オークス2015~ レッツゴードンキ『心の迷いやイラ立ちは文章にすれば消える』



◆オークス2015


【レッツゴードンキ】

○Let’s Go Donki
○牝3
○父キングカメハメハ
○馬名 意味⇒ さあ進もう「ドンキホーテ」のように。

==========



◆心の迷いやイラ立ちは文章にすれば消える



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「いやー、ヴィクトリアマイルは大荒れだったねー。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「三連単2000万馬券!100円買っときゃー2000万円!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ですねえ」



オウケンブルースリ
「100円だけ買っとけば良かった・・ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「無理だぜ 汗」



オウケンブルースリ
「たった100円をケチったばかりに、2000万損した!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「発想がおかしいぜ 汗」



オウケンブルースリ
「2000万当たってたら、ここのツケも払えたんだけどなぁー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「払う気ねえな 汗」



オウケンブルースリ
「2000万あったら、レナたんのほっぺを札束でペチペチして、あとは金にものを言わせて、(ピ~~)したり、(ピ~~)させたり、ぐへへ~~ 喜」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「ぐはぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「・・・ちょっとアンタら、神聖な優駿牝馬の回に、なに放送禁止トークしてんすか 怒」



オウケンブルースリ
「・・い、痛い・・ 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「オ、オレは何も言ってねえぜ 汗」



オウケンブルースリ
「う・・・おまえは・・ 頭痛」


レッツゴードンキ
「・・・桜花賞馬 レッツゴードンキです。さっきから隣で聞いてました 怒」



オウケンブルースリ
「そ、それはいいんだけど、今、オレの後頭部を殴らなかったか? 痛」


レッツゴードンキ
「殴りました」



オウケンブルースリ
「め、めっちゃ痛いんだけど、なにで殴った? 汗」


レッツゴードンキ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・・ドンキのようなもので殴りました」


オウケンブルースリ
「なるほど♪レッツゴードンキだけに、鈍器のようなものね♪それなら納得♪・・・コラー!!怒」



レッツゴードンキ
「あ。シゲさん。注文いいですか?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。何にしやすかい?」



レッツゴードンキ
「じゃあ・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「おろしそバーグディッシュを」


オウケンブルースリ
「なるほど♪レッツゴードンキだけに、びっくりドンキーのハンバーグね♪それなら納得♪・・・いやいや。だったら最初から、びっくりドンキー行けよ。シゲさんも怒るでしかし」



焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよっ」


オウケンブルースリ
「怒れや 汗」



レッツゴードンキ
「しっかり食べて、2冠とるぞっ! 燃」


オウケンブルースリ
「・・・ふむ。ぶっちゃけ自信のほうはどうよ?鈍器ちゃん」



レッツゴードンキ
「はい。ご存知の通り、オークスは2400mです」


オウケンブルースリ
「だな」



レッツゴードンキ
「そして、ワタシの母ちゃんは、ダートの1200mがめっちゃ得意なスプリンターです」


オウケンブルースリ
「終わったな 汗」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「ごあぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「・・・勝負は、下駄を脱ぐまでわからない! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「下駄を履くまで、な 汗」



オウケンブルースリ
「鈍器のようなもので殴るな! 汗」


レッツゴードンキ
「・・・前走 桜花賞のワタシの、ハイペース逃げを見た?あの強さ!2冠濃厚! 燃」


オウケンブルースリ
「どこがハイペース逃げだ!ドスローの、へなちょこ逃げじゃねえかっ! 汗」



レッツゴードンキ
「ちなみに私のオーナーは、先週のヴィクトリアマイルを制した、ストレイトガール先輩と同じ。この勝負服。縁起がいい 喜」


オウケンブルースリ
「うーむ。縁起が良いと言うより、むしろ2週連続G1は難しいような 汗」



レッツゴードンキ
「・・・とは言え・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



レッツゴードンキ
「やはり今回も、あの女が最大のライバルだわ・・」


オウケンブルースリ
「あの女?」



レッツゴードンキ
「そう。ルージュバック。怪物なのか、ザコなのか・・判断できないところが、逆に恐ろしい」


オウケンブルースリ
「ザコゆうな 汗」



レッツゴードンキ
「ルージュバックは、桜花賞までは大勢のマスコミを引き連れていたけど、桜花賞を負けると、みんな手のひらを返したようにいなくなったからね」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



レッツゴードンキ
「このあいだの昼休みも、公園で1人でお弁当食べてたよ。ハトにエサあげてたし」


オウケンブルースリ
「やめなさい 汗」



レッツゴードンキ
「でも、負け知らずでチヤホヤされてきたあの子にとって、初めての敗戦と挫折と屈辱・・」


オウケンブルースリ
「だな」



レッツゴードンキ
「若い頃に成功してしまった人は、一度つまずくと、大抵ダメになってしまう。強靭なメンタルを育む必要がなかったからね」


オウケンブルースリ
「まぁな」



レッツゴードンキ
「でも・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



レッツゴードンキ
「・・・まれに、その屈辱を自分自身の心でしっかりと受け止めて、挫折をエネルギーにして、カムバックしてくる奴がいる」


オウケンブルースリ
「ふむ」



レッツゴードンキ
「そういう奴は怖い。『才能と屈辱の融合』は、マジで怖いと思うんだ」


オウケンブルースリ
「なるほどな」



レッツゴードンキ
「そういう意味で、ルージュバックが、真の女王たる器かどうか。このオークスでわかるだろうね」


オウケンブルースリ
「うん。鈍器ちゃん、しっかり分析してるんだな」



レッツゴードンキ
「まあ、ヴィクトリアマイルを見てもわかるとおり、東京コースは前残り馬場だから、アタシが差されることはないでしょ」


オウケンブルースリ
「距離の壁があるかもしれないだろ」



レッツゴードンキ
「よしんば、アタシがルージュバックに差されそうになったとしても、後頭部を鈍器のようなものでブン殴ってやるから大丈夫」


オウケンブルースリ
「降着な 汗」



レッツゴードンキ
「あ~、でも距離に不安があるから、先行しないで、差しに回った方がいいのかなあ~・・」


オウケンブルースリ
「難しいところだな」



レッツゴードンキ
「う~ん、でもでも~、末脚のキレではアタシよりすごい子がいっぱいいるし~ 汗」


オウケンブルースリ
「まあな」



レッツゴードンキ
「どどど、どうしよう!汗 頭の中が、こんがらがってきちゃった! 汗」


オウケンブルースリ
「落ち着け 汗」



レッツゴードンキ
「ヤバイ!汗 焦ってきちゃった!どうしたらいいのぉ~!バイトリーダー! 汗汗」


オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・助けを求められてますよ。バイトリーダーのシゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「て、店主なのに、なんでバイトリーダーだ 汗」



レッツゴードンキ
「こ、この心のざわつきを止める方法を教えてください!バイトリーダーのシゲさん! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


レッツゴードンキ
「・・・・ 汗汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・散らかった思考は、文章にすれば整う」


レッツゴードンキ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「散らかった思考、すなわち、焦りやイラだち。あるいは漠然とした不安。これらは思考のままで放置するから、脳の中で暴れてしまうんだぜ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「脳の中で、このような思考が暴れ回るときは、それを紙に書けばいい」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ノートでもメモ紙でも何でもいいが、できれば、スマホアプリなどのデジタルより、アナログな紙の方がいい」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「紙に自分のまとまらない思いを書きなぐるうちに、思考が整理され、心も穏やかになっていく」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして、『なぜ自分は不安だったのか?』『今後どうすれば不安にならずに済むのか?』を、しっかりとまとめておくことだ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ポイントは、なるべく自分の主観的な『感情』は書かずに、客観的な『事実』だけを書いていくことだな」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「こんなめんどくせえ事は、誰もやらねえ。だが、誰もやらない事にこそ、価値があるんだぜ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


レッツゴードンキ
「・・いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「ありがとうございます。シゲさん。私、今まで自分の思考を放置していました。これからは文章を書いて、心を整えてみたいと思います」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



レッツゴードンキ
「オークス、頑張ってきます!応援しててくださいね!シゲさん!オウケンさん!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券買っとくぜ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。じゃあオレは帰るぜ」



   バサッ



レッツゴードンキ
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・なんだこれ・・手書きの文字・・・原稿用紙?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【官能小説】文字に凝縮されたエロス~ オウケンくんとナースの禁断の世界♪♪』



レッツゴードンキ
「・・・じ、自作の官能小説・・?」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



レッツゴードンキ
「・・・シゲさん。オークスまでに、自分の心を整えて能力を出し切れるように頑張ります。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さようなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ