朝日杯FS プレイアンドリアル『成功の要素は知能や運動能力ではない』



◆朝日杯フューチュリティステークス2013


【プレイアンドリアル】

○Pray and Real
○牡2
○父 デュランダル
○馬名 意味由来⇒ 祈り+現実

==========



◆成功の要素は知能や運動能力ではない



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ。
「ふむ。ベルカントちゃんは牝馬ながら、JFではなくFSか」


焼き鳥屋 店主シゲ
「脚質的に、阪神1600より、中山1600が合うからな」



オウケンブルースリ。
「ベルカントちゃんは、調教で併せ馬にする予定が、ぶっちぎって単走になったらしいっす 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ。
「まあ混戦模様っすね。さて、人気になりそうなのは・・・」



   ガチャ



プレイアンドリアル
「そらーボクだべさー」


オウケンブルースリ。
「ん?なんだこの田舎モンの少年は 汗」



プレイアンドリアル
「ボクの名前は、プレイアンドリアル」


オウケンブルースリ。
「・・・・」


プレイアンドリアル
「なんすか?」



オウケンブルースリ。
「・・・いや、なんかエロティックな名前だなーと 汗」


プレイアンドリアル
「ど、どこが?汗 プレイは『pray』、祈りという意味だべさ」



オウケンブルースリ。
「なーんだ。リアルなプレイじゃねえのか」


プレイアンドリアル
「ど、どんなプレイ? 汗」



オウケンブルースリ。
「つーか少年よ。おまえも朝日杯に出るのか?」


プレイアンドリアル
「あったりまえだっぺ。ボクは北海道の雄だっぺ」



オウケンブルースリ。
「な、なまってるな 汗」


プレイアンドリアル
「ボクは地方競馬の所属だっぺ」



オウケンブルースリ。
「ふむ。岡田総帥のところの馬か。なるほど、地方にこだわると」


プレイアンドリアル
「そうだべ。地方所属馬、初の芝のジーワン制覇を狙ってるっぺ」



オウケンブルースリ。
「これまでは、コスモバルクの2着が最高か」


プレイアンドリアル
「んだ」



オウケンブルースリ。
「おまえも前走は強かったな」


プレイアンドリアル
「んだー!岡田総帥いわく!『生涯最高傑作』『コスモバルクより上』だっぺ!!喜」



オウケンブルースリ。
「総帥が言うとオッズが動くからなあ。1番人気になっちゃうかもな」


プレイアンドリアル
「人気はいらんがな。1着が欲しいがな」


オウケンブルースリ。
「か、関西の人だっけ? 汗」



プレイアンドリアル
「ここは通過点にすぎねえべさ」


オウケンブルースリ。
「ほう」



プレイアンドリアル
「狙うは三冠だべさ」


オウケンブルースリ。
「言うじゃねえか」



プレイアンドリアル
「オヤジのデュランダルも、三冠馬だべさ」


オウケンブルースリ。
「ぜ、全然ちがうぞ 汗」



プレイアンドリアル
「スプリンターズSと、マイルCS2回で、三冠だべさ」


オウケンブルースリ。
「そ、その三冠? 汗」


プレイアンドリアル
「んだ」


オウケンブルースリ。
「そんなこと言ったら、オレだって、菊花賞と京都大賞典と阿賀野川特別の、変則3冠馬だぜ! 喜」



プレイアンドリアル
「シゲさん、ビールおかわりだっぺ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」


オウケンブルースリ。
「き、聞けやぁぁーー!!怒 つーか2歳のガキのくせに、ビール飲むなや! 怒」



プレイアンドリアル
「・・・・」


オウケンブルースリ。
「・・・ん?どした?急に黙って」



プレイアンドリアル
「・・・こんなこと言ってても、ホントは不安だべさ・・ 落」


オウケンブルースリ。
「・・・・」



プレイアンドリアル
「相手は中央競馬のスーパーエリートばかり。ボクはただの田舎モンだべ」


オウケンブルースリ。
「・・・・」



プレイアンドリアル
「ボクの値段は、たったの735万円だっぺ」


オウケンブルースリ。
「・・・・汗」



プレイアンドリアル
「だからボクは、何千万、何億の馬と戦うために、地獄のようなトレーニングを、総帥のもとで積んできたっぺ」


オウケンブルースリ。
「そ、総帥のトレーニングはハードだからな 汗」



プレイアンドリアル
「まだ、よちよち歩きの頃から、北海道にある、1500メートルの坂路で、気絶するまで走り続けたっぺ」


オウケンブルースリ。
「よ、よくがんばったな 汗」



プレイアンドリアル
「でも・・・」


オウケンブルースリ。
「・・・・」



プレイアンドリアル
「努力だけで勝てるんだろうか?才能あふれる、中央の馬と戦えるのだろうか・・不安だっぺ・・ 落」


オウケンブルースリ。
「・・・・」



プレイアンドリアル
「ボクには才能は無いから・・ 落」


オウケンブルースリ。
「・・・・」


プレイアンドリアル
「・・・・ 落」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・立派な才能だ」


プレイアンドリアル
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ハードな生活に耐えられるのは、立派な才能だぜ」


プレイアンドリアル
「・・才能・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「才能と言うと、頭が切れるとか、運動神経がいいとか、そういうイメージだが、それだけが才能じゃねえ」


プレイアンドリアル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「むしろ、世の中で成功するために必要な才能は、頭の良さや、運動神経じゃねえと思うぜ」


プレイアンドリアル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「成功するために一番大事な才能。それは、『忍耐力』であり『持続力』であり『タフさ』だ」


プレイアンドリアル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「知能や運動能力が高いだけでは成功できねえ。それはどんな世界でも同じだ」


プレイアンドリアル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「プレイさんな」


プレイアンドリアル
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「アンタは、誰にも持ち得ない武器を持ってる。オレはそう思うぜ」


プレイアンドリアル
「・・・はい・・ 泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「要領が悪くて、うまく生きられなくても、愚直にやり続ける者は、必ず成功するからよ」


プレイアンドリアル
「・・・・ 泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な」


プレイアンドリアル
「はい・・ありがとうございます・・ 涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



オウケンブルースリ。
「ハッハッハ 笑 まあそういうことよ。泣くなって」


プレイアンドリアル
「はい・・ 涙」



オウケンブルースリ。
「愚直に行こうぜ。プレイ」


プレイアンドリアル
「はい!」



オウケンブルースリ。
「おし。じゃあそろそろ帰るか。シゲさん、お会計を・・」



   カタン



プレイアンドリアル
「ん?オウケンさん。何か落としましたよ?・・・DVD?」


オウケンブルースリ。
「ああ。すまんな。拾ってもらっちゃって。・・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『大人のDVD ~ ザ・愚直』



プレイアンドリアル
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ。
「ち、違うんだ!!汗 これには深いワケがっ!!汗汗」



プレイアンドリアル
「シゲさん。ビール代ここに置いとくべさ。ごちそうさまでしたっぺ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ま、また来ておくんなせえ 汗」



オウケンブルースリ。
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ