◆セントウルステークス2011予想⇒トウカイミステリー⇒モテる人は自分に気がありそうな相手を見つける



【トウカイミステリー】

○Tokai Mystery
○馬名 意味由来⇒ 冠名+神秘的な
○5歳 女性 栗毛
○父キングカメハメハ
○レース間隔 : 4週
○調教師2011順位:8位
○阪神芝 未経験
○芝1200m  4-1-1-5
○前走は8番人気ながら、大外ぶっこ抜きで重賞初制覇
○ここも勝てば、サマースプリントシリーズ優勝
○が今回、斤量は3キロ増量
○条件は前走と大きく変わるが、再度のミステリーなるか。



■本日の みどころ■

モテる人はなぜモテるのか?
トウカイミステリーが体験した、夏のミステリーとは!
ついにあの男が初登場!



◆モテる人は自分に気がありそうな相手を見つける



≪繁華街にて≫



トウカイミステリー
「はぁ~。男っけが無いなあ・・・。なんでアタシはモテないんだ?今日はシゲさんに相談してみよう」



トコトコ



トウカイミステリー
「・・・あれ?焼き鳥シゲは、この場所だったハズなんだけど・・・おかしいわね・・・」



『バー 馬の巣』



トウカイミステリー
「バーになってる?汗 と、とりあえず入って聞いてみよう 汗」



カランコロ~ン



マスター
「・・・・」



トウカイミステリー
「あ、あの~スミマセン~ 汗」


マスター
「・・・・」



トウカイミステリー
「こ、この場所って、焼き鳥屋さんじゃなかったでしたっけ? 汗」


マスター
「・・・・」



トウカイミステリー
「シ、シカトすんなやマスター ボソッ」


マスター
「・・・・」


トウカイミステリー
「・・・・汗」



謎の男
「・・・あの~もしもし?」


トウカイミステリー
「え? 汗」



謎の男
「何かお困りでしたかな?」


トウカイミステリー
「あ、あのー。この場所にあった焼き鳥屋を探してて・・・」



謎の男
「・・・まあまあ。一杯飲んでくださいな。オゴリますから」


トウカイミステリー
「あ。ありがとうございます 汗 アナタはダレ? 汗」


謎の男
「ホーッホッホッホ。私、こういう者です 名刺」



『笑ゥホ~スまん・喪黒 馬造・ココロのスキマ、お埋めします』



トウカイミステリー
「わ、笑うホースマン・・・もぐろ・・うまぞう・・・? 汗」


喪黒 馬造
「ホーッホッホッホ。あなたの、ココロのスキマ、お埋めします 笑」


トウカイミステリー
「え・・・」



喪黒 馬造
「あなた、悩みがありますね?」


トウカイミステリー
「は、はぁ・・・」



喪黒 馬造
「もし宜しければ、お聞きしましょう」


トウカイミステリー
「あ・・・あのー。アタシ、多くの男性に、好かれたいんですっ!」



喪黒 馬造
「ほう・・・恋の悩みですかね?」


トウカイミステリー
「はい・・・素敵な男性を振り向かせるテクニックを、教えてください!喪黒さん!」



喪黒 馬造
「・・・・」


トウカイミステリー
「喪黒さんっ!!」



喪黒 馬造
「ホーッホッホッホ。では逆にお聞きしましょう」


トウカイミステリー
「・・・・」



喪黒 馬造
「男女に関わらず、モテる人というのは、なぜモテると思いますか?」


トウカイミステリー
「そ、それは・・・」


喪黒 馬造
「・・・・」



トウカイミステリー
「・・・相手の心を捉える化粧テクニックとか、胃袋をつかむ料理のウデとか、横顔をキレイに見せる角度を研究するとか・・・」


喪黒 馬造
「・・・・」


トウカイミステリー
「・・・でしょ?」



喪黒 馬造
「ホーッホッホッホ」


トウカイミステリー
「・・・・」



喪黒 馬造
「・・・0点です」


トウカイミステリー
「えぇ~!!汗」



喪黒 馬造
「ものごとの、うわっつらばかりを見てるから、苦戦するのですよ。ミステリーさん」


トウカイミステリー
「え・・・」



喪黒 馬造
「いいですか、ミステリーさん。モテる人というのは・・・」


トウカイミステリー
「・・・・」



喪黒 馬造
「・・・自分に気がありそうな人を探して、アプローチをかける人です」


トウカイミステリー
「え?」



喪黒 馬造
「どんなに魅力的な人であっても、すべての人から好かれるということはあり得ない」


トウカイミステリー
「・・・・」



喪黒 馬造
「まあ若い女性の場合は複雑になるんですが、性的な対象にはなり得ても、伴侶にはなり得ない、といった感じでしょうか」


トウカイミステリー
「・・・・」



喪黒 馬造
「要するにミステリーさんは、モテたければ、友達を増やしてその中から、自分の事を好きそうな男性に近づけばいいのです」


トウカイミステリー
「・・・・」



喪黒 馬造
「ただ最終的には一人を選ぶことです。男性の好意を悪用して、自己の優越感を得てはなりません」


トウカイミステリー
「・・・・」



喪黒 馬造
「まあ私に言わせれば、モテてもあまりいいことはないですがね。ホーッホッホッホ」


トウカイミステリー
「・・・・」



喪黒 馬造
「人生の時間が有限である以上、他者に与えられる愛情も有限・・・」


トウカイミステリー
「・・・・」



喪黒 馬造
「愛情が分散するということは、それだけ「一人あたり愛情単価」が低くなるということですからね。ホッホ」


トウカイミステリー
「・・・・」



喪黒 馬造
「・・・それでも試してみますか?」


トウカイミステリー
「え?」



喪黒 馬造
「・・・モテる世界を!」


トウカイミステリー
「は、はい!ぜひ!」



喪黒 馬造
「わかりました。ただしくれぐれも、他者の好意を、自己の優越感のために利用してはなりませんよ」


トウカイミステリー
「はい!」



喪黒 馬造
「ではご案内します・・・」


トウカイミステリー
「・・・ゴクッ」



『ドーン!!!!』



トウカイミステリー
「う、うわぁぁーー!! 汗汗」



≪ミステリー宅にて≫



トウカイミステリー
「う、うーん・・・あれ?アタシいつの間に帰ってきたんだろ・・・たしか喪黒さんと飲んでて・・・」


イケメンA
「ミステリーちゃん。おはよ」


トウカイミステリー
「あ、おはよ・・・って、アナタはダレ?! 汗汗」



イケメンB
「ミステリーちゃん。お味噌汁ができたよ」


トウカイミステリー
「ア、アナタもダレ?! 汗汗」



イケメンC
「ミステリーちゃんが欲しがってたバッグを買ってきたよ」


トウカイミステリー
「う、うわぁ 喜」



イケメンD
「ミステリーちゃん。肩こってるね。マッサージしてあげる」


トウカイミステリー
「あ、ありがとー 喜」



イケメンE
「オレ、ミステリーちゃんに会えない人生なんて、生きる価値さえ無いと思ってる・・・」


トウカイミステリー
「う、うれしい! 喜」



イケメンABCDE
「ミステリーちゃん!世界で一番愛してるよ!!」


トウカイミステリー
「・・・う、うう・・・泣 幸せすぎる!泣 ありがとー!みんな! 喜」



イケメンABCDE
「・・・でも、ミステリーちゃんは、オレたちの中から、一人を選ばなきゃいけないんだよね・・・落」


トウカイミステリー
「え・・・」



イケメンABCDE
「・・・オレたち覚悟はできてるよ!選んでよ!恨みはしない!」


トウカイミステリー
「・・・・」



イケメンABCDE
「さあっ!!」


トウカイミステリー
「・・・・」


イケメンABCDE
「・・・・」



トウカイミステリー
「・・・選べないよ・・・」


イケメンABCDE
「え」



トウカイミステリー
「・・・ずっとこのままでいたい・・・」


イケメンABCDE
「・・・・」



トウカイミステリー
「・・・ずっとこうやって、みんなと一緒にいたいの! 泣」


イケメンABCDE
「ミステリーちゃん・・・」



トウカイミステリー
「ねえ!泣 いいでしょ?このままで! 泣」


イケメンABCDE
「・・・うん・・・そうだね!そうしよう!ミステリーちゃん!!」



トウカイミステリー
「うん! 喜 アタシ、今が幸せなの!このままでいたいの! 喜」


イケメンABCDE
「そうだよ!みんなで一緒にいよう!イエーイ! 喜」


トウカイミステリー
「イエーイ!! 喜」



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「おっせぇなあ。ミステリーちゃん。あの子、今日、相談があるって言ってましたよね?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「そこらへんで道にでも迷ってんのか?・・・ん?」


隣の客
「・・・・」



ワンワンワンッ!



オウケンブルースリ
「なな、なんだ?!汗 外は野良犬だらけだぞ! 汗汗」


隣の客
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・あ・・・あれは・・・」


隣の客
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・シ、シゲさん!!汗 ミステリーちゃんが、野良犬たちと、幸せそうにたわむれてますよっ!!汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「オイ!ミステリーちゃん!なんで野良犬とたわむれてんだよっ!!汗 オイ! 汗」


トウカイミステリー
「えへへ・・・アタシ幸せなの・・・みんなが愛してるって言ってくれるの・・・喜」


オウケンブルースリ
「オイ!ミステリーちゃん!!汗 しっかりしろ!」



隣の客
「・・・だから言ったんですよ・・・他者の好意を、自己の優越感のために利用してはならないとね。ホーッホッホッホ」



– つづく –

サブコンテンツ