メイショウカンパクの弱点~日経新春杯2013予想『人はうわべで判断できない』



◆人はうわべで判断できない



==========
≪日経新春杯2013≫

メイショウカンパク
(Meisho Kampaku)

馬名意味⇒ 冠名+関白
==========



≪キャバクラにて≫



メイショウカンパク
「オウケンさん。ここは何の店ですか?」


オウケンブルースリ
「おう。ここには、レナたんという素敵な女の子がいるのだ 喜」



メイショウカンパク
「行きたくねえっすよ」


オウケンブルースリ
「まあそう言うなって。レナたんに会えば、おまえも絶対ホレるぞ 喜」



メイショウカンパク
「フッ。100%ないですね。オレは亭主関白っすから。女ごときにホレるなんて、あり得ねえっす」


オウケンブルースリ
「まあとりあえず入ろうぜ」



   ガチャ



No.1キャバ嬢レナ
「いらっしゃいませ~♪あー!オウケンたんだぁ~♪」


オウケンブルースリ
「うわぁ~い!レナたん!会いたかったでちゅー! 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「超久しぶりだねぇ~オウケンたん♪うふ♪会いにきてくれて、う・れ・し・い♪(はぁと)」


オウケンブルースリ
「会いたかったでちゅーチューチュー! 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「コラ♪当店はチューは禁止だじょ~♪」


オウケンブルースリ
「でへへ~ 喜」



メイショウカンパク
「・・・・汗」


No.1キャバ嬢レナ
「あれ?そちらのダンディーさんはお友達?」


オウケンブルースリ
「ああ。日曜日の日経新春杯に出る、カンパクだ」



メイショウカンパク
「フン」


No.1キャバ嬢レナ
「カンパクたん♪レナですっ♪よろぴくね♪」


メイショウカンパク
「うるさい。「♪」マークをつけるな 怒」



No.1キャバ嬢レナ
「いや~ん♪カンパクたん、シブ~い♪」


メイショウカンパク
「フン。オレは亭主関白だからな」



オウケンブルースリ
「レナたん~ぼくちゃん水割り~ 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪カンパクたんは?」



メイショウカンパク
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・カンパクたんは、何にするぅ?」



メイショウカンパク
「・・・メシ」


No.1キャバ嬢レナ
「え? 汗 ご、ごはんを食べるところではないのですが 汗」



メイショウカンパク
「・・・フロ」


No.1キャバ嬢レナ
「お、おフロ的な店でもないのですが 汗」



メイショウカンパク
「・・・ネル」


No.1キャバ嬢レナ
「て、亭主関白だねえ 汗」



メイショウカンパク
「そう。オレは亭主関白。「メシフロネル」しかしゃべらんのだ。それが亭主関白。男に言葉はいらぬ。だからオレはしゃべらぬ。しゃべらぬのが男の美学。それこそが温故知新の男たるポリシーであり・・・」


オウケンブルースリ
「・・メ、メッチャしゃべってるぞ 汗」



メイショウカンパク
「・・最近は『草食系男子』とかいう、わけのわからん男が増えていると聞く」


No.1キャバ嬢レナ
「流行りだねー♪」



メイショウカンパク
「『馬は全部、草食系だろ』とか、しょーもないツッコミはしないでください。オウケンさん」


オウケンブルースリ
「ゆ、ゆってないけど 汗」



メイショウカンパク
「なにが草食系男子だ。くだらん 怒」


No.1キャバ嬢レナ
「じゃあどういうのがいいと思う~?」



メイショウカンパク
「・・『関白系男子』だ」


オウケンブルースリ
「い、今の時代では、モテなさそうだぞ 汗」



メイショウカンパク
「もしくは、卵白系男子」


オウケンブルースリ
「り、クッキー作りが得意そうだな 汗」



メイショウカンパク
「じゃあ、わんぱく系男子」


オウケンブルースリ
「ただの元気な男の子じゃねえか! 汗」



メイショウカンパク
「緊迫系男子」


オウケンブルースリ
「リラックスしろよ 汗」



メイショウカンパク
「金箔系男子」


オウケンブルースリ
「ちょっとゴージャス感が増すな 汗」



メイショウカンパク
「金メッキ系男子」


オウケンブルースリ
「内面も磨けよ! 汗」



メイショウカンパク
「金バッジ系男子」


オウケンブルースリ
「コ、コメントしづらいな 汗」



メイショウカンパク
「金太郎系男子」


オウケンブルースリ
「まさかりかついだ金太郎! 汗」



メイショウカンパク
「フッ。どうですか。オウケンさん」


オウケンブルースリ
「どうですかっておまえ 汗」



メイショウカンパク
「オウケンさんも、何か言っていいですよ?」


オウケンブルースリ
「そうか。ならば言おう」


メイショウカンパク
「・・・・」



オウケンブルースリ
「キン●マ系男・・・」



   バキッ!



オウケンブルースリ
「ぐはぁーー! 泣」


No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪オウケンたん♪イエローカード♪」



オウケンブルースリ
「レ、レナたんの愛のムチ・・ 喜」


メイショウカンパク
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「あ。オレちょっとトイレ」


No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪いってらっしゃ~い♪」



メイショウカンパク
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



No.2キャバ嬢アケミ
「こんばんは~。お客さん、ここは初めて?レナより私の方が楽しいわよ~」


メイショウカンパク
「フン」



No.2キャバ嬢アケミ
「ねえねえ」


メイショウカンパク
「・・おい女。オレは亭主関白だ。亭主関白はしゃべらんのだ」



No.2キャバ嬢アケミ
「は? 怒」


メイショウカンパク
「フン」



No.2キャバ嬢アケミ
「・・か、感じ悪ぅ~!!怒 私このお客さん嫌い~!ふーんだ! 走」


No.1キャバ嬢レナ
「あららー 汗」



メイショウカンパク
「・・女よ。おまえも去るがいい。オレといても退屈だろうが」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


メイショウカンパク
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・去らないよ」


メイショウカンパク
「あ?」



No.1キャバ嬢レナ
「だってレナは、カンパクたんのこと好きだもん♪」


メイショウカンパク
「・・なに言ってる。バカ女」



No.1キャバ嬢レナ
「・・強がってるけど・・本当は不安を感じているんでしょ?」


メイショウカンパク
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ホントは優しいのに、不器用だから、自分の気持ちをうまく表現できないだけ」


メイショウカンパク
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「人をうわべだけで判断することはできない。心の中は、言葉だけでは測れない」


メイショウカンパク
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「私はそう、思ってるんだ」


メイショウカンパク
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「カンパクたんは優しい人。レナにはわかる」


メイショウカンパク
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ねぇ・・そうでしょ?」


メイショウカンパク
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「男の人は大変だ。社会では、心を守る、ぶ厚いヨロイを着ていないと、戦えないから」


メイショウカンパク
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・でも・・レナといる時だけ・・この一瞬だけは、ヨロイを脱いでもいいよ?」


メイショウカンパク
「・・・・ 涙」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ね?」


メイショウカンパク
「・・ああ・・ 涙」



オウケンブルースリ
「レナたん!ただいま~! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「オウケンたん、おかえりでちゅー♪」


メイショウカンパク
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・ん?カンパク。どした?」


メイショウカンパク
「・・いえ・・。自分はもう帰ります・・」



オウケンブルースリ
「えぇ~帰っちゃうのか~ 落」


メイショウカンパク
「はい。レースが近いんで」


オウケンブルースリ
「そっかー。じゃあ気をつけて帰れよー」



メイショウカンパク
「はい。ありがとうございます」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



メイショウカンパク
「・・おい。女・・」


No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪」



メイショウカンパク
「・・いや・・レナ・・さん・・ 照」


No.1キャバ嬢レナ
「あ・・名前・・」



メイショウカンパク
「・・アンタの言葉・・心に刺さった」


No.1キャバ嬢レナ
「うん・・」



メイショウカンパク
「・・ま、また来ても・・いいか? 照」


No.1キャバ嬢レナ
「もちろん♪」



メイショウカンパク
「・・こ、今度来るときは・・ヨロイ・・脱いでくるからよ・・照」


No.1キャバ嬢レナ
「うん・・待ってる 涙」



メイショウカンパク
「じ、じゃあな・・レナ・・さん・・照」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・えへ・・名前呼んでくれた・・ 涙」



オウケンブルースリ
「・・やはり惚れたか・・そうなると思ったぜ。レナたん、恐るべし… ブツブツ」



  - つづく –

サブコンテンツ