桜花賞2015~ レッツゴードンキ『どうすればできるか?だけを考える』



◆桜花賞2015


【レッツゴードンキ】

○Let’s Go Donki
○牝3
○父キングカメハメハ
○馬名 意味⇒ さあ進もう「ドンキホーテ」のように。

==========



◆どうすればできるか?だけを考える



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「いやー、いよいよ春のクラシックロードが開幕だね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「春のG1で大儲けしたら、ツケ払うからね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「先にツケだろ 汗」



オウケンブルースリ
「桜花賞はやっぱり、アイツが強いかなあ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「・・・ルージュバック。カクテルの名前だけど、見方によってはちょっとセクシーだよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「それはアンタの脳に問題があると思うぜ 汗」



オウケンブルースリ
「断然人気かあ。ルージュバックから買っても、大儲けできないなあ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ルージュバックさんに勝てるような馬を見つければいいぜ」



オウケンブルースリ
「いないでしょー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ルージュバック以外は小粒!こつぶっこ!お菓子より小粒だったりして。はっはっは 笑」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「ぐはぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「・・・誰が、こつぶっこですか 怒」



オウケンブルースリ
「う・・・おまえは・・ 頭痛」


レッツゴードンキ
「・・・レッツゴードンキです。打倒ルージュバックの最右翼です。さっきから隣で聞いてました 怒」



オウケンブルースリ
「そ、それはいいんだけど、今、オレの後頭部を殴らなかったか? 痛」


レッツゴードンキ
「殴りました」



オウケンブルースリ
「め、めっちゃ痛いんだけど、なにで殴った? 汗」


レッツゴードンキ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・・ドンキのようなもので殴りました」


オウケンブルースリ
「なるほど♪レッツゴードンキだけに、鈍器のようなものね♪それなら納得♪・・・コラー!!怒」



レッツゴードンキ
「なにか?」


オウケンブルースリ
「しんでまうやろー! 汗」



レッツゴードンキ
「あ。シゲさん。注文いいですか?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。何にしやすかい?」



レッツゴードンキ
「じゃあ・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「カリーバーグディッシュを」


オウケンブルースリ
「なるほど♪レッツゴードンキだけに、びっくりドンキーのハンバーグね♪それなら納得♪・・・いやいや。だったら最初から、びっくりドンキー行けよ。シゲさんも怒るでしかし」



焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよっ」


オウケンブルースリ
「怒れや 汗」



レッツゴードンキ
「しっかり食べて、桜花賞がんばるぞっ!」


オウケンブルースリ
「・・・ふむ。ぶっちゃけ自信のほうはどうよ?鈍器ちゃん」



レッツゴードンキ
「ええ。私はデビュー以来、一線級の相手と戦い続けて、すべて3着以内です」


オウケンブルースリ
「だな」



レッツゴードンキ
「脚質も、逃げ差し自在。良馬場でも重馬場でも3着以内です」


オウケンブルースリ
「条件不問だな」



レッツゴードンキ
「阪神マイルも、ここ2戦でしっかり経験済み」


オウケンブルースリ
「うん」



レッツゴードンキ
「それに対してルージュバックは、阪神は初めて。マイルも初めて。10頭までの少頭数競馬しか経験がない。しかも関東馬の直前輸送なのでコンディション管理が激ムズ」


オウケンブルースリ
「ふむ」



レッツゴードンキ
「ということで、勝つのは私!」


オウケンブルースリ
「ふーん」



レッツゴードンキ
「・・・と思いたい 落」


オウケンブルースリ
「あれ?」



レッツゴードンキ
「・・・はぁ~。無理だぁ~。ルージュバックの3戦を見れば見るほど、無理だぁ~ 落」


オウケンブルースリ
「まあ確かに、すごいけどな」



レッツゴードンキ
「だって~、百日草特別なんて、牡馬重賞を勝ったベルーフとミュゼエイリアンを、馬なりでぶっこ抜いて行ったんだよぉ~。しかもレコードタイム~ 落」


オウケンブルースリ
「うーん」



レッツゴードンキ
「ムリムリ。あ~もう無理。・・・シゲさ~ん、カルアミルクくださ~い 落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「はぁ~。相手は社台のスーパースター。私は、雑草魂。・・・いや誰が雑草だっ!」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



レッツゴードンキ
「せめてルージュバックと違う時代に生まれてたらなぁ~ 落」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「運がなかったなぁ~ 落」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「ねえオウケンさん。そう思うでしょ~? 落」


オウケンブルースリ
「・・・・」


レッツゴードンキ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・そうだな。はっはっは 笑」


レッツゴードンキ
「だよねえ~ 落」



オウケンブルースリ
「ルージュバックと違う時代に生まれていても、たぶんダメだな。はっはっは」


レッツゴードンキ
「え?」



オウケンブルースリ
「そんな負け犬根性タラタラの奴は、どの時代に生まれてもダメだって言ってんだよ。ダサ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「まあ、せいぜいルージュバックにサインでも、もらっておけよw」


レッツゴードンキ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「こりゃー馬券もルージュバックからで良さそうだな。なあ、負け犬根性ちゃんよ。はっはっ・・」



  ゴキン!(鈍器)



オウケンブルースリ
「どはぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「・・・さっきから黙って聞いてれば・・ 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・バタッ。 倒」



レッツゴードンキ
「私は負け犬なんかじゃない!そんなに言うならやってやる!社台のスーパースターを倒してやる! 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・ 倒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「どうしても勝てなさそうなら、道中でルージュバックの背後から、鈍器のようなものでブン殴ってやる!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



レッツゴードンキ
「そうだ!カルアミルクなんて可愛い酒を飲んでる場合じゃない!シゲさん!カクテルのルージュバックください!ルージュバックを『飲んで』やるっ! 燃」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



レッツゴードンキ
「ねえ!シゲさん!私がんばるから!そしてこの無礼な男に、謝らせてやるんだから! 燃」


オウケンブルースリ
「・・・・ 倒」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


レッツゴードンキ
「・・・・ 燃」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・闘争心が戻ったようだな」


レッツゴードンキ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・勝負事ってやつは、最終的には気持ちの戦いだ。気持ちが強い方が勝つ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「短期的には、偶然の要素も左右するが、長い目で見た場合、長期的に勝つのは必ず、心が強い方だ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「やる前から、『勝てない理由』を並べている者が、勝つ確率は低い」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「これは人生でも同じだ。『自分は○○だからできないんだ。仕方ないんだ』と言い訳を考える者と、『どうすれば○○できるか?』と可能性を考える者。この両者の差は、時間の経過とともに絶望的に開いていくことになる」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから、やる前から諦めるな。諦めたらそこで試合終了だぜ。なあ安西先生よ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


レッツゴードンキ
「・・いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「ありがとうございます。シゲさん。私、やる前から諦めるところでした。気づけてよかったです!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



レッツゴードンキ
「・・オウケンさん・・。そのことを私に気づかせようとして、わざと怒らせるようなことを・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ」



レッツゴードンキ
「ありがとう。オウケンさん。鈍器のようなもので殴っちゃったけど、あなたのおかげで大切なことに気づけたよ」


オウケンブルースリ
「・・・・ 倒」



レッツゴードンキ
「・・・オウケンさん。本当はすごく誠実で、みんなの事を想っている人なのかもしれませんね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ」



レッツゴードンキ
「・・・やる前からあきらめない。オウケンさん。あなたにもらったこの想いを胸に、私は桜花賞を走ります」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



レッツゴードンキ
「てへ 照」


焼き鳥屋 店主シゲ
「一件落着だな」



レッツゴードンキ
「はい!・・・ん?オウケンさんのポケットから、何かが落ちてる。・・なんだろ・・。DVD?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



 ⇒『ナンパ必勝法ビデオ!ヤル前からあきらめるな!女子大生から人妻までを徹底攻略!!』



レッツゴードンキ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



レッツゴードンキ
「・・・シゲさん。シゲさんにもらった言葉『だけが』心に響きました。全力で頑張ってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「・・・・ 倒」



  - つづく –

サブコンテンツ