ジャパンカップ回顧~オルフェーヴルの敗因と、ジェンティルドンナの勝因



マツリダゴッホ
「さて先週のしゃべる馬予想の主な結果は、こんな感じマツリダ↓」



【 土曜 】

東京9R
☆ー△ー○
三連複フォメ 54.4倍


京都7R
◎ー☆ー○
三連複 27.9倍


京都10R
△ー◎ー穴
三連複 101.3倍 万馬券


京都9R
◎ー穴ー○
三連複 86.2倍


【 日曜 】

東京11R ジャパンカップ
×ー◎ー☆
いいレースだったけど堅かった 汗


東京10R
▲ー△ー◎
三連複 38.7倍


==========
◆最近のマツリダ予想
本線的中  386回
その他的中 371回
不的中   147回
==========



マツリダゴッホ
「さて、ジャパンカップはオルが惜しくも2着。残念だったなジャーニ・・」


ドリームジャーニー
「・・・(放心状態)」



マツリダゴッホ
「ジ、ジャーニー? 汗」


ドリームジャーニー
「・・・(放心状態)」



マツリダゴッホ
「弟の敗戦後では、無理もないかマツリダ 汗 しょうがない。オウケン氏はいるかマツリダー」


オウケンブルースリ
「・・・(放心状態)」

 (↑17番人気 14着)



マツリダゴッホ
「オ、オウケン氏もダメかマツリダ 汗 今日はアシスタント無しの刑だなマツリダ 汗」



   ガチャ



ジェンティルドンナ
「ド~ンナ~に困難で~♪くーじーけそうでもー♪」


マツリダゴッホ
「む」



ジェンティルドンナ
「どーもです♪ジャパンカップでオルさんに幅寄せされたから、ドンケツしたらJRAに怒られちゃった♪えへ」


マツリダゴッホ
「・・・・汗」



ジェンティルドンナ
「なんかね?『ドンナに進路が無くても、ドンケツしちゃイカン!怒』って言われたのー♪」


マツリダゴッホ
「あ、当たり前だマツリダ 汗」



ジェンティルドンナ
「だってオルさんが先に、アタシの進路をさりげなく塞いできたんだもん~」


マツリダゴッホ
「うーむ」



ジェンティルドンナ
「でね。前方から、ビートブラック爆弾が投下されてきたのー」


マツリダゴッホ
「うむ 汗 あの爆弾が直撃したら、ジ・エンドだなマツリダ 汗」



ジェンティルドンナ
「でしょー。だからアタシ、危なーい!えいやっ! 尻」


マツリダゴッホ
「そ、それはイカンぞマツリダ 汗」



ジェンティルドンナ
「でねー。最終的にはオルさんが猛アタックしてきて~、アタシを内ラチまで押し込んで、押し倒されたのぉ~♪いやん♪」


マツリダゴッホ
「お、押し倒してはいないぞマツリダ 汗」



ジェンティルドンナ
「ゴッホさんはどう思う~?」


マツリダゴッホ
「うむ。考え方は人それぞれだろうマツリダ」



1 前が詰まったから負けました。反則してまで勝ちたくないです

2 前が詰まったから、勝つために騎乗停止覚悟でこじ開けました



マツリダゴッホ
「どちらも正解だろう。あとは各人の価値観の問題マツリダ」


ジェンティルドンナ
「ふーん」



マツリダゴッホ
「ただ、ジャパンカップの岩田騎手の場合は、騎乗停止にするほどの反則ではないような気も」


ジェンティルドンナ
「おー」



マツリダゴッホ
「それより土曜 東京10Rのシャドウパーティーは、激しく不利を受けたのに、審議ランプすらつかないのはなぜだマツリダ」


ジェンティルドンナ
「うーん。そんなマニアックなレースは誰も見てないから、どーでもいーのぉー♪」


マツリダゴッホ
「くっ・・・」



ジェンティルドンナ
「外人ジョッキーは、不利を与えたら即降着ー。そして不利を受けても誰も助けてくれなーい♪」


マツリダゴッホ
「ド、ドンナ嬢 汗 言葉を選んでくだマツリダ 汗」



ジェンティルドンナ
「ねえねえゴッホさん。これでアタシが最強ってことぉ?」


マツリダゴッホ
「うーむ・・。能力的にはオルの方が上かとマツリダ 汗」


ジェンティルドンナ
「え~」



マツリダゴッホ
「JCは内が伸びる馬場だったので、オルは直線一気ではなく早めにマクって、直線は内に入れるしかなかった」


ジェンティルドンナ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ただ東京コースであの位置からの、大外マクリの超ロングスパートは、最後に脚があがってしまいマツリダ」


ジェンティルドンナ
「わかんなーい」



マツリダゴッホ
「ドンナ嬢は先頭に立つとソラを使うので、結果的にはおぬしと併せ馬の形にならない大外一気の方が良かったのだが、所詮は結果論マツリダ」


ジェンティルドンナ
「眠~い♪」



マツリダゴッホ
「まあ今回は、あの外枠から最内先行のポジションを一瞬にして取った、岩田氏のスーパー騎乗が勝因だろうマツリダ」


ジェンティルドンナ
「えー。最強馬じゃないのぉー」



マツリダゴッホ
「ということで、ハガキコーナー行け。ドンナ嬢」


ジェンティルドンナ
「はーい♪今日はドンナお手紙が来てるかなー♪」



 ⇒『オル君が負けてしまいました(涙)ああショック…。有馬でリベンジしてねオル君』


マツリダゴッホ
「うむ。体調ベストで有馬に出てほしいな。M嬢」



 ⇒『オル!が2着かあああ(泣)ジャーニーくん落ち込み過ぎないように。気をしっかり持ってください』


ドリームジャーニー
「・・・(放心状態)」


マツリダゴッホ
「ジ、ジャーニー 汗 Y氏が激励してくれてるぞマツリダ 汗」



 ⇒『オルー!!差せェ、ゴルァー!!…無念です(ToT)』


マツリダゴッホ
「うむ。やはり大外枠が厳しかったな。S氏」



 ⇒『凱旋門賞と真逆の高速馬場よく2着に来たと思います。負けましたけど、オル君は私の中では現役最強馬です』


マツリダゴッホ
「うむ。同感マツリダ。I嬢」



 ⇒『勝負レースの東京9、三連複フォメ5400円ありがとうございます。JCは固かったですね』


マツリダゴッホ
「うむ。堅くてすみマツリダ 汗 E氏」



 ⇒『京都10◎流しで三連複万馬券ゲットでした。でも佐藤哲三騎手が落馬…』


マツリダゴッホ
「うむ。哲三J、心配だな。N氏」



 ⇒『北海道、大変なことになってるじゃないですか!?大丈夫かなぁー?』


マツリダゴッホ
「うむ。もし停電になったら全PC使えないのでどうしようかと思ったが、大丈夫な模様。心配してくださりサンキューK嬢」



ジェンティルドンナ
「はーい♪ゴッホさん。そろそろお時間でーす♪」


マツリダゴッホ
「うむ。遅くまでスマンかったな。ドンナ嬢」


ジェンティルドンナ
「いーえー♪」



マツリダゴッホ
「今週はジャパンカップダートだマツリダ」


ジェンティルドンナ
「はーい♪ローマンレジェンドさんの主戦騎手は、アタシのドンケツのせいで騎乗停止中でーす♪」



マツリダゴッホ
「ド、ドンナ嬢 汗 言葉を選んでくだマツリダ 汗」


ジェンティルドンナ
「では皆さま、今週はドンナレースになるかな?楽しみましょー♪」



 - つづく –

サブコンテンツ