コディーノは朝日FSを勝てるか?エーシントップも中山未経験~朝日FS2012予想



◆執着が人生を苦しくする



==========
▼コディーノ

マイル戦 【未経験】
中山コース【未経験】
==========



≪公園にて≫



エーシントップ
「おーい!コディーノ!DSでゲームやろうぜ!」


コディーノ
「・・・・ 読」



エーシントップ
「ん?コディーノ。DSやろうぜ?」


コディーノ
「・・やりません」


エーシントップ
「なんでよー」



コディーノ
「時間は有限ですから」


エーシントップ
「でも楽しいぜ?ゲーム」



コディーノ
「・・今、僕は中山1600のコース図を読んで、朝日FSのシミュレーションをしているのです 読」


エーシントップ
「マ、マジメっ 汗」



コディーノ
「中山コース。高低差は5.3m。JRA全10場の中で最も高低差がある・・ブツブツ」


エーシントップ
「ふむ。高低差ありすぎて耳キーンなるな!ハッハッハ! 笑」



コディーノ
「なりません」


エーシントップ
「ブッ! 吹」



コディーノ
「圧倒的なまでに内枠先行が有利なコース・・ブツブツ」


エーシントップ
「・・なあコディーノー。勉強しても負ける時は負けるんだからさあー」



コディーノ
「その通りです。でも、負ける確率を減らすことはできます」


エーシントップ
「マ、マジメっ 汗」



コディーノ
「・・僕はコディーノ。コディーノとは、イタリアのサッカー選手、ロベルト・バッジョさんからつけた名前です」


エーシントップ
「へー。誰それ?」



コディーノ
「・・・・」


エーシントップ
「・・・・」



コディーノ
「・・よく知りません」


エーシントップ
「し、知らねえのかよっ!汗 そっちを先に勉強しろよ!汗」



コディーノ
「とにかく今度から、僕のことは、バッジョと呼んでください」


エーシントップ
「ふーん。意味のある名前なんだな」


コディーノ
「そうです」



エーシントップ
「わかったよ。朝日FSはがんばろうな!バッジョ!」


コディーノ
「・・・・」


エーシントップ
「・・・・」



コディーノ
「・・気安くバッジョとか言わないでください」


エーシントップ
「お、おまえが呼べっつったんだ! 怒」



コディーノ
「ゆってません」


エーシントップ
「い、いや言いましたよね? 汗」



コディーノ
「・・・言いました」


エーシントップ
「だ、だからさあ!汗 このくだり、いらなくね? 汗」



コディーノ
「・・僕の名前はコディーノ」


エーシントップ
「うん 汗 改めて名乗らなくても知ってるから 汗」



コディーノ
「いい名前でしょう?」


エーシントップ
「ふむ。ハシッテコディーノ!って感じだな! 笑」



コディーノ
「・・なんですかそれ」


エーシントップ
「いや、だからさあ。ほしのあき嬢が命名した、ハシッテホシーノっていたじゃんか」



コディーノ
「ああ。こじつけたんですね。くだらない」


エーシントップ
「つ、冷てえな 汗」



コディーノ
「とにかくここは通過点。僕は、ダービーを勝つ予定なのです」


エーシントップ
「ほう。自信満々だな」



コディーノ
「僕の能力をもってすれば可能。なぜなら僕は、ハシッテコディーノだから」


エーシントップ
「き、気に入ってんじゃねえか 汗」



コディーノ
「だが僕は、勝利には執着しません。勝ち負けは気にしない」


エーシントップ
「ほう」



コディーノ
「人生において、執着が苦悩を生む。ひとつの事に執着すればするほど、人生は苦しくなる」


エーシントップ
「ふーん」



コディーノ
「恋愛でも仕事でも、目の前の人、目の前の仕事に執着するほど、逆に相手からは、魅力なく見えてしまったりする」


エーシントップ
「へー」



コディーノ
「馬券においても、ひとつのレース、1頭の馬、これに執着することはロマンだが、勝つためには、オッズに応じて買い時を見極めた方が勝てる」


エーシントップ
「うん」



コディーノ
「だから僕は執着しない。たとえ朝日FSを負けても、その敗戦から自分の足りない部分が見えてくると思ってる。ダービー制覇に近づく」


エーシントップ
「ほほう」



コディーノ
「だから僕は、何にも執着しない。ダービーを勝てればいい。ダービーだけ勝つ。とにかくダービー…」


エーシントップ
「ダ、ダービーに執着しまくってねえか? 汗」


コディーノ
「あ」



エーシントップ
「あ、じゃねえよ 汗 まあとにかくさ、まずは朝日FS。いいレースにしようぜ!俺らで!」


コディーノ
「ふっ。勝つのは僕でしょう。その理由は・・・」


エーシントップ
「・・・・」



コディーノ
「・・ハシッテコディーノだからです! 喜」


エーシントップ
「か、かなり気に入ってるな 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ