函館2歳S クリスマス『若いうちに成功しない方がいい』



◆函館2歳S 2013


【クリスマス】

○Xmas
○2歳牝
○関東馬
○父バゴ
○馬名 意味由来⇒ そのまんま

==========



◆若いうちに成功しない方がいい



≪焼き鳥シゲにて≫



  ガラガラッ



オウケンブルースリ。
「ちわーっす!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」



クリスマス
「こにちわー♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ん?オウケンさん。その女の子は?誘拐したんですかい?」


オウケンブルースリ。
「し、してねえわっ!!汗 誰が不審者だっ! 汗」



クリスマス
「クリスマスでちゅ♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ほう」



オウケンブルースリ。
「この子はクリスマスちゃんっす。今週の函館2歳Sで、たぶん1番人気になるんじゃないかな」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですかい。まだ子供なのに、頑張り屋さんだな」


クリスマス
「えへ♪」



オウケンブルースリ。
「あ。シゲさん。ビールね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



クリスマス
「あたちも♪」


オウケンブルースリ。
「ガキがビールを注文すんな 汗」



クリスマス
「ぶー。じゃあコーヒーで。ブラックね♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あ、あいよ 汗」



オウケンブルースリ。
「お、おまえ、マセガキだな 汗」


クリスマス
「女の子は早熟なの♪」



オウケンブルースリ。
「・・ふむ。まあデビュー戦で、1200mを、1.09.3で走るくらいだから、早熟なんだろうな」


クリスマス
「そうでちゅ。人生はつまづいたら終わり。最初からミスをせず、勢いをつけて駆け抜けなさいって、ママに言われたの」


オウケンブルースリ。
「へ、へー 汗」



クリスマス
「今回もデビュー戦と同じコース。1.09.3で走れば、勝てるでちゅ」


オウケンブルースリ。
「・・ふむ。だが函館2歳Sは、デビュー戦のタイムがあまりアテにならないレースだぞ?」



クリスマス
「ネガティブな情報を自分に刷り込むことは、人生にメリットを与えないでちゅ」


オウケンブルースリ。
「くっ・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。2歳の女の子に、言い負かされてますねえ。オウケンさん」


オウケンブルースリ。
「くっそー・・。『大人のDVDクイズ』なら、論破できるんだが 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



クリスマス
「・・くだらないでちゅ」


オウケンブルースリ。
「え? 汗」



クリスマス
「男はみんなそう。性欲に踊らされて、女に操られる…」


オウケンブルースリ。
「お、おっしゃるとおりでつ 汗」



クリスマス
「若い女が生意気になるのは、男が性欲に踊らされているからでちゅ」


オウケンブルースリ。
「お、おまえの方が生意気だけどな 汗」



クリスマス
「女は時に、男の人生を狂わせる。気をつけてくだちゃい。オウケンさん」


オウケンブルースリ。
「は、はい 汗」



クリスマス
「人生はつまづいたら終わりでちゅ」


オウケンブルースリ。
「は、はあ 汗」



クリスマス
「だから先々を見て、転ばないように予防線を張り、ノーミスで生きるでちゅ」


オウケンブルースリ。
「・・・・汗」



クリスマス
「あたちは、デビュー戦はクリアしたから、これからも転ばないように生きるんでちゅ」


オウケンブルースリ。
「し、しっかりしてますね 汗」



クリスマス
「若いうちから、人生を構築し、みんなの羨望を集めるでちゅ」


オウケンブルースリ。
「が、がんばってください 汗」



クリスマス
「ね♪シゲさん♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


クリスマス
「んん?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・ひとつだけな」


クリスマス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・あまり若いうちに、成功しない方がいいかもしれねえ」


クリスマス
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「もちろん、若い頃からしっかり努力して、人生を作っていくのは立派だ」


クリスマス
「・・じゃあいいじゃん」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、若いうちの称賛や羨望は、多くの場合、その人間を横柄にする」


クリスマス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「皮肉なことに、長い人生をトータルで考えた時には、若い頃に成功した者より、若い頃は失敗しまくった者の方が、良い人生になったりする」


クリスマス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「最初は称賛してくれた人々が、やがて嫉妬から敵になったりするしな」


クリスマス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「難しいところだがな。ノーミスで生きてきた者には、あまり魅力を感じなかったりするもんだぜ」


クリスマス
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。2歳の女の子に、つまらねえこと言っちまったな」


クリスマス
「・・ううん・・。勉強になったでちゅ…」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。頭のいい子だぜ」



オウケンブルースリ。
「はっはっは!まあよ!多少はミスしても、最終的に、オレみたいにすばらしい人間になればいいのよ! 喜」



   ゴトン



クリスマス
「ん?オウケンさん。何か落としたでちゅ。・・・DVD?」


オウケンブルースリ。
「ああ。拾ってくれるのか。ありがとな。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人ナースのお仕事~夜のお注射はノーミスでお願い♪』



クリスマス
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ。
「ち、違うんだっ!汗 これには深いワケがっ!!汗汗」


クリスマス
「・・シゲさん。やっぱり男って、アホでちゅ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「め、面目ねえ 汗」



オウケンブルースリ。
「違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ