NHKマイルカップ2015~ アルマワイオリ『屈辱を知る者は、長く活躍する』



◆NHKマイルカップ2015


【アルマワイオリ】

○Arma Waioli
○牡3
○父マツリダゴッホ
○馬名 意味由来⇒ 冠名+歓喜の涙

==========



◆屈辱を知る者は、長く活躍する



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「あぁ~!ゴールデンウィークだってのに、女っ気がないよぉー!シゲさあーん! 泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「知らねえぜ 汗」



オウケンブルースリ
「あーあ。春天の三連単が当たってたら、ツケを払えたんだけどなー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ツケが先だろ 汗」



オウケンブルースリ
「こうなったら、パッキャオに全財産ブチ込むしかないかー!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「もう負けたぜ 汗」



オウケンブルースリ
「むうー。やっぱり競馬だ!今週は、YKKマイルカップ! 燃」


焼き鳥屋 店主シゲ
「NHKな 汗」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃ・・」



マツリダゴッホ
「じゃあ勝ったら、妖怪ウォッチのパジャマを買ってやろうマツリダ。なあ、ワイ君」


アルマワイオリ
「ちょっと父ちゃん。ボクもう子供じゃないんだからさー」



オウケンブルースリ
「しゃべりながら入ってくんな 汗」


マツリダゴッホ
「む。オウケン氏。おぬし、なぜこんな所にいるのだマツリダ?」


オウケンブルースリ
「それはこっちのセリフだ 汗」



アルマワイオリ
「オウケンさん!ちっす!」


オウケンブルースリ
「おう。おまえはゴッホさんの息子の、アルマオマワリ君だな」


アルマワイオリ
「ワイオリです 汗」



マツリダゴッホ
「いや、むしろワイ君ですマツリダ」


オウケンブルースリ
「アンタは黙ってろ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ゴッホさん、ワイさん。飲み物はどうしやすかい?」


マツリダゴッホ
「うむ。ワイ君はまだ子供なのでジンジャーエールを。そしてワシは大人なので、いちごミルクを」


オウケンブルースリ
「アンタの方が子供用じゃねえか 汗」



マツリダゴッホ
「オウケン氏よ」


オウケンブルースリ
「ん?」



マツリダゴッホ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・・何を言おうとしたか忘れマツリダ」


オウケンブルースリ
「なんなんだアンタは 汗」



マツリダゴッホ
「あ。思い出しマツリダ」


オウケンブルースリ
「うん」



マツリダゴッホ
「・・・やっぱり忘れマツリダ」


オウケンブルースリ
「テキトーにしゃべんなや 怒」



マツリダゴッホ
「でも、そんなところがカワイイ ゴッホさん」


オウケンブルースリ
「やかましいわっ! 怒」



マツリダゴッホ
「オウケン氏よ」


オウケンブルースリ
「なんだよっ! 怒」



マツリダゴッホ
「今週のTBSマイルカップ。マツリダゴッホ産駒祭りとなるだろうマツリダ」


オウケンブルースリ
「ややこしいわっ!汗 そしてTBSはツッコまねえからな! 汗」



マツリダゴッホ
「ホトァルも出るからなマツリダ」


オウケンブルースリ
「だ、誰?」



マツリダゴッホ
「ホトァルーー!! 邦衛」


オウケンブルースリ
「邦衛って書くな 汗」



マツリダゴッホ
「アルマワイオリと、クールホタルビ。マツリダゴッホ産駒のワンツーで特大の万馬券祭りだマツリダ」


オウケンブルースリ
「ややこしいわっ! 汗」



マツリダゴッホ
「ホトァルも、前走の桜花賞好走の勢いそのままに、今週もやってくれるはずだマツリダ」


オウケンブルースリ
「クールホタルビは、桜花賞シンガリ追走からの、シンガリ負けじゃねえか 汗」



マツリダゴッホ
「とは言え、ライバル勢も強力マツリダ」


オウケンブルースリ
「うん」



マツリダゴッホ
「グランシルクとアヴニールマルシェの末脚は、やはり警戒しなければならんだろうマツリダ」


オウケンブルースリ
「だな」



マツリダゴッホ
「まあ、末脚の破壊力なら、ワイ君はオルフェーヴル級だがなマツリダ」


オウケンブルースリ
「親バカ はなはだしいな 汗」



マツリダゴッホ
「そして今の東京コースは、インコースの状態が良いので、牝馬とは言え、逃げて3連勝中の トレビアーノの前残りにも警戒マツリダ」


オウケンブルースリ
「アルビアーノだっ! 怒」



マツリダゴッホ
「え?」


オウケンブルースリ
「アルビアーノ!」



マツリダゴッホ
「・・・トレビアーノって、なんやねんマツリダ」


オウケンブルースリ
「それは、ワイン用のぶどうだろ 汗」



マツリダゴッホ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「やかましいわマツリダ」


オウケンブルースリ
「アンタだっ! 怒」



アルマワイオリ
「・・・・ 落」


マツリダゴッホ
「ん?どうした?ワイ君。ジンジャーエール飲んだら、おなか痛くなっちゃったかマツリダ?」



オウケンブルースリ
「アンタ、シゲさんに失礼だな!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



アルマワイオリ
「・・・アルビアーノちゃんは、すごいよ」


マツリダゴッホ
「む」



アルマワイオリ
「デビューから3連勝。後続を寄せ付けないスピード・・」


マツリダゴッホ
「むう」



アルマワイオリ
「東京コース実績もある。1800mのフラワーカップも制し、NHKマイルカップで必要とされるスタミナもある」


マツリダゴッホ
「むむ」



アルマワイオリ
「確かに、若駒の逃げ馬は、連勝しやすい脚質ではあるけど、それでも無敗でNHKマイルカップまで来るのは、すごいと思う」


マツリダゴッホ
「うむ」



アルマワイオリ
「それに対して僕は、デビュー戦で圧勝したと思ったら、次は惨敗。3戦目でまた完勝したと思ったら、4戦目でまた敗退・・」


マツリダゴッホ
「・・・・汗」



アルマワイオリ
「傷だらけのキャリアで、美しくないよね。たはは 汗」


マツリダゴッホ
「そ、そんなことないぞ、ワイ君 汗」



アルマワイオリ
「いいんだ父ちゃん。自分が1番わかってる。つまずいてばかりの人生だ。ははは 苦笑」


マツリダゴッホ
「むむー」



アルマワイオリ
「はぁー 落」


マツリダゴッホ
「ワイ君・・」


アルマワイオリ
「・・・・ 落」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・不遇の時代を経て成功した者は、長く活躍する」


アルマワイオリ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「誰しも、最初から最後まで、つまづかずに挫折することなく、エリート街道を歩みたいと思っている」


アルマワイオリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、人生の前半で、いきなり他者からの称賛を浴びるような境遇になることは、必ずしも幸福を意味しない」


アルマワイオリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「慢心するからだ」


アルマワイオリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「『自分は大丈夫。謙虚だ』と思っていても、挫折なしで成功した者は、必ず、心のどこかに慢心の悪魔が巣食ってしまう。そしてその悪魔が、転落へといざなう」


アルマワイオリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「逆に、人生の前半で不遇の時代を過ごした者は、後半で伸びてくることが多い」


アルマワイオリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・挫折した経験。屈辱を受けた経験。絶望した経験・・。人生がイヤになるような、そんな経験こそが、その人間を根底で支えるバックボーンとなる」


アルマワイオリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからよ」


アルマワイオリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「若いうちは、傷だらけのキャリアでいい。屈辱的な経験は必要なんだぜ」


アルマワイオリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


アルマワイオリ
「・・はい・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


アルマワイオリ
「いえ!なんだかすっきりしました。失敗したことも、挫折も屈辱も、すべて糧として、今週のNHKマイルカップに挑みたいと思います!」



焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券買っとくぜ」


マツリダゴッホ
「・・ワイ君・・立派になって・・。むほほ 涙」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



アルマワイオリ
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】ナースの女王様~ ほら。屈辱的な格好をさせられて興奮してるのかい?このブタ野郎!!』



アルマワイオリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」



アルマワイオリ
「・・・シゲさん。挫折と屈辱を知る者の意地を見せてきます。応援しててくださいね。シゲさんと父ちゃん『だけが』応援しててくださいね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」


マツリダゴッホ
「う、うむ 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ