ローマンレジェンドは勝てるか?~ジャパンカップダート2012~人生は期待されすぎるとロクなことがない



◆人生は期待されすぎるとロクなことがない



==========
▼ローマンレジェンド(JCD 2012用)

阪神コース【2-1-0-0】
ダ1800m 【7-1-0-0】
==========



≪焼き鳥シゲにて≫



♪つーけまつーけま つけまつけ~る♪



ミラクルレジェンド
「いよいよ、あたしら姉弟のためのジャパンカップダートよ!ヒック! 酔」


ローマンレジェンド
「お、お姉ちゃん 汗 ちょっと飲みすぎだよ 汗」



ミラクルレジェンド
「つーかシゲ!今日の選曲はナイスよ! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。アンタが勝手にCD入れ替えたんだぜ 汗」



ミラクルレジェンド
「とにかく!JCダートは、『Wレジェンド伝説』を作るのよっ!!」


ローマンレジェンド
「レ、レジェンドと伝説がかぶってるよ 汗 お姉ちゃん」



ミラクルレジェンド
「そう!頭痛が痛いみたいになってるのよっ!!酔」


ローマンレジェンド
「た、ただの酔っ払いだ 汗」



ミラクルレジェンド
「つーか!なんでアタシはモテないのっ?!怒」


ローマンレジェンド
「知らん 汗」



ミラクルレジェンド
「地方のJBCレディスクラシックで、アタシが圧勝したのに、2着のクラーベセクレタばっかり男にモテるのよっ!!怒」


ローマンレジェンド
「クラーベちゃんは男馬が寄ってくるらしいね」



ミラクルレジェンド
「なぜ?!アタシが小柄でAAカップだから?! 怒」


ローマンレジェンド
「お、お姉ちゃん 汗」



ミラクルレジェンド
「けっ!サンデーレーシングは賞金も、男もかっさらっていくんかいっ!」


ローマンレジェンド
「・・・・汗」



ミラクルレジェンド
「アタシは、つけまつけてるのにっ!!怒」


ローマンレジェンド
「それは知らん 汗」



ミラクルレジェンド
「巨乳がなによっ!そんなの関係ねえ!女はテクニックよっ!」


ローマンレジェンド
「お、お姉ちゃん 汗汗」



ミラクルレジェンド
「シゲ!ビールおかわりっ! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ミラクルレジェンド
「女はナイスバディより、中身よっ!ねえ!シゲ!そう思うでしょ?!怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・そうですねえ・・ビールおまち」


ミラクルレジェンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・ナイスバディか中身か、という比較より、『期待させすぎない』ってことが重要だぜ」


ミラクルレジェンド
「は? ゴクゴク 飲」



焼き鳥屋 店主シゲ
「恋愛に限らず、趣味でも仕事でも、人生において、期待されすぎて良いことはあまりねえな」


ミラクルレジェンド
「ん? ゴクゴク 飲」


ローマンレジェンド
「お、お姉ちゃん 汗 飲んでないでちゃんと聞いてよ。アンタが振ったネタでしょうが 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・例えば恋愛なら、最初に自分の良い面をガンガンアピールすれば、付き合える確率は高まるかもしれねえ」


ローマンレジェンド
「うんうん。ボクはちゃんと聞いてますよー」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、その分、長続きする確率が減る。前半で脚を使いすぎたせいで、後半バテる」


ローマンレジェンド
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「逆に、最初は自分のダメな面を見せておいて、少しづつ良い面を、ナチュラルに理解されていく場合」


ローマンレジェンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「これは前半は脚をタメて、直線勝負のパターン」


ローマンレジェンド
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「この場合、長続きする確率が増す。『期待されすぎていない』からだ」


ローマンレジェンド
「ほほー」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人生において、過度の期待は、するのもされるのも、デメリットが多いんだぜ」


ローマンレジェンド
「ふーん」



焼き鳥屋 店主シゲ
「期待と落胆は、表裏一体だからな」


ローマンレジェンド
「うん」



焼き鳥屋 店主シゲ
「話をする時に『いやー先日おもしろいことがあってさー』って言うと、ウケないのと一緒。期待されすぎだからだ」


ローマンレジェンド
「ほー」



焼き鳥屋 店主シゲ
「また、違う例えで言えば・・」



1 イケメンのエリートだが、付き合ってみたらド変態だった

2 普段はさえない会社員だが、付き合ってみたら、じつは地球を守るヒーローだった



焼き鳥屋 店主シゲ
「1も2も、プラスとマイナスがあるが、どっちがカッコよく見えるか、という話だぜ」


ローマンレジェンド
「なるほど!!能あるイタチは屁を隠すってことですね!!喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「き、聞いたことねえぜ 汗」



ローマンレジェンド
「・・でも、地球を守るヒーローであることを、恋人にも隠さなければならない時はどうなるんですか?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。その時は、末脚不発だぜ」



ローマンレジェンド
「あと、普段はさえない会社員が、どうやって付き合うんですか?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。そこは気合だぜ」


ローマンレジェンド
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「まあ、期待されすぎねえようにするって話だな」


ローマンレジェンド
「はい。いやー、でも勉強になったっす!なあ!姉ちゃん!」



ミラクルレジェンド
「・・ぐごぉぉ~・・Zzz・・ 寝」


ローマンレジェンド
「ね、寝とる! 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ