ダービー2015~ ドゥラメンテ『感情の奴隷となる者は、自滅の悪循環に陥る』



◆ダービー2015


【ドゥラメンテ】

○Duramente
○牡3
○父キングカメハメハ
○馬名 意味⇒ 荒々しく

==========



◆感情の奴隷となる者は、自滅の悪循環に陥る



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「いよいよ、ダービーウィークだね!シゲさん! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「オレも、歴代のダービー馬として、いろんなマスコミにゲストとして呼ばれるんだろうな! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「アンタ、ダービー出てねえぜ 汗」



オウケンブルースリ
「やっぱダービーだから、有り金を全部ぶっこむしかないな! 燃」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ゴッホさんに怒られるぜ 汗」



オウケンブルースリ
「春のG1は、1番人気が連敗中だけど、ダービーは1番人気の信頼度が高いレースだよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「今年の1番人気は、誰でしょうねえ」



オウケンブルースリ
「うーん・・。たぶん、サンデーレーシングのどっちか・・」



  ガラガラッ



ドゥラメンテ
「ちょっと待っドゥーー! 叫」


焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」



オウケンブルースリ
「む。おまえは・・」


ドゥラメンテ
「・・オウケンさん・・。1番人気はオレに決まっドゥラでしょ! 手」



オウケンブルースリ
「・・おう。皐月賞馬のお出ましか」


ドゥラメンテ
「フッ。皐月賞馬?いやいや、三冠馬と言ってくれメンテ! 喜」


オウケンブルースリ
「・・イラッと来るタイプだな ブツブツ」



ドゥラメンテ
「あ。シゲさん。焼酎のドゥラ割りを」


オウケンブルースリ
「な、なに割り? 汗」


ドゥラメンテ
「ドゥラ割り」


オウケンブルースリ
「え?」


ドゥラメンテ
「ドゥラ割り」



オウケンブルースリ
「おまえさあ、シゲさんを困らせるなよ。そんな注文、誰がわかるんだよ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「焼酎のドゥラ割りおまち」


オウケンブルースリ
「わ、わかるんかいっ! 汗」



ドゥラメンテ
「おっしゃー!いただきまーす!・・ゴクゴク・・。プハァ~!やっぱり夏は、ドゥラメンテ! 指」


オウケンブルースリ
「何のCMだよ 汗」



ドゥラメンテ
「・・オウケンさん。ドゥービーはオレが勝たせてもらいますよ」


オウケンブルースリ
「な、なんて? 汗」



ドゥラメンテ
「ドゥービーはオレが勝たせてもらいますよ」


オウケンブルースリ
「ダービーって言ってんのか? 汗」



ドゥラメンテ
「皐月賞で発動したオレのアビリティ『神風ドリフト』が、ドゥービーでも発動する! 喜」


オウケンブルースリ
「・・東京コースで4コーナーからドリフトしてたら、確実に最後、脚上がるだろ 汗」



ドゥラメンテ
「とは言え、皐月賞はちょっとハマった感もある」


オウケンブルースリ
「ふむ」



ドゥラメンテ
「枠順も絶好だったし、ミルコ・デムーロは中山コースが大好き」


オウケンブルースリ
「だな」



ドゥラメンテ
「ついでに言うと、皐月賞の『神風ドリフト』発動の影響で、激走の反動がないとも言い切れない」


オウケンブルースリ
「ド派手な勝ち方だったからな。疲れが心配だな」



ドゥラメンテ
「皐月賞では、ドゥーーン!!って、伸びましたからね」


オウケンブルースリ
「いや、それは知らないけど 汗」



ドゥラメンテ
「やはりライバルは、同じサンデーレーシングのリアルスティール」


オウケンブルースリ
「うん」



ドゥラメンテ
「共同通信杯では奴に負けたドゥラが、あの時は俺が断然人気で動きづらく、奴は3番人気で気楽に最内を回っていたドゥラ」


オウケンブルースリ
「まあな」



ドゥラメンテ
「奴のことは、皐月賞でボコボコにしてやったが、まだ気がすまねぇ。ダービーでもボコボコにして、共同通信杯での赤っ恥を払拭してやるドゥラ! 怒」


オウケンブルースリ
「あんまりイレ込んだら、惨敗するぞ 汗」



ドゥラメンテ
「ドゥラメンテとは、『荒々しく』の意!」


オウケンブルースリ
「ほう」



ドゥラメンテ
「小さくまとまったリアルスティールを、荒々しく、ヒジテツでボコボコにしてくるぜ! 怒」


オウケンブルースリ
「やめなさい 汗」



ドゥラメンテ
「俺のことを、『ポスト オルフェーヴル』と言う専門家もいる」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ドゥラメンテ
「だが、オルフェーヴルより、俺の方が上だ」


オウケンブルースリ
「ジャーニーさんに怒られるから 汗」



ドゥラメンテ
「ドゥラフェーヴルに改名しようかな 照」


オウケンブルースリ
「ただのファンじゃねえか 汗」



ドゥラメンテ
「・・・そして何より・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



ドゥラメンテ
「・・・母ちゃん」


オウケンブルースリ
「ああ。おまえの母ちゃんって、あのアドマイヤグルーヴだろ?」



ドゥラメンテ
「・・・母ちゃんは、俺を産んで数ヶ月後に、あの世に旅立っちまった・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ドゥラメンテ
「母ちゃんは、サンデーサイレンス×エアグルーヴというスーパー良血繁殖牝馬だった。まだ12歳・・これからもっとたくさんの子供を産むはずだった」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ドゥラメンテ
「もしかしたら、俺が、おなかの中で荒々しく暴れまくったから、母ちゃんに負担がかかったのかも・・ 落」


オウケンブルースリ
「それは関係ねえって。おまえのせいじゃねえさ」



ドゥラメンテ
「俺が、ラストクロップになっちまった・・ 落」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ドゥラメンテ
「・・・母ちゃん。見てるか?オレ、皐月賞馬になったよ・・ 涙」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



ドゥラメンテ
「・・・母ちゃん。今週、あなたの息子が日本一になるからな・・ 涙」


オウケンブルースリ
「ああ。きっと天国から応援してくれてるよな」



ドゥラメンテ
「・・・母ちゃん。小学生の頃、荒々しく転んで、膝を擦りむいて泣いていた俺に、『痛いの痛いのとんでけ~』と言って、優しく微笑んでくれた母ちゃん」


オウケンブルースリ
「・・・つーか、母ちゃんは、オマエを産んで数ヵ月後に、天国に行ったのでは? 汗」



ドゥラメンテ
「・・・母ちゃん。中学生の頃、俺の部屋を勝手に掃除して、ベッドの下にあったエロ本を、そっと机の上に置いてくれた母ちゃん」


オウケンブルースリ
「・・・・ 汗」



ドゥラメンテ
「・・・母ちゃん。高校生の頃、部屋に彼女を呼んだ時、ドアの外から、紙コップで中の音を聞こうとしていた母ちゃん」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ドゥラメンテ
「・・・母ちゃん。大学の卒業間際、なかなか就職が決まらなかった俺のために、第一志望の会社の人事の人に、こっそり大金を渡してくれた母ちゃん」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ドゥラメンテ
「・・・大好きな母ちゃんに、日本競馬の最高峰、ダービーの勝利を捧ぐ・・」


オウケンブルースリ
「が、頑張れよ 汗」



ドゥラメンテ
「勝ってやる・・。母ちゃんのために。そして、高校生の頃、母ちゃんの紙コップ事件のせいでフラれた彼女のために!」


オウケンブルースリ
「それは知らん 汗」



ドゥラメンテ
「勝ってやる・・。ワイロがばれて、クビになった会社の奴らを見返すために!」


オウケンブルースリ
「それは自業自得 汗」



ドゥラメンテ
「たくさんの人への、さまざまな思いが、俺のパワーとなる!うぉぉーー!エイドリアーーン!! 叫」


オウケンブルースリ
「・・・シゲさん。一言どうぞ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ドゥラメンテ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・情熱は時として、成功の邪魔になる」


ドゥラメンテ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「熱い感情というのは、行動の『初動』を促すエネルギーにはなるが、それ以上にはならねぇ」


ドゥラメンテ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「成功への最短距離があるとすれば、『成功のために必要な行動のリストアップ』と『その行動を無心でやり続ける継続力』だ」


ドゥラメンテ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、そこに情熱的すぎる感情が流入すると、雑念によって、微妙に行動が妨げられる」


ドゥラメンテ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それはほんのわずかな誤差だ。だが、誤差も積もれば山となる」


ドゥラメンテ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「あんたは、母ちゃんのためではなく、フラれた彼女のためでもなく、ただ純粋に走ればいい」


ドゥラメンテ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「感情の奴隷となる者は、自滅の悪循環に陥る」


ドゥラメンテ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「覚えておきなせえ」


ドゥラメンテ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ドゥラメンテ
「・・いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドゥラメンテ
「・・心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドゥラメンテ
「ありがとう。シゲさん。俺、ダービーということで知らず知らずのうちに、イレ込みすぎていたのかもしれない」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



ドゥラメンテ
「生涯1度の日本ダービー。頭の中から雑念を排除して、純粋な気持ちで頑張ってきます!応援しててくださいね!シゲさん!オウケンさん!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券買っとくぜ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。まあ情熱も諸刃の剣ってことだな。一件落着か。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



ドゥラメンテ
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・なんだこれ・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】変態と情熱のあいだ~ 全米が立った!エロデミー賞 最有力候補!』



ドゥラメンテ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



ドゥラメンテ
「・・・シゲさん。ダービーを勝って、日本一になってまた来ますね。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ