マイラーズカップ2015~ グランデッツァ『自分の欠点を明るく笑える者は愛される』



◆マイラーズカップ2015


【グランデッツァ】

○Grandezza
○牡6
○父アグネスタキオン
○馬名 意味⇒ 偉大、雄大

==========



◆自分の欠点を明るく笑える者は愛される



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「今週はG1の谷間だね、シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「来週からまた連続G1だから、たまには谷間もいいよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ。つくねタレおまち」



オウケンブルースリ
「谷間と言えば、やっぱ・・」



  ゴンッ!(タライ)



オウケンブルースリ
「りぃはぁぁーー!!泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「よし。タイミングバッチリだぜ」



オウケンブルースリ
「まだ何も言ってないじゃんかっ! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「何事も、未然に防ぐ予防が重要なんだぜ」



オウケンブルースリ
「まぁでも今週はG1はないけど、G2のマイラーズDカップの谷間で楽し・・」



  ゴンッ!(タライ)



オウケンブルースリ
「むぅはぁぁーー!!泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「チッ。仕掛けるタイミングが若干遅れたぜ」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


オウケンブルースリ
「む。おまえは・・」



グランデッツァ
「どうも。アグネスタキオンの最高傑作、グランデッツァです」


オウケンブルースリ
「おう。ツァか。久しぶりだな。まぁ座れよ」



グランデッツァ
「はい。では、おツァまします」


オウケンブルースリ
「は?」


グランデッツァ
「おツァまします」



オウケンブルースリ
「な、なんて言ってんのよ 汗」


グランデッツァ
「おツァまします」



オウケンブルースリ
「お邪魔します、って言ってんのか? 汗」


グランデッツァ
「あ。シゲツァん。注文いいでツァか?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「いいぜ」



グランデッツァ
「じゃあまずは・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



グランデッツァ
「ツァーツーの水ツァりを」


オウケンブルースリ
「な、なんて言ってんだよっ!さっぱりわかんねえわっ! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「焼酎の水割りな。あいよっ」


オウケンブルースリ
「わかんのかいっ! 汗」



グランデッツァ
「トーセンラーと、ちょっとキャラがかぶってるとか言わないでください」


オウケンブルースリ
「ゆってないけど 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ツァーツーの水ツァり、おまち」


グランデッツァ
「ありがツァい。おいしツァーでツァね」



焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。オレのツァーツーの水ツァりは、うまいぜ」


オウケンブルースリ
「ア、アンタら、なんて言ってんだよっ! 怒」



グランデッツァ
「オウケンさん。自分、今週のマイラーズツァップは、頑張りますよ!」


オウケンブルースリ
「ああ。ルメールに乗り替わりだな」



グランデッツァ
「そう!ツァメール!」


オウケンブルースリ
「写メールみたいになってるな 汗」



グランデッツァ
「自分にとって京都コースは、庭みたいなものデッツァ」


オウケンブルースリ
「マイルCSで3着だったしな」



グランデッツァ
「庭。すなわち、ガーデンです」


オウケンブルースリ
「英語にすんな 汗」



グランデッツァ
「ガーデンッツァ!」


オウケンブルースリ
「それはいらん」



グランデッツァ
「ただ、自分は、33秒台の速い上がりが使えないので、上がりの競馬になったら負けるっツァ」


オウケンブルースリ
「だんだん、ラムちゃんみたいになってきたな 汗」



グランデッツァ
「うる星やつらとか、若い人には、わからんっチャ♪」


オウケンブルースリ
「完全にラムちゃんじゃねえか 汗」



グランデッツァ
「今週のマイラーズカップは、昨年秋のマイルチャンピオンシップのリベンジマッチの様相です」


オウケンブルースリ
「だな」



グランデッツァ
「あのとき先着された、ダノンツァークとフィエロに、借りを返さねば」


オウケンブルースリ
「ああ。マイルチャンピオンシップは差し馬有利の流れで、おまえは唯一、先行して粘ったからな。力負けじゃねぇと思うぞ」



グランデッツァ
「ほう。よく見てるツァねえか」


オウケンブルースリ
「・・・それはなんて言ってんだ?」



グランデッツァ
「よく見てるじゃねえか」


オウケンブルースリ
「なんでタメ口だコラァー!!ガスガス! 蹴」



グランデッツァ
「ぐ、ぐわぁー!汗 すみません! 汗」


オウケンブルースリ
「まあしかしよ、フィエロは京都コースは5回走ってすべて3着内。ダノンシャークは回避だと思うが、もし出てくれば岩田に乗り替わりだからな。簡単にはいかねえと思うぞ」



グランデッツァ
「・・そうなんだッツァ。自分は2歳の頃は、アグネスタキオンの最高傑作とか言われツァけど、古馬になってからは、丸出だめ夫っツァ。たはは 汗」


オウケンブルースリ
「まあなあ」



グランデッツァ
「ぶっツァけ、古馬になってからの主な勝ち鞍は、都大路ステークスだけだッツァよー。たは 汗」


オウケンブルースリ
「うーむ 汗」



グランデッツァ
「カッコ悪いっツァなー。たはー」


オウケンブルースリ
「ふなっしーみたいになってきたな 汗」



グランデッツァ
「『アグネスタキオンの最高傑作』じゃなくて、『アグネスタキオンの”ある意味”最高傑作』に改名しようかなっツァー 苦笑」


オウケンブルースリ
「シゲさん 汗 なんか言ってやってください 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・自分の欠点を、明るく笑える奴は魅力的だ」


グランデッツァ
「ツァ?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「多くの人は、自分の欠点を隠す。それは弱く見られたくないからであり、よく思われたい虚栄心と、自己顕示欲からだ」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして、自分の欠点を隠そうとする者は、人の欠点に厳しい傾向がある」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分の欠点を棚に上げて、というやつだぜ」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分の欠点を受け入れることができていないから、他人の欠点を許せなくなる」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「逆に、自分のダメな部分を笑える者は、他人の欠点も許容して、許してやることができる器の大きさがあるんだぜ」


グランデッツァ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからよ、ツァさんは、器の大きい魅力的な男なのかもしれねぇな」


グランデッツァ
「・・・ツァゲさん・・ 泣」


オウケンブルースリ
「チ、チャゲさんみたいになってるな 汗」



グランデッツァ
「・・・ツァゲアンド(ピ~~)さん・・ 泣」


オウケンブルースリ
「チ、チャゲアンド(ピ~~)は、別に放送禁止じゃねえけどな。一応、ピー音入れといたぞ 汗」



グランデッツァ
「ありがとうごツァいます!ツァゲさん!ボクを肯定してくれて! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえな。偉そうに言っちまって」



グランデッツァ
「いえ!僕、自分のダメな部分もしっかり見つめて、マイラーズカップ頑張ってきますから! 燃」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券買っとくぜ」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。じゃあオレは帰るぜ」



   カタン



グランデッツァ
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】ナースの女王様~ ほら。ダメな部分を言ってごらん?なに興奮してるの?このブタ野郎!!』



グランデッツァ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


グランデッツァ
「・・・シゲツァん。ボクはこれからも、自分の欠点を受け入れて頑張っていくっツァ。応援しててくだツァいね。シゲさん『だけが』応援しててくだツァいね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ