去りゆく男オウケンブルースリへ贈る言葉~オウケンくん引退の餞として~有馬記念2012予想



◆去りゆく男オウケンブルースリへ贈る言葉



==========
▼オウケンブルースリ

2500m 【0-1-0-2】
中山コース【0-0-0-1】


菊花賞と京都大賞典と阿賀野川特別の、変則3冠馬。
ついに有馬記念で引退。
==========



≪焼き鳥シゲにて≫



♪暮れ~なずむ町の~光と影のぉ~なか~♪



ドリームジャーニー
「えぇ~!?オウケン君!引退するんですか?!汗汗」


オウケンブルースリ
「まあな」



オルフェーヴル
「オウケンさん!ジャパンカップでボクにぶっちぎられたまま引退するんですか?!」


オウケンブルースリ
「う、うるせえぞコラァー!!怒 ガスガス 蹴」



オルフェーヴル
「ぐわぁー!!い、痛いですー 泣」


オウケンブルースリ
「ケッ」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「でも、本当にこれがラストランなんですね・・」


オウケンブルースリ
「ああ」



オルフェーヴル
「・・JCで成し遂げられなかった『シンガリ人気でシンガリ追走からのシンガリ負け』を、ラストランで達成したいですね!」


オウケンブルースリ
「・・・ガスガス!!蹴」


オルフェーヴル
「ぐ、ぐわぁ~! 泣 ボクは日本の至宝なんだから、ケンカキックはやめてください~ 泣」



ドリームジャーニー
「・・オウケン君。どうですか?自信の方は」


オウケンブルースリ
「ふっ。オレはオープンでは、東京と京都以外で連対したことがないからな!」


ドリームジャーニー
「・・・・汗」



オルフェーヴル
「・・うん。これは『トリプルシンガリクラウン』の達成も夢ではな・・」


オウケンブルースリ
「・・・ガスガス!!蹴」


オルフェーヴル
「ぐ、ぐわぁ~! 泣」



ドリームジャーニー
「オル!大丈夫か!?汗」


オルフェーヴル
「うう・・に、兄ちゃん・・ボク何もしてないのにオウケンさんが暴力を・・泣」


オウケンブルースリ
「お、おまえが先に言葉の暴力をお見舞いしてきたんだろが 汗」



ドリームジャーニー
「オルにケガさせられたら困るので、そろそろ帰ります。オウケン君、ラストラン。応援してますからね!」


オウケンブルースリ
「おうよ」



オルフェーヴル
「オウケンさん!ビリじゃなかったら、ボクがケーキをおごってあげま・・」


オウケンブルースリ
「・・・ガスガス!!蹴」


オルフェーヴル
「ぐ、ぐわぁ~! 泣」



ドリームジャーニー
「で、では失礼します 汗 シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ。また来ておくんなせえ」



   バタン



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



♪去り~ゆく~あなたへ~贈る言葉~♪



オウケンブルースリ
「・・ラストラン・・か」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


マツリダゴッホ
「・・うむ」



オウケンブルースリ
「う、うわっ!!汗汗 ゴッホさん?!一緒に帰ったんじゃねえのかよっ!汗」


マツリダゴッホ
「うむ。帰りそびれマツリダ 汗」



オウケンブルースリ
「はっはっは。じゃあ一杯やってくか?もちろんゴッホさんのオゴリで」


マツリダゴッホ
「いや。週末のマツリダ予想の準備があるので、おいとましマツリダ」


オウケンブルースリ
「そっか」



マツリダゴッホ
「・・オウケン氏よ」


オウケンブルースリ
「ん?」



マツリダゴッホ
「この『しゃべる馬』は、ワシやジャーニーが現役の頃からやっとりマツリダ」


オウケンブルースリ
「そうだな」



マツリダゴッホ
「オウケン氏は、長い間、盛り上げてくれたなマツリダ」


オウケンブルースリ
「や、やめてくれよゴッホさん。ははっ」



マツリダゴッホ
「・・感謝してマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



マツリダゴッホ
「おぬしがいたから、やってこれた」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



マツリダゴッホ
「・・というのは言いすぎマツリダ」


オウケンブルースリ
「い、言いすぎたのかよっ!!怒」



マツリダゴッホ
「だが、おぬしが、しゃべる馬ワールドでの中心的存在だったことは確かだ」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



マツリダゴッホ
「・・いや、中心ではないのだがマツリダ」


オウケンブルースリ
「な、何が言いてえんだっ!!怒」



マツリダゴッホ
「おぬしが支えてくれた部分が大きいということだマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



マツリダゴッホ
「・・いや、そうでもないんだがマツリダ」


オウケンブルースリ
「さっさと帰れよっ!!怒」



マツリダゴッホ
「さて。忙しいからそろそろ帰っていいかマツリダ?」


オウケンブルースリ
「ア、アンタが勝手に居座ってたんだ! 怒」



マツリダゴッホ
「さらばだマツリダ」


オウケンブルースリ
「おう。気をつけてな。ゴッホさん」



マツリダゴッホ
「・・・(トコトコ 歩)」


オウケンブルースリ
「・・・・」



   ゴンッ!!



マツリダゴッホ
「むほほっ!!汗汗」


オウケンブルースリ
「と、戸が閉まってんだから気づけよっ!!怒」



マツリダゴッホ
「で、では帰りマツリダ」


オウケンブルースリ
「おう。気をつけてな。ゴッホさん」



マツリダゴッホ
「・・オウケン氏よ」


オウケンブルースリ
「ん?」



マツリダゴッホ
「・・安らかに眠れマツリダ」


オウケンブルースリ
「し、しんでねえわっ!!怒」



マツリダゴッホ
「・・オウケン氏よ」


オウケンブルースリ
「なんだよっ!」



マツリダゴッホ
「・・なんつーかその・・人生は積み重ねる日々っつーか・・有馬記念もそのひとつっていうか・・ 汗」


オウケンブルースリ
「な、何が言いてえか全くわかんねえわっ!!汗」



マツリダゴッホ
「ではさらば」


オウケンブルースリ
「か、帰んのかいっ!!汗」



   バタン



オウケンブルースリ
「・・・・汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・ったく。あの男は何が言いたいんだかわからんすね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・がんばれ、と」


オウケンブルースリ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そう言いたかったんだろうぜ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「口ベタなゴッホさんの、精一杯の激励だ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「余計なプレッシャーをかけないように激励するのは難しいからな」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「うまく言えなかったんだろうぜ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・ビール飲みますかい?」


オウケンブルースリ
「うん。あんがと。シゲさん」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



♪飾~りもつけずに~贈る言葉~♪



オウケンブルースリ
「・・シゲさんには世話になったよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「世話なんかしてねえぜ」



オウケンブルースリ
「ツケを払えなくてゴメン」


焼き鳥屋 店主シゲ
「い、引退してからでも払えるんだが 汗」



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・人生は残酷だ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・人生は、歳をとるほどに苦しいことが増えていく・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「若い頃はよかったな、って、思う回数が増えていく」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「神様はいじわるだ。ねえ。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・歳をとることによるメリットもあるぜ」


オウケンブルースリ
「え・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「若年期は、生まれた環境や親や才能に左右されるが、歳をとるほどに、自分の選択で人生を選べるようになる」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからオウケンさんの、これからの人生後半は、自分で好きな人生を選べばいいんだぜ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。まずは日曜日の有馬記念を全力で、悔いを残さないことだぜ」


オウケンブルースリ
「・・うん。わかった」



焼き鳥屋 店主シゲ
「シンガリでも関係ねえ。笑いたい奴には笑わせておけ。自分が納得できるように走ってきなせえ」


オウケンブルースリ
「・・うん・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



♪愛~するあなたへ~贈る~言葉~♪



オウケンブルースリ
「・・シゲさん・・。ずっと支えてくれて、本当にありがとうございました・・。楽しかった」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・いや。そうじゃねえ」


オウケンブルースリ
「え・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・楽しませてもらっていたのは、オレの方だったのかもしれねえ」


オウケンブルースリ
「・・シゲさん・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「オウケンさんが店にいるだけで、雰囲気が明るくなった。みんなが笑顔になった」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「礼を言うのはオレの方だぜ」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「気持ちのすべてを言葉で伝えることはできねえ。だが、それでも言葉にしておきてえ」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ありがとな。オウケンさん」


オウケンブルースリ
「・・シゲさん・・オレ・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「つらいこともあっただろうに、長い間、よくがんばったな」


オウケンブルースリ
「・・・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「有馬記念。勝ち負けはどうでもいい。無事に戻ってくるんだぜ」


オウケンブルースリ
「・・うん・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。辛気くさくなっちまったな」


オウケンブルースリ
「いえ・・ありがとうシゲさん・・。オレがんばるよ!涙 有馬記念以外のことは一切、考えずに集中して・・」



   カタン



焼き鳥屋 店主シゲ
「ん?オウケンさん。何か落としたぜ?・・DVD?」


オウケンブルースリ
「あ、すいませんシゲさん。拾ってもらっちゃって。・・・はうっ!!汗汗」



  『大人のDVD~ナースのお仕事ファイナル~最後のお注射は涙とともに。』



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・(目閉)」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 シゲさん!これには深いワケがっ!!汗汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・最後までやってくれたぜ 汗」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ