天皇賞春2015~ ゴールドシップ『なりたい自分の姿を言葉にし続けていると実現してしまう』



◆天皇賞春2015


【ゴールドシップ】

○Gold Ship
○牡6
○父ステイゴールド
○馬名 意味由来⇒ 黄金の船

==========



◆なりたい自分の姿を言葉にし続けていると実現してしまう



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「いよいよ今週は、伝統のG1、天皇賞春なんだぞー。レナたん」


No.1キャバ嬢レナ
「へー。それって、すごいレースなの?」



オウケンブルースリ
「ああ。3200mという、G1で最も長いレースで、ナンバーワン ステイヤーを決めるレースなんだぞー」


No.1キャバ嬢レナ
「すごーい♪」



オウケンブルースリ
「じゃあさ。日曜日は、オレと一緒に京都競馬場で、天皇賞春をライブ観戦しちゃう?」


No.1キャバ嬢レナ
「行きたーい♪」



オウケンブルースリ
「そしてその後は、高級ホテルのスイートルームで、オレの天皇賞が、春になってもいいかなっ? 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「マジムリ」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・『オレの天皇賞が春になる』って何?フケツー」


オウケンブルースリ
「くっ・・」



   ガチャ



No.1キャバ嬢レナ
「あ。いらっしゃいませー♪」


ゴールドシップ
「・・・ちょっとオウケンさん。伝統の天皇賞の回で、なにナンパしてんすか。天皇陛下に怒られますよ」



オウケンブルースリ
「む。おまえは・・」


ゴールドシップ
「フッ。おいらの名前はゴールドシップ。現役トップの大人気カリスマホース! 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「あー♪シップたん♪お久しぶりー♪」


ゴールドシップ
「でへ 照」



オウケンブルースリ
「・・・そう。コイツは菊花賞・有馬記念・宝塚記念と、数々のビッグレースを制した歴史に残る名馬だが、同時に、ドスケベであり、しかも激烈にワガママな男。それがゴールドシップ」」


ゴールドシップ
「ぬ 汗」



オウケンブルースリ
「馬房で隣の牝馬に一晩中、発情して体力を消耗したり、さらには、スタート直前のゲート内で、隣の牝馬に発情して出遅れる男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ぬぬ 汗」



オウケンブルースリ
「ゲートの中でJRAの職員のオッサンにケツを叩かれ、ブチギレて、ゲート内で咆哮する男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠」



オウケンブルースリ
「東京と京都はキライだから全く走らず、自分が好きな阪神と中山でしか真剣に走らないワガママ男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ぬぬぬー 汗」



オウケンブルースリ
「天皇賞春は京都競馬場なので、もちろん、過去2年連続惨敗している男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「ぬぬぬぬー 汗」



オウケンブルースリ
「阪神大賞典を3連覇しつつ、天皇賞春を3連続で惨敗するという珍記録に挑戦する男。それがゴールドシップ」


ゴールドシップ
「うぬー!! 汗」



オウケンブルースリ
「ということで、珍記録達成に期待してるぞ。シップよ」


ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠」



オウケンブルースリ
「まあ怒るなって。ほら。お前の大好きなレナたんも、怖がってるぞ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 震」



ゴールドシップ
「ぬ。・・・震えているのかい?子猫ちゃん。怖がらなくてもいいんだよ。さぁ、こっちへおいで・・・ハァハァ 立」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「のはぁぁーー!! 泣」



オウケンブルースリ
「発情するなバカ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



ゴールドシップ
「・・・オウケンさん。ひとつ言っていいですか?」


オウケンブルースリ
「なによ」



ゴールドシップ
「・・チン記録とい・・」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「ごぉうはぁぁーー!!泣」



オウケンブルースリ
「おいシップよ。マジでおまえ、春天はどうよ?」


ゴールドシップ
「ふっ。そんなに聞きたいですか? 喜」



オウケンブルースリ
「いや別に」


ゴールドシップ
「ブッ! 吹梅」



オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 なんか梅干の種が飛んできたぞ! 汗」


ゴールドシップ
「あ。失礼。さっき食べた、梅おにぎりの種が飛んでしまいました。フキフキ」


オウケンブルースリ
「う、梅干しの種を口の中に入れておくな 汗」



ゴールドシップ
「・・・オウケンさん。今年の春天の重要なポイントを教えましょう」


オウケンブルースリ
「ほう」



ゴールドシップ
「それは・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・ゴクッ」



ゴールドシップ
「・・・如何にして、牝馬のデニムアンドルビーと、フーラブライドに揉まれながら走るか?!ですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ゴールドシップ
「揉まれながら、と言うより、揉みながら走るでも可! 喜」


オウケンブルースリ
「あ。レナたん。水割りおかわりね」


No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪」


ゴールドシップ
「む、無視っ! 汗」



オウケンブルースリ
「まぁ今年の春天の主役は、やっぱりアイツだろうな」


ゴールドシップ
「ぬ」



オウケンブルースリ
「3文字の、『キ』から始まる・・・」


ゴールドシップ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ゴールドシップ
「・・・キン●マ?」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「イギャオーーッス!!泣」



オウケンブルースリ
「・・・3文字だって言ってるだろバカ」


ゴールドシップ
「い、痛い 泣」



オウケンブルースリ
「キズナは前走の敗戦で、評価を落としてるからな。ここはマジで試金石になるな」


ゴールドシップ
「ふっ。今の京都は高速馬場。追い込みのキズナには、不安材料でしょう 喜」



オウケンブルースリ
「高速馬場は、お前の方が不安材料だろ 汗」


ゴールドシップ
「フッ。鋭いですね 汗」」



オウケンブルースリ
「新興勢力のアドマイヤデウス-岩田は、『重賞連勝したが、まだ60%の能力しか出してないぜウッキー』って、自信満々に記者会見してたな」


ゴールドシップ
「ウッキーはまずいっす 汗 オウケンさん 汗」



オウケンブルースリ
「サウンズオブアースは、ミルコがドゥラメンテのドリフトで騎乗停止。ウチパクへの乗り替わりが意外と怖いな」


ゴールドシップ
「若い4歳勢には、まだまだ負けられませんよ」



オウケンブルースリ
「・・でもよお、お前の前走の阪神大賞典を見てても、なんとなく爆発力が落ちてる気もするぜ?」


ゴールドシップ
「ぬぬ 汗」



オウケンブルースリ
「まぁお前にとって、ここは宝塚記念3連覇への叩き台みたいなものだからな。負けてもしょうがねえか。はっはっは。あ、オレちょっとトイレ」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「シップたん。水割りのおかわりは?」


ゴールドシップ
「ああ。ください」



No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪」


ゴールドシップ
「・・・レナたん」


No.1キャバ嬢レナ
「んー?」



ゴールドシップ
「・・・おいらの能力・・衰えているのかな・・」


No.1キャバ嬢レナ
「え」



ゴールドシップ
「・・・加速力・持久力・瞬発力・・。衰えているのかな・・」


No.1キャバ嬢レナ
「シップたん・・」



ゴールドシップ
「そして・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「・・勃●力・・」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「イギャオーーッス!!泣」


No.1キャバ嬢レナ
「それはむしろ、ちょっと衰えた方がいいかもだね 汗」



ゴールドシップ
「・・・はぁー・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「おいらも、もう6歳。ビッグマウスは謹んだほうがいいのかな・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「なりたい自分と、なれる自分。別々に折り合いをつけるのが大人というものなのかな・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「ほら、目標を言葉にして、達成できなかったらめっちゃ恥ずかしいし。たは 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ゴールドシップ
「おいらもそろそろ、大人になっていく必要が・・」


No.1キャバ嬢レナ
「シップたん」


ゴールドシップ
「え?」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・私はね、なりたい自分や、目標とする状況を、なるべく文字や言葉にするようにしてるんだ」


ゴールドシップ
「え」



No.1キャバ嬢レナ
「それを言い始めた頃は、自分には到底無理だと思っていたことも、ずっとその目標を言ったり書いたりしてるうちに、不思議と自分が理想としていた状況に近づいていくの」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「『自分は~~になりたい!』って言うと、周りの人は反対することが多いけどね」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「人間は、自分の目の前にいる人が夢を叶えたり、成功してしまうと、”相対的に”自分の価値が下がるから、『やめたほうがいいよ』って、言うことが多いんだよね」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「シップたんもさ、人に反対されたら、やっぱりやめようかなー、とか思ってたんじゃないのぉ~♪もしかしてだけどぉ~♪」


ゴールドシップ
「と、倒置法どぶろっく 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「でも、もし自分にやりたいことがあるなら、叶えたい目標があるなら、言葉にしたらいい」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「それをずっと言い続けることができれば、必ず達成に近づいていくから」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「言い続けることで、潜在意識に刷り込まれて、自分が変わっていく。行動が変わっていく」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「逆に言えば、自分自身にネガティブな言葉を刷り込んでいると、本当にそんなダメな自分になっちゃうんじゃないのぉ~♪もしかしてだけどぉ~♪」


ゴールドシップ
「・・・・汗」



No.1キャバ嬢レナ
「確かに、ポジティブな目標を掲げて達成できなかったら恥ずかしいかもしれないけど、夢をあきらめた自分に酔って、慰めの人生を送るより、ずっといい」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だからさ」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「シップたんの夢を追いかけようよ。これからもずっと」


ゴールドシップ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね?」


ゴールドシップ
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ごめん・・傷つけちゃったね・・。私バカだから、うまく言えなくて・・ 落」


ゴールドシップ
「・・・レナたん・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 落」



ゴールドシップ
「・・・ありがとう・・ 涙」


No.1キャバ嬢レナ
「え・・」



ゴールドシップ
「目標を言葉に、か」


No.1キャバ嬢レナ
「・・うん」



ゴールドシップ
「わかった。じゃあおいらは、まず今週の春天で京都コースを克服し、G1コレクションに春天を追加!そして宝塚記念を3連覇し、秋には天皇賞秋とジャパンカップを制覇して、古馬王道G1コンプリートだ! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「うん」



ゴールドシップ
「そしてこの、『しゃべ馬』レギュラーの座もゲット!」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 微笑」



ゴールドシップ
「じゃあまずは景気づけに、レナたん」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



ゴールドシップ
「・・・1回いいっすか? 立」


No.1キャバ嬢レナ
「は? 汗」



ゴールドシップ
「・・・い、一回だけ!ねえねえ優しくするから!ハアハア!!ギャオーーッス!!吠立」


No.1キャバ嬢レナ
「ぎ、ぎいやぁぁーー!!逃汗」



遠くから見てたオウケン
「・・・あんな下品な奴が、しゃべ馬レギュラーになれるわけがない。フッ。まだまだオレの座は安泰だぜ。ブツブツ」



  - つづく –

サブコンテンツ