サトノアポロ~AJCC2013予想『自信がない者ほど多くを吸収する』



◆自信がない者ほど多くを吸収する



==========
≪AJCC 2013≫

サトノアポロ
(Satono Apollo)

中山コースは大得意で、ポストマツリダゴッホの呼び声高い好素材
==========



≪焼き鳥シゲにて≫



♪ま~つりだ祭だ祭だ~♪



サトノアポロ
「あれ?シゲさん。BGMが北島三郎とはめずらしいですね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。そろそろあの人が来るっていうからな」


サトノアポロ
「あの人?」



   ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「ヘイ!らっしゃい!」


マツリダゴッホ
「・・まつりと言えば、きたじマツリダ」



サトノアポロ
「あ!!ゴッホ先輩!チーッス! 汗汗」


マツリダゴッホ
「・・・・」


サトノアポロ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・きたじマチュリダ」


サトノアポロ
「・・か、かわいくないっすよ 汗」



マツリダゴッホ
「カワイイ」


サトノアポロ
「わ、わかったから戸を閉めてください 汗 さぶいっす 寒」



マツリダゴッホ
「だ、誰がさぶいねんマツリダ 汗」


サトノアポロ
「いや、そういう意味じゃなくて 汗 まあそういう意味でもいいんだけど… ボソッ」



マツリダゴッホ
「シゲ氏。ウーロン茶をくだマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



サトノアポロ
「あれ?ゴッホ先輩、お酒じゃないんですか?」


マツリダゴッホ
「うむ。そろそろ週末のマツリダ予想に向けて、コンディションを整えていかねばマツリダ」



サトノアポロ
「へー。プロ意識ってやつですね」


マツリダゴッホ
「まあアシスタントのジャーニーは、プロ意識ゼロだがマツリダ 汗」



サトノアポロ
「ゴッホ先輩!自分、日曜メインのAJCCに出ることになったっす!」


マツリダゴッホ
「うむ。チーム国枝は、アパパネ嬢が引退して、芝の中長距離が手薄なので、おぬしが引っ張っていくべしマツリダ」


サトノアポロ
「はい!」



マツリダゴッホ
「国枝先生は元気かマツリダ?」


サトノアポロ
「はい!AJCCは自分が、そして東海Sにはサイレントメロディさんを送りこみ、盛り上がってます!」



マツリダゴッホ
「そうか。よろしく伝えておいてくだマツリダ」


サトノアポロ
「はい!」



マツリダゴッホ
「AJCCへの自信はどうだマツリダ?」


サトノアポロ
「はい!クリスマスカップ1着からのローテは、ゴッホ先輩がAJCCを制覇した時と同じ!チーム国枝必勝ローテっす!」


マツリダゴッホ
「うむ」



サトノアポロ
「・・・・」


マツリダゴッホ
「ん?」



サトノアポロ
「でも・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



サトノアポロ
「自信がないっす・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



サトノアポロ
「ローテは同じでも、自分にはゴッホ先輩のような突出した身体能力があるわけではない・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



サトノアポロ
「半年前まで500万下を走ってた自分が、伝統のG2・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



サトノアポロ
「・・自信ないっすよ・・ゴッホ先輩・・ 落」


マツリダゴッホ
「・・・・」


サトノアポロ
「・・・・ 落」



マツリダゴッホ
「自信がない者の方が、多くを吸収しマツリダ」


サトノアポロ
「え?」



マツリダゴッホ
「人生で、諸行無常や下克上が成立するのは、強者の自信が油断となるからだマツリダ」


サトノアポロ
「い、意味わからんす 汗」



マツリダゴッホ
「謙虚さを失った強者は、それ以上を学ぼうとしなくなりマツリダ」


サトノアポロ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「一方、謙虚な弱者は、いろんなことを吸収しようと努力しマツリダ」


サトノアポロ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「そこに逆転の目がありマツリダ」


サトノアポロ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ただ、世の中には『謙虚な強者』という者もわずかに存在するが、それを言い出すと話がわけわからんくなるので、やめておきマツリダ」


サトノアポロ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「・・・・」


サトノアポロ
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・で、結局、何が言いたいか忘れマツリダ 汗」


サトノアポロ
「な、なにやってんすか 汗」



マツリダゴッホ
「とりあえずシゲ氏。ウーロン茶のおかわりをマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ 汗」



   ガラガラッ



ドリームジャーニー
「ちょっとゴッホさん! 怒」


マツリダゴッホ
「む」



ドリームジャーニー
「こんなとこで何サボってんですか! 怒 週末のデータ整理が終わってないでしょー!怒」


マツリダゴッホ
「い、いや、後輩の激励っつーかそのー 汗」



ドリームジャーニー
「ほら!帰りますよ!怒」


マツリダゴッホ
「ウ、ウーロン茶のおかわりが、まだ来てマツリダ 汗」



ドリームジャーニー
「あ。アポロ君。AJCCがんばってくださいね♪」


サトノアポロ
「あ!ジャーニーさん!あたーっす!」



ドリームジャーニー
「そこのオサーンみたいになっちゃダメですよー」


マツリダゴッホ
「だ、誰がオサーンやねんマツリダ 汗」


サトノアポロ
「・・・・汗」



ドリームジャーニー
「ではシゲさん。失礼しまーす♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。また来ておくんなせえ」


マツリダゴッホ
「ウ、ウーロン茶のおかわりがまだ来・・」



   バタン



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


サトノアポロ
「・・・・汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・リラックスできやしたかい?」


サトノアポロ
「・・ええ 笑」



焼き鳥屋 店主シゲ
「いい先輩だな」


サトノアポロ
「はい」



焼き鳥屋 店主シゲ
「がんばってきなせえ」


サトノアポロ
「はい。見せ場つくりますよ 燃」



  - つづく –

サブコンテンツ