七夕賞2013予想 エクスペディション『人にはそれぞれ事情がある』



◆七夕賞2013予想


【エクスペディション】

○Expedition
○社台レースホース
○関西馬
○父ステイゴールド
○馬名 意味由来⇒ 遠征・探検

==========



◆人にはそれぞれの事情がある



≪繁華街にて≫



エクスペディション
「ちょっとオウケンさん、どこ行くんすか」


オウケンブルースリ。
「フッ。オレの行きつけの店だ 喜」



エクスペディション
「な、なんで名前に『。』がついてんすか 汗」


オウケンブルースリ。
「いや、デス予想とか言われたから改名したんだ。お!ついたぜ! 喜」


エクスペディション
「ん?なんのお店ですか?」



   ガチャ



No.1キャバ嬢レナ
「いらっしゃいませ~♪あー!オウケンたんだぁ~♪」


オウケンブルースリ。
「うわぁ~い!レナたん!久しぶり~♪会いたかったでちゅー! 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「超久しぶりだねぇ~オウケンたん♪うふ♪会いにきてくれて、う・れ・し・い♪(はぁと)」


オウケンブルースリ。
「会いたかったでちゅーチューチュー! 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「コラ♪当店はチューは禁止だじょ~♪」


オウケンブルースリ。
「いいじゃんかぁ~ 喜」



エクスペディション
「・・・・汗」


No.1キャバ嬢レナ
「お連れの方は、今週のレースに出るのぉ?」



オウケンブルースリ。
「ああ。日曜日の七夕賞に出る、エクスペだ」


No.1キャバ嬢レナ
「エクステさん♪レナですっ。よろしくねっ♪」



エクスペディション
「・・・オウケンさん。自分は、こういう店は…」


オウケンブルースリ。
「かてえこと言うなって!喜 レナたん、ぼくちゃん水割り~♪」


No.1キャバ嬢レナ
「は~い♪」


エクスペディション
「チッ」



No.1キャバ嬢レナ
「エクステさんは?なに飲みますかぁ?」


エクスペディション
「・・エクスペだ 怒」


No.1キャバ嬢レナ
「ご、ごめんなさい 汗」



エクスペディション
「・・職業に貴賎はないが、オレはアンタらのような人種とは、合わねえと思うぜ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



エクスペディション
「No.1キャバ嬢ってなんだよ。もっと地に足をつけた生活をしろ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 落」



オウケンブルースリ。
「おい!エクスペ!怒 レナたんが落ち込んでるだろが! 怒」


エクスペディション
「・・フー。キャバ嬢にハマるなんて、どうかしてるぜ。オウケンさん」


No.1キャバ嬢レナ
「・・ごめんなさい。エクスペさん 落 私が悪いんだよね 落」



オウケンブルースリ。
「レース前だからって、カリカリすんなって。なあエクスペ」


エクスペディション
「・・はい・・」



オウケンブルースリ。
「エクスペディションは、『遠征』という意味か。おまえは夏の遠征には、めっぽう強いからな」


エクスペディション
「そうっすね。6勝のうち5勝が、7月と8月ですからね」


オウケンブルースリ。
「まさに夏男だな」



エクスペディション
「夏に強い才能を活かして、サマー2000シリーズを取りにいきますよ」


オウケンブルースリ。
「うむ。サマー2000シリーズ。略して、さまぁ~ずだな」


エクスペディション
「ち、ちがうわっ!汗」



No.1キャバ嬢レナ
「サマー2000シリーズ。略して、サマー5000シーブリーズだねっ♪」


エクスペディション
「ど、どこを略したんだ? 汗 増えてねえか?汗」



No.1キャバ嬢レナ
「夏だけに、シーブリーズ♪」


エクスペディション
「知らん 汗」



オウケンブルースリ。
「レナたんのシーブリーズの香りを嗅ぐぞ~ 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「いや~ん♪」


エクスペディション
「・・・・汗」



オウケンブルースリ。
「あ。オレちょっとトイレ~」


No.1キャバ嬢レナ
「はーい。いってらっしゃい♪」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


エクスペディション
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「エクスペ君の夢は、サマー5000シーブリーズで優勝すること?」


エクスペディション
「まあ当面はそうだな」



No.1キャバ嬢レナ
「そっか。じゃあレナも応援しちゃうねっ♪」


エクスペディション
「・・アンタの夢は?」



No.1キャバ嬢レナ
「私?」


エクスペディション
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ケーキ」


エクスペディション
「ん?」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ケーキを、家族で食べること・・」


エクスペディション
「・・・?」



No.1キャバ嬢レナ
「・・私の両親は、体が弱くて、私がここで働いて仕送りしてるんだ」


エクスペディション
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「エクスペさんから見たら、こんな水商売の女、ダメ人間だと思うだろうけどね。たはっ 汗」


エクスペディション
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・私がここでがんばって・・いつかまた・・家族3人でケーキを・・」


エクスペディション
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・食べたくて・・ 涙」


エクスペディション
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」



エクスペディション
「・・・おい、女」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 涙」」



エクスペディション
「・・・すまなかった」


No.1キャバ嬢レナ
「え? 涙」



エクスペディション
「・・傷つけるつもりはなかった。何も知らずにひどいこと言っちまった」


No.1キャバ嬢レナ
「ううん・・ 涙」



エクスペディション
「・・サマー5000シーブリーズ。優勝してくるからよ」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



エクスペディション
「・・・アンタのために」


No.1キャバ嬢レナ
「・・うん・・ 涙」



エクスペディション
「まずは七夕賞だ。今日アンタに会えたのも、七夕の縁かもしれねえな 照」


No.1キャバ嬢レナ
「えへへ 涙」



エクスペディション
「フッ。泣きながら笑うな。忙しい女だ」


No.1キャバ嬢レナ
「てへっ 涙」



影から見ていたオウケン
「・・・落ちたなエクスペ。さすがレナたん。恐るべし 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ