エプソムカップ2015~ フルーキー『成長とは習慣を変えることである』



◆エプソムカップ2015


【フルーキー】

○Fluky
○牡5
○父 Redoute’s Choice
○馬名 意味⇒ 偶然に、まぐれ当たりの

==========



◆成長とは習慣を変えることである



≪喫茶JIROにて≫



  カランコロ~ン



喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ? 美声」


オウケンブルースリ
「あ。どーも。今日も『焼き鳥シゲ』が定休日だから、仕方なくここに来たんだけど。仕方なく」



喫茶店マスター 二郎
「ふっ」


オウケンブルースリ
「ん?」



喫茶店マスター 二郎
「またまたぁ~。ホントはこの店が大好きなんでしょぉ~?このこのぉ~! ツンツン 指」


オウケンブルースリ
「な、なんて気色悪いノリなんだ 汗 つーか、なんでこの店、電気ついてないんだ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「ほら、『二郎ちゃん素敵♪』って、言いなさいよぉー 喜」


オウケンブルースリ
「オ、オカマのマスターみたいになってるぞ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「え~!それって、オカマスター?いや~ん♪どんだけ~ 喜」


オウケンブルースリ
「・・・やっぱ帰るわ。じゃあな 怒」



喫茶店マスター 二郎
「待ちたまえ! 美声」


オウケンブルースリ
「何様だアンタ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「キミは、自分の物差しで測り切れない人間を、自分の心から排除して、安心を得ようとしているのか? 美声」


オウケンブルースリ
「いや、そういう訳じゃねえけど 汗」



喫茶店マスター 二郎
「自分と異なる人間を許容できない狭量な思考が、ひいては、争いや戦争を招いているのだ! 美声」


オウケンブルースリ
「す、すいません 汗」



喫茶店マスター 二郎
「自分と違ったタイプの人間からこそ、より多くを学べるのだ!」


オウケンブルースリ
「はい 汗」



喫茶店マスター 二郎
「わかったか!いい加減にしろ!このボケっ! 怒」


オウケンブルースリ
「ご、ごめんなさい 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ちょっと言い過ぎた。・・・温かいコーヒー、飲むか?」


オウケンブルースリ
「はい・・。ありがとうございます・・ 涙」



喫茶店マスター 二郎
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・だが今日は、コーヒー豆を切らしている。だから無理」


オウケンブルースリ
「じゃあ言うなや 汗」



  カランコロ~ン



オウケンブルースリ
「お。珍しく客だぞ。ホテルマン」


喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ? 美声」



フルーキー
「あ、ども。電気ついてないけど、営業してますか?」


喫茶店マスター 二郎
「もちろん営業しております。電気は、電気代を払っていないので、止まっております 美声」


オウケンブルースリ
「払えや 汗」



喫茶店マスター 二郎
「なぜか、お客が来ないので、電気代を払えません 美声」


オウケンブルースリ
「オマエの人格に問題があるからだろ 汗」



フルーキー
「すいません。注文いいですか?」


喫茶店マスター 二郎
「かしこまりました。ご注文の方、繰り返してよろしかったですか?」


フルーキー
「ま、まだ注文してないけど 汗」



オウケンブルースリ
「・・・おい兄ちゃん。このホテルマンはいちいち相手にするな。ストレスで胃をやられるぞ」


フルーキー
「え?」



オウケンブルースリ
「ん?兄ちゃん、よく見ると、今週のエプソムカップに出る・・」


フルーキー
「はい!フルーキーです! 喜」



喫茶店マスター 二郎
「・・・おいしそうな名前ですね。フルーティー。なんちゃってねっ! 美声」


オウケンブルースリ
「安田記念は回避したのか?」


フルーキー
「そうなんですよー」


喫茶店マスター 二郎
「む、無視っ! 汗」



フルーキー
「本当は、安田記念に出る予定だったんですけど、オーナーが急に、『安田記念はやめまする。エプソムカップで確実に賞金を加算しまする』、とおっしゃるものですから」


オウケンブルースリ
「オーナーは、そんな喋り方じゃねえだろ 汗」



フルーキー
「そんな経緯だったものですから、今週のエプソムカップは必死です。もし凡走したら、マジギレされますよ~ 汗」


オウケンブルースリ
「オ、オマエも大変だな 汗」



フルーキー
「前走のマイラーズカップは、ご存知の通り、超高速馬場で特殊な決着となりました」


オウケンブルースリ
「ああ。ディアデラマドレちゃんが、上がり31.9 という珍記録を出したレースな」



フルーキー
「マイラーズカップは、僕も頑張ったんですが5着まで。逃げた馬が33.2 で上がるレースでは、お手上げです」


オウケンブルースリ
「だな」



フルーキー
「ここ4戦の重賞では、0.0~0.2差の惜敗続き・・。そろそろ何とかしたい・・」


オウケンブルースリ
「まあな」



フルーキー
「1800mは、3戦3連対。今度こそ・・!!」


オウケンブルースリ
「はっはっは。あんまり力むな。リラックスしていけよ」



フルーキー
「ええ。そうですね。たはっ 汗」


喫茶店マスター 二郎
「・・・そう。力むのはトイレの中だけでよろし。なんちゃってねっ! 美声」



オウケンブルースリ
「エイシンヒカリが出てくるな」


フルーキー
「そうなんですよー」


喫茶店マスター 二郎
「また無視っ! 汗」



フルーキー
「・・・エイシンヒカリ。7戦6勝。勝った6戦は、ほぼすべてが、ワンサイドゲームの逃げ切りですからね」


オウケンブルースリ
「ああ。今回と同じ東京コースで行われた、アイルランドトロフィーは、大逃げから、直線はナナメに走って、外ラチまで突撃して行った上に、圧勝だったからな。破天荒だな」



フルーキー
「まあ、チャレンジカップでは、自分が先着した訳ですが、あの時は、エイシンヒカリは単勝1.9倍で、がっつりマークされて潰されましたからね。度外視でしょう」


オウケンブルースリ
「ふむ」



フルーキー
「自分も、チャレンジカップの時より成長した姿を見せないと!」


オウケンブルースリ
「だな」



フルーキー
「なんかこう、急成長するような裏技ってないですかね?」


オウケンブルースリ
「急成長かあ」



フルーキー
「短期的な努力で、ドーン!と急成長するようなやり方を見つけたいですよ」


オウケンブルースリ
「そんなのあるか?」


フルーキー
「ありますかね?」



オウケンブルースリ
「・・・・」


フルーキー
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ございません」


フルーキー
「え?」



喫茶店マスター 二郎
「確かに、多くの人は、短期で結果を出す方法を求めたがります」


フルーキー
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「何かの技術を身につける時、『毎日10分を5年間やり続ける』のと、『合宿で3日で終わらす』のと、フルーティー様は、どちらの方法を選びますか?」


フルーキー
「そ、そりゃー3日でしょ。5年なんて無理ですよ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・・」


フルーキー
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「そう。ほとんどの人は、フルーティー様と同じ考えでしょう」


フルーキー
「フ、フルーキーです 汗」



喫茶店マスター 二郎
「しかしながら、だからこそ、ほとんどの人が自分の納得のいく成果を得ることができないのです」


フルーキー
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「要するに、短期で身につくような技術は、誰でもできてしまう。誰でもできるようなことに価値はなく、その先に成功もありません」


フルーキー
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「『毎日10分を5年間やり続ける』なんて、できる人はそう多くない。だからこそ前人未到チックであり、そこに稀少価値が発生します」


フルーキー
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・『成長とは習慣を変えること』です」


フルーキー
「習慣を・・」



喫茶店マスター 二郎
「そう。習慣です。・・週刊プレイボーイではございませんよ?むほー! 喜」


フルーキー
「・・・・汗」



喫茶店マスター 二郎
「人間(馬)の全ては、毎日の繰り返す習慣によって作られます。心も体も全てが」


フルーキー
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「よって、習慣を変えることもなく、楽して、短期に結果だけを求める事は、注文してないコーヒーを待つのと同じくらい、愚行なのでございます」


オウケンブルースリ
「注文したけど、豆がねえんだろが 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・偉そうにすみません。フルーティー様ほどのお方には、目先の利益を追わず、長期的に成長していってほしかったものですから・・」


フルーキー
「・・・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



フルーキー
「・・・ありがとう・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



フルーキー
「ありがとう、ホテルマンさん!なんだか迷いが吹っ切れた気がします!」


喫茶店マスター 二郎
「そうですか。だとしたら、それはあなた様がご自身でつかんだ「気づき」でございますね 微笑」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな」


喫茶店マスター 二郎
「・・・いちけん・・おちつく・・?」



オウケンブルースリ
「いっけんらくちゃくだっ!!怒 落ち着いてどうすんだ!漢字の勉強しろや! 怒」


フルーキー
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「おし。じゃあ帰ろうぜ。フルーティー」


フルーキー
「フルーキーです 汗」



喫茶店マスター 二郎
「待ちたまえ 美声」


オウケンブルースリ
「何様だアンタ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・最後に私から、フルーティー様へ、激励の『川柳』を贈りますです! 喜」


フルーキー
「いや、いいです」


喫茶店マスター 二郎
「ブッ! 吹」



フルーキー
「う、うわっ!汗 吹き出さないでください!ヨダレがっ!!汗」


喫茶店マスター 二郎
「激励の川柳を贈りますです。さあ遠慮なさらず」


フルーキー
「くっ・・。聞かないと帰れないのか・・ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「575でバシッと決めます。・・・行きますですよ!!」


フルーキー
「・・・・」



『積み重ね
 これでもか これでもかと積み重ね
 成長した先に
 重賞初制覇エプソムカプ♪』



喫茶店マスター 二郎
「・・・ご清聴、ありがとうございましたです 照」



オウケンブルースリ
「・・・エプソムカプとか、強引に短くしてるな 汗」


フルーキー
「・・・短くしても語呂はメチャクチャですね 汗 もはや川柳の575リズムは、どこにもありません 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・・ 喜」



  - つづく –

サブコンテンツ