安田記念2013グランプリボス⇒考えすぎる者は、あまり多くを手に入れない



◆安田記念2013名言⇒考えすぎる者は、あまり多くを手に入れない



≪公園にて≫



舎弟ハチ
「ボス!てえへんだ!てえへんだ! 汗」
≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ


グランプリボス
「どうしたっ!?ハチ!」



舎弟ハチ
「ヘ、ヘイ!ボスに頼まれた缶コーヒーのBOSSをコンビニに買いに行ったら、間違えて、プレミアムロールケーキを買ってきてしやいやしたっ! 汗」


グランプリボス
「バ、バカ野郎!!どうやったらコーヒーとケーキを間違えるんだっ!!怒」


舎弟ハチ
「す、すいやせんボス! 汗」



グランプリボス
「・・・ちっ。パシリもできねえのか・・モグモグ 食」


舎弟ハチ
「すいやせん 汗」



グランプリボス
「・・ん?・・意外とうまいなコレ・・モグモグ」


舎弟ハチ
「ボス!いよいよ安田記念っすね! 喜」



グランプリボス
「おうよ。ジーワン4勝目は目前だぜ」


舎弟ハチ
「い、一回、サバ読んで・・」



   バキッ!



舎弟ハチ
「ぐはぁー! 涙」


グランプリボス
「うるせえぞハチ」



舎弟ハチ
「そ、それにしてもボス。今年はメンバーが豪華っすね!」


グランプリボス
「おう。世界最強スプリンターの、あいつが出るしな」



舎弟ハチ
「へい!サクラバクシンオーっすね!」


グランプリボス
「バカ野郎!!何十年前の話だっ!つーかそれは、オレのオヤジだっ!!怒」


舎弟ハチ
「す、すいやせん 汗」



グランプリボス
「それに、中距離でジーワン級の、あいつも出るしな」


舎弟ハチ
「へい!マチカネハツシマダっすね!」



グランプリボス
「バカ野郎!!母の名前を言うな!ダークシャドウだっ!!怒」


舎弟ハチ
「す、すいやせん 汗」



グランプリボス
「それから、ついにジーワン馬になった、あの娘も出るしな 照」


舎弟ハチ
「へい!榎本加奈子っすね!」



グランプリボス
「バカ野郎!!オーナーの嫁の名前を言うな!ヴィルシーナちゃんだっ!!怒」


舎弟ハチ
「す、すいやせん 汗 でもボス。ヴィルシーナには『ちゃん』をつけるんすね?」



グランプリボス
「・・・・ 照」


舎弟ハチ
「あ。狙ってるっすか?」



   バキッ!



舎弟ハチ
「ぐはぁー! 涙」


グランプリボス
「・・くだらねえことを言うな。ハチ 照」


舎弟ハチ
「す、すいやせん 汗 図星っすね 汗」



グランプリボス
「まあとにかくよ。強いメンバー相手に勝てば、オレの評価も上がるってもんよ」


舎弟ハチ
「そっすね!喜 がんばってください!ボス!」


グランプリボス
「おう」



舎弟ハチ
「・・でも・・いいなあ。なんか」


グランプリボス
「ん?」



舎弟ハチ
「あっしも、ボスみてえに、いろんなことに挑戦したいっす」


グランプリボス
「おう。すればいいぜ」



舎弟ハチ
「・・無理っす 落」


グランプリボス
「なぜだ?」



舎弟ハチ
「・・あっしは・・ボスみてえに、才能もないし、勇気もないっす 落」


グランプリボス
「・・・・」



舎弟ハチ
「あっしは、何かに挑戦しようとしても、やる前にいろいろ考えちまって、結局やめちまうっす 落」


グランプリボス
「・・・・」



舎弟ハチ
「だから、あっしは、ボスの応援ができればいいっす!」


グランプリボス
「・・・・」



舎弟ハチ
「あっしなんかが何をやっても、どうせ失敗するし!たはっ! 汗」


グランプリボス
「・・・・」



舎弟ハチ
「失敗したら心が傷つくから、あっしは、ボスの応援係でいいっす!」


グランプリボス
「・・・・」



舎弟ハチ
「きっと世の中で活躍する人ってのは、生まれつきの才能が・・」


グランプリボス
「おい。ハチよ」


舎弟ハチ
「へ、へい! 汗」



グランプリボス
「・・考えすぎる者は、あまり多くを手に入れない」


舎弟ハチ
「は?」



グランプリボス
「何かをやる前に、あーだこーだと考えすぎる者は、人生で手に入れるものは相対的に少ないというデータがある」


舎弟ハチ
「・・・・」



グランプリボス
「いろんなモノを手に入れてる奴ってのは、行動量がスゲー多い奴だ」


舎弟ハチ
「・・・・」



グランプリボス
「才能じゃねえ。行動量だ」


舎弟ハチ
「・・・・」



グランプリボス
「オレはジーワン3勝だが、それ以上に多くの惨敗がある」


舎弟ハチ
「い、一回サバ読んで・・ 汗」



グランプリボス
「もしオレが、惨敗にビビって挑戦を続けなければ、今のオレはねえ」


舎弟ハチ
「・・・・」



グランプリボス
「さっき食ったロールケーキもそうだ。先入観を捨てて、まず食ってみれば、意外とうまかったりする」


舎弟ハチ
「・・・・」



グランプリボス
「ハチよ」


舎弟ハチ
「へ、へい! 汗」



グランプリボス
「考える前に、まずちょっとやってみてから修正しろ」


舎弟ハチ
「やってみてから・・」



グランプリボス
「考えても名案なんか生まれねえ。だが、やってみりゃー新しい発見がある」


舎弟ハチ
「・・・・」



グランプリボス
「わかったな。ハチ」


舎弟ハチ
「・・へい・・ボス・・ 涙 あっしもこれからは、考える前に行動するようにしやす・・涙」



グランプリボス
「フッ」


舎弟ハチ
「・・・・ 涙」



グランプリボス
「さて、帰るかハチ」


舎弟ハチ
「へい!・・・あっ!!汗汗」



グランプリボス
「ん?どうしたハチ」



舎弟ハチ
「て、てえへんだ!さっきパシリに行った時に預かったボスのサイフを、どっかに落としやしたっ!!汗汗」


グランプリボス
「バ、バカ野郎! 怒 どこに落としたんだっ!!怒」



舎弟ハチ
「へ、へい・・ちょっと行動をさかのぼって考えてみやす。えーと・・コンビニで立ち読みして・・トイレに行って・・」


グランプリボス
「バ、バカ野郎!!怒 考える前に行動せんかいっ!探しに行け!!怒」



舎弟ハチ
「す、すいやせんーー!!走」
≡≡≡ヘ(*–)ノ



  - つづく –

サブコンテンツ