では、あちらがずっと上ですが、夏のラジニケはハンデ戦ですからね」


オウケンブルースリ
「新聞によると、アンビシャス56.5、オマエ54.0か」



ロジチャリス
「そうっす。2.5キロ差あれば逆転も可能。ワクテカ!wktk! 喜」


オウケンブルースリ
「ふむ。オマエ、福島1800は、0.6差で圧勝したことがあんのな」


ロジチャリス
「ええ。コース適正についても、いぇあ!YEAH! 喜」



オウケンブルースリ
「前走は、8ヶ月ぶりのレースを、0.5差で楽勝と」


ロジチャリス
「あーね! 喜」



オウケンブルースリ
「でも前走は楽勝とは言え、馬体重 +28キロの、554キロと」


ロジチャリス
「やばたん! 汗」



オウケンブルースリ
「554キロは、やばたんだな」


ロジチャリス
「最近、ごはんが美味しくて、やばたん 汗」



オウケンブルースリ
「同じくラジニケ出走予定、ジャーニーさんやオルフェーヴルの弟の、アッシュゴールドは、430キロくらいしかないんだぞ。お前も 100キロくらいダイエットしろ」


ロジチャリス
「がんなえ~ 落」



オウケンブルースリ
「じゃあよ、その巨漢を活かして、つっぱり大相撲で押し出しだな。はっはっは」


ロジチャリス
「・・・・」



オウケンブルースリ
「なんか言えや 汗」


ロジチャリス
「・・・KS」



オウケンブルースリ
「は?」


ロジチャリス
「・・・既読スルー」



オウケンブルースリ
「既読はいらん 汗」


ロジチャリス
「イル」



オウケンブルースリ
「はぁー。ところで、オマエの鞍上は、大野拓弥に乗り替わりか」


ロジチャリス
「やばたん! 汗」


オウケンブルースリ
「ゆうな 汗」



ロジチャリス
「かまちょーー」


オウケンブルースリ
「かまってるだろ 汗 でもだんだん腹立ってきたぞ 汗」



ロジチャリス
「激おこプンプン丸ですね?」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ロジチャリス
「ムカ着火ファイヤーですか?」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ロジチャリス
「あれ?ガチしょんぼり沈殿丸?」


オウケンブルースリ
「・・・シ、シゲさん・・。なんか元気が出る食べ物を・・ 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ 汗」



ロジチャリス
「ほう。元気が出る食べ物。すなわち、まぢルンルン御機嫌丸になっちゃうわけですね?」


オウケンブルースリ
「・・・・ 目閉」



ロジチャリス
「寝てるんすか?」


オウケンブルースリ
「・・・こ、心を沈めておるのだ・・ 怒」



ロジチャリス
「プッw ウケる。マジお坊さんww」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ロジチャリス
「まぁでも、そうやって感情をストレートに表現できるっていうのも、ある意味、裏山ですけどねw」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・シゲ特製、元気が出る にんにくホイル焼き、おまち」


ロジチャリス
「お。にんにく。OCよねー」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ロジチャリス
「あれれ?シカッティング?」


オウケンブルースリ
「・・・シ、シゲさん・・助けて 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「耐えるんだぜ 汗」



   ガタン



ガラの悪い金髪男
「おいコラァ!さっきからゴチャゴチャうっせーぞ!ガキがぁ!酒がまずいんだよっ! 怒」


ロジチャリス
「え? 汗」



いかついガングロ男
「・・テメーよぉ。一辺しんでみっか?コラ・・ 怒」


ロジチャリス
「ななな、なんですか!あなたたち! 汗 ガングロ!マジキチ! 汗」



ガラの悪い金髪男
「とりあえずよぉ。オモテ出ようぜぇ。兄ちゃん 怒」


いかついガングロ男
「ガングロで悪かったなぁ・・。来いや。オラ 怒」



ロジチャリス
「たたた、助けて!ブルース『リ』、さんっ! 汗」


オウケンブルースリ
「シカッティング」


ロジチャリス
「ブッ! 吹」



オウケンブルースリ
「既読スルー」


ロジチャリス
「そ、そんなバカな! 汗」



ガラの悪い金髪男
「ぎゃっはっはw お友達にもシカトされちまったなぁw 臆病なお友達だぜw」


ロジチャリス
「うう・・・泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ガラの悪い金髪男
「じゃあ行くかあw 俺達が、かまってやるからよw ボコるだけだがなw」


ロジチャリス
「ひいいっ! 泣」


いかついガングロ男
「行くぞ。オラ」



オウケンブルースリ
「・・・おい。そこの金髪」


ガラの悪い金髪男
「あぁっ!? 怒」



オウケンブルースリ
「・・・誰が臆病だって?」


ガラの悪い金髪男
「オメーだよ!バーカ!www」



オウケンブルースリ
「・・・シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ダメだ」



オウケンブルースリ
「なんでだよ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「暴力反対だぜ」



オウケンブルースリ
「暴力なしで」


焼き鳥屋 店主シゲ
「嘘つくんじゃねえ 汗」



オウケンブルースリ
「ノー暴力。ノーライフ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「『ノーライフ』をつけると、話がややこしくなるぜ 汗」



ガラの悪い金髪男
「おい!何ごちゃごちゃ言ってやがる!ビビってんのか!あぁっ!? 怒」


オウケンブルースリ
「おし。金髪とガングロ。そのガキの代わりに、オレが行こう! 喜」


ガラの悪い金髪男
「上等だぁ!来いやぁ! 怒」



オウケンブルースリ
「じゃ♪シゲさん。平和的解決を目指して、話し合いをしてきます♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



   バタン



ロジチャリス
「あ・・あ・・ 震」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ほらよ。温かいお茶だ。落ち着くぜ」



ロジチャリス
「あ、あの・・。ブルースリさんを助けに行かなきゃ・・ 震」


焼き鳥屋 店主シゲ
「大丈夫だ」


ロジチャリス
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「オウケンさんに武力で勝てるのは、この世でオレだけだ」


ロジチャリス
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・チョリーッスさんな」


ロジチャリス
「チャリスです 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・言葉は大切に使え」


ロジチャリス
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・アンタが、さっき喋ってたような若者言葉やスラングは、ある種の仲間意識を強めるために、効果的なのかもしれねえ」


ロジチャリス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、その効果を勘案した上で、それでも『言葉』は、大切に使った方がいい」


ロジチャリス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「言葉には魂が宿る。『言霊』だ」


ロジチャリス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ネガティブな言葉を発すれば、必ず自分自身に、ネガティブなフィードバックが発生する」


ロジチャリス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人の悪口を言えば、自分の体内に毒性の物質が分泌され、長期的には、健康を損なう原因となる」


ロジチャリス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「悪口だけでなく、自分の境遇を嘆く自虐、他者を羨望する嫉妬、他者の転落を喜ぶ優越感…」


ロジチャリス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「これらはすべて、負のフィードバックによって、自分自身の心と体を傷つけることになるだろうぜ」


ロジチャリス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「逆に、真の意味でのポジティブな言葉は、自分自身にプラスのフィードバックを生む」


ロジチャリス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そう考えると、スラングなどの崩しすぎた言葉の乱用は、ボキャ貧を招き、より良い人生から遠ざかる可能性があるのかもしれねぇな」


ロジチャリス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ロジチャリス
「・・いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ロジチャリス
「・・心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ロジチャリス
「ありがとう。シゲさん。ボク、自分が発する言葉というものを、あまりにも軽く考えていました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



ロジチャリス
「言葉は、自分自身にも、そしてそれを聞かされた人にも、良くも悪くも強い影響を及ぼす。だから言葉を発する者には、責任があるんですね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかもしれねえな」



ロジチャリス
「ありがとうございました!今週のラジニケ、清々しい気持ちで、福島競馬場に向かえそうです!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券買っとくぜ」



ロジチャリス
「ブルースリさんにも謝らなきゃな。つーか大丈夫かな、あの人。・・・ん?ブルースリさんのカバンから、何か落ちたぞ?・・・なんだこれ・・DVD?」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ・・ほら。どんな言葉で責められたいんだい?感じてんじゃないよ!このド変態ブタ野郎!!』



ロジチャリス
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



ロジチャリス
「・・・シゲさん。夏の福島で、重賞ウイナーになってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ