先週の宝塚記念の予想結果マツリダ



マツリダゴッホ
「さて先週のしゃべる馬予想の主な結果は、こんな感じマツリダ↓」



阪神11R 宝塚記念
◎ー△ー☆
馬連 51.5倍
三連複 29.1倍



阪神10R
☆ー◎ー穴


函館10R
◎ー穴ー☆


阪神7R
☆ー◎ー○


東京8R
▲ー◎ー☆


東京9R
◎ー×ー△



などなど。


==========
◆最近のマツリダ予想
本線的中  505回
その他的中 494回
不的中   199回
==========



ドリームジャーニー
「さてゴッホさん。宝塚記念は、◎ゴールドシップ君が楽勝でしたね」


マツリダゴッホ
「うむ。あの重い馬場では、シップ氏を◎にせざるを得ないところマツリダ」


ドリームジャーニー
「良馬場なら違う結果になったでしょうね」



マツリダゴッホ
「まあ、重めの馬場でシップ氏に勝てるのは、オル以外にはいないだろうマツリダ」


ドリームジャーニー
「フッ。我が弟、オルが出てれば、シップ君を5馬身ちぎっていたでしょうな 喜」



マツリダゴッホ
「シップ氏は単勝は2番人気だったが、二連系・三連系では、3番人気だったので人気なさすぎマツリダ」


ドリームジャーニー
「春天での敗戦で、不信感が出てましたね。5着だからそんなに負けてないんですけどね」



マツリダゴッホ
「うむ。下馬評と逆の道を行くのが、長期的に馬券で勝つ秘訣だマツリダ」


ドリームジャーニー
「マツリダ予想的にも、春天は◎メノ君で、宝塚記念は◎シップ君と、うまく決まりましたね」


マツリダゴッホ
「うむ。たまたまの偶然マツリダ」



ドリームジャーニー
「それにしても、ダノンバラード君との馬連が、50倍以上というのはおいしかったですね」


マツリダゴッホ
「うむ。いかに3強の馬連に大金を突っ込んだ人が多かったかという証拠マツリダ」


ドリームジャーニー
「なるほど」



マツリダゴッホ
「本命サイドの馬券にぶち込むクセがある人は、長期的には馬券収支はマイナスになってしまいマツリダ」


ドリームジャーニー
「ですね」



マツリダゴッホ
「人間は心理的に、本命サイドを買いたくなるのが普通なので、その裏を突くべしマツリダ」


ドリームジャーニー
「ふむふむ」



マツリダゴッホ
「来る確率が1%でも、オッズが100倍以上つくなら、長期的にはプラスになりマツリダ」


ドリームジャーニー
「ですね。よくわからない方は、マツリダ予想へ~♪」



マツリダゴッホ
「せ、宣伝すんなジャーニー 汗」


ドリームジャーニー
「では会員様のお便り紹介でーす♪」




 ⇒『宝塚記念、マルチで500円づつ24点の購入。230倍で約12万円の払い戻しでした。いつも精度の高い配信ありがとうございます』


マツリダゴッホ
「うむ。ナイス10万オーバー。I氏。さすがのセンスマツリダ」



 ⇒『◎1着固定で三連単とれましたー。ゴッホさんが馬場読みに自信ありそうだったから、当たる気がしてました(笑)』


マツリダゴッホ
「うむ。それはM嬢のセンスだマツリダ」



 ⇒『ラーはラーでも・・・ダノンバ「ラー」ドっっっ!!』


マツリダゴッホ
「むむっ!汗 うますぎるぞW氏 汗 余裕で馬連51倍ゲットし、ネタまで考えるとは恐るべし 汗」



 ⇒『宝塚は、◎ー○▲△△の馬連4点で、50倍もつきましたー。春のG1はゴッホさんのおかげでプラスでしたよー』


マツリダゴッホ
「うむ。それはS嬢の成長の証だマツリダ」



 ⇒『宝塚記念は3連複フォメで見事的中&おみくじ馬券も見事的中でしたー♪\(^o^)/』


マツリダゴッホ
「うむ。三連複的中ラッシュさすがです。写真サンキューマツリダ。S氏」



 ⇒『”少頭数は二連系と三連複2頭軸” と先週のメルマガに書いてあったから、その通りに買ったら儲かりました!すげー!』


マツリダゴッホ
「うむ。たまたまの偶然マツリダ。K氏」



 ⇒『先週も◎が来まくってましたね。こりゃーそろそろ◎以外が狙い目かな(笑)』


マツリダゴッホ
「むむ 汗 さすがベテランO氏。一理あるなマツリダ 汗」



 ⇒『昨年も宝塚記念を取らせていただき、今年も取れました。グランプリは強いですね。さすがマツリダゴッホ』


ドリームジャーニー
「・・・まあゴッホさんは、宝塚記念を勝ってませんけどね。Hさん」


マツリダゴッホ
「むむっ! 汗」



ドリームジャーニー
「さてゴッホさん、そろそろお時間です。今週から夏競馬っすね」


マツリダゴッホ
「うむ。夏競馬はおいしい配当が出やすいので、がんばりマツリダ」



ドリームジャーニー
「お願いしますね。では皆さま、今週も競馬を楽しみましょー♪」



 - つづく –

サブコンテンツ