函館記念2013予想 エアソミュール『自分の才能を探す方法』



◆函館記念2013予想


【エアソミュール】

○Air Saumur
○ラッキーフィールド
○関西馬
○父ジャングルポケット
○馬名 意味由来⇒ 冠名+フランスの都市名

==========



◆自分の才能を探す方法



≪焼き鳥シゲにて≫



トウケイヘイロー
「函館記念は、4歳5歳が強いからな。再びオレの出番だぜ」


エアソミュール
「いやオレだろ」



トウケイヘイロー
「何と言っても、ユタカさんが北海道まで来てくれるからな!重賞連勝はいただきだぜ! 喜」


エアソミュール
「・・・フッ」」


トウケイヘイロー
「な、何がおかしい! 汗」



エアソミュール
「・・なあ、トウちゃんよ」


トウケイヘイロー
「ト、トウちゃんって言うな!父ちゃんみてえじゃねえかっ! 怒」



エアソミュール
「・・じゃあ、トウケイちゃんよ」


トウケイヘイロー
「そ、それもなんか違うな 汗」



エアソミュール
「・・じゃあ、ホウ●イちゃんよ」


トウケイヘイロー
「コ、コラァー!!怒」



エアソミュール
「・・おまえは北海道の洋芝は初めてだろう?」


トウケイヘイロー
「う・・ 汗」



エアソミュール
「洋芝をナメるな。父ちゃん」


トウケイヘイロー
「父ちゃんって言うな!怒 せめて、トウちゃんにしろや! 怒」



エアソミュール
「カッカするな。母ちゃん」


トウケイヘイロー
「だ、誰が母ちゃんだコラァー!!怒」



エアソミュール
「・・オレは前走の巴賞で、洋芝のコツをつかんだ。おまえはつかんでない」


トウケイヘイロー
「くっ・・」



エアソミュール
「しかも函館記念は、前走、巴賞を使った馬が好成績」


トウケイヘイロー
「チッ」



エアソミュール
「しかも、函館記念は、斤量57.5以上は、極めて不振」


トウケイヘイロー
「うぬぬ 汗」



エアソミュール
「しかもおまえは、ホウ●イ」


トウケイヘイロー
「か、勝手に決めんなコラァー!!汗」



エアソミュール
「ほら。焦っている」


トウケイヘイロー
「あ、焦ってねえわっ!!汗汗」



エアソミュール
「おまえはおとなしく、得意の阪神コースでも走っていろ」


トウケイヘイロー
「く、くっそー 汗」



エアソミュール
「あ。シゲさん。ビールおかわり」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



トウケイヘイロー
「・・・シゲさん・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ん?」



トウケイヘイロー
「・・やっぱり・・オレは・・北海道の洋芝経験が無いから、函館記念にチャレンジすべきではないのでしょうか・・ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


エアソミュール
「・・・ゴクゴク」



トウケイヘイロー
「確かに俺みたいなスピードタイプは、洋芝では惨敗するケースも多いし 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



トウケイヘイロー
「・・ハァー。やっぱ、やったことない事は、怖いっすね 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



トウケイヘイロー
「・・・ 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・父ちゃんさんな」


トウケイヘイロー
「ト・・(父ちゃんって言うなってツッコむ空気でもないよな 汗)」



焼き鳥屋 店主シゲ
「やったことがないからこそ、やってみるんだぜ」


トウケイヘイロー
「え・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「最初の挑戦は、成功か失敗かは、どうでもいい。ただ、自分の適性を計るためにやるんだぜ」


トウケイヘイロー
「適性を・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「初めてやってみて、全然デキル気がしなかった場合。これは実は貴重な発見でもある」


トウケイヘイロー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「才能があるジャンルというのは、初めてなのに、うまくできてしまうもんだ」


トウケイヘイロー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分の才能がどこにあるか?それを探すためには、初めての事をどんどんやっていく必要があるんだぜ」


トウケイヘイロー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そういう心意気で挑戦すれば、惨敗もまた財産だ」


トウケイヘイロー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そこに自分の適性が無いとわかれば、別のことに時間を使えるからな」


トウケイヘイロー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分の才能がどこにあるかは、誰も教えてはくれねえ」


トウケイヘイロー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分自身で、いろんなことに挑戦しまくって、探していくもんだぜ」


トウケイヘイロー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


トウケイヘイロー
「・・シゲさん・・ 涙」



エアソミュール
「ハッハッハ。なあ父ちゃん。オレが言った通りだろ?」


トウケイヘイロー
「ぜ、全然ちがうわっ!!怒 テメー!真逆のこと言ってただろ! 怒」



エアソミュール
「・・惨敗もまた財産。オレは1着。おまえは惨敗。それもまた人生の糧。なあ父ちゃん」


トウケイヘイロー
「と、父ちゃんって言うなコラァー!!首締」



エアソミュール
「うっ!と、父ちゃん!汗 首を締めるな!汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ