宝塚記念2015~ ゴールドシップ『緊張は自分の中で勝手に作り出している錯覚にすぎない』



◆宝塚記念2015


【ゴールドシップ】

○Gold Ship
○牡6
○父ステイゴールド
○馬名 意味由来⇒ 黄金の船

==========



◆緊張は自分の中で勝手に作り出している錯覚にすぎない



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「ねえねえ、レナた~ん♪フルーツ盛り合わせ、口移しで食べさせて~♪ん~ 唇」


No.1キャバ嬢レナ
「コラー♪当店は、口移しは禁止だじょ♪うふふ♪ 指」



オウケンブルースリ
「ちぇー。じゃあさ、レナたんが一回、口に入れたフルーツを、手で食べさせ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「マジムリ」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえ、オウケンたん。今週は、大きなG1レースがあるんでしょう?」


オウケンブルースリ
「ああ。春の総決算、宝塚記念な」



No.1キャバ嬢レナ
「へー。今年の注目は、どのお馬さんなのぉ?」


オウケンブルースリ
「うーむ…。アイツなんだが、あまり言いたくねぇな 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「アイツ?」


オウケンブルースリ
「ああ。この『しゃべ馬』史上、最悪の下品キャラだ」



No.1キャバ嬢レナ
「えー。オウケンたんより、ゲス野郎なのぉ?」


オウケンブルースリ
「レ、レナたん 泣」



   ガチャ



ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠」


オウケンブルースリ
「・・・はい出た」



No.1キャバ嬢レナ
「あー♪シップたんだぁー♪ゲス野郎って、シップたんのことぉ?」


ゴールドシップ
「誰が、ゲス野郎だ 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「シップたん、いらっしゃいませ♪」


ゴールドシップ
「フッ。おいらの名前はゴールドシップ。現役トップの大人気カリスマホース! 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「すごぉーい。シップたん、相変わらず人気あるんだねっ♪」


オウケンブルースリ
「・・ケッ。『自称』カリスマホースだろ・・ ブツブツ」



ゴールドシップ
「フッ。オウケンさん。おいらのことを知らない読者さんのために、かっこよく紹介してください 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・・ 喜」



オウケンブルースリ
「・・・そう。コイツは、皐月賞・菊花賞・有馬記念・宝塚記念・天皇賞春と、数々のビッグレースを制した歴史に残る名馬だが、同時に、ドスケベであり、しかも激烈にワガママな男。それがゴールドシップ」」


ゴールドシップ
「ぬ 汗」



オウケンブルースリ
「馬房で、隣の牝馬に一晩中、発情して体力を消耗して惨敗したり、さらには、スタート直前のゲート内で、隣の牝馬に発情して出遅れる男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ぬぬ 汗」



オウケンブルースリ
「ゲートの中で、JRAの職員のオッサンにケツを叩かれ、ブチギレて、ゲート内で咆哮するという、あり得ない姿が全国ネットで流れる男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠」



オウケンブルースリ
「東京と京都はキライだから全く走らず、自分が好きな阪神と中山でしか真剣に走らないワガママ男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ぬぬぬー 汗」



オウケンブルースリ
「とか言ってたら、前走の天皇賞春では、『京都だから無理だ』と、みんなが言い出したらブチ切れて、急にやる気を出して勝ってしまうという、喜怒哀楽がハンパない男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ぬぬぬぬー 汗」



オウケンブルースリ
「さあ。読者のみなさん。それがゴールドシップだ。わかったかな?・・・はい。紹介終わり」


ゴールドシップ
「うぬぬーー!!全然かっこよくなーい!!ギャオーーッス!!吠怒」



オウケンブルースリ
「まあ怒るなって。ほら。お前の大好きなレナたんも、怖がってるぞ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 震」



ゴールドシップ
「ぬ。・・・震えているのかい?子猫ちゃん。怖がらなくてもいいんだよ。さぁ、こっちへおいで・・・ハァハァ 立」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「イギャオーーッス! 泣」



オウケンブルースリ
「発情するなバカ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「おいシップよ。マジでおまえ、今回は、『同一G1 3連覇』という、史上初の記録がかかってっけど、自信はどうよ?」


ゴールドシップ
「ふっ。そんなに聞きたいですか? 喜」



オウケンブルースリ
「いや別に」


ゴールドシップ
「ブッ! 吹鮪」



オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 なんかツナ的なものが飛んできたぞ! 汗」


ゴールドシップ
「あ。失礼。お昼に食べた、シーチキンマヨおにぎりの具が飛んでしまいました。フキフキ」



オウケンブルースリ
「まあしかし、スポーツ新聞にも『不沈艦ゴールドシップ!3連覇へ!』って、派手な見出しが踊ってるな」


ゴールドシップ
「ふっふっふ。歴史を塗り替えて、『しゃべ馬』レギュラーの座を確たるものとしますよ 喜」



オウケンブルースリ
「不沈艦って言うけど、沈没しまくってるだろ。コイツは」


ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠」



オウケンブルースリ
「・・・しかし、阪神コースは、7戦6勝。負けた1回も、本格化前の2歳のラジニケの2着か。あまりにもパーフェクトだな」


ゴールドシップ
「むっふっふ 喜」



オウケンブルースリ
「横山典弘氏は、ゴールドシップに4回乗って、G1を2勝。連を外したのは凱旋門賞のみと」


ゴールドシップ
「ふふん 喜」



オウケンブルースリ
「エピファネイア・キズナといったライバルも不在で、相手関係も比較的ラクと」


ゴールドシップ
「ぬふふ 喜」



オウケンブルースリ
「・・・これだけ条件が揃っているということは、まさかオマエ、これらすべてを壮大なフリとして、まさかの惨敗という大オチを狙っているのか?」


ゴールドシップ
「ね、狙うかっ! 汗」



オウケンブルースリ
「あと、前回の天皇賞春は、3200mの長丁場ということもあって、進路が自在に選択できたが、例えば今回もし、馬群で揉まれて外に出せなくなったりすると、意外とヤバイんじゃねえか?」


ゴールドシップ
「フッ。オウケンさんね」


オウケンブルースリ
「ん?」



ゴールドシップ
「安心してください! 笑顔」


オウケンブルースリ
「安村 汗」



ゴールドシップ
「ホラ。よく見てください。今回、宝塚記念には5頭も牝馬が出てきます」


オウケンブルースリ
「は?」



ゴールドシップ
「揉まれる?いーじゃないですかー!お客さーん! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ゴールドシップ
「牝馬に揉まれるなら、3連覇を逃しても本望! 喜」


オウケンブルースリ
「さ、最低だ 汗」



ゴールドシップ
「『揉まれて外に出せない』ですって?・・・違う!むしろ逆に、『揉んで中に出・・』」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「イギャオーーッス! 泣」



オウケンブルースリ
「ほら。レナたん。これが、しゃべ馬史上、最凶のゲス野郎だ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ケッ。こんな奴に、しゃべ馬レギュラーの座を奪われてたまるか。あ、レナたん。オレちょっとトイレね」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ゴールドシップ
「タ、タライ痛い… 泣」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・シップたん、水割りおかわりする?」


ゴールドシップ
「するギャス 指」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・わざとでしょ」


ゴールドシップ
「ギャス?」



No.1キャバ嬢レナ
「・・わざと最低な話してる」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・怖い?」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「同一G1 3連覇は、メジロマックイーンさんでさえ成し得なかった、夢の記録だもんね」


ゴールドシップ
「・・うん・・ 震」



No.1キャバ嬢レナ
「しかもここを勝てば、歴代G1勝利数1位タイ、だもんね」


ゴールドシップ
「・・・・ 震」



No.1キャバ嬢レナ
「怖くて・・眠れないよね」


ゴールドシップ
「うん・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・・ 震」



No.1キャバ嬢レナ
「・・怖がらないで・・ 手触」


ゴールドシップ
「・・・レナたんの手・・あったかいギャス・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 見」


ゴールドシップ
「・・・・ 見」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・緊張なんて、自分の中で勝手に作り出している錯覚にすぎない 手触」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・『かっこよく見られたい』『いい結果を出したい』『記録を残したい』・・自分の中の欲望が、プレッシャーに変わるだけ」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「『無欲の追い込み』とかって言うけど、無欲の強さは、自分の能力を最大限に発揮できること」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「競馬でも人生でも、敵はどこにもいない。敵を作り出しているのは、自分の心」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「シップたんもさ、勝手に自分の中で、敵を作り出しちゃってるんじゃないのぉ~♪もしかしてだけどぉ~♪」


ゴールドシップ
「と、倒置法どぶろっく 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「自分の中で勝手に敵を作り出して、勝手にプレッシャーを感じて、勝手に自滅していく。そんな風にはならないで。」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「シップたんは、ただ自分の力を100%出し切ることだけ考えればいい」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だから・・」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「怖がらないで? 首傾」


ゴールドシップ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ごめん・・。傷つけちゃったね・・」


ゴールドシップ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「私バカだから・・。うまく言えなくて・・ 落」


ゴールドシップ
「・・・レナたん・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 落」



ゴールドシップ
「・・・ありがとう・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「え・・」



ゴールドシップ
「レナたんの言うとおりだ。おいらは、自分の中で勝手にプレッシャーを作り上げていただけなのかもしれない」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「レナたんのおかげで、3連覇を恐れることなく、宝塚記念に挑めそうギャス! 燃」


No.1キャバ嬢レナ
「うん」



ゴールドシップ
「能力を出し切って、結果もついてくれば、『しゃべ馬』レギュラーの座もゲット!」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 微笑」



ゴールドシップ
「じゃあまずは景気づけに、レナたん」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



ゴールドシップ
「・・・1回いいっすか? 立」


No.1キャバ嬢レナ
「は? 汗」



ゴールドシップ
「・・・い、一回だけ!ねえねえ優しくするから!ハアハア!!ギャオーーッス!!吠立」


No.1キャバ嬢レナ
「ぎ、ぎいやぁぁーー!!逃汗」



遠くから見てたオウケン
「・・・むう。レナたんの優しい言葉に対して、完全に恩をアダで返す男。それがゴールドシップ。やはり恐るべし」



  - つづく –

サブコンテンツ