落胆の大きさはその後の成長率に比例する 神戸新聞杯 マウントシャスタ



◆落胆の大きさはその後の成長率に比例する



≪焼き鳥シゲにて≫



マウントシャスタ
「オルさんが、フォワ賞を快勝っすね」


ドリームジャーニー
「うぉぉぉーー!!オルーー!!ピッピッピ!ドンドンドン! 喜」



マウントシャスタ
「う、うるさい!汗 ジャーニーさん!店内でフエとタイコはまずいっす! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



ドリームジャーニー
「凱旋門賞の制覇は目前だね!はっはっはっ! ドン!」


マウントシャスタ
「た、太鼓はダメっす 汗」



ドリームジャーニー
「それはそうと、シャスタ君も、チーム池江の勢いで、神戸新聞杯の制覇がかかるね。ドン!」


マウントシャスタ
「ええ。ワールドエースの無念を、チーム池江の仲間として、ボクが!」


ドリームジャーニー
「うんうん。ドン!」



マウントシャスタ
「でも・・・」


ドリームジャーニー
「ドン?」



マウントシャスタ
「・・・・」


ドリームジャーニー
「・・・・」



マウントシャスタ
「・・い、今、太鼓で返事しませんでした? 汗」


ドリームジャーニー
「ドドドン」



マウントシャスタ
「・・『してない』って言ったんですか? 汗」


ドリームジャーニー
「ドン」


マウントシャスタ
「『そう』?」



ドリームジャーニー
「ドドン!ドドド、ドドドドン」


マウントシャスタ
「『早く!話、進めて』?」


ドリームジャーニー
「ドン」



マウントシャスタ
「あ。すいません。ですから、ボクは宝塚記念で3歳ながら5着でしたが・・」


ドリームジャーニー
「ドン」



マウントシャスタ
「・・宝塚記念は、内から出し抜けを食わせる形で、やった!と思った・・」


ドリームジャーニー
「ドン」



マウントシャスタ
「・・でも・・オルさんには一瞬でかわされ、ボクはバテてしまって・・」


ドリームジャーニー
「ドン」



マウントシャスタ
「これがジーワン級なんだと思い知らされた・・。ボクは落ち込んでしまって・・」


ドリームジャーニー
「ドンドッドドドン…(そうだったんだ…)」


マウントシャスタ
「ええ・・」


ドリームジャーニー
「・・・・」



マウントシャスタ
「ボクは落胆しました・・。自分の力なんて、こんなものかと・・」


ドリームジャーニー
「・・・・」



マウントシャスタ
「・・はぁー・・ 落」


ドリームジャーニー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・落胆の大きさは、その後の成長率に比例する・・」


マウントシャスタ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・シャスタさんな。落胆こそが人間を成長させるんだぜ」


マウントシャスタ
「ど、どうして・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「つらいことがあって、大きな落胆を感じた時は、何日も元気が出ねえ」


マウントシャスタ
「はい・・ 落」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、その落胆から、いつか抜け出す時、人は大きく成長するんだぜ」


マウントシャスタ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「落胆が大きければ大きいほど、人は大きく成長できる」


マウントシャスタ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「注意すべき点は、落胆した時に、しっかり自分と向き合うことだ」


マウントシャスタ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「酒に逃げたり、誰かに愚痴を言ったりして、落胆から逃げたら、逆にダメージを長く引きずることになっちまう」


マウントシャスタ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから、苦しいだろうがな、一人で静かな部屋に座って、自分自身と向き合うことが大切だ」


マウントシャスタ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「あえて落胆と向き合い、そこに自分なりの意味を見出して克服できた時、人は大きく成長するだろう」


マウントシャスタ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。えらそうに言っちまって」


マウントシャスタ
「いえ・・ 涙」


ドリームジャーニー
「ドドドン、ドドドドドドン・・ 泣」



マウントシャスタ
「・・『心に、響きました・・ 泣』?」


ドリームジャーニー
「ドン 泣」



マウントシャスタ
「ちょっと!ジャーニーさん!いい話なんですから、ふざけないでください! 怒」


ドリームジャーニー
「ドドン(ごめん)」



マウントシャスタ
「ふ、ふざけてるでしょー!!怒」


ドリームジャーニー
「ドドドドドン(ふざけてない)」



マウントシャスタ
「ア、アンタ何しに来たんですか! 怒」


ドリームジャーニー
「ド。ドドドン。ドンド、ドドドドン!」


マウントシャスタ
「『あ。シゲさん。ビール、おかわり!』?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ